• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt


ラジオ番組放送
~FM FUKUOKA~
SOUND PUREDIO presents 音解オトトキ

FM福岡 毎週土曜日12:30~12:55
FM山口 毎週土曜日11:30~11:55

ピュアディオいがわのブログ一覧

2016年05月31日 イイね!

ビーナスカレーってどんなカレーだろう?


前から気になっていた福岡市の某カレー店に初めて行きました。


そこでどのカレーにしようかと迷っていたら、「ビーナスカレー1つ。」という声が聞こえました。


「ビーナスカレーってどんなカレー?」と思いましたが、メニューにはそんな表記はありません。


常連だけの隠れメニューで、何となく女性向けのフルーツとかタップリ乗ってそうなイメージです。


そのビーナスカレーとは・・・





出て来たのは茶色と黒しかない地味なカレーで・・・





ビーフとナスのカレーでビーナスカレーだそうです。
Posted at 2016/05/31 15:44:49 | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2016年05月31日 イイね!

デスノートみたいな


先日夜に福岡市内を車で移動していたら、信号待ちでこんな看板を目にしました。



キラ整骨院ってデスノートのキラですか?




でも木で一文字隠れているから本当はキララとかキラクかな?と思ったら・・




残念、キラリ整骨院でした。

Posted at 2016/05/31 09:45:09 | トラックバック(0) | 世間話 | 日記
2016年05月30日 イイね!

日産・ノートNISMO カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業から日産のノート・ニスモです。






更に普通のノートには設定が無いMT車です!





内装も普通のノートとは違っていて、日産純正のオレンジのボタンのナビがデザイン的にピッタリとマッチしています。



今回は純正ナビをベースに、ベーシックパッケージの取り付けとフロントスピーカーの交換と、ドアにベーシック防振の施工を行ないました。



以前に乗られていたお車からベーシックパッケージは移設して来て、ダッシュにはJBLの25ミリ外ドームタイプの物を取り付けました。





グローブボックス下に仕込むピュアコンへは純正ナビを一度取り外して、真裏から音信号を取り出して、ピュアディオブランドのPSTケーブルで伝送します。



一般的なトレードインスピーカーのドアスピーカーの末端のコードから信号を取り出してネットワークにつなぐ方法よりはかなり手間がかかりますが、この手間が高音質への第一歩です。



次にドアの内張りを外して外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せたベーシック防振の施工を行ないます。




デモカーのノートのデーターを元に手順書が作ってありますが、もし差異があってはいけないので、響きを確かめながら貼り位置のマーキングを行いました。


響きはピュアディオのデモカーのノートと同じだったので手順書通りの位置に貼ります。



貼る前にはドアの中を脱脂してはがれない様にしています。



またエアコン付きのピットで温度・湿度が管理してあるので、季節や天候による密着の良い悪いがありません。



そして今回はドアスピーカーを交換するので、ドアの純正配線とは別にピュアディオブランドのPSTケーブルをひきます。





スピーカーコードを引いた後にはインナーバッフルを製作してJBLのGX502の13センチスピーカーを取り付けました。



GXシリーズの13センチはミッドレンジのみの設定が無いために、コアキシャルの2WAYスピーカーのツイター配線をカッとしてミッドとして使用していて、低コストでJBLの小気味良いサウンドが再生出来る様に工夫しています。



内張りを組み付けたらドアの作業は完了です。



うちのノートには無いスピーカーグリルの周りのシルバーのリングがキラリと光っていて、「これいいな。」と見とれていました。



グローブボックス下に設置したピュアコンはブラックボックスは以前に乗られていた時の物をそのまま移設して、外付けのコイル部分はノートにGX502をインナーで取り付けた状態に合う物を探って取り付けました。





そしてよいよ日産純正ナビの音調整画面を出してセッティングです!



色々な機能が沢山ありますが、バーチャルな音にする機能がたくさんで、よりリアルな音を再生するためにそのほとんどをオフにして使いました。



6バンドのイコライザーをあれこれと操作して、その組み合わせで最も生演奏や生の声に近い組み合わせを選んでセッティングは終了しました。





ノート・ニスモのコンプリートカーのイメージにふさわしい、シンプルながら本物志向のサウンドシステムが完成しました。



Posted at 2016/05/30 11:27:19 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2016年05月29日 イイね!

