• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt




イイね!
2021年04月12日

新型レヴォーグ スピーカーの音質アップ


今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、スバルの新型レヴォーグです。


alt





アイサイトX装着の大型ディスプレイのお車に、ベーシックパッケージの取付と、前後のドア防振の施工を行いました。


alt




まずフロントドアの外板裏にベーシックの施工を行い、その後にリアドアにもベーシック防振の施工を行いました。


alt



alt


響きのポイントは福岡店で以前作業を行った新型レヴォーグで作った手順書を元に作業を行いました。




更に前後のドアにセメントコーティングの施工も行って、音質と静粛性と断熱性を向上させています。


alt


alt


2年前に先代のレヴォーグを購入した時に、初日に西日を浴びたドアの内張からモア―と熱が伝わって来たのを、「普通のドアってこんなに熱が伝わるんだ!」と、前日まで乗っていたセメントコーティングがされている車と比べて、かなり差があるのを感じた事を思い出しました。



内張を組み付ければ見た目は普通のドアですが、オーディオの音以外に、ドアの開閉音がかなり高級感が増したのが分かります。


alt





次に大型ディスプレイを一度取り外して、初めてのアイサイトX装着車の入庫だったので、ベーシックパッケージの開発のために調査を行いました。


alt




新型レヴォーグはドアの16センチスピーカーで中低音を鳴らして、ダッシュにツイーターで高音を鳴らす2WAYで、先代のダッシュのスコーカーとは周波数の分配が全く変わっています。


alt


ダッシュの純正ツイーターを鳴らなくして、ピュアディオブランドのATXー25ツイーターで上質な高音を鳴らして、防振の効果もあって、上質なセパレート2WAYスピーカーとなります。








当初は現行のインプレッサやXVと同じ特性だろうと予測して、インプレッサ・XV用のピュアコンを装着して音を聴きましたが、特性が大きく違うために新型レヴォーグのアイサイトX車専用の値を探り出しました。


alt




最後にディスプレイの3トーンを調整して、新型レヴォーグ・アイサイトX車用のベーシックパッケージが完成しました。


alt


今回は装着したオプションの数も多く、純正ドアスピーカーを使っているとは思えないほどクオリティーの高いシステムへと変身しました。


ブログ一覧 | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
Posted at 2021/04/12 11:20:47

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。


みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2024/6 >>

       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation