• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

晴耕雨読のブログ一覧

2019年11月29日 イイね!

Fantastic drive to MIYAZAKI 3 歴史に触れる...

Fantastic drive to MIYAZAKI 3  歴史に触れる...


Fantastic drive to MIYAZAKI 3 ...

歴史に触れる


 宿泊したホテルの近くに油津(日南市)の街があります。天気が良ければゆっくり散策するところですが、その日は雨のため(近くですが)現地までクルマで走らせそこから傘を持ちながらの散策となりました。


 堀川橋、堀川運河、油津赤レンガ館、渡辺家住宅などが点在する史跡に触れることが出来ました。

alt


alt


alt




☆ ☆ ☆



 次の到着地は広渡ダム(日南市北郷町)ダム訪問はyamapiさんの趣味でもあり、ここでダムカードをゲット。筆者が初めて手にしたダムカードです。雨が降りしきる中でのダム訪問でした。

alt




☆ ☆ ☆



 雨の中、都城まで一気に走り、都城島津邸(都城市早鈴町)に到着。南北朝時代に島津家の分家として都城島津家として誕生。本宅や御門などが都城市の指定文化財、国の登録有形文化財になっています。昭和天皇が宿泊されたことでも有名です。

alt




☆ ☆ ☆



 宮崎県が生んだ偉人と言えば、先ず一番に「小村寿太郎」(飫肥出身)が思い浮かびます日露戦争後のポーツマス会議で日本全権としてロシア全権ウィッテと交渉した外務大臣であり、筆者はこの人物に高い関心を今も持っています。小説「ポーツマスの旗」(吉村昭著)を読みますと、小村寿太郎の生涯が描かれており、この小説に深い感銘を受け、飫肥にある小村記念館まで足を運んでいます(当ブログで紹介しています)。


 さて、宮崎県が生んだ偉人として、もうひとり筆者の記憶に鮮明に残っている人物がいます…  高木兼寛です。馴染みが少ないかも知れませんが、この人物の生涯を描いた小説「白い航跡」(吉村昭著)があります。その本帯に記されている文章を読みますとその人物像がハッキリしてくるかと思います


 「海軍軍医総監に登りつめた高木兼寛は、海軍・陸軍軍人の病死原因として最大問題であった脚気予防に取り組む。兼寛の唱える「食物原因説」は、陸軍軍医部の中心である森林太郎(鴎外)の「細菌原因説」と真っ向から対決した。脚気の予防法を確立し、東京慈恵会医科大学を創立した男の生涯を描く」(下巻本帯より)


alt

 高木兼寛の生き方に感銘していた筆者ですが、宮崎市高岡町にこの人物の生誕地があることを知り、yamapiさんにリクエストし、今回の訪問が実現しました。


 不思議な現象が起きました…  高木兼寛生誕地に到着したとたんに、雨がぴったと止んでしまったことです。運命的なものを感じてしまいました。


alt

alt

alt

alt

alt

alt


 筆者にとっては、思い出に残る訪問になりました。さらに、いつの日にか「白い航跡」を読み返したいと思っています。



☆ ☆ ☆




ロング・ドライブを終えて


 走行距離943㎞のロングドライブ(2日間)は、楽しい有意義な時間でした。yamapiさんのガイド / リードに負うところが大きかったと思います。さらに、曇りと雨の中での訪問となりましたが、それを凌駕する楽しさがありました。yamapiさん、有難うございました。


alt


written by Seikoh-Udoku

Posted at 2019/11/29 07:44:06 | トラックバック(0) | 歴史を訪ねる... | 趣味
2019年11月27日 イイね!

Fantastic drive to MIYAZAKI 2 都井岬...

Fantastic drive to MIYAZAKI 2  都井岬...


Fantastic drive to MIYAZAKI 2…


 念願だったこのスポットへ…  都井岬(灯台)


 宮崎県最南端 串間市にあるこの灯台は、日南海岸国定公園の一部で日向灘に突き出すような形をした場所にあります。


 さらに、ここには稀少な日本在来種として国の天然記念物に指定されている野生馬「御崎馬(みさきうま)」が生息しています。


alt

 都井岬灯台に行くにはこの牧場を通って行くことになります(入場料を負担)。道路を走っていきますと馬が放し飼いになっていますので見ることができます。晴天の日であれば、より長閑な光景を見られたかと思います(生憎当日は小雨や靄がかかっていた)。


 都井岬灯台に到着。この灯台は昭和4年に初点灯して以来、現在も船舶の目印として稼働しています。快晴の時は種子島が見えることもあるそうです。


alt


alt


alt

 訪れた時間が夕暮れ時でもあり、逆光下をも含む多様な撮影が出来ました。

alt


alt

 灯台から望遠でクルマを撮ってみると

alt


 ここからの眺望は最高です

alt


alt

alt


alt

 

 都井岬灯台を後にして、少し走ったところにある美しい景色に引き寄せられ暫し駐車。

alt

alt

alt

alt

alt

 大満足の都井岬でした。宿泊のホテルへ

to be continued…

Posted at 2019/11/27 07:23:36 | トラックバック(0) | 絶景 | 趣味
2019年11月25日 イイね!

