• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
札幌店 野田の部屋

alt


○ユーザーカーの更新状況を札幌店 野田がお知らせしていきます!
    

   ・  8 /10  みんカラの車紹介に1台追加しました!
          
            VW up!GTI

   ・  8 /11  みんカラの車紹介に1台追加しました!

            日産 マーチNISMO・S

    ・  9 /12  みんカラの車紹介に1台追加しました!

                           トヨタ クラウン・マジェスタ

        ・  9 /14  みんカラの車紹介に1台追加しました!

             トヨタ エスクアイア
            
       
            
札幌店の情報は、
何シテル?に、ちょっとしたブログみたいに掲載してます!  
 
 是非ご覧ください!  ↑ こちらをクリックすると画像付きでご覧頂けます!



 サウンドピュアディオHPはこちら!

ピュアディオいがわのブログ一覧

2014年08月31日 イイね!

ホンダ・N‐ONE  カーオーディオの音質アップ


本日2度目の書き込みは今日の福岡店の作業からホンダのN‐ONEのご紹介です。




ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージとベーシック防振の施行を行いました。





まずはドアの内貼りを外して防振作業を行います。




プレミアムな軽というキャッチフレーズがある様に他の軽自動車に比べたら外板裏に芯があって残響は少ないのですが、そこに防振メタルと防振マットを加えて更にプレミアム感を上げます。



オーディオの音質アップと静粛性を同時にアップさせて、費用対効果も高いのがベーシック防振の特徴です。



ドアを組み上げてベーシックパッケージの取り付けですが、ドアスピーカーはそのまま使用します。



カー用品の量販店では純正スピーカーは音が悪いというネガティブなデモンストレーションが行われていますが、今はかなりの割合の方が純正スピーカー側に細工をして音を悪くしてデモしてトレードインスピーカーを販売しようとしている事をご存知です。



そうは言ってもノーマルの純正スピーカーは音に芯があるものの音がこもっている部分も目立ちます。


こもった周波数をカットしてそのカットした周波数をダッシュ上のJBLツイーターに任せて音質アップを図ります。



これで芯のある中音域とヌケのいい高音域の両方をバランス良く再生する事が出来ます。



ドアスピーカーとツイーターの周波数帯域はグローブボックス下のピュアコンで設定しますが、N‐ONEは今まで何度も取り付けを行っているのであれこれ交換する事はなく、最初から決まった値をセットします。





取り付けが終わったらナビオーディの音調整を行います。




調整機能の中に速度連動ボリュームがありましたが、完成後にお客様と一緒に音を聴いて、「この機能は便利ですが音が荒くなるのですが使われますか?」とオン・オフを繰り返して差を確かめて頂きました。




お客様も音の差が分かられて、ベーシック防振でロードノイズも減るであろうという事で音質重視で速度連動音量機能はオフにされました。



純正ナビと純正スピーカーをベースにしたシステムですが、音の改善にはとても満足して頂きました。
Posted at 2014/08/31 19:03:28 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | クルマ
2014年08月31日 イイね!

ホンダ・フィット3 カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の完成車からホンダのフィット3です。




オーディオレス車にケンウッドのナビオーディオとスピーカーの取り付けを行いました。




ナビはMDV-Z701です。





ダッシュ上にはJBLのP560のツイーターをピュアディオ製スタンドを使って角度を付けて取り付けました。





ドアにはアウターバッフルを製作してピュアディオブランドのISP-130を装着しています。



ドアの中は外板裏のべーシック防振とサービスホールの防振、そして内貼り裏の合計3面のフル防振が行われています。



ツイーターとドアスピーカーの周波数分配とレベルを決めるのはグローブボックス下のピュアコンで、何度もパーツの組み合わせを変えて最も音が生演奏に近くなるポイントを探します。





ケンウッドのナビオーディオは色々な調整項目がありますが、これは一か所でもオンにすると音がわざとらしくなってしまうので全てオフにしてから調整に入ります。




ピュアコンのパーツの組み合わせがピークに達したら次はイコライザー調整です。



13バンドのイコライザーを駆使して音を追い込みますが、ケンウッドの場合はイコライザーパターンをメモリーすると音のイメージが少し変わります。


かといってメモリーしない訳にもいかないのでいくつか候補をメモリーして、その後パターンを呼び出して音を聴き比べて最終的にいいパターンを決めます。


最初はこの調整方法にかなり時間がかかりましたが、ケンウッドのナビもかなりの数を取り扱っているので最近は慣れて来ました。





追伸  音調整であれこれCDを交換して聴いていたらこんな表示が出ました。



『パナソニックう』て何でしょう?



