• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

晴耕雨読のブログ一覧

2020年05月17日 イイね!

印鑑... Memories... 映画

印鑑... Memories... 映画

印鑑


 記憶は薄らいでいますが、成人になりかけた頃に印鑑一式を作っています。印鑑一式とは「認印、銀行印、実印」であり、今日までずっとこの一式を保管し、場合に応じて使っています。


 日本社会では、どうしても印鑑が必要なことがあるので致し方がありません。最近では、役所でも印鑑が不要な事務手続きが多くなってはいますが…  これも日本文化の一場面と思っています。


 さて、近日「ハンコ」の使用を極力なくそうという報道を目にしました。時間がかかるテーマだとは思いますが、そういう方向へ向かってくれる事を願いたいものです。


 話は変わりますが、筆者がビジネスの世界にいた当時は、社内では印鑑を必要とする場面はありませんでした。そこで、サインをするときに使っていたのは、一時期は万年筆もありましたが、圧倒的にボールペンでした。若い頃に、クロスのボールペンを知って以来ずっとクロスを愛用していました。たいへん使いやすく大好きでした。50歳を過ぎた頃からはモンブランを使うようになりました。参考までに、リタイヤ後は万年筆に戻りました。


alt



☆ ☆ ☆ ☆ ☆



Memories…


その日は澄み切った大気の中、富士山がこのように美しいかった


alt

撮影 12/30/2004 Panasonic DMC-FX7、都内某所本社ビル my officeにて(当時)




—————————————————-




もう一度観たくなり

 (映画「今夜、ロマンス劇場で」効果)


 218日のブログで、綾瀬はるかさんの初主演映画「僕の彼女はサイボーグ」を紹介しました。それ以降、このSFラブ・ロマンス映画の余韻が心の中で消えることはありませんでした...

alt

 なんと言っても、ヒロインを演じている綾瀬はるかさんがとても魅力的でした。後半には心に響くシーンもあり、ストーリーを十二分に味わえる映画だと思います。


 最初に観たときよりも、2回目の方がこの映画の良さをより味わえました。今から12年前の綾瀬はるかさんの初々しさが感じられる映画で、綾瀬はるかさんにとっては、幸先の良い主演映画デビューになったのではないかと思います。尚、この映画のエンドロールに流れる主題歌「約束の翼」(MISIA)が素晴らしく、YouTubeで見ることが出来ます。



☆ ☆ ☆



 昨夜、「今夜、ロマンス劇場で」(Tonight at Romance Theater)が本編ノーカットでTV(地上波初)で放映されました。筆者の中に今もある感動をシェアできたとするならば、とても幸せな気持ちになります。

written by Seikoh-Udoku

Posted at 2020/05/17 08:42:43 | トラックバック(0) | 映画「今夜、ロマンス劇場で」 | 趣味
2020年05月13日 イイね!

マスク他... Memories... 「義母と娘のブルース謹賀新年」

マスク他... Memories... 「義母と娘のブルース謹賀新年」


 店頭でマスクを全く見かけることがない日々が続いていましたが、ここにきて、多くのお店で見かけるようになりました。しかも、価格が大幅に下がっています。


 一方、我が家では手洗い可能なマスクを大切に使っています。参考までに、政府から支給されるマスクは未だ届いておりません。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆



 今日はレクサスCT200hの洗車をしました。二台あるクルマを同時にするのは体力的にキツくなったので、別々の日に洗車をするようにしています。いつものように、洗車の後はガソリン補給(コストコ: レギュラー106/㍑)をし、30分程走らせました。


alt



☆ ☆ ☆ ☆ ☆



 外出を大幅に控える日が続いていますので、Memoriesというテーマを設けてブログを更新しています。こういう時には写真はとても便利で、遠い記憶を呼び起こしてくれます。



Memories…


筑前町立大刀洗平和記念館

(福岡県朝倉郡筑前町高田)


alt

撮影 PENTAX K100D


 2015115、「歴史を知る」という目的の下、こちらを訪ねました。記念館HPによればこう書かれています


 かつてこの地には、旧陸軍が東洋一を誇った大刀洗飛行場を中心とする一大軍都が存在し、歴史的な役割を果たしながら大きく発展していきます。 しかし、昭和20年(1945年)3月、米軍の大空襲により壊滅的な被害を受け、民間人を含む、多くの尊い命が失われました。また、この飛行場は特攻隊の中継基地として、多くの若き特攻隊員たちの出撃を見送った場所でもあります(抜粋)。


 館内には亡くなった特攻隊士の手記が多数展示されており、それらを読みながら涙した記憶が残っています。館内には零戦も展示されており、歴史の教訓を忘れてはならないという強いメッセージが感じられます。コロナ禍が落ちついた頃合いをみて、いつの日にか再びここを訪れようと思っています。




—————————————————




「義母と娘のブルース 謹賀新年


 映画「今夜、ロマンス劇場で」効果で、TVドラマ「義母と娘のブルース」に行き着いたことは既にご案内の通りです。そこで、今回はその続編ともいうべき「謹賀新年スペシャル」(2020年正月放映)のDVDがリリースされましたので早速鑑賞しました。


alt

 内容は控えますが、たいへん面白かったですね。このシリーズが続いていくような展開にまた期待が持てます。キャリア・ウーマンであり義母を演じている綾瀬はるかさんへの再会が叶えられるよう、次回作を待ちたいと思います。

written by Seikoh-Udoku

Posted at 2020/05/13 04:57:13 | トラックバック(0) | 映画「今夜、ロマンス劇場で」 | 趣味
2020年04月29日 イイね!

感動は続く... 本の世界

感動は続く... 本の世界


感動は続く 


 映画「今夜、ロマンス劇場で」について、これまでに(綾瀨はるかさん主演の他の映画及び関連する小説をも含めて)13回も書いています。それは、今もなおその感動を持ち続けているからに他なりません。

 

 そこで、今日はこの映画に出会った原点に戻り、14回目を綴ることに


 

 尚、この映画は地上波初で516日(夜9時)に本編ノーカットで放映されるとのこと(フジTV系列)。この映画の素晴らしさを多くの方々に味わって頂ければ嬉しく思います。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆



 晩年になって、こんなにも感動した映画はありません。が、この映画には失礼ながら、当初は全く期待はしていませんでした。ところが、中盤から後半にかけてストーリーに釘付けになっていったのです。


alt

 ファンタジー・ラブストーリーが、憎いくらいに実によく練られています。映画の中から飛び出てきたお姫様役の綾瀬はるかさんと相手役で助監督役の坂口健太郎さんが抜群のマッチングなんですね。さらに、坂口さんの晩年の役を加藤 剛さんが演じていることが、この映画をさらに素晴らしいものにしています。


alt

 加藤さんのナレーションからこの映画がはじまり、人の温もりに触れることが出来ない一人の女性(お姫様)を愛し続けた(若い時代の)坂口健太郎さんと晩年の役を演じた加藤 剛さんの姿がとても感動的でした。


 このシーンがとても印象に残っています

 若い時代の二人(綾瀬はるか 坂口健太郎)が、波が打ちよせる海辺を一本の布を介して手を繋ぎながら歩いています 途中から晩年の二人(綾瀬はるか 加藤 剛)にスイッチします。このシーンがとても感動的で美しい。

alt

 この映画には加藤 剛さんの存在は欠くべからざるものであったと思います。尚、加藤 剛さんはこの映画が公開されて4ヶ月後に亡くなられました。


 感動することは素晴らしいし、尊いと思います。筆者はこの映画から多くのことを得ることが出来ました。これからも、この感動は心の深層に残り続けてゆくことと思います




——————————————-




本の世界


「豊田章男」

片山 修著 東洋経済新報社kindle


alt


 豊田章男氏には、アメリカ公聴会出席の時から関心を抱くようになりました。なんと言っても、いつも夢を追い求めていく豊田章男氏の話し方及びその表情に魅力を感じます。また話す内容に『輝き』が感じられるのです。これまでの経営者とは一味違うものがあり、それに惹かれました。経営者として、リーダーとしての魅力が天性のものとして備わっているように思います。


 この本を読んでいくにつれて、創業家の御曹司としての苦悩及び葛藤、また巨大自動車企業であるトヨタを率いてゆく重圧等々…  どのように切り拓いていったのかかが、数々のエピソードと共に解き明かされていきます。筆者にとっては、ここで描かれているすべてが興味深く、一気に読ませてもらいました。

written by Seikoh-Udoku

Posted at 2020/04/29 05:35:37 | トラックバック(0) | 映画「今夜、ロマンス劇場で」 | 趣味
2020年04月19日 イイね!

燃料補給へ... 「義母と娘のブルース」

燃料補給へ... 「義母と娘のブルース」


燃料補給へ 


 ディーゼル燃料を補給するために、近隣にあるコストコ・ガスステーションへ行って来ました。ここはコストコ会員専用ですが、ガスステーション設置以降は利用する方が増えているように思います。


 メリットは、地域で最も価格が安く、またアメリカ式の広々とした敷地の中にあることでしょうか。燃料補給は、オープンして直ぐの時間帯(8時過ぎ頃)に行きます。コストコ自体は10時営業なので、この通り駐車場は空いています。参考までに、この日のディーゼル燃料は85/㍑でした。お得感があります。


alt


alt



☆ ☆ ☆ ☆ ☆



 緊急事態宣言が発令されて以降は、より一層の注意が喚起されたように思います。生活必需品の買い物 & 人との接触を伴わない散策 / ショート・ドライブを除いて、家で過ごしています。そんな時、偶然ながらMy wifeがこれを買ってきてくれました。


alt


 吉野屋の牛丼が自宅で食べられるとは驚きでした。筆者は、日頃よりご飯は少なめなのでこの量がピッタリです。味はといえば、お店で頂く牛丼と変わらぬ美味しさです。冷凍食品もここまで進化しているのかと思うとこれまた驚きです。因みに、これはコストコで購入したとのこと(コストコを宣伝しているつもりはありませんが)。




