• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんちゃん?のブログ一覧

2019年02月16日 イイね!

WRC - Rally Sweden 2019・・・やっぱ面白い!動画からみるWRカーの特性違い






自然の力が及ぶラリー、しかも冬のスウェーデンのように極端なコンディションの中での戦いは読めない事が多いので面白いです。まさにマシンを介した自然と人間の戦い!



シェイクダウンステージでのヒュンダイ/ヌービル選手とトヨタ/ミーク選手のオンボードが公開されていますね。




※ヒュンダイ/ヌービル選手




※トヨタ/ミーク選手


比較するとヒュンダイi20とトヨタYarisのマシンの性格の違いがわかると思います。幅はレギュレーションにより決められているのですが、寸法を比較してみると

ヒュンダイi20
全長:4100(車両のみ)
幅:1875
ホイルベース:2570

トヨタYaris
全長:4085(空力パーツ込)
幅:1875
ホイルベース:2511

とYarisがi20に比べて短い・・・
ホイルベースに関しては、59mmも短い!

ドライバーの意思が車の動きに反映されるタイムラグがi20に比べて無いように感じるYaris。競技車という観点(スポーツの道具)からするとYarisのほうが良いと思うのですが、扱う人間から見た場合、体調がいい場合(人的ポテンシャルが高い場合)には、リニアに反応するYarisのほうが面白くて扱いやすいはず。

ただ、その反面でマシンに要求される反応速度が出せないドライバーコンディションだった場合にはナーバスでミスのリカバリーが難しい(リカバリー操作にも速さと正確さが必要)はず。
まあそこは、セッティングで合わすでしょうが、その分トータルパフォーマンスは落ちるはずです。
今回、グロンホルム選手が久々にYarisで走っていたけれど早々にスピン。グロンホルム選手がチャンピオンになった時代のマシンの差が、当時のドライビング方法の違いと相まって難しくなっているのかもしれません。


i20は少し長い分、ピーキーさが薄らいでコンディションが悪い時(体調だけではなくコースも含めて)にもそこそこの走りがしやすいのではないかな、と感じるんです。
ただし、反面ダルなように感じて(実際ダルなはず)焦った運転をすると、マシンが挙動を乱してそれに速くて正確なリカバリー操作を加えても、応えてくれるまでのタイムラグが発生して車速とのアンバランスにより破綻をきたしやすい特性がでてきます。

どちらのつくり方も正しいのですがね・・・
いや、マシン造りは難しい。

私のiQと私が乗っていたCT9A N4車両の幸田サーキットでのデータ比較で言えば、ラップタイムは当然ながらCT9Aです。しかし、コーナーでの耐Gの大きさや侵入脱出区間を除いたコーナー部分での旋回速度はiQのほうが速いんですよね。
だから、きちんと作りこめばパワー差の出ないダウンヒルで、車速の落ちない道ならば十分にハイパワー車と戦える要素をもっていると思うのです。

ちゃんと造りこめばその味は、ABARTH595コンペティツォーネにかなり近くなります(^-^)
私がABARTH595コンペティツォーネに乗った時、直ぐに全開ができましたから♪








Posted at 2019/02/16 10:51:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | 日記
2019年02月15日 イイね!

WRC - Rally Sweden 2019が始まりました♪

WRC - Rally Sweden 2019が始まりましたね~




木曜日はシェイクダウンとSS1・・・

とりあえずはシェイクダウンの動画がUPされていましたよ。





ヌービル選手のオンボード



氷点下の状況でこの動き!ドライバーの能力と車の能力がリンクしている動きそのものですね~


さて、私・・・
今日未明の某リラクゼーション店では某セラピストの癖で施術時間が長くなり終了時間が伸び、帰路についたのはいつもより1時間ほど遅い時間。



勘弁して・・・

睡眠時間は3時間少々・・・
ちょっと辛い・・・



打合せして頼んでいた試作ギヤオイルが出来上がってきたのが唯一嬉しかった一瞬。
要求した事に対してドンピシャのフィーリングが一発目で出たら嬉しんだけどな~



Posted at 2019/02/15 12:40:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | WRC | 日記
2019年02月14日 イイね!

スポーツカーってスポーツする(できる)車だと思うのです。

ディティールも大切だけれども、モータースポーツやスポーツカーという”スポーツ”というように、ドライバーがスポーツする(できるのが)スポーツカーだと私自身は思っています。

形よりもテイストですね。
当然、スポーツ性を考えたデザインは”そのディティールに神は宿る”という言葉あるようにスポーツカーとしての形になっていくのですが・・・

モータースポーツは車やモーターサイクルという道具を使うコンペティションですから、乗り手にもアスリートとしての能力が必要になります。

そこには成績追求が第一の目的になります。味とか乗りやすさ(タイムを出しやすいようにする乗りやすさとは別)はない世界で自身のマシンの動きの速さに自身がどこまでシンクロできるか?
(速い動きのマシンを造り自身がそれを操れるレベルになること)
まあ、究極の楽しいスポーツドライビングはコンペティションの世界になるんですけどね。




昨日テストして、結果分析をしていたら凄く実感させられたんですよね~
斜め前に動く車作りをしないと・・・
Posted at 2019/02/14 13:46:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | 思うこと | 日記
2019年02月13日 イイね!

定期サーキットテスト日・・・今日はいいデータが取れた!

