• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt




イイね!
2023年04月03日

トヨタ・アクア カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、トヨタのアクアです。

alt




トヨタ純正のディスプレイオーディオ付きのお車に、ベーシックパッケージの取付と、前後のドアの防振と、フロントのドアスピーカーの交換を行いました。

alt




作業は前後のドアの内張を外して、何も貼ってない外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせます。

alt




外したドアの内張はセメントコーティングの施工を行って、乾燥したらドアに戻します。

alt




フロントドアには大きな樹脂のインナーパネルの表面に金属シートを貼り付けて、樹脂の響きを抑えています。

alt


 これで後ろは2層の防振で、前は3層のフル防振となり、音質と静粛性と断熱性が上がり、車もグレードが上がった感じになり、まずドアの開閉音が重厚になっています。



いつもはそのまま使用する16センチの純正スピーカーは外して、今回はJBLの16・5センチの602CTPに交換しました。

alt


ここの銘柄を国産のトレードインスピーカーに交換すると妙に明るくなるクセが付いて、本来の音楽の音色と変わってしまうので、純正スピーカーかピュアディオ推奨のスピーカーで音を仕上げています。


電気関係の配線ではアクアのディスプレイオーディオは横から外すタイプで、裏から音信号を取り出して、ピュアディオブランドのPSTケーブルをフルレンジタイプで音信号のイン・アウトをグローブボックス下まで送って行きます。

alt





グローブボックス下には比重の高いMDF板を敷いて、その上にオプションのSSFを加えた6ピース構成のピュアコンを取り付けました。

alt


なぜ比重の高いMDF板を使うかというと、コイルから発生された微弱振動をMDF板に逃がして、コイルにストレスを与えないためで、ブラックボックスの中にもコイルが入っているので、合計4個のコイルに対して良い影響を与える様に、下の材質にはコストをかけています。

ドアスピーカーの上限周波数を決めるのは、今回も井川が一から手巻きした純白のボビンにピンクのラベルの物で、少ない巻き数のコイルでは何故か機械巻した物よりも音が良いと評判です。



ダッシュの上にはピュアディオブランドのATX-25ツイーターにスタンドを使って適切な仰角・振り角を付けて取り付けて、上質なフロント2WAYシステムが完成しました。

alt




ディスプレイオーディオは3トーンしか音の調整が付いておらず、ピュアコンの数値の上下でほとんどの音調整を行って、より生音・生声に近い音色で合わせてから納車させて頂きました。

alt



アクアのお客様はディスプレイオーディオしか選べなかったのでかなり音には心配をされていて、宇部店で同じ様なディスプレイオーディオ付きヤリスのデモカーの音を聴いて作業に預けて頂きました。

ディスプレイオーディオの音の不満に、実車を買ってそのウイークポイントを研究して良い音を出すピュアディオの方針に納得されて、音の仕上がりには大変喜んで頂きました。

ブログ一覧 | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
Posted at 2023/04/03 09:31:52

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。


みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2024/6 >>

       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation