• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Yuh_Fazioliのブログ一覧

2019年06月30日 イイね!

実家最後の購入車種は…

 父親から電話を受け、何かと思えば実家の車、トヨタプログレのエアコンが壊れたという。

 で、もうすぐ車検で、直すか、乗り換えるかと言うことらしい。修理工場の見立てではコンプレッサーで、修理しても他がまた壊れる可能性があるから、乗り換えてはとのこと。
 父親は修理工場の近所のディーラーでさらに3年古いプログレを買うとか言い出しているのだが、それは即座に却下。

 父親もいい歳だし、このままどんどんぼろくなるプログレにお金をかけて最後にするより、いっそベンツやBMWのコンパクトモデルの中古に乗って満足を感じてもらうのもいいだろうと考えた。

 で、いくつかの提案。

 私の好みではベンツ CLSクラスだが、中古でもちょっと高いし大きいので取り回しに困る。タマ数も多く値段もこなれているコンパクトなCクラスを提案。
 たとえば、こんなの。



 C180 コンプレッサー 2004年 ワインレッド

 最近ではベンツやBMWは白、シルバー、黒が市場に多い様で、色味のある物はあまり見ない。ワインレッドはなかなかきれいだ。

 しかし、母親がベンツを嫌い、代わりにブルーマイカのBMWを提案。

 父親にも確認し、実車を見に行くことに。

 販売店では母親がシルバーがいいと言いだしたが、結局ブルーマイカのBMW 320i Mスポーツに。

 スポーツ風味のモデルでステアリングの重さが気になるところだが、まあ慣れの範疇だろう。

 コンパクトなモデルで、後席はプログレより狭さを感じるが、どうせ大人数を乗せることもない。トランクがそれなりに大きいので便利に使えるだろう。





 提案即日即決で驚いてしまうが、おそらく実家最後の車は初めての輸入車、BMWになった。

追記:
 E90はトラブルが比較的多い車なようだが、今回購入の後期型では結構改善しているらしい。
 欧州車は樹脂・ゴム部品が弱い傾向で、この車種に関してはエンジンオイル漏れ、冷却水漏れが比較的多いらしい。販売店でもそのあたりの問題は起こりやすいと聞いた。当然購入車については問題はない状態。
 10年落ちの車だが、どうなるか。
Posted at 2019/06/30 21:37:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2019年06月29日 イイね!

有事の金は上昇してきたが

 米債金利が上昇する過程で売られていた金(ゴールド)は、最近2回目の上昇をしている。



 利上げ打ち止めと利下げ見通しに基づくものであると思われる一方で、この所の高値を超えて上昇しているのが気になるところ。

 金と言えば「有事の金」。

 希少価値のある貴金属である金は、実物価値のある存在だ。政府の信用だけしかない現代の通貨など、信頼が揺らげばあっという間に価値はなくなる。

 なにかあれば、価値が揺らぎにくい実物資産である金の買いが集まる。

 投資家は、どんなリスクから逃れようと金を買っているのだろうか。

 米中貿易戦争も一段落つきそうな中、過度な利下げ予想も修正されていくかもれない。
 再び売られるのか、それともさほど売られず上昇トレンドを保つのか。

 背後のリスクの有無が気になる。


Posted at 2019/06/29 22:00:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 経済 | 日記
2019年06月29日 イイね!

オソロシイ年金80年史


 年金は、最初から流用することを想定していたし、そうされ続けてきた。
 今年金が足りないのは、最初から想定されていたことだった…。

 驚くべき年金80年史。

老後2000万円不足の真犯人 年金10兆円を散財した自民党と官僚80年史
2019/06/27 07:00 週刊ポスト

 年金官僚による乱脈な使い込み、政治家によるバラ撒きと大規模リゾート施設の建設、そして5000万件の消えた年金記録――2000万円の老後資金不足を招いた政治家と官僚による「年金破壊」は、この国に年金制度が誕生した時から計画され、80年かけて実行されてきた壮大な収奪劇であった――。ジャーナリストの武冨薫氏が、この80年の自民党や官僚のあまりにも杜撰な歴史をリポートする。
alt

続きはMSN マネーから


 人権を重視し福祉と教育に力を入れる欧州と、人権をないがしろにし、税金を食い物にし、国民から収奪する連中がのさばり続ける国の違いが非常に明確だ。

 日本の現状はなるべくしてなっている。





Posted at 2019/06/29 21:14:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治・行政・マスコミ | 日記
2019年06月26日 イイね!

『正しいこと』の基準値が違う

 オーストラリア在住の方のtweet。

①日本ではなぜ周囲の男性が痴漢を捕まえないんだ?って話をした時に息子が語ってくれたこと。「グローバルの授業でテーマだったことなんだけど男に声掛けされた挙句殴られた女性がいてその女性のことを一部始終を見ていた4人の男性が助けたんだ。先生にこれについてどう思うか?って聞かれて


②僕は見て見ぬ振りじゃなくてすぐに助けに入ってその人達は偉いって思ったんだ。でも先生は『介入が遅すぎた。最初に男が女性に嫌な言葉をかけた時点で止めに入るべきだ。そうすれば女性が殴られるのを防げたはずだ』って。それすごくショックだった。もう元々の『正しいこと』の基準が全然違うのよ」

③グローバルの先生、またしても素晴らしい授業をしてる。そう『正しいこと』の基準値が違うんだ。長い年月をかけて少しずつズレてしまったのが今の日本の姿。見て見ぬ振りを続けてきた結果、この地獄みたいな社会を生み出してしまった。

さっき聞いたのだけどグローバルの次の課題はなんと『デモ!』実際にデモ行動をするわけではないけど、デモの発起からデモが成功すると仮定した着地地点までのプランを個々に作成するらしい。グローバルは息子の学校で昨年新設された選択科目だけど9年生の1年間しかないのが残念。課題が秀逸すぎる。

⑴ 9年生(日本の中3)の半年間で民族による認識の違いから学び始め、動物の権利、戦争、と進んだ。次の課題が『デモ』である事を考えると今の大きなテーマは人権なのだと思う。だとするとこの授業のテーマは『安全に生きる権利』を脅かされている人を見た時にどう行動すべきか?を問うものだろう。

⑵グローバルの先生は戦場経験のある哲学の先生。戦争や紛争地帯で活動し東ティモールの虐殺現場では遺体を発掘、専門家と共に虐殺されたひとりひとりの死因の特定調査をしている。その上で「正義とは何か?」「戦争は果たして正義か?」を生徒に問いかける。

たくさんの共感ありがたい。息子のグローバルの授業は良識ある日本人が望む教育の在り方や方向性が示唆されていると思う。この先生の授業に関した過去ツイを探してみた。どれも自分の受けた日本教育との差に驚いて呟いたものだ。リツイートするので興味のある方に見ていただけると嬉しい。

https://twitter.com/seraphim_s_c/status/1142351906485882880

 日本社会に染まっていると分からないことがたくさんある。

 
Posted at 2019/06/26 10:14:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2019年06月25日 イイね!

損保に入社したら介護職員になる時代

 損保に入社したら介護職員になる時代。

>余った従業員は介護などを手掛けるグループ企業に配置転換


損保ジャパン、4000人削減=ITで効率化、介護分野などに配転
6/24(月) 20:17配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000119-jij-bus_all

 損害保険ジャパン日本興亜が2020年度末までに、従業員数を17年度比で4000人程度減らす方針であることが24日、分かった。全体の約15%に相当する。ITを活用し、業務の効率化を進める。余った従業員は介護などを手掛けるグループ企業に配置転換し、新卒採用も抑える。希望退職者の募集は予定していない。

 20年度末の従業員数は2万2000~2万3000人程度に減り、人件費などを年約100億円圧縮できる見通し。

 金融業界では、三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手行も、ITを活用した人員削減を急いでいる。 
Posted at 2019/06/25 06:54:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「みんカラの画像アップロードの調子が悪いな。」
何シテル?   07/07 09:39
愛車 黄色いピアッツァのHP http://piazza.ciao.jp/piazza_web/index.html ↑プロバイダーを変更して再開! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

YUHの気ままなままに 
カテゴリ:ブログ
2018/01/31 06:12:14
 
常識はずれのPIAZZA達の隠れ家 
カテゴリ:Piazza
2012/11/17 07:31:43
 
須関裕子のブログ 
カテゴリ:Music
2011/02/26 18:38:37
 

愛車一覧

いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
 社会人になりはじめて手に入れた車です。 PIAZZA XE Handling by L ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 はじめてのSVXは追突事故によって、わずか1年半で乗り換えることになってしまいました。 ...
その他 その他 その他 その他
写真の置き場です。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 1989年のモーターショーのショーモデルを見て以来の、憧れの車でした。ほとんどそのまま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.