• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

晴耕雨読のブログ一覧

2018年04月27日 イイね!

街を歩いてみると... 本、読書... New BMW X2 Debut...

街を歩いてみると... 本、読書... New BMW X2 Debut...


街を歩いてみると…


この季節、街を散策することは気持ちがいい…

新しい家が建てられ、風景がアップデイトされている…

隠れた歴史を発見することもある…

それぞれの人生がある…



☆ ☆ ☆



 歴史を感じる場所を見つけた。長崎街道の「黒崎宿本陣跡」。

alt

alt

alt


 これまでとは異なったアングルでスペースワールドを見た。日に日に解体されてゆく…   消滅から再生へと。

alt


 ゆっくりと街並を歩いて行くのは気持ちが良い。

alt



 通行禁止…  あの階段を登ってみたいとずっと思い焦がれているが。 いつかその日が来ることを…。

alt





——————————————————





本、読書…


心が落ち着く…


「黒船」吉村 昭著 中公文庫


alt




 先月、横浜/東京へ行ったときに「吉村 昭記念文学館」を訪れ、ある種の感動を味わってきた。その余韻が醒めからぬうちに読んだ吉村作品。幕末に通詞(通訳のこと)として活躍した堀達之助の生涯を描いた作品なのだが、これがまた心に沁みるものであった。堀達之助は日本初の本格的な英和辞書「英和対訳袖珍辞書」を編纂したことはこの作品で知った。「激動する時代の日本と日本人の姿を克明に描き尽くした雄編」(本帯より)であり、吉村昭さんの筆致は素晴らしく、生きた歴史が見えてくるようだ。





——————————————————





 New BMW X2 Debut


 颯爽とデビューしたBMW X2は、新しい時代を感じさせてくれる。出来上がったばかりのX2の案内書を見ると、近未来の感覚に触れるようだ。実車を見るのが楽しみになる。


alt


alt



☆ ☆ ☆



(BMW X2とは全く関係ないことですが…)

 〖Debut(デビュー)〗という言葉を聞くと、筆者にはこの曲が浮かんでくる…


『デビュー 〜Fly Me To Love~』(1985年) 河合奈保子 


 (YouTube上で河合奈保子さんが歌う「デビュー」を聴きながら…)メロディーも軽快で素晴らしく、歌詞もいい。乙女の淡く、時に熱く燃える恋心を熱唱する河合奈保子さんが輝いていた…。今でもこの曲を聴くと、澄み切った青空のような明るい気持ちになる。それと、この曲「十六夜物語」も素晴らしかった…。こういう思いはいつまでも大切にしたい。


written by Seikoh-Udoku


Posted at 2018/04/27 22:16:47 | トラックバック(0) | 散策... 読書... | 趣味
2018年04月25日 イイね!

万年筆の魅力... 夕方のサイクリング... 読書は愉しく...

万年筆の魅力... 夕方のサイクリング... 読書は愉しく...


万年筆の魅力…


 以前、当ブログで宣言したように、今年1月からは「ほぼ日手帳」に徒然なるままに文章を書いている。昨年まではPCのキーボードを通して文章を書いていたのだが、ほぼ日手帳に換えてみたところ、思いの外その感触(手書き)の素晴らしさに酔いしれている。


 最初は細字のボールペンを使っていたが、— 万年筆への郷愁を覚えたのだろうか — 「万年筆」で「字」を書いてみたくなった。「極細字」のものを探していたところ、パイロットの「カクノ」に行き着いた。安心価格で透明軸のこの万年筆… 何と素晴らしい感触。 ここまで技術が進んだのかと感心することしきり。


alt


 さらに、本格的な外観を備えた万年筆も欲しくなり購入することに。パイロット、セーラー、プラチナの中から「プラチナ(極細字)」をチョイス。


 今では、ボールペン(細字)、カクノ万年筆(極細字)とプラチナ万年筆(極細字)を気分によって使い分けている。しかも、字を書く歓びを噛みしめながら使っている。


 参考までに、万年筆と言えば、モンブラン等の素晴らしいものが有るが、残念ながら「極細字」仕様は製造していないようだ。漢字の日本文化に合うように国内のメーカーでは「極細字」が用意されている。





—————————————————-





夕方のサイクリング…


 今この季節、最高のサイクリングが楽しめる。一周5.5㎞のサイクリング・ロードを軽やかに走る。そして、美しい風景が味わえる。


alt


alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt





—————————————————-





読書は愉しく…


分かり易い研究書…


「勝海舟の罠」水野靖夫著 毎日ワンズ


 幕末から明治維新までを描いた小説や研究書を読んでいて、筆者には「勝海舟」と言う人物について、どうしても気になる部分を持ちつつ今日まできた経緯がある。


alt


 「氷川清話のハイライトは江戸無血開城である。勝海舟はこれを自分が成し遂げたように語っているが、これが彼の最大のホラ話である」(本帯より)


 本帯にあるこの文章に引き寄せられた。著者は、徹底して資料を読み解き、勝海舟が成し遂げたと広く言われていることを検証している。読み応え十分の内容だった。筆者がこれまで読んだ書物の中では、勝海舟の歴史的評価について、なんと6〜7割ほどは「批判的」な記述が多かったと思う。この本はさらに踏み込んだ内容となっている。勝海舟を敬愛している方からすれば、真逆のことを言っているので読みにくい側面があろうかと思うが…。


 そもそも歴史には様々な解釈があり、さらに多様な考え方があるのも事実である。そのような多様性を尊重するという姿勢は大切なことだと思う。


written by Seikoh-Udoku


Posted at 2018/04/25 22:40:09 | トラックバック(0) | サイクリング、本、読書他 | 趣味
2018年04月23日 イイね!

東京、横浜から帰路へ...

東京、横浜から帰路へ...

東京、横浜から帰路へ…


 新幹線で首都圏へ行く場合、新横浜駅で降りる人も多いのではないかと思う。東京都心、横浜みなとみらいへのアクセスも良く、便利なロケーションにある。新横浜駅周辺にはショッピング、ホテル等も多く、何をやるにしても事欠かない。



☆ ☆ ☆



  新横浜駅周辺の風景画フォト… 


alt

alt

alt

 夜景も美しい…

alt


alt


alt


 所用により武蔵小杉を訪れたが、速いペースでの都市化に驚くばかりだ。高層ビルが建築ラッシュのようだ。

alt

alt

 そんな中、この美しさに心の休息を感じる。

alt


alt





☆ ☆ ☆




 4回にわたって綴りました「横浜 / 東京」訪問記はこの回で完結します。よく歩きましたし、東京駅をはじめとしてそれぞれの街の著しい変貌ぶりと、首都圏の電車、地下鉄の便利さ / 複雑さにあらためて驚いてしまいました。年々変わりゆく首都圏をこうして見ることはたいへん楽しいことでもあります。


alt


 さて、帰りの新幹線では新横浜駅で駅弁「深川めし」を買い求め、乗り込みました。「深川めし」はアサリが入っており好きな駅弁の一つです。あっ、崎陽軒の「シウマイ弁当」…   忘れていません。勿論頂きました。車中の読書は「アンチェルの蝶」(遠田潤子著 光文社kindle版)を読みました。


 — 「横浜/東京」訪問記を最後までご覧いただき有難うございました。


written by Seikoh-Udoku


Posted at 2018/04/23 21:36:16 | トラックバック(0) | | 趣味
2018年04月21日 イイね!

スカイツリー...

スカイツリー...

スカイツリー…


 今年に入り、タワーと呼ばれる展望台に登ったのは三回目。最初は「福岡タワー」、二回目は「海峡ゆめタワー」〔下関〕、そして最大の「スカイツリー」。どれも素晴らしい眺望だが、ここスカイツリーから得られる眺望は首都圏に相応しい風景だ。


 訪れた日は晴天でほぼ澄み切った空の下、美しい世界が広がっていた。平日にもかかわらずたくさんの人々で賑わっていた。




☆ ☆ ☆



alt


 先ずは展望デッキを目指した…  エレベーターを降りた瞬間、人の多さに驚いたが、景観の素晴らしさに目が釘付けになってしまった。

alt

alt

alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt

alt

alt

alt


 さらに上を目指す…  天望回廊へ。ここへ来ると人は極端に少なくなった。ゆっくりその美しさを堪能…。こういう美しい世界の前では言葉は要らない。

alt

alt

alt

alt

alt

alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


 天望回廊を降りて、「星乃珈琲」で休憩。その余韻を姉と二人で楽しんだ。

alt


alt


written by Seikoh-Udoku


Posted at 2018/04/21 21:20:00 | トラックバック(0) | 絶景 | 趣味
2018年04月19日 イイね!

東京駅…

東京駅…

東京駅…


  以前ここへ来たときは工事中だったが…   新しくなった東京駅(丸の内側)を見ようと思い、午前10時過ぎに着いた。


 丸の内北口を出ると、多くの警察官、パトカー、白バイ、多くの人々が目に入ってきた。もっとも、改装後の丸の内サイドはすっかり整備され、首都東京駅に相応しい美しい外観を呈していたのだが。

alt

alt


 近くの人に「何かあるのですか?」と聞いてみると、「これからロシア大使の認証式が皇居で行われるので、皆さんはその馬車(正確には「御料車」を言う)の到着待っているところなんです」と。滅多にお目にかかれない光景だけにこれも何かのご縁だと思い、カメラをスタンバイし待っていると…


alt



 ロシア大使一行が御料車に乗り込み、ゆっくりと皇居に通ずるまっすぐの道路(石畳)を進んで行く。筆者も後を思うように皇居入り口まで追って行った。


alt

alt

alt


 東京駅から皇居入り口までの風景が美しかった…  その日は曇りで風も時折やゃ強く吹いたりしていたが、撮影には良かったようだ。


alt

alt

alt


alt

alt


alt

alt

alt

alt


alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt


 実を言うと、東京駅には是非見ておきたいものがあったのだが、ロシア大使の認証式に遭遇したため、すっかり失念してしまった。次回じっくり見ようと思う。




☆ ☆ ☆




 東京という言葉を聞くと…  この曲が自然と流れてくる。以前にも紹介したことがあるが。


JUJU 「東京」…

alt


 今いる書斎の中で、MacBookProのキーボードを打ちながら、iMacに繋がれたBoseのスピーカーからこの曲が流れてくる… うっとりとしてくる。

written by Seikoh-Udoku


Posted at 2018/04/19 21:32:38 | トラックバック(0) | 徒然なるままに... | 趣味

プロフィール

晴耕雨読と申します。 趣味を楽しみながら、日々暮らしております。 ブログは自動車に限らず、様々なことに関して書いてありますので、ご興味のある方はご覧頂け...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
 『Mercedes-Benz C220d』と共に、楽しいカーライフを過ごしてゆきたい ...
ミニ MINI Crossover ミニ MINI Crossover
 このクルマを筆者のクルマ選びの最終章としました。家族の車としてみんなで楽しめることを ...
その他 Panasonic JETTER その他 Panasonic JETTER
電動アシスト自転車... その名はPanasonic JETTER。 購入したのは5年程 ...
BMW アクティブハイブリッド 5 BMW アクティブハイブリッド 5
記憶に残る素晴らしい車でした。 現在、BMW アクティブハイブリッド 5 M Spor ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.