• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt




イイね!
2022年02月12日

マツダ・アクセラ BOSEサウンド車の音質アップ


今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、マツダのアクセラです。

alt




マツダコネクトでBOSEサウンド車に、ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。

alt




アクセラのBOSE車は、ボーズのマークが入ったスピーカーグリルの奥には、フロントマグネットのウーファーが付いていて、車両アンプから低音のみを鳴らしています。

alt


alt





強力な低音を出している割には外板裏は響きが残って、外に音圧が漏れている状態なので、防振マットと防振メタルをピンポイントで貼って、パワフルでキレの良い低音に改善しました。

alt




ダッシュの上には中高音用のスコーカーが付いていて、ここの高音のみをピュアコンで取り出して、スタンドを使って適切な仰角・振り角を付けた後付けツイーターで再生させて、スコーカーはピュアコンで制御して中音のみの再生にして、トータルでフロント3WAYのシステムに変更しました。

alt

ツイーターはピュアディオブラントのアップグレードのATX-30Jです。


純正ボーズのアンプは運転席下にあって、そこからピュアディオブランドのPSTケーブルでグローブボックス下まで音を送っています。

alt


alt




マツダのボーズサウンドは年式によって若干音の傾向が違うので、初期型のデーターを元に差異を確かめて、細かく値を変えてその年式で最も生音・生声に近い値を探します。

alt




マツダコネクトの調整画面にはボーズセンターポイントとボーズオーディオパイロットの2つの機能が入っていて、最初はどちらかまたは両方入れた方が良く聴こえたのですが、ピュアコンの値を詰めて行ったらどちらもオフにした方がパワフルで自然な音で聴こえる様になりました。

alt


ボーズサウンド車はインピーダンスが特殊で、スピーカーに帯域制限がかかっているのでトレードインスピーカーの取付が出来ませんが、ピュアディオのインピーダンス変換技術と、自由にパーツが組み合わせられるピュアコンのおかげで、入庫時とは全く別な素晴らしいサウンドに生まれ変わって出庫されました。

ブログ一覧 | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
Posted at 2022/02/12 10:38:28

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。


みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2024/6 >>

       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation