• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんちゃん?のブログ一覧

2020年06月22日 イイね!

やっぱオールドフェラーリが良い♥

私の中でのフェラーリはF355の時代まで・・・
特に好きなのが1970~1995の間のモデル。
そしてピニンファリーナデザイン・・・

イタリア人のデザインパターンは目的からスタートして、目的を達成するために生まれてくる形がベースになる、という話をカーデザインの本で読んだ事があります。

だから、レーシングカーだけではなく、ラリーカーも存在するしカッコいいんですよね。037ラリーもそのベースとなったランチャベータモンテカルロもピニンファリーナデザイン(037ラリーのチューニングはアバルト、037はアバルトの開発コード№に由来)。

WRCのGr-4、Gr-Bの中にはフェラーリ308があります。Gr-Bのベースとして288GTOがあるのですが、おそらく実戦で走ったのは308が多いはず。時代的には4WD&過給機の時代に入ってきつつあるから目立つことはなかったけど・・・



でも、ベース車からしてコンペティブな車が無くなってしまった今、308の競技モデルが凄く新鮮で欲しくなってしまいます(*´艸`)

以前、応援を頂いていた社長さんの蔵車の一台の512TRを一日ドライブさせて頂いた時、流していてもフェラーリというのを実感できましたよ。

でも、現行モデルとは時代背景が違うから、乗りこなすのは大変だし、癖が強い車でした。それと比較すると、小振りでV8エンジンの308は扱いやすそう、と思うのです。(037ラリーでもでかいですもんね~)
Posted at 2020/06/22 11:09:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | ヒルクライムレース | 日記
2020年05月08日 イイね!

ステイホーム投稿企画!最高の愛車写真!

やっぱり去年の【Cronoscalate in HACHIKITA】でクラス優勝した時の走行写真でしょう!
で、一番最高だったのが応援&観戦に来られていたT.M-728さんに撮って頂いた写真♪それにテキストを入れ額にいれてイベント会場に持参しています(´艸`*)





そして,この右コーナー手前の左コーナーでの写真はハチ北観光協会のカメラマンさんによって撮られたもの♪



オンボード二本目アタック(ヒルクライムレースの公的ルールは2本合計タイム)


自分で撮ったものより、撮って頂いた(特にiQに乗っての初優勝なので・・・)写真の方が気持ち的に嬉しいですよね♥

Posted at 2020/05/08 14:47:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヒルクライムレース | 日記
2019年10月18日 イイね!

”モータースポーツは文化”この動画をみてそう感じた

UNO ABARTH Turbo競技車両(かなり旧い車種ですよ1985~1995)でのヒルクライムレース初参戦女子の動画。
これで初参戦!? 公道での走り方のツボがちゃんと抑えられています(@_@;) 
オッチャン負けるかも・・・。
こういったところに一般に自動車競技が根付いているな、と感じるのです。



強いて言うなら、ステアリングの持ち替え方、持ち替えた際の手の位置。これが定まっていないとタイヤがブレークした際(リヤでもフロントでも)の修正舵が正確にできずにタコ踊り状態になりおつりで終了します。特にLSDが入っている車両は・・・

まあ、でもこの娘はすぐに上達するでしょうね♪荷重移動のタイミングやコントロールは申し分ないですから。

初参戦してくる女の子がある程度の基本ができている、という事はセオリー通りの基本練習ができているということ。また、公道でのツボを押さえた走り方ができているということは、普段から運転という事に対して真面目に取り組んでいる、ということです。また、そういう育てる(育つ)環境が身近にあるのだと思います。

なにもレーシング速度で走ることが練習ではないんですよね。やたらサーキットを走っても勢いで何も残っていないんじゃ損しているだけですから(自己満足は達成できるか(笑))ね。それだったら、普段の運転の中で車の動き方に注意を払い、その感覚を研ぎ澄ます方がよっぽど上手くなります。
Posted at 2019/10/18 13:08:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヒルクライムレース | 日記
2019年09月04日 イイね!

Guy Martin選手がパイクスピークに出てたのは知らなかった~

マン島TTやアルスターGPなどの公道レース第一人者のGuy Martin選手がパイクスピークにトライしていたなんて知らなかった(((o(*゚▽゚*)o)))
自作マシン?初出場?ともあれ、優勝したんですよね!おめでとうございます!KTMやドカティを抑えるなんて・・・ 実力の賜物ですね~





公道競技でおそらく世界でもっとも危険なマン島TTの第一人者ですらきちんと轍を踏んで望むパイクスピークインターナショナルヒルクライムレース。

マン島TTもパイクスピークも100年以上の歴史があります。なぜ続くか?地元の理解があり、そこの皆さんが育てているレースだからなんですね。走る側も走らせる側(オーガナイザー、地元の人々)もお互いに敬意を表し認め合うからこそ続くのです。



マン島TTレースは100年少々の開催の歴史で240人超えの選手が亡くなっています。日本ならば続かない状態ですよね。でも、世界中のライダーが憧れて挑む。それは、このイベントを育ててきた地元の方々の努力の賜物だと思います。

マン島TTが聖地と言われる理由。それは地元の方々がオーガナイザーと共に誇りをもって運営に携わり選手を迎え入れ、選手はそれに走りで応える。その関係が最高のレースを作るのです。

数々の亡くなった選手たちを目の当たりにしているからこそ、誇りをもって運営に携わるオーガナイザーと地元の方。公道競技が文化として根付くには単純なものじゃない、ということですね(ラリーのコルシカ島しかり・・・)。

オーガナイザもそうですが走る側もしかり・・・。オーガナイザー他関係者に報いる走りを見せられるよう努力しましょう♪

Posted at 2019/09/04 09:13:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | ヒルクライムレース | 日記
2019年09月03日 イイね!

公道を使うモータースポーツ考

例の「ハチ高原ヒルクライムレース」。結構、物議を呼んでいるようで┐(´ー`)┌やっぱりな〜、という感じ。

私自身、JAF公式戦を主催経験も参戦経験もあるのですが、その立場の者からしたら考えられない事ばかり…
地元不在の公道使用の車の競技なんてありえないんですよ。

一人歩きしている"モータースポーツは文化"という言葉。
これはそもそもの文化論から考えないとダメなんです。そのカテゴリーのモータースポーツがなぜそこに根付いているか、受け入れられているか。

”車遊び(個人的に遊びという言葉には抵抗があります)について社会の理解がない””認知されていないのが原因””PRをします♪”なんてしたり顔で語る人もいますが、それではまだまだチッチッチ~(笑)

今までの車をつかったモノがなぜ、受け入れられないか?なぜ続かないか?・・・
参加者を含む関係者は今一度良く考える必要があると思うのです。

なぜ、「Cronoscarate in Hachikita」の主催者や我々レギュラー参加者や地元が疑問に思っているか。それは既得権益や新規参入者を嫌っての事ではないんです。モータースポーツに対するリスクを含めての各部分での認識の甘さなんですよ。

Simone選手も呆れ怒っている?


Posted at 2019/09/03 17:32:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | ヒルクライムレース | 日記

プロフィール

「@ヤックス さん 私がやっていた方法は、クリーニングした後にウェットタイプを塗布します。しばらく置いて余分なオイルが出るので拭き取りします。その後、ワックスタイプ(ドライタイプ)塗布、週一はワックスタイプ、月一で両方です。」
何シテル?   07/02 10:24
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

POWER CLUSTER BiLENZA 0W-20 Racing 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/25 22:34:07
バッテリー交換後のECU再学習手順 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/15 20:23:12

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。No.付き競技車両としてのテスト&実証 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.