今日は水曜日(定休日)・・・
サーキットテストは基本的に休みの日に行うようにしています(希に木曜日もありますが)。
平日なのでR23の通勤渋滞を避けるために4時すぎに起床して5時出発の計画。

そのため、昨日の某リラクゼーション店はいつもより2時間半以上早い23:30に終了~
自宅までは20分ほどなので直ぐに風呂に入れば1時過ぎには寝られる算段・・・

と思いきや、某ショックアブソーバーメーカーからの質問FAXやら銀行や役所からの連絡事項の手紙などが昨日に限って重なる。役所や銀行他の連絡事項は目を通すだけにして、某ショックアブソーバーメーカーだけの返答書類を書く・・・ これがまた単純な表現じゃダメなので時間がかかり、結局床についたのは2時くらいかな・・・

そして4:30にアラームがなり5時過ぎに出発。寝不足気味のこんなポテンシャルで良い感覚でAir Repair iQとサーキットで対峙できるか?・・・できる!と自身に言い聞かせる・・・

早く出ると、渋滞がないぶん早く着きますよね~
そんなに早く着いてもゲートすら開いていないので途中の道の駅で朝食&仮眠・・・
リクライニングシートを倒すよりも、フルバケの方が寝られる(~_~;)
(長年の癖というか慣れというか)



7時30頃にここを出発し、20分程で幸田サーキットに到着。
ゲートは開いていたけれど、受付も何もできる状態ではないので走行準備を先に済ませます。
満タンじゃないとガス欠症状が出るので満タンにしたり、タイヤの内圧を路面温度や日照状態から考えて調整したり・・・



まあ、車のセットアップや計測機器や撮影機材の準備をしていたら直ぐに一時間くらいは経つので、早め早めが正解ですね。私自身の準備も意外と手間なので・・・



9:00走行スタートでその時点で、気温5度、曇り、風速2~3m、パドック前のコース路面温度4.8度。
一応、TOYO R888Rのメーカー最高グリップデータでの基準内圧で調整。
ENNEPETAL/BILSTEIN Air Repair Atack Splの調整値は最強の1段落とし。

前回のテストでのデーターを分析して、自分の初歩的勘違いに気づき強い方にしたんですね。
前回は、ボディ剛性が上がる→車体の反応速度が上がる=ピーキー=乗りにくい、と考えて減衰をレコード達成時よりも柔くしたんですね。これが間違い!

トーションビームのチューニングも行い、路面追従性も向上しているのに、リヤサスの動きを柔らかくしてしまい(動くようになる分その1行程の動き量が増えて時間がかかるようになる)乗りやすいけれども車の向きが変わらないようになっていたんです。

基本、車を造り込むのが目的なので、そんなヤワな事をやってはいけませんよね。
車が暴れるのを押さえて能力を引き出すのがドライバーの役目なので・・・


結果は・・・



まあまあの出来でしょう・・・
GoProの画像が細かすぎるのかな?今回もベストラップ時の時まで録画時間が持たなかった・・・
この動画の時は4番目時計です。



タイヤも良い感じで溶けて、負担の大きい右前輪は終わりました(;_;)
また出費が・・・ 4月は車検満了なのに・・・

午後は動画の編集とロガーデーターを確認していました。
読みは当たって、如何に車の動きを早くするか、がキモになっていますね。ドライバーにもそれなりの動きの要求はありますが・・・
でも、スポーツするということはそういう事ですから(^-^)

新たな課題として「タイヤが路面に喰いすぎていないか?」「このタイヤで行くならば内圧を高くしてスライドを起こすようにしてやる必要がある?」「タイヤ銘柄を通常のラジアルにする?」「17インチ化に踏み切りピーキーにする?」という事が浮かんできました。

セッティングと開発は終わりがないんですね・・・
競技車両でもある話で開発がストップ=その車は終わり・・・なんです。
まあ、iQでこれ以上のものを求めようとすると、もうオリジナルのiQではなくなると思います。
あとは、僅かな改良をどれだけ行えるか・・・でしょうね。





2019年02月12日 イイね!

寒波の襲来→事故のニュースが多い゚(T_T)

いや~ ここ数日、事故のニュースが多いですね。
中には命を落とした方も・・・
自然の驚異とでもいいましょうか・・・

事故は悲しい事です。
けれども、あるレベルまでのリスク回避はドライバー当事者でもできるんですよね。

どれだけ安全装備が進化しても、操るのが人間である以上、知識とスキルが必要になるんです。
動的な進化を安全装置を付加させならがら進化している車。
当然ながら車重は増えます。

絶対的に普遍でどのような技術を持ってしても変えられないのが物理の根本原則。結局自然の摂理に逆らわないことが生き残る道なんですよね。

条件が悪い時には車の動きはシビアで鈍くなる、だとしたらそれを予見する運転をおこなう。天候が急変するのを察知する知識と観察力を持つ。それしか無いように思うのです。

私自身も自戒しながら運転をしなければと思います。

よくわかるABS&EBDの動画。
この二つのシステムを正確に理解している人って多いですよね。自動車メーカーのカタログ表記でも・・・ 正確にはABSにEBDが付加されて総合的に効いているのが正解





文章を読まなければ間違います(~_~;)

次の動画は面白いですよ。理解すれば速く走るための事へもつながりますよ~




さて、わたしのiQはヒューズチューニングとBNCによって機械本来のシステム速度を取り戻しています。結果的に標準状態のiQの制御反応速度よりも速くまた緻密な制御を行ってくれます。
速さもそうですが、ブレーキロックを故意に起こし、足の裏に伝わるABSの刻み方に違いがでる(フルシステム交換で)のがわかります。

Posted at 2019/02/12 12:11:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 思うこと | 日記

プロフィール

「@daddycool さん おお!楽しみです\(^^@)/」
何シテル?   02/16 11:08
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

ブログカテゴリー

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。No.付き競技車両としてのテスト&実証 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.