Fantastic drive to MIYAZAKI...

Fantastic drive to MIYAZAKI...

Fantastic drive to MIYAZAKI…


 今年最後のロング・ドライブに行ってきました…  


行き先は宮崎県


 宮崎県の目的地までは高速を使っても4時間を超える位置にあり、腰痛をもっている筆者としてはかなりのハードなドライブになります。が、しかし、何事もチャレンジですのでこのロング・ドライブを決行しました。


 東九州道の大分松岡PAyamapiさんと合流し、スタートしました。yamapiさんの丁寧なガイドと的確なリードによるドライブが安心と安全を充たしてくれます。



 ☆ ☆ ☆



 最初の目的地は道の駅 フェニックス。ここの眺めは素晴らしく、訪れる人は多いようです。その日は曇り時々雨でしたが、ここでの景色がそんなモヤモヤを吹き飛ばしてくれます。

alt


alt


alt


alt

alt



 ☆ ☆ ☆



 次に向かった先は鵜戸神宮。メインの駐車場は満車でしたので、海辺近くの駐車場に向かいます。途中幅員が狭い場所の離合(すれ違い)で苦労しました(汗)。大型車は要注意です。

alt

 海を横目に見ながら石段を歩いて行きます。お参りをすると、目の前には絶景があります

alt

alt 

alt

alt


alt



 ☆ ☆ ☆



 EクラスクーペとC220dが駐車している場所は日南海岸の絶景スポット。

alt
 

 打ち寄せる波しぶきの音とその美しさに魅せられます。

alt

alt

alt

 次の目的地は、昨年からの念願のスポットです。

to be continued…

Posted at 2019/11/25 13:51:34 | トラックバック(0) | オフ会 | 趣味
2019年11月19日 イイね!

Memories... 映画の魅力... 本、読書

Memories... 映画の魅力... 本、読書


 大分県竹田市を訪れて以降は近隣を走っているのみで目的を持ってのドライブはしていない。


 何も考えずにクルマを走らせるのはとても楽しい。一方、訪れようと思っている場所に関することなどをある程度調べてから現地へ向かうのは楽しみが広がる。




Memories…


 思えば、20131126日には唐津城を訪れ、唐津城から見える虹の松原が美しかったことが今も思い出される。

alt


alt

 同年124日には青春時代に味わった遠藤周作を思い、長崎県にある「遠藤周作文学館」を訪れたことがこれまた記憶に鮮明に残っている。

alt

alt

 どちらも当時所有していたBMW Active Hybrid 3 M Sportを走らせた。3㍑ 6気筒のエンジンを搭載し、抜群の加速性能(1-100㎞まで5.3秒)を持った素晴らしいクルマだった。




———————————————-




映画の魅力


 このところ、魅力的な映画に出会っている。歴史上の人物を描いた映画は感動的であるし痛快で派手なアクションは映画でしか味わえない醍醐味がある。映像の迫力は暫しの快楽を与えてくれる。


映画「エンド・オブ・ステイツ」


 1115日公開のこの映画は「エンド・オブ・ホワイトハウス」及び「エンド・オブ・キングダム」に続いての第三弾。今回も期待通りの面白さで存分に楽しませて貰った。主演のジェラルド・バトラーがアメリカ大統領シークレットサービスのマイク・バニングを演じるアクションシリーズで、理屈抜きで楽しめる痛快娯楽映画。


alt

 ジェラルド・バトラーと言えば、今年4月に公開された「ハンターキラー」(潜水艦艦長を演じていている)も素晴らしかったし、その原作本もたいへん良かった(当ブログで紹介している)。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆



 昨日現在で、今年になって122冊の本を読み終えた。感動と面白さは、頭脳という無限の世界で炸裂する…  読書は本当に楽しい。



本、読書


「和僑」楡 周平著 祥伝社


alt

 小説「プラチナタウン」は少子高齢化時代を先取りしたような内容でとても良かったし面白かった。さらに、TVドラマ(NHK)にもなり、好評を博したと記憶している。今回紹介するこの作品は、その続編とも言うべきもので、これも一気に読めるほど良い作品であった。日本の未来を考える作品であろうかと思う。


 「宮城県緑原町に老人定住型施設『プラチナタウン』が開設され四年。町は活気を取り戻し居住者は増えた。だが、町長の山崎は不安を覚えていた。いずれ高齢者人口も減り、町は廃れてしまう。山崎は、役場の工藤とともに緑原の食材を海外に広め、農畜産業の活性化を図ろうとする。だが、日本の味を浸透させる案が浮かばず」(本帯より)

written by Seikoh-Udoku

Posted at 2019/11/19 09:14:40 | トラックバック(0) | My car & 本、読書 & 映画 | 趣味
2019年11月15日 イイね!

映画「わが愛の譜 滝 廉太郎物語」、ジャックライアン2

映画「わが愛の譜 滝 廉太郎物語」、ジャックライアン2

 

 既にブログアップしたように、「歴史を訪ねる」をテーマに大分県竹田市までドライブし、市内三箇所(瀧廉太郎記念館、広瀬神社、岡城跡)を訪れました。

 

 MB C220dを気持ち良く走らせ、竹田市街を散策し、歴史に触れ、静かな感動さえも得ることが出来ました。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆



 さて、瀧廉太郎記念館を訪れて、23歳でその生涯を閉じた瀧廉太郎に深く感銘していたところ、瀧廉太郎を描いた映画があることを知りました。



映画「わが愛の譜 廉太郎物語

1993年公開 東映映画

原作 郷原 宏著 「わが愛の譜(うた)滝 廉太郎物語」 新潮文庫


alt

 早速鑑賞したところ、ふたたび静かな感動を覚えました。涙をこらえきれないシーンもあり、また出演している俳優陣も素晴らしく、とても良い作品でした。


 「23才という若さでこの世を去った偉大なる音楽家・廉太郎が、東京音楽学校(現・東京芸大)へ入学し、ピアニストへの夢、そして挫折、念願のドイツ留学から無念の帰国を経て、その短すぎる生涯を閉じるまでの、劇的な数年を描破。さらに、世界を目指す傍ら、ライバル心から芽生えた女性ピアニスト・ユキとのかなわぬ恋や、廉太郎とともに明治を激しく生きた若者たちの姿をも描き出す感動の巨編」(DVD解説より)


 瀧 廉太郎は生涯に34作品を作曲していますが、そのうち2作品がピアノ曲です。そのうちの一つが「(うらみ)」という未完の作品です。これは瀧廉太郎が亡くなる数ヶ月前に作曲したものです(参考までに、オリジナルの楽譜が記念館に展示されていました)。


 「憾」とは、物事や人を恨むとか憎むという意味ではなく、無念に思う、あるいは未練が残るという気持ちを意味します。結核の為23歳で亡くなる瀧廉太郎の思いがこの曲に込められているのかと思いますと…  胸に込み上げるものがあります。この曲を聴いてみますと瀧廉太郎の思いに触れられるような気がします。





——————————————————





シーズン1に続いて


 トム・クランシー/CIA分析官 

ジャック・ライアン 

シーズン2


 amazonプライムビデオで放映のこのシリーズ2111日に登場した。シーズン1がたいへん面白かったので、シーズン2(エピソード1~8)も僅か2日間で観てしまったほど、シーズン1に優とも劣らず十二分に楽しめる作品に仕上がっています。


alt


 このシリーズは、トム・クランシー原作の「ジャック・ライアン」シリーズをオリジナル・ストーリーで現代的にアップデートしたもの。シーズン2では南米ベネズエラを舞台にアメリカ、イギリス、ロシアを巻き込んで繰り広げられる巨大な陰謀に挑んでいく(アマゾン解説)。


 当ブログで既述したように、シーズン1を見終わった段階で、トム・クランシーに強い郷愁を覚え、小説「合衆国崩壊1-4」を読んでしまったほど、トム・クランシーの作品の凄さ・素晴らしさに感服しています。

written by Seikoh-Udoku

Posted at 2019/11/15 08:18:21 | トラックバック(0) | My car & 本、読書 & 映画 | 趣味

プロフィール

晴耕雨読と申します。 趣味を楽しみながら、日々暮らしております。 ブログは自動車に限らず、様々なことに関して書いてありますので、ご興味のある方はご覧頂け...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

愛車一覧

その他 Panasonic JETTER その他 Panasonic JETTER
電動アシスト自転車... その名はPanasonic JETTER。 購入したのは5年程 ...
ミニ MINI Crossover ミニ MINI Crossover
 諸事情により手放しました。力強い素晴らしいクルマであったことを記しておきます。  こ ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
   運命的な出会いのメルセデス・ベンツ SLK200... ツーシーターでオープン走 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
コペンセロSは9月27日をもって手放しました。3ヶ月程の期間ではありましたが、コペンセ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.