• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんちゃん?のブログ一覧

2019年08月26日 イイね!

空力というかアンダーガードというか・・・

何年も前からiQ用に考えている事があるんですよ。
それはターマック用アンダーガード・・・的なもの。

元々がヒルクライムレースをテストする場としてチューニングしてきている我がiQです。パワーを出しながらの遠征するための航続距離も必要なので(できるだけ地元のガソリンを使いたいというのがあります)燃費も大切です。

私の考え方のチューニング手法でいくと、理論的には悪化する要素がありません(目的による適材適所的考え。オイルまで考えるので。)。

空力はボディ形状的に全く不利なので、保安基準やコストを考えて如何にそこの部分を解消していくか?その回答としてTurbulator(ボルテックスジェネレーター)とアルミテープなんですね。

iQはロードクリアランスがあまりなく、車高を少し落としただけで下部を路面が干渉する恐れが出てきます。みん友さんのお一人は落ちていた石で燃料タンクに穴を開けたり、Frタイヤの巻き上げた小石をファンベルトプーリーに挟んでしまいファンベルトを断裂させてしまった方がいます。

だから、かなり以前から軽量ターマック用アンダーガードを兼ねたものを使いフラットボトム化を考えていたんです。

現段階で大きく手を入れるところがなくなったので、次の課題としてアンダーガード兼フラットボトムを考えて行こうかと思っています。
そうそう、そろそろショックアブソーバーのオーバーホールも考えないと・・・

2019年04月26日 イイね!

1NRエンジンメカチューンについて考えています

ちょっと次なる野望を・・・

米国のレースエンジン部品メーカーさんに1NRのエンジン部品の製作に関する問い合わせをしていました。

回答はOK!
金額はそれなりに掛かるし、サンプルでパーツも準備しなければいけないけれど、なんのこたない1NRが化ける、と考えたらワクワクする。
あとはクラッチだな( ̄∀ ̄)

なんでここまでやるかって?
今、自分が手を入れられる要素をもった車が存在しないから。ほとんどメーカーで出来上がっていて味付けも何もできないものがほとんど・・・
(要はメーカーサイドでコンプリートチューニングが既にされている)

今の世代の制御を持つ中の初期頃のiQだから、できる部分が残っていると思うんです。現行車種だと解析用機器を揃えるだけでも相応の出費を覚悟しなければいけないし、それをペイするには相当の仕事量をこなさなければダメかと。

再度、内燃機関の勉強をし直す為の文献もAMAZONに頼んでそれが今日届くはず・・・

あとは、ECUをどうするか・・・
パワーバンド4500~7500rpmを目指すのだけど純正書き換え+サブコンでガス検OKのiQにしなければいけないという・・・

TORQUの換算数値では相当な馬力が出ているけれど、計算ではそうはならないんですよね。
計算でいうと今の段階で105HP程度、これを120HP程度までにするのが課題です(理想は150HP)。一応、この馬力があればABARTH595の160HPモデル以上180HP未満のパワーウェイトレシオになるんですね。

現在外径590mm指定のタイヤで路面を蹴るようにしていますが、これを車両設定用外径620mmに近いところまで上げて、各ギヤの守備速度レンジを拡げてやる感じ・・・

車両を創るものの端くれとして構想は浮かんでくるのですが、資金と時間をどうするか・・・一番の問題です┐(´ー`)┌




※元祖ロードレースは凄い・・・
 ここを棲家にするレーサーは真の勇者だと思う・・・
2019年04月25日 イイね!

今回のヒルクライムレースで結果が出たと思われるAir Repair iQのポイントは?

3a Cronoscalate in Hachikita Giaponeで優勝を果たしたAir Repair iQの昨年と比較してのポイントは・・・
変更箇所と変化した特徴についてご紹介いたしましょう。



1:ボディのリヤセクションの補強/Air Repair ボディ補強システム ステージ3の採用

適度な硬さと後輪の追従レスポンスの向上で、ステアリング操作に対する後輪の追従性が向上しています。また、リヤサスペンションが仕事をより正確にできる下地ができました(リヤサスのセッティングが生きる)。



2:リヤトーションビームの動きを向上させる実験的チューニング

これはかなり画期的な考え方ですがこれによりリヤの動きが格段に手の内に入るようになりました(ショックアブソーバのセッティングを変える必用があります)。



3:タイヤの変更

TOYOTIRES R888R(セミレーシングタイヤ) 205/45-16 から NANGKANG NS2R (レースにも使える?スポーツラジアル) 205/45-16に変更。ローパワーなiQにグリップ力が勝ちすぎていてパワーがロスしている?という仮定から、恐らく限界能力は低いと予測される(操作特性&性格を重要視)アジアンタイヤをぶっつけ本番ですが投入しました。

