• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんちゃん?のブログ一覧

2020年05月20日 イイね!

見つけた♪欲しい車のメーカー❣・・・相当ハードルが高いけど(笑)

ポーランドやハンガリーの国内選手権やERCに参加してくる日本車コンパクトベースのR5やR4やそれらの+というコンストラクトメーカーを見つけた❣
(スイスポのR車両のこの間の動画に良いねと日本語で評価コメントいれたら”Englishで書いてくれ”と返事が来た(笑)。条件が揃えば欲しいと回答したけど(笑))

その名は”Dytko Sport Proto Cars”。ポーランドのラリープロトを造る会社。何年か前に三菱COLTにEvo10の駆動系やエンジンを入れてボディメイクを行って作り出し始めた会社。

二年前にYarisのProto R5を発表して2018ERCチャンピオンのルキィヤナク選手が乗ってお披露目してました。いや、これがいいのなんのって・・・
中身はご多分に漏れずEvoですが(笑)

ボディメイク(ロールケージ他の補強)も流石でこれに勝るものはワークスしかないでしょうね~
Yarisは3Drボディのせいかロールバーの部材点数が少ないのがミソ。
それだけ重量が軽くできてその分他の対処への余裕が生まれます(最低重量が決まっているので)。






これは欲しい!2000~3000千万?
維持も難しいだろうな~
でも、欲しい❣これで実戦を走りたい!

COLT(向こうではミラージュ)の紹介がこちら




2016年のCOLT実戦動画



そして、新しいのが、日産マイクラとシトロエンC3。フォードFestaは少し前からあるみたい・・・




”Dytko Sport Proto Cars”目が離せません!
(正直、マスプロメーカーにはあまり興味がないんですよね。良いベース車が生まれれば別だけど・・・)












Posted at 2020/05/20 11:49:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 市販ラリー競技車両 | 日記
2020年01月14日 イイね!

GR‐YARISについて思うこと・・・この試みは世界初?

先週土曜日に東京オートサロン会場で開催された、競技関係者向けのGR‐YARISミーティングに参加してきました。あまり多くは約束事があるので語れないのですが・・・



プロジェクトメンバーの皆さんの熱意と本気度には感動すら覚えるほどでした・・・

あの商業主義&一般人向け車両しか作らないトヨタ(失礼を承知で・・・)が、モータースポーツベース車の開発に商売抜きで本気の取り組みをした説明を受けました。ある意味、四面楚歌に近いプロジェクトなので私もなんとか協力をしてあげたいです。

日本の自動車業界そのものは、今はどの方向を向いても暗礁ばかり。そして、モータースポーツ関連もいい雰囲気ではありません。一般的には贅沢な道楽としか見えないし、そのような報道のされ方もします。だから、スポンサーとなる企業さんも、海外のように”文化育成に”という感じではなくてブームになった時に宣伝効果が見込めれば・・・的な感じでの協賛が多いようにかんじるんですね。

このGR‐YARISは通常のYARISとは生産工程からして全く違います。名前だけですねYARISという一般生産車と同じなのは(笑)

ラリー競技をメインに開発されているのですが(一般自動車ファン向けにはサーキットイメージのアナウンスがされていますが・・・)、今のラリーの国際的な流れでいうと・・・

WRCクラス:WRカー・・・ワークスカー
WRC2&ERC他地域チャンピオンシップ・・・R5
国内チャンピオンシップ・・・国毎でFIAルールを基軸とした車両

になります。
この中のR5で主力なのがチェコのSKODAファビアR5です。WRC2プロクラスではトップに君臨しているメーカー&チームですね(トヨタチームに加入したロバンペラ選手は昨年のこのクラスの世界チャンピオンでSKODAドライバー)。WRカーに近い性能を持つR5車両です。



元来のR車両は一般市販車があり、それを自動車メーカーのファクトリー部門に持ち込んでR車両として制作されるのです。SKODAもそうですしABARTH500R3T、トヨタGT86CSR3、VWポロR5等々。値段は一台1000万~3000万くらいかな?

