• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Yuh_Fazioliのブログ一覧

2011年07月31日 イイね!

福島県沖 Mj6.4

発生時刻 7月31日 3時54分
震源地 福島県沖
位置 緯度 北緯36.9度
経度 東経141.3度
震源 マグニチュード M6.4
深さ 約40km

出先なので細かなことがわからないが、3.11からの15日周期ではなく、大潮の真ん中、満潮時刻の地震。



Posted at 2011/07/31 04:54:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 地震関連 | 日記
2011年07月25日 イイね!

福島県沖 M6.2

福島県沖 M6.2 陸に近かったため、震度が比較的大きい。

 25日3:25 福島県沖 40km M6.2
 最大震度5弱

 津波はないらしい。

 原発への影響は?
追記
 福島第一原発、第二原発とも異常はないとのこと
追記終わり


 今回、4.5ヶ月めの活動が起きている割には異常に地震の頻度が落ちたままで、大きな地震が起こる余地がまだかなりある。
 3.11震源域だけで済むとも思わない。

 準備と覚悟が必要と思う。


追記 4:59am



今回の4.5ヶ月目では4ヶ月目と違い活動頻度が上がっていないことがよくわかる。

 その前の2日もの停滞があった分も解消し切れていない。

 頻度が上がらなければ規模が大きくなりやすいと思う。
 先ほどのM6.2はその結果だろう。

 3つめのグラフは低いところのままだ。これが上がってくる活動はあっておかしくない。

Posted at 2011/07/25 04:05:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 地震関連 | 日記
2011年07月25日 イイね!

中国高速鉄道で脱線大事故 続報4

中国高速鉄道で脱線大事故 続報4 何と、脱線車両をその場で重機をつかって破砕し、穴に埋めているとか。

 天漢日乗さんのブログから


中国高速鉄道の列車事故なんだが、何がとんでもない、って
 現場に穴掘って、事故車両を粉砕して埋めている
のがとんでもない上に
 今日の18時に復旧予定
なんだと。


鳳凰電視台が放映した、
 事故車両埋め立て映像つきニュース
はこちら。
拍客:杭深線事故列車残骸被就地掩埋(杭深線事故列車の残骸はその場で埋め立てられた)
重機がよってたかって、和諧号の残骸を埋め立てているのがばっちり写っている。



----

 ちょっと考えられないようなことの連続に二の句がつげない。

 天漢日乗さんのブログには次のような話も……

中国高速鉄道(和諧号)列車事故(その2)「中国で災難に遭った後に生き残る法則」@twitter

 引用はしないので読みに行ってみて欲しい。
Posted at 2011/07/25 00:51:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと | 日記
2011年07月24日 イイね!

パソコンのお掃除

パソコンのお掃除 あいかわらずクルマネタがない。

 つかっているノートが時折調子が悪いので、分解して内部を清掃してみた。

 CPUファンを外して思いっきり息を吹き込むとスポンジのようなホコリのかたまりがいくつも飛び出してきた!

 これでは冷却などろくにできていなかったに違いない。

 これで問題がなくなればよいのだが。

 **

 私が日常的に使っているマシンはすべてWindows7になった。

 これまでVistaが載っていたLet's NoteとタブレットマシンのSharp D4をWindows7化していたが、どちらも画面が狭く、能力も高くないのでWindows7の見かけ上の特徴と言えるAeroをオフにしていた。
 おかげでいまひとつWindows7らしさを味わえずにいた。

 デスクトップ代わりにモニタにつないでいるノート(ThinkPad Z60t)にも、XPにアプリを入れ過ぎたせいかあまりに重くなっていたのでそれを機会にWindows7を入れてみた。が、このマシンのGPUは製造元のIntelが対応ドライバをつくらなかったのでAeroが使えない。

 そしてもう一台のノートでほとんどメインで使っているThinkPad T60にもWindows7を入れてみた。このマシンはかなり能力が高くGPUもそれなりで対応ドライバがあるのでAeroが使える。このマシンではじめてWindows7らしさを味わうことができた。

 ウインドウ等のアニメーションや半透明表示、ふわっと切り替わっていくデスクトップの壁紙など、なかなか美しい。

 Windows7PC同士を簡単にネットワークに参加させられるホームグループなんかも便利と言えば便利。


 
 こうしてみると、Windows7は悪くないなあと今更思ったりする。

 ただ、タブレットマシンにWindows7をいれても多くのアプリが対応していない。InetexplorerやOperaぐらいだ。結局タッチパネル操作がマウスの代わりにしかならないことが多く、今ひとつだ。やはり最初からタッチパネルを前提に設計されているOSをつかいたいところだ。

 
Posted at 2011/07/24 23:53:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | PC/UMPC/Smart Phone | 日記
2011年07月24日 イイね!