————————————————-




「義母と娘のブルース

映画「今夜、ロマンス劇場で」効果はまだまだ続く


 映画「今夜、ロマンス劇場で」から得られた感動の連鎖は、2018年に放映されたTVドラマ「義母と娘のブルース」(DVD 10話)に辿り着きました


alt

 第一話はコメディのような感じで始まり、回を追う毎に面白くなっていき、ついには感動で涙するシーンに。たいへん面白く、あっという間の10話でした。


 それにしても、綾瀨はるかさんはキャリア・ウーマンと義母の役を見事に演じており、こんなにも魅力に富んだ女優であるのかと感心することしきりでした。このドラマはTV放映時は高視聴率だったと記録されていますが、正に納得です。


 尚、2020年正月に特別編「謹賀新年スペシャル」が放映されたようですが、当時はそのことすら知り得ていませんでした。4月下旬発売予定のDVDを是非観ようと思っています。


alt

written by Seikoh-Udoku

Posted at 2020/04/19 07:36:20 | トラックバック(0) | 映画「今夜、ロマンス劇場で」 | 趣味
2020年04月10日 イイね!

気持ちは未来に... 本の世界

気持ちは未来に... 本の世界

気持ちは未来に


 遂に緊急事態宣言が出されました。筆者の住んでいる場所も県という大きなくくりの中でそれに該当します。従って、それ相応の対応をしなければなりません。と言っても、これまで取ってきた行動が大きく変わることはないと思います。寧ろ、心理的な影響が大きいかと思います。


 身近な例で言えば、書店散策もこのところ控えていますし、書籍を購入する場合はkindle版を選んでいます。残念ながら、kindle版がない場合はアマゾンで購入しています。


 必要最小限度以外の外出は自粛していますので、ほとんどは在宅になります。こういうときには、本を読むことや映画を見ることが多くなります。幸いにも、本については多くの本たちが待っていますので安心です。一方、映画に関しては、強い味方であるアマゾン・プライム・ビデオがあります。無料で鑑賞出来る映画がたくさん控えていますのでこれまた一安心です。


 こういう状況ではありますが、気持ちだけはいつも爽やかでありたいと思います。好きなスポットの景色を胸に抱きながら、日々過ごすことにします。


alt


以前撮影したもの


alt


alt




 —————————————————





本の世界

(映画「今夜、ロマンス劇場で」効果


 綾瀨はるかさん主演のNHK大河ドラマ「八重の桜」(DVD)を鑑賞し、新島八重に益々興味を深くしました。そこで、この本を読むことに...  


幕末のジャンヌ・ダルク  新島八重」(好川之範著)

alt


 本を読みますと、新島八重の88年の激動の生涯がより詳しく理解出来ます。また、本に先立って長編大河ドラマを見たことで、新史料等の説明も容易に理解出来たように思います。それにしても、幕末にあって、鶴ヶ城での官軍との戦いにおいて、女性による薙刀隊に加わらず、新島八重は男子だけの鉄砲隊に、しかも黒髪を切って


 「鶴ヶ城籠城戦では、男装した八重は七連発式スペンサー銃を手に入城し、銃士として戦闘に加わった」(本帯より)


alt

 あの時代にあって、自らの信念を貫き通した新島八重…  正に、幕末のジャンヌ・ダルクと言われる所以です。さらに、その後の生き方も波瀾万丈のものでした。


alt

本に収録されている実際の新島八重の写真


 綾瀨はるかさんは、この大河ドラマ放映後の翌年(2014年)から昨年(2019年)まで六年連続で会津祭り(会津藩公行列)に参加していることを知りました。その様子はYouTubeで見ることが出来ますが、綾瀨はるかさんのお人柄を窺い知ることが出来ます。


alt

The photo was posted through the Internet.


written by Seikoh-Udoku

Posted at 2020/04/10 07:09:06 | トラックバック(0) | 映画「今夜、ロマンス劇場で」 | 趣味

プロフィール

晴耕雨読と申します。 趣味を楽しみながら、日々暮らしております。 ブログは自動車に限らず、様々なことに関して書いてありますので、ご興味のある方はご覧頂け...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

その他 Panasonic JETTER その他 Panasonic JETTER
電動アシスト自転車... その名はPanasonic JETTER。 購入したのは5年程 ...
ミニ MINI Crossover ミニ MINI Crossover
 諸事情により手放しました。力強い素晴らしいクルマであったことを記しておきます。  こ ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
   運命的な出会いのメルセデス・ベンツ SLK200... ツーシーターでオープン走 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
コペンセロSは9月27日をもって手放しました。3ヶ月程の期間ではありましたが、コペンセ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.