R車両は市販車ではあるけれども、市販競技専用車両という事で、一般ユーザーが入手することはほぼ無理な車なんですよね・・・
この逆手法的な生産方式をとっているのがGR-YARISなんですね~

R車両に化けさせる事が可能な普通のユーザーが買えるベース車といったところでしょうか・・・

そういった手間と実戦ノウハウの必要な事を生産工程から考えて作られているのがこのGR-YARISという車。ある意味、世界の自動車メーカーの常識を覆した内容なんです(私は車両性能云々よりもそちらに驚愕しました)。

400万という破格値だけれども、私にはその資金がないので諦めますが(´;ω;`)

私は知りませんが、昭和時代のモータースポーツ黎明期~全盛期の熱さを呼び起こせる車じゃないかな?と凄く期待させてくれる車の登場です。世界に通じるベース車を利益関係なく発表したGRカンパニー。色々な意味で凄いです!

追伸:俗世間的に言うスポーツカーという見方をしたら変になってしまうのでご注意を(^_-)

※アメブロとほぼ同じ内容です
Posted at 2020/01/14 14:31:47 | コメント(3) | トラックバック(0) | 市販ラリー競技車両 | 日記
2019年12月11日 イイね!

GRヤリス・・・PR動画



GR4・・・
ちょっと長いバージョン、グラヴェルテスト?のイメージ。
4WDみたいだけれどどうなんだろう・・・
少し疑問を感じる動き。これからなんだろうな~( ゚ー゚)( 。_。)
Posted at 2019/12/11 17:43:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 市販ラリー競技車両 | 日記
2019年11月29日 イイね!

フランソワ・デルクール選手・・・現行A110をラリー車に仕上げる

少し前からアップされている、現行アルピーヌA110のRGT車両の写真や動画。
動画を見ると・・・
お♥いいしがりじゃん♪
なんて思ったりしてたら、テストドライバー(開発ドライバーの一翼)があのデルクール選手でした~
そりゃそこそこに仕上がりますわな~(笑)



デルクール選手といえば、90年代はフォードを主にWRCの舞台を飾った選手ですね。義理人情が厚くて激情的な性格でその他ワークスに受け入れられても何等かの軋轢で去るという・・・
(三菱にも一時はエース待遇としていましたが馴染まなかった?)



WRCの舞台からは消えましたがERCでポルシェGT3RSで初出場初優勝するもFIAから認められなかったり(性格が災いして実力はあるのに認められない人?たまにいますよね(~_~;))

でも、あちこちで活躍しているみたいでOPEL ADAM R2の開発やOPEL Jrチームの指導をしたり・・・


現行ABARTH124 RGTのテストをしたり・・・


年取って丸くなった?それとも?
市販競技車両をテストして造り上げるって結構大変な作業なんですよね~ 走行ステージの条件が様々なのでスタンダード状態を作る基準がなかなか・・・
それができるということは相応の実力がないとできないんですよね~

Posted at 2019/11/29 13:51:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 市販ラリー競技車両 | 日記
2018年01月19日 イイね!

日本の自動車メーカーに作って欲しい・・・入門車ではないよ~

日本の自動車メーカーに作って欲しい・・・入門車ではないよ~今年から登場のPOLO GTI R5車両のテスト動画が公開されましたね♪



市販車とはいえ、さすが純競技車両!
動きも戦闘力も市販車チューニングとは別物です・・・
自動車雑誌やディーラー広報はあたかも市販車の延長的な表現の仕方をしますが(笑)

僕が日本のメーカーさんにお願いしたいのはFIA基準の純競技車両を販売して欲しいということ。
ワンメイクレース用の車両が存在することはとてもありがたい事なのですが、R規定がベースになる国際格式のラリーには不適合なんですね。

高級な限定スポーツカーを作るよりも、R規定車両を市販して欲しい・・・
個人で買う買い物じゃなくなるのですが、自動車文化を根付かすためにラリーは必要。
でも、マシンがない。

あのCUSCOさんもファビアや208を購入して投入していますよね・・・










是非、そんな環境を作って欲しいものです。
自動車メーカーさんしかできない事なので・・・

WRCを誘致して機運が高まっているこの頃、自動車メーカーさんがもり立てないとどうしようない世界なんです。
FIAへの車両型式申請登録なんかもありますから。
Posted at 2018/01/19 12:09:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 市販ラリー競技車両 | 日記

プロフィール

「[整備] #ステラ 静電気除去抑制コート”エレスタビタイヤコートHG”メンテナンス施工 https://minkara.carview.co.jp/userid/1244212/car/956118/5851460/note.aspx
何シテル?   06/02 11:59
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

バッテリー交換後のECU再学習手順 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/15 20:23:12

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。No.付き競技車両としてのテスト&実証 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.