• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt




イイね!
2020年04月30日

アクアG’z スピーカーの音質アップ


今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、トヨタのアクアG’zです。


alt




トヨタ純正のマルチAVステーションというナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシッツクパッケージの取付と、ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。


alt





まずはドアの内張と防水シートを一度外して、外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせます。


alt





防水シートと内張りを取り付ければドアの作業は完了です。


alt





ツイーターはダッシュにスタンドを使って適切な仰角・振り角を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、ドアの16センチスピーカーとで2WAYスピーカーとして鳴らします。


alt





続いて純正ナビから音信号を取り出して来て、グローブボックスに設置したピュアコンに繋ぎます。


alt


MDF板の上にオプションを1品プラスした6ピース構成のピュアコンを取り付けて、周波数幅・インピーダンス・レベルをコントロールします。




全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、純正ナビのセッティング機能を使って音を追い込みます。


まずサラウンド昨日の類は全てオフにして、余分な強調が無い状態から音調整を始めます。

alt




純正スピーカーは長い期間極端なイコライジングで聴かれていたので、一度フラットで聴いてみるとかなりこもり気味だったので、中低音を抑えて、高音域を上げてこもりなく再生する様にセッティングしました。


alt





ところが調整用CDやエージング用CDを再生して、これまであまり入らなかった音域をスピーカーに入れたら、中低音のこもりが取れて高音が伸びて来たので下側をフラットにして、高音域を3カ所下げてバランスを取りました。


alt




ところがもっと鳴らしていたらまた音の鳴り方が変わって、低音は出過ぎ気味になり、高音域はフラットで聴いた方が音が滑らかになり、この状態で安定して来たので、しばらく鳴らしてセッティングを終了しました。


alt


もちろん基準は自分が何十回もお会いして中の声や、PA無しの生の演奏を聴いた事のあるアーティストさんのCDがきちんと聴こえるかどうかという基準で、同じCDを同じ音量で聴いても、最初にドアスピーカーにクセが付いていたので違って聴こえて、最終的にはエージング用CDでスピーカーを慣らして安定させました。



全く同じスピーカーでも新品で全く鳴らしていない状態と、ある程度鳴らしてクセが付いているかでエージングの内容が変わりますが、最終的に目指している所はプロサウンドなので、時間がかかっても一定の結果が出るまではセッティングを続けます。




ベーシックのWパッケージがオプションパーツを1品追加で、更にもう1歩生音・生声に近づいた感じがします。

ブログ一覧 | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
Posted at 2020/04/30 11:00:26

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。


みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2024/6 >>

       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation