• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

晴耕雨読のブログ一覧

2018年05月24日 イイね!

散策は楽しい... 篠栗九大の森 本、読書...

散策は楽しい... 篠栗九大の森 本、読書...


散策は楽しい…  篠栗九大の森


 「篠栗九大の森」は九州大学の敷地(九大福岡演習林)に西端にあり、おおよそ17ヘクタールの「森」には約50種の常緑広葉樹と約40種の落葉広葉樹が生育している。ここに近頃訪れる人が多く、人気のスポットになっている。


 筆者は南口にある駐車場入口から、篠栗九大の森の中心にある蒲田池を一週するコースを散策してきました。


☆ ☆ ☆


それでは写生画フォトを見ながらご案内しましょう…


 緑多き環境の中を歩くのは、本当に気持ちが良い。そして木々の合間から見えてくる池が美しい…

alt

alt

alt

alt

alt

 このフォトと共に散策している気持ちになりましたでしょうか…

alt


alt


alt


alt


alt

alt


alt


 ここが話題の絶景ポイント…  訪れる季節や時間帯によっては幻想的な雰囲気を醸し出すようです。

alt


alt


 今回訪れた時は、快晴の午後3時過ぎではあったが、趣のある光景に満足。森の静寂の中、多くの方々のカメラのシャッター音だけが聞こえていた。

alt



 このポイントを過ぎるとあと少しでゴールに到着。

alt

alt

alt

alt


 今日の散策もたいへん気持ち良く、有意義な時間を過ごせました。参考までに、5,449歩で3㎞の程良い散策でした。






—————————————————






本、読書…


横溝正史の新しい作風…


「雪割草」横溝正史著 戎光洋出版


 行きつけの書店でこの本に出会った…  しかもこのキャッチフレーズに注目した。


横溝正史の幻の新聞連載小説、発表から77年を経て初の単行本化 ! (本帯)


alt


 胸がわくわくするような感覚というのはこのような時なのだろう。横溝正史と言えば、江戸川乱歩と並んで「探偵小説」の巨塔と言って良いかと思うが、そのイメージからは想像も出来ない作品に仕上がっている。戦争の影響により、探偵小説が禁じられた時代に地方の新聞に連載された作品で、探偵小説とは全く異なる小説に仕上がっている。純文学風な美しいストーリーに横溝正史の新しい一面を発見したような思いがする。内容は控えるが、たいへん面白く、ページをめくる速度が最後まで落ちないで読み終えた。お薦めの一冊。


written by Seikoh-Udoku

Posted at 2018/05/24 06:50:08 | トラックバック(0) | 散策... 読書... | 趣味
2018年05月21日 イイね!

本、読書... Welcome to my world... 天ぷら

本、読書... Welcome to my world... 天ぷら


本、読書…


フランス革命に興味のある方へ…


「死刑執行人サンソン国王ルイ16世の首を刎ねた男」 

安達正勝著 集英社新書



 フランス革命に興味をお持ちの方であれば、「シャルル‐アンリ・サンソン」と言う名前をご記憶だと思うが…。

 シャルル‐アンリ・サンソンは代々に渡ってパリの死刑執行人を務めたサンソン家四代目であり、その名前を残すことになったのは、国王ルイ16 世を処刑したことだった。本書は、サンソンを通して「フランス革命」を語っている。死刑制度のことなども本格的に論じており、たいへん面白く興味深く読ませて貰った。


alt


 「本書は、差別と闘いながらも、処刑において人道的配慮を心がけ、死刑の是非を自問しつつ、フランス革命という世界史的激動の時代を生きた男の数奇な生涯を描くものであり、当時の処刑の実際からギロチンの発明まで、驚くべきエピソードの連続は、まさにフランス革命の裏面史といえる」(本帯より)。




———————————————-




Welcome to my world…


alt


alt


alt


alt


alt


alt


Around 9 months have passed since I visited this spot for the purpose of taking “Night-View Photos”. There is a beautiful scene identified, from which we will have a good feeling that cannot be adequately expressed in words. 

Incidentally, these photos were taken through the lens of PENTAX K-70, as usual.





———————————————-





天ぷら…


 GW中に福岡天神に行ったときに、「天一」の天ぷら御膳を頂いたが… 天ぷらの美味しさが忘れられず、今度は庶民的な「天ぷら」の代表格である「てんや」の天ぷらを…。実に10年以上前の味を思い出させてくれた。美味しかった…。こうして「美味しさ」に触れられることがこの上なく嬉しい。


alt


written by Seikoh-Udoku

Posted at 2018/05/21 22:45:53 | トラックバック(0) | 本、風景 | 趣味
2018年05月19日 イイね!