気になってあれこれ操作してしていたら『パナソニックうす』と表示されました。





下の表示を見たら『パナソニックうす型』とまで表示されていたので、「これはフルに表示されるとパナソニックうす型テレビCM曲となるんだな。」と答えが分かり安心しました。



Posted at 2014/08/31 09:19:49 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2014年08月30日 イイね!

スズキ・スプラッシュ カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業からスズキのスプラッシュです。




ハンガリーのスズキで生産されて日本に輸入されている車で、ヨーロッパのテイストが漂っています。




福岡県の隣の熊本県からお越し頂きました。





システムは純正スピーカーにパナソニックのストラーダを装着していて、ベーシックパッケージとベーシック防振の施行を行いました。




まずはドアの内貼りを外して防振の作業です。





指で軽く外板裏をたたいて残響を確かめて、どの位置のどの材料を貼るか調査してマーキングします。



メタル1種類とマット2種類の組み合わせですが、マットは実際に当てて確認します。



防振作業が終ったら次はベーシックパッケージの作業で、ナビを引きぬいて裏から音信号を取り出してグローブボックス下に持って行き、そこからダッシュのJBLツイーターにケーブルをひいて行きます。





スプラッシュは初めての作業なので、ピュアコンのパーツの値はあれこれ交換して探り出さないといけません。




棚にはどっさり値の違うコイルやパーツが置いてありますが、この多くの中から本当にピッタリ合うのは1品しかありません。




ドアスピーカーがハンガリー製で通常のスズキ車と全く違えば調査にとんでもない時間がかかったのですが、最初に2代目のスイフト用の値を入れたら全く合っていなくて、その次に3代目スイフト用の値を入れたらかなりいい所まで合って来ました。



車のベースは2代目スイフトですが、スピーカーは3代目スイフトと同じ材質を使っている様です。


そこからスピーカー位置やグリルの音抜けを加味してスプラッシュ専用のベーシックパッケージは完成しました。


最後にストラーダのイコライザー機能を駆使して最も生演奏に近いポイントを探して納車の準備に入りました。





取り付けの間は代車で福岡市内で買い物などをされていたお客様は夕方に車を取りに来られて、また熊本へと帰られました。


Posted at 2014/08/30 10:56:34 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2014年08月29日 イイね!

オーディオテクニカAT-DL5HDをチューン


サウンドピュアディオでは人気のオーディオテクニカ製のAT-DL3iのチューニングモデルですが・・




半年以上前からAT-DL5HDというHDMIに対応したモデルが発売されていましたが、ピュアディオチューンの物は発売されていませんでした。



ベースモデル登場からかなり遅れてしまいましたが、ピュアディオチューンのAT-DL5HDがコンスタントに販売出来る様になりました。


今まで対応出来なかった機種に対応出来る様になって、多くのお客様にいい音で音楽を聴いて頂ける様になりました。

 


ベースモデル発売当初から多くのお問い合わせを頂いていましたが、チューニングモデルの発売が遅れた事をお許し下さい。



なお今回のモデルも通信販売は行っていません。

またオーディオテクニカ製の製品をピュアディオ独自でチューンしているのでオーディオテクニカさんへのお問い合わせはご遠慮下さい。

前のモデルでは「なぜサウンドピュアディオだけで特別なモデルを販売しているんだ。」というお叱りがテクニカさんに複数あったみたいで、対応に困られていたそうです。


あくまで既存のピュアディオユーザーの方の便宜を図っているチューニングですので、よろしくお願いします。



ここでもう2品ピュアディオチューンの商品をご紹介しますと、左のモデルはオーディオテクニカ製のハイローコンバーターのAT-HLC440の4ch仕様を2ch仕様にして、4ch時では使えない大型パーツを使って高音質化したモデルです。




右は海外製品のラインアンプをピュアディオチューンしたモデルです。


この2品を組み合わせて使うと工場装着の純正ナビを使ってフルシステムが組めるぐらいのクオリティーに変身します。



なぜサウンドピュアディオは製品を分解してチューンしているかというと、例えばこのRCAのジャックの部分ですが・・



アジアの某国で大量生産でハンダ付けするとこんな手抜きがしてあります!


とりあえず導通しているから不良では無いというレベルの仕事です。




他にはこちらの基盤ですが、右の上のパーツの下の丸のマーキング部分に隙間があるのがお分かり頂けますでしょうか?