グリップが減った分、転がりが軽くなったように感じました。また、規格の違いから高圧で使うのでヨレが少なくて、インフォメーションが正確だったと思います。トレッド面の発熱が早く、走行直後から本来のグリップ能力を出すのも好印象です。ただし、軽量車での使用には合っているだけで、重量&ハイパワーな車には不向きかもしれません。また、連続高負荷の状況では熱ダレが早いかも・・・

耐久性に不安が残るのですが、価格がかなり安いので、ガンガンスポーツ走行をするタイヤとしてはお勧め♪




4:Lubross製作 Air Repair 試験中トランスミッションOil 75W90

LSDを投入して暫くはCUSCO純正のトランスミッションオイルを使用していました。しかし、耐久性とフィーリング、特にLSDの差動レスポンスとその過渡特性に疑問が残っていたのです。その部分を考えてLubross様にご協力を頂きオリジナルを製作して頂いています。

LSDの効き方がかなり良くて、効いていない状態から効くまでの遷移がドライバーにわからないくらいスムーズです。また、フリクションロスが減り、車の転がりが軽くなっています。

ひょっとしたら2回目アタック時のミスシフトをしたのにも関わらず影響がなかったのはこのおかげか?





以上です。
これからも挑戦は続きます。暖かく見守ってやってくださいm(_ _)m



2018年09月06日 イイね!

これぞホットハッチの動き(((o(*゚▽゚*)o)))


プジョー106のヒルクライムレース動画。
スポーツKITを組み込んだ200PS仕様・・・



流石に理想のホットハッチ的いい動きをしています♪
で、iQだからスラローム区間だけでも負けてないぞ!?と思い、我がiQとの比較をしてみる・・・



う~ん
やっぱり純粋競技車両とナンバー付き車検が通る車両とは違う・・・
比較は無理があるんだな┐(´ー`)┌

今以上の動きの脚を作ろうと思えば車高調のワンオフが必須!
もう少し高荷重に耐えるスプリングレートと適正車高が作れる条件が必要なんですよ。
そうなると、シェルケースとタイロッド取り付け部の位置関係が変わるので、操作特性が大幅に変わるはず。

そこを見越した企画と考察が必要になって、試作から決定までかなりの時間と資金が必要になるんですね・・・

わかってはいるけれど、現実的に無理な事が多いんですね(´;ω;`)

でも、まあディーラーで入庫を断られない車両で速く、というのが基本コンセプトだから現状の完成度がほぼアッパーの状態なので良いと言えば良いか。

ただ、もう1セットタイヤ&ホイルが欲しいな、と思う今日この頃・・・

2018年09月06日 イイね!

これぞホットハッチの動き(((o(*゚▽゚*)o)))


プジョー106のヒルクライムレース動画。
スポーツKITを組み込んだ200PS仕様・・・



流石に理想のホットハッチ的いい動きをしています♪
で、iQだからスラローム区間だけでも負けてないぞ!?と思い、我がiQとの比較をしてみる・・・



う~ん
やっぱり純粋競技車両とナンバー付き車検が通る車両とは違う・・・
比較は無理があるんだな┐(´ー`)┌

今以上の動きの脚を作ろうと思えば車高調のワンオフが必須!
もう少し高荷重に耐えるスプリングレートと適正車高が作れる条件が必要なんですよ。
そうなると、シェルケースとタイロッド取り付け部の位置関係が変わるので、操作特性が大幅に変わるはず。

そこを見越した企画と考察が必要になって、試作から決定までかなりの時間と資金が必要になるんですね・・・

わかってはいるけれど、現実的に無理な事が多いんですね(´;ω;`)

でも、まあディーラーで入庫を断られない車両で速く、というのが基本コンセプトだから現状の完成度がほぼアッパーの状態なので良いと言えば良いか。

ただ、もう1セットタイヤ&ホイルが欲しいな、と思う今日この頃・・・

プロフィール

「新舞子サンデー中ですよ〜」
何シテル?   10/20 09:38
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

新しいコンテンツ「サーキット」が出来ました!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/17 14:32:50
バッテリー交換後のECU再学習手順 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/15 20:23:12

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。No.付き競技車両としてのテスト&実証 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.