免震

 地震に対する建築物の対策はいくつかある。

 耐震構造は丈夫な構造にすることで揺れに耐えられるようにするもの。建物に強いストレスがかかるが致命的な破壊や倒壊を免れようとするもので、強い揺れでは各所のクラックなどが発生する可能性がある。内部の揺れは大きく家具の転倒などは前提となる。

 免震構造は地面と建物を直結せず、ゴムなどの緩衝材を挟んで直接揺れが伝われなくするものである。当然建物そのものへのストレスが少ないので建物そのものを軽く作ることができ、内部の揺れが小さいので家具の転倒も少ない。ただし、長周期地震ではむしろ揺れを増幅する可能性が指摘されている。

 制震構造は、建物の各所に揺れを吸収するダンパーなどの仕組みをつける(パッシブ制震)ものや、建物の上部におもりを設置し、地震の揺れの際にこのおもりをアクチュエータで動かすことで揺れを干渉させ取り除こうとするもの(パッシブ制震)などがある。パッシブ制震のコストは安いがアクティブ制震は揺れを取り除くだけでなく建物を揺らすことが可能で、事故や効果的な制震ができるよう制御系が重要である。

 **

 耐震構造については、建築基準法施行令によって耐震基準が決められており、これを満たすことが求められている。

 免震や制震はそれぞれの判断に行われる地震対策である。

 中でも免震は最近多く採用されるようになってきている。建物重量が小さく効果が薄いとされていた戸建て用の免震装置も開発されている。

 免震は既存の建物にレトロフィットさせることも可能で、たとえば上野の国立西洋美術館は1998年に工事をした(よく前を通りがかったのでよく覚えている)。鎌倉の大仏も1961年の改修で台座と仏像の間に滑りやすくするステンレス板を挟む免震工事が行われている。他の事例では、豊島区役所本庁舎(1997-2000年)(本籍が豊島区なので戸籍を取りに工事中に何度か行った)や横浜市庁舎(2007-2009年)が免震改修を受けている。

 
 最近では病院や庁舎などより多くの建物に免震が取り入れられ、民間分譲マンションでも時折見かけるようになった。
 福島第一原発でも「免震重要棟」という震災時の初動対応を行う建物にも取り入れられている。これは新潟県中越地震(2007年)で建物の扉が開かず初動が遅れたことの反省で設置されたとのことだ。

 
 免震や制震技術が紹介されるようになったのは1986年頃だったと思う。この年は鹿島がアクティブ制震を発表した年で、他の方式と併せてテレビ番組で紹介されていたのを見たように記憶している。

 中学生だか高校生だったかの頃の自分は、そうした紹介を見て将来耐震ではなく免震の建物に住むとこのとき決めた。
 1998年に購入したマンションは免震構造を採用しており、子供の頃に決めたことを実行することができた。

 **

 2011/3/11、私が住む千葉市美浜区では震度5強を観測した。
 2:46PM自宅にいた私はその揺れと免震効果を体験することになった。
 それ以前に震度5弱を経験したことがあったが、明らかにそれより強く長い揺れで、遠方で相当大きな地震が発生したことを確信したが、免震の効果でゆったりとした揺れとして体験した。
 船に乗っているようなゆーらゆーらとした揺れで、内部的な被害は一切なく、食器棚やキュリオケース内の食器や飾り類もほとんど動いた形跡すらなかった。
 ガスのマイコンメーターの地震検知も働いておらず、いかに免震機能が有効に働いたかがわかる。

 いっぽう、デザイン的にこった部分がある隈研吾が関わった建物のせいか、複雑な出っ張りがある構造部分で、免震によって周辺との干渉部分のエキスパンジョンに痛みや脱落がおこるなどの被害はあった。他地区の免震マンションではそのようなことはなかったとのことで、凝ったデザインも考え物である。

 豊島区役所庁舎では免震レトロフィットのおかげで被害はなかったが、新庁舎建築中で未実施だった古い分庁舎では壁などにクラックが生じ、キャビネットが倒れるなど被害が大きかった。ここでは免震の有無を同じ区役所内で比較でき、非常によい比較材料となった。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20110714/548576/?P=1


 同じケンプラッツに紹介されていたものでは、宮城のホテルで免震の鉛ダンパーに想定外の亀裂が生じた例がある。

 繰り返し地震にさらされれば免震装置へのダメージの蓄積が起こる。そもそも強い風を受けただけで検査を要すると決められている装置である。
 激しい余震が続けば徐々に性能は失われていく可能性がある。

 過去2回の震度5クラスを経ており、今後震度7クラス、そして揺れの吸収があまり期待できない直下の縦揺れでどうなるか。ほとんど実験のような状態でもある。



 
 


 
Posted at 2011/07/24 17:11:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと | 日記

プロフィール

「[整備] #アルシオーネSVX モノタロウエアフィルタに交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/441462/car/481321/5458655/note.aspx
何シテル?   08/29 20:52
愛車 黄色いピアッツァのHP http://piazza.ciao.jp/piazza_web/index.html ↑プロバイダーを変更して再開! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

YUHの気ままなままに 
カテゴリ:ブログ
2018/01/31 06:12:14
 
常識はずれのPIAZZA達の隠れ家 
カテゴリ:Piazza
2012/11/17 07:31:43
 
須関裕子のブログ 
カテゴリ:Music
2011/02/26 18:38:37
 

愛車一覧

いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
 社会人になりはじめて手に入れた車です。 PIAZZA XE Handling by L ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 はじめてのSVXは追突事故によって、わずか1年半で乗り換えることになってしまいました。 ...
その他 その他 その他 その他
写真の置き場です。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 1989年のモーターショーのショーモデルを見て以来の、憧れの車でした。ほとんどそのまま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.