• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんちゃん?のブログ一覧

2018年08月29日 イイね!

だからMTBはやめられない・・・

ついに電子制御式フルアクティブサスペンションが出た!
流石FOX!

昔モーターサイクルに乗っていた時のオフ車のリヤに装着して気に入っていたFOX。
以来、MTBもFOXを使ってきました。

マルゾッキ、ロックショックスも使ってきましたが、FOXほどしっくりくるサスペンションはないんですよね~
(リヤはFrサスペンションほどFOXにはこだわりませんが・・・)

もともとスーパートラック、ATV、モトクロッサーのレーシングサスペンションが得意なだけにセッティングの幅、わかりやすさ、セッティングモードの実用性が他のメーカーに比べて高いと思うんですよ。
実際に車のセッティングを出すための勘所を体感的に感じるトレーニングにも適しているとおもいますし・・・



既に市販MTBにも搭載が決まっているみたいです。


TOYOTIRESのサポートドライバーのBJ Baldwin選手の動画”Recoil 4”でお目見えしたリモコン式アクティブサスペンション。
凄く興味を持っていたのですがおそらく同様のシステムだと思うんです。



これだけロングストロークでフワフワなのにターマックで攻めることができています(オフロードは当然)。
ジャンプ後に着地したあとの収束性やギャップ追従性はもともと凄いスーパートラックなのですが前にも増して凄い事になっています。

シチュエーションに合わせてコンプレッションの特性を変える(リバウンドはスプリングレート、コンプレッション時の沈み込み量とスピードに支配されるのでコンプレッション減衰特性はすごく大事なんです)ことができるから凄く戦闘力が上がるシステムだと思うのです。

MTBは、サスペンションセッティングができるかできないかが、性能の生き死にに直結します。
それはライディングスキル、ひいてはそのレベル向上スピードにも影響してきます。

これは全くエンジン付きと同じで、逆に人力であるが故、顕著に現れるしわかりやすいんですね~
WRCドライバーの多くががMTBをトレーニングの一環に組み入れている理由はそこにもあると思うんです。

だから・・・
MTBはリスクが高いから止めようと思うのにやめられないんです(^。^;)


Posted at 2018/08/29 10:33:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | MTB | 日記
2018年08月14日 イイね!

止めよう・・・と思ってもやめられない┐(´ー`)┌

怪我をして立場上MTBのことは一段落と思っていたけれどこんな動画見せられたら・・・



今乗っているTrance Advanced 27.5を買った頃、同じような気持ちになっていてモーターサイクルに復帰しようと思っていた時期。
当時、KTM DUKE(125~250)を買おうと思っていたんですよね~ 

でも、結局MTBを買っちゃったんですね・・・
理由は?

トレイル&ダウンヒルのホイルサイズが26から27.5に規格が変わり、コースで当時乗っていた26インチダウンヒルレーサーとTRANCE(アルミフレームモデル)27.5と乗り比べたら・・・
あまりもの違いに衝撃・・・

大径ホイルは細かい動きができない、と言われていたけれど、実戦で使われ始めると一気に機材が進化して、トレイル&コースでは26の意味を感じなくなってしまうほどでした。

29インチも同様でクロスカントリー向けのMTB限定のような感じでした。
それがですよ~

去年から、ワールドカップダウンヒルとかで29がボチボチ出てき始めたな、と思ったら一気に29がハイパフォーマンスの下り系MTBにも広がりつつあります( ̄◇ ̄;)

今やリアルライディングの世界では、26はジャンプやパンプトラック用に限定された特殊なサイズになってしまっています。

こんな感じで、私に降りかかる事柄と、モデルの流れの変遷が妙にリンクするから、足が抜けられないんだな・・・

まあ今は、資金が限られているから車以外の事は手が出せられないんですけど┐(´ー`)┌
Posted at 2018/08/14 11:30:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | MTB | 日記
2018年07月25日 イイね!

やっちまった~( ;∀;)

朝練でシークレットトレイルを走行~



コース初期の平均斜度45度でトータル6mほどの落差(根っこで出来た1mほどの落差の階段の組み合わさり)の区間でラインを外して転倒!放り出された~
側頭部と背中の脇を根っこで強打。

パークやDHコースを走行するときは、上半身もプロテクタ+ネックブレース+フルフェイスだから大ゴケしてもそう簡単には怪我はないのですが、トレイルは軽装備なので間違うと大怪我になりやすいんですね~

車やモーターサイクルでいうサーキットと公道の差みたいな?

難度は高いけれどミスを犯したことのないセクションだけにショックだ( ;∀;)
痛みをこらえて再度チャレンジしクリア!

しかし途中でだんだん背中の痛みがひどくなってきて終盤は息が止まる感じ・・・

ヘルメットは凹んで終了~(25000円が・・・)




あちこち擦過傷も・・・



背中は肋骨が逝ったみたい・・・

あとで病院へ行こう・・・
エアコンの荷受も終わったし・・・

しかし、困ったなぁ
暫くリラクゼーション店には行けない(収入が減る・・・)┐(´ー`)┌

ちなみに・・・
コケたところはこんな場所で飛び越え後に左ターンそしてその後に同じような右ターンの場所。
クロカンMTBだと動画のような処理ですが、エンデューロ系 ダウンヒル系だと飛び越えるんですよね~



昼食食べたら病院へ涼みに行こう♪
(てか、iQに乗れるかな?以前、花粉症の咳で肋骨を痛めたときCT9Aに乗るときは地獄だったもんな。契約ドライバーだったから競技を休むわけにはいかなかっただけに辛かった・・・)



Posted at 2018/07/25 10:44:39 | コメント(15) | トラックバック(0) | MTB | 日記
2018年07月06日 イイね!

Brandon Semenuk選手のRaw 100シリーズ Ver4




フリースタイル系Redbull契約MTBライダー、Brandon Semenuk選手のRaw100動画シリーズの第4弾!

もう、コンテストには出ていないけれど、走りはより洗練されてスタイリッシュになっています!
カナダ選手権ラリーで勝てるように、4輪のドライビングセンスもかなりのもの。

要はタイヤと路面のコンタクト、荷重移動による操作特性の変化、飛んだ後に着地した時に最高のトラクションが得られているということ、サスペンションの仕事、等等を自分の体で完全に習得できているという事なんですね~

昔、二輪でコーチングを受けているとき、教習所でジムカーナをやらされていたんですね。
教官は白バイ上がり・・・
一周30秒程の周回コースを作り、ついて来い!と・・・
十数周で後ろに付かれる(´Д`;)

その時既にレースはやっていたんだけれど言われた言葉が・・・
「40Kmで正確な操作ができないのに200Kmで操作ができるか?(嘲笑)悔しかったらついてこいよ~」てな感じ・・・

自転車を含めて、体の使い方全ての神経を集中させなければ操れないのが各マシンたち。
スポーツと同じで気持ちも、体も怠惰では危ないんですよね~
特に公道は予期せぬ事がありますから・・・


Posted at 2018/07/06 14:23:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | MTB | 日記
2018年06月17日 イイね!

サスセッティング&テスト

iQが入院、先週からステラを含めてトラブル続きで若干疲れ気味の日曜日となりました~

ル・マン24も断片的にしかチェックできずの諸雑務&仮眠を取りながらの午後・・・
事務机横に鎮座しているGIANT TRANCE ADVANCEDをぼ~と眺めていた。
ふと・・・

「そういや、かなりの間乗っていないな~。前後エアサスだけどセッティングが狂っていないか?」と思い始めた。
気になり始めると、どうしようもなくなる性分なので、サスポンプを出してきてチェック。



かなりの間、セッティングしていなかったので数値も忘れてしまっている(^_^;)
FOXとGIANTのWEBページを探して、基本セッティング表を探してそれをベースに1Gで平地のザグ(沈み込み量)をとり、それをベースに少し味付け・・・

今度はそれを確かめるために、近くの緑地のシークレットテストコースで試走&練習。





コースは100mにも満たない距離。最初は木を交わしながらの3m程の落ち、その後右ターン後に左ターン。




この右ターンの処理は、左の根っこが目印で、ナメながらのコーナリングをすると逆バンクなので左アウトに膨らみます。速度が乗るとオーバーランして藪に刺さります。
右のインが良いのですが木の張り出しがあるので通常のコーナーリングを行うと、やはりここに右半身が当たって綺麗に処理できません。

以上の状態だと次の左ターンが苦しみますし、間違うと正面の木に衝突します。



処理は、根っこ手前で縦に大きくプッシュをいれて右に大きく瞬間的にバンキングしてターンの半径を小さくすることです。旋回直後に引き起こしながら右イン下のギャップを狙います。軽くジャンプし前輪から落としますが、着地前には左ターンの体勢を作りながら・・・

すると、着地後に滑りながらもサスが縮み伸びる瞬間に左に鋭角的に向きが変わります。

この一気にアクションを与える走り方は、トラクション性能の高い27.5ホイルMTBならではの操作方法で26ホイルのMTBとは全く違うところです。
ここのところ26Playerが多かったので、この走り方を体が忘れていて、思い出すまで数十本40分ほどここを走り(下り)ました。

この走り方の応用が次のような走りにつながります。






疲れきった感じで自宅に戻ったところでDaddycoolさんからLINE。
「タンクタイガーとディーゼルウエポンが欲しい」・・・と



ブツがないのでとりあえずお話だけ~
プチオフ的な感じ?

来週もまたお会いすることを約束して・・・
その時は軽くドライビングレクチャーなんぞを(^_-)-☆


Posted at 2018/06/17 20:28:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | MTB | 日記

プロフィール

「今週の25日からWRC - RallyRACC Catalunya ! http://cvw.jp/b/1244212/42091273/
何シテル?   10/22 10:31
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

お友達

よろしくお願いいたします(#^.^#)
287 人のお友達がいます
SCEANASCEANA * ジョー 矢吹ジョー 矢吹 *
DORYDORY * @てっちん@てっちん *
い~さんい~さん * tonachetonache *

ファン

277 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。No.付き競技車両としてのテスト&実証 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.