ダイハツ・タント カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は昨日の札幌店の作業からダイハツのタント・カスタムです。





パナソニックの大画面ナビが装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付とベーシック防振の施工を行っていました。





ダッシュにピュアディオブランドのATX-25を取り付けて・・





ドアスピーカーは16センチの物をそのまま使用して、フルレンジで鳴っている高音をカットして、カットした部分を上質なATX-25に任せて、純正16センチの濃く滑らかな中音はそのまま使用します。



ピュアコンを通す事で純正スピーカーのインピーダンスがやや上がり、軽い音が重みを持つので、ドアの鳴りが変わっています。


その変わった鳴りを更に良くするのがベーシック防振で、ドアの外板裏の何も貼ってない部分に主に低音を響かない様にするマットと、中音を響かない様にするマットを組み合わせて、それでも取れない高音域を防振メタルでダウンさせるというそれぞれの周波数の響きの中心にピンポイントで防振する今までに無い方式で音を良くしています。





人気のWパッケージの装着で一度納車させて頂いていたのですが、このタントのドアスピーカーはかなり上の方にあり、普通の車に比べたらかなり中音域が耳に入って来やすい状態で、中音が濃い分ほどもっと低音が欲しくなる方も多く、今回は再度入庫されてベーシックバスシステムの取付を行いました。





ピュアディオカタログに載っているベーシックバスシステムはJBLの20センチウーファーとモノラルアンプと電源ケーブルのパッケージで・・



通常は正方形と長方形の2種類のボックスからどちらかを選んでラゲッジに載せるのですが、今回はラゲッジを作り込んで床埋めで取り付けました。



もちろん床に埋め込む費用は別途発生しますが、パッケージにボード製作をプラスするというアイデアを知って、「この手があったか!」と思いました。




今回は作り込みの追加でしたが、普通車だとサイズを25センチに変更するとか、アンプをグレードの高い物に変更するなどのパターンがあり、その辺りは臨機応変に対応しています。




ピュアディオの作業は音が出たら直ぐ納車という訳ではなく、スピーカーをあれこれ音源を変えて鳴らして、スピーカーが少しなじんで来たところで音調整に入ります。




パナソニックの音響効果の部分から入ってイコライザー調整を行いますが、実はこの機種はイコライザーパターンをメモリーしたら音が抑圧されて悪くなるタイプです。


忘れない様に一度メモリーしてから調整画面に戻して閉じてもやや抑圧されて、一番理想はベストポジションから一か所動かした状態でメモリーして、そこからベストポジションにしてから調整画面を閉じるというのが最も良い音が出せるコツです。


機種によって抑圧される度合いは違いますが、パナソニック以外ではトヨタ純正のナビでもメモリーすると音が抑圧される機種があります。



今回は自分は札幌店にはいなかったので、野田君があーでもない、こーでもない、とイコライザーと格闘したそうで、最後に調整画面を閉じた状態でないと、どんなに良い音に聴こえても最後の1プッツシュでイメージが変わるから油断出来ないと本人は言っていました。


同じシステムでもギリギリまで音を追い込むとけっこう疲れますが、ノーマルでは分からない部分が分かってしまうのがピュアディオの商品の魅力でもあります。




追伸

タントカスタムにはサウンドピュアディオのステッカーを頂きました。




数年前までは下に『CAR AUDIO』の文字が入っていなかったのですが、自分はこの文字が追加されてからのデザインが好きですね。
Posted at 2016/05/29 09:48:34 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2016年05月28日 イイね!

ホンダ・N‐WGN カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は本日の福岡店の完成車からホンダのNワゴンです。





サイバーナビを装着した状態で入庫となって、最初にベーシックパッケージとベーシック防振を装着して頂いていましたが、何度もシステムアップのために入庫されているお車です。



「サイバーナビのオープニング画面ってこうだったっかな?」と思ったら、カスタマイズしてありました。



ツイーターはJBLの25ミリ外ドームタイプの物で・・





ドアにはインナーバッフルを製作してJBLのP560の13センチミッドを取り付けています。





Nワゴンのドアはあちこちに張が入っていて低い振動は軽自動車にしては少ないのですが、カーン!という高い振動張と張の間で起こっていて、それを防振メタルで下げています。




今回はアウターバッフル化するためにドアのサービスホールを塞ぐ防振を追加します。



またドアの内貼り裏のセメントコーティングは以前のシステムアップで既に施工してあり、方ドア3面のフル防振の状態になりました。





次に内貼りにマスキングを行って、グリル部分を加工してアウターバッフルを製作します。





やや斜め上でやや手前に角度を付けたスラントタイプのバッフルが出来上がり、奥の方から真横を向いていたユニットも表に出て、スカッとした音に変身しました。





ただしグローブボックス下に仕込んでいるピュアコンのコイルは、インナー用で巻を少なくしてあり、中高音を伸ばしてあるのでアウターでは出すぎとなるために、巻き数を増やしてアウター時にちょうどバラスが取れるように交換しました。





最後にサイバーナビのイコライザーを調整して、音を整えたら完成です。




アウターだと中高音のヌケがアップするのですが、今回は今までグリルで抑えられていた低音のレスポンスの向上もかなり感じました。




またNワゴンはダッシュのプラスチックが薄くて、振動などで音がこもりがちですが、ダッシュ用の防振メタルを使って微細な振動を抑えているので、アウター化してレスポンスが上がったドアスピーカーの音にも十分追従しています。



ダッシュの防振メタルは以前から取り付けられていましたが、システムアップによって必要性をあらためて実感しました。
Posted at 2016/05/28 10:19:34 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.