設計した当初は丸ちょうどのサイズで考えていたのを、実際量産する時はコストダウンで小さいパーツに変えたのでしょう。


ちょうどの大きさの物に入れ替えて、グレードも高い物に交換して、音色も自然な音がする様に銘柄を選んでいます。




中身を見てしまうと、「あそこで音が荒くなっている・・」と分かってしまい、どうしても手を入れたくなってしまいます。



上っ面のスペックは上がっていてもこういった部分のコストダウンは見るに(いや聴くに)耐えられず、ついついチューニングモデルを作ってしまうのです。
Posted at 2014/08/29 10:15:17 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2014年08月28日 イイね!

おまけの画像集


今日二度目の書き込みです。


以前の井川ブログでは最後に世間話とおまけの画像を掲載していましたが、最近は何故か掲載していませんでした。


ネタはまめに集めていたのですが、最近のブログは取り付け事例集として使われているのでおまけの掲載を行っていませんでした。


久しぶりにここでたまっていた画像を掲載いたします。



まずは先日福岡で香椎から新宮に向かっていたら一台のスズキのキャリーが前を走っていて・・




近くで見たら普通の4WD車よりもリフトアップしてある様な気が・・





スズキ車の変り種といえば先日札幌店の前をこんなジムニーが走っていました。



ほんの少しピックアップ化してあり、ジムニーにマイティーボーイのエッセンスが加わっています。



続いて札幌店の前からもう一台、日産の縦目のグロリアです。



これだけ大きく見えても5ナンバーサイズですから驚きです!



札幌続きで車とは関係ないのですが、市議会議員の人のポスターで・・




あと一文字で元AKBの篠田麻里子さんと一緒です。




何故か自分のブログ用のデジカメにはこの手の写真が沢山あって、先日朝のテレビ番組でやっていた地球儀を反対に写した図です。




日本に何かあったら攻め込もうと思っている国から見たらこう見えるという図で、これを見た時には「あー、日本の一般市民は危機感が足りないな。」と思いました。



続いて再び車ネタに戻りますが、もうかなり前に注文してまだ納車のめどが立っていないスズキのハスラーのオレンジに白のツートーンカラーの車ですが・・




家の中を見たら以前に買っていたオレンジに白の防災用ラジオと色が同じだという事に気が付きました。



ハスラーを注文する1年以上前に買っていて、その時は各色の中でこの色に引かれて買っていました。


まさかこれと同じ色の車を注文するとは。




続いて現在メインで使っているベンツEクラスですが、雨がじゃんじゃん降りでフロントガラスはこんな感じですが・・

 



リアガラスは空気の流れを制御していてほぼカラカラです。



晴れに撮影したのではなく、後ろのカローラのワイパーは動いているから雨です。


ある程度速度が乗れば水滴は付きませんが、これはセダンのみでワゴンやRVやオープンモデルはこうはなりません。


2000年に初めてベンツのセダンを買った時に高速道路を走って後ろを見た時に、「えーっ、何でカラカラなの?」と驚きました。


おそらくこの事はカタログには書いてなかった様な気がします。



最後の話題は福岡都市高速の博多駅東降り口にある自分が『新幹線のプリン』と呼んでいる標識です。




何度見ても新幹線よりもプリンの方をイメージしてしまいます。



皆さんはどう見えますでしょうか?


以上なんという事はない写真を12枚使ったおまけの写真集でした。
Posted at 2014/08/28 16:47:17 | トラックバック(0) | 世間話 | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「札幌店から野田です。ヴォクシーのご紹介!量販店にてパワードウーハー、トレードインスピーカーを取付したものの音に不満がありご来店、ベーシックパッケージ、ドアのフル防振、スピーカー交換などの施工です。パワードウーハーは取外しても十分な量感になり正確に音楽再生できるようになりました!」
何シテル?   10/08 20:27
サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県・北海道でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や...

ユーザー内検索

<< 2014/8 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

ファン

314 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
サウンドピュアディオ札幌店のデモカー、フィット3です。 ベーシックパッケージ&ベーシッ ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
お使いのデッキと純正スピーカーをベースに、ベーシックパケージ&ベーシック防振のWパケージ ...
アウディ A3 アウディ A3
アウディ A3に乗っております。 純正ナビゲーションを使って音質アップをしております。 ...
三菱 ランサーエボリューションVIII 三菱 ランサーエボリューションVIII
スポーツカーでも防振をする事で、音楽が楽しめる環境を作る事が出来ます。 目の前に広がる ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.