トヨタへの思い... Mysterious... 新しい仲間...

トヨタへの思い... Mysterious... 新しい仲間...


トヨタへの思い…


 「トヨタ物語」野地秩嘉著 日経BP社

「自分で考え、動く現場」を育てることだ(副題)


 この本を書店で見たときから読みたかったが… 

 以前、当ブログで綴っているように、本を読む順番に関しては、筆者の気持ちの中である程度決めているのでこの本はもう少し先になるのかなと思っていたが…。



 5月10日付の朝刊(朝日新聞)にこの記事が掲載されていた…


alt


⇩ ⇩ ⇩


 「この本を早く読んだ方が…」と天の声が聞こえて来たような気持ちになり、早速書店に行き購入してきた。これが「ご縁」というか、(大袈裟だが)「運命」なのだろうか…。


 そもそも最初に買った車がトヨタだった。忘れもしないクラウンローヤルサルーンG。あの感激は今も鮮明に覚えている。ドイツ車を知るまではトヨタ車を好んで乗っていた。故障という言葉を忘れるくらい力強く走ってくれた。クラウンマジェスタ、マークⅡ、ブレイド、MR-S、RAV4、ヴァンガード…  懐かしい。今でもトヨタ車を思う気持ちは変わっていない。筆者の微かな希望は、人生を終えるまでに「トヨタ車」をもう一度乗ってみたいと。


 そんな思いを抱きながら、この本を読んでいった。ページを追う毎にトヨタのクルマ作りの神髄が分かってくる… 特に、創業者豊田喜一郎、大野耐一の活躍の上に、世界のトヨタがあると言うことを。


「トヨタ生産方式」はやがてアメリカを、世界を席巻する(本帯より)。


 388頁からの「エピローグ 誇り」では、アメリカでのハイウェイパトロール一家4人が死亡した事故、及びリコールと意図せぬ加速に関する証言録取に関して、アメリカ議会による公聴会で現社長の豊田章男さんのスピーチと誠実な姿勢が胸を打つ。チームメンバー(トヨタではこう呼んでいる)との圧倒的な信頼感が、現在のトヨタの命なんだと…。


 この本を読み終わり、トヨタという名前が、筆者の心の深奥で響き渡っていく…。心地良い感動が得られた…。





————————————————-





Mysterious…


 ここに来たのは一年ぶり… しかも夜。この雰囲気がいい。


alt


スクリーンいっぱいまでズームしてみると...

alt

The above photos were taken through the lens of PENTAX.





————————————————-






新しい仲間…


 夜景撮影には必ず三脚を持って行くが、その三脚には重要な部分がある… それは「雲台」という部分。現在使っている雲台(写真左)に加えて、新たな仲間を加えた…「 自由雲台」(写真右)。これからは、この二つの雲台を使いながら写生画フォトを撮ろうと...。


alt

written by Seikoh-Udoku

Posted at 2018/05/19 13:55:30 | トラックバック(0) | 本、読書... | 趣味
2018年05月17日 イイね!

散策をしながら... 白野江植物公園  人生は...

散策をしながら... 白野江植物公園  人生は...


散策をしながら… 白野江植物公園※


 自然に触れてみようと思いここへ来てみた。駐車場では緑多き自然が既に私を歓迎してくれていた。ここ数日、日差しが日に日に厳しくなってきているので、この暑さが歩く筆者をどう直撃するのだろうかなどと考えながら入り口に向かった。


※ 北九州市門司区白野江二丁目



☆ ☆ ☆


 公園入り口では入場料が僅かながら徴収されるが、筆者は年齢免除の特典によりフリーパス。

alt

alt

alt

alt

 公園案内板を参考に、見晴台と展望台を目指し順路とは正反対のコースで歩を進めていった。

alt



 日差しは強いが、緑の中を歩いている限りはヒンヤリとして気持ちがいい。ただ、ゆっくりした長い坂を登っていくので汗でびっしょり。緑の中に登場する花が美しい。

alt

alt

alt

alt

alt

 最初に着いたのは見晴台。ここまで登ってきたご褒美の眺望…

alt

alt

 もうひと頑張りすると… 展望台。既に二組の方が休憩していた。汗をかきながら登ってきたことが、この景観が忘れさせてくれる。

alt

alt

alt

alt 

 小刻みに作られた階段をゆっくり降りていく…

alt

alt


 とても気持ちの良い散策を楽しむことができた…  4088歩だった。





————————————————————





人生は…


 人はいつの日にか天に召される。今日飛び込んできた訃報… 西城秀樹さん(享年63年)。二十代後半の頃であろうか、この曲が好きだった…。


幸せに輝く あの人だって

若い日の弱さを悔やんでいるはず

あの時にもう少し勇気があれば

今よりも遠くへ行けたのにと…


 この歌詞で始まるスローバラードのこの曲、西城秀樹さんが熱唱する姿に、若かった筆者は勇気を貰った… 曲「勇気があれば」。



☆ ☆ ☆



 マーゴット・キダーさん


 クリストファー・リーブ主演の映画「スーパーマン」で相手役のロイス・レインを演じたマーゴット・キダーさんが逝かれた(享年69歳)。この映画には思い出がたくさん詰まっており、ロイス・レイン(マーゴット・キダー)の存在がこの映画を見事に盛り上げてくれたと思っている。


alt

The photo was posted through the Internet.



謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


 written by Seikoh-Udoku

Posted at 2018/05/17 22:57:35 | トラックバック(0) | 絶景 | 趣味
2018年05月15日 イイね!

本から映画へ… アラビアのロレンス 写生画の如く… カシオ...

本から映画へ… アラビアのロレンス 写生画の如く… カシオ...


本から映画へ… アラビアのロレンス


 ある日のこと、行きつけの書店でこの本に目が止まった。相当前であるが、ピーター・オトゥール主演の映画「アラビアのロレンス」を観ていたが、当時はあまり内容も分からず観ていたに過ぎなかったのだが…。


 あれから長い年月を経た今、「アラビアのロレンス」をしっかり学ぼうと思い、この本を読み始めた。


「アラビアのロレンス」中野好夫著 岩波新書


alt


「第一次大戦の最中、トルコの圧政に抗して立ち上がったアラブ人を率い、疾風の如く砂漠を馳駆して闘った冒険児ロレンスとは、いかなる人物であったのか…」(本帯より抜粋)


 読み終えてみて、ロレンスの生涯が様々なエピソードを交えながら描かれており、ロレンスを知るには最適な本だと…。


⇩ ⇩ ⇩



 この本を通して「ロレンス」をある程度理解したので、今度は映画「アラビアのロレンス」を数十年ぶりに観てみると…


alt


 何と映画自体がたいへん面白かったし、当時高い評価※を得たこの映画に納得してしまった。この種の映画の場合は、ある程度の予備知識を得てから「映画」を見ることの方がより有意義な映画鑑賞が出来るのかと…。


※第35回アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞(ピーター・オトゥール)、助演男優賞(オマーシェリフ)等を受賞している。





——————————————————






写生画の如く…


 目的を決めずに走ることも楽しい… ただ、そこには一つの世界が広がっている。



気持ちがいい...

alt


alt



列車に乗って何処かへ...

alt

alt


昼下がりのひととき...

alt

alt

alt

alt

alt

alt




——————————————————





カシオ、デジタルカメラから撤退…


 このニュースが流れてきた。コンパクト デジタルカメラは性能も良く本当に重宝していている。今使っているソニーRX100の前に使っていたのはカシオ製品で、一時はこれのみを使っていた。今では滅多に使うことはなくなったが、今でも現役だ。これからも大切にしようと思う。


alt


written by Seikoh-Udoku

Posted at 2018/05/15 21:16:40 | トラックバック(0) | My car & 本、読書 & 映画 | 趣味

プロフィール

「@Piano さん、 納車おめでとうございます! 」
何シテル?   04/17 17:28
晴耕雨読と申します。 趣味を楽しみながら、日々暮らしております。 ブログは自動車に限らず、様々なことに関して書いてありますので、ご興味のある方はご覧頂け...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

恐縮ながら、現在のところ友達の募集は行っておりません。
多くの方々が書かれたブログを読むことは楽しみの一つです。他方、ご縁により、当ブログを読んで頂くことはたいへん嬉しいことと思っております。

updated on August 8, 2017.
103 人のお友達がいます
ハヤタハヤタ * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
さんちゃん?さんちゃん? * bear-Xbear-X *
ヴェル翔星ヴェル翔星 * CatDogCatDog *

ファン

131 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
 『Mercedes-Benz C220d』と共に、楽しいカーライフを過ごしてゆきたい ...
スマート スマート フォーフォー スマート スマート フォーフォー
New 〈smart forfour turbo〉… 納車後8ヶ月目の感想は... や ...
その他 Panasonic JETTER その他 Panasonic JETTER
電動アシスト自転車... その名はPanasonic JETTER。 購入したのは5年程 ...
BMW アクティブハイブリッド 5 BMW アクティブハイブリッド 5
記憶に残る素晴らしい車でした。 現在、BMW アクティブハイブリッド 5 M Spor ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.