• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt




イイね!
2021年05月29日

スバル・フォレスター スピーカーの音質アップ


今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、スバルのフォレスターです。


alt





スバル純正のダイアトーン製の専用ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付と、ドア防振の施工を行いました。


alt




まずドアの内張と防水シートを外して、外板裏にベーシック防振の施工を行います。


alt


縦に楕円のアメリカンサイズのプレートが付いていますが、中身は16センチ丸形のスピーカーで、防水シートには吸音ゴムが貼ってあって、外からのロードノイズを抑えています。





今回はフロントは2層の防振を行い、まずは内張裏に手作業で粗目を付けて、セメントコーティングの施工を行いました。


alt


alt





リアドアは1層の防振で、ベーシック防振よりも断熱性が高いセメントコーティングの施工を行っています。



alt





先代のフォレスターはダッシュがスコーカーだったために、そこを活かして3WAY構成でしたが、現行モデルはツイーターのために、この位置は鳴らさずに、ドアスピーカーと後付けしたピュアディオブランドのATX-25ツイーターとでフロント2WAYとなっています。


alt




グローブボックス下にはMDF板を敷いて、その上にオプション1品を加えた6ピース構成のピュアコンを取り付けています。


alt


4ピース構成でも純正やトレードインスピーカーに比べればかなり音質が上がりますが、オプションを加えるとイコライザー調整が少なくても原音に近くなるので、音が滑らかになります。




全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、ダイアトーン製のナビの音調整を行います。


alt


様々な音を強調したり広げたりする機能はほとんどオフにして、生音・生声に近いサウンドに合わせて行きます。




最終的にはオプションの効果もあって、イコライザーを全てフラットの状態が一番生音に近くて、同じフラットでも最初からパッケージされているフラットよりも、カスタムの状態でフラットをメモリーした方が音が自然でした。


alt


alt


最初はクセが強い割にこもっている部分もあった純正システムが、ベーシックのトリプルパッケージにリアドアのセメントコーティングと、SSFの追加で驚くほどクリアーで自然な音に改善されました。


ブログ一覧 | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
Posted at 2021/05/29 10:43:24

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。


みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation