• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt




イイね!
2023年04月08日

ベンツGLA スピーカーの音質アップ 後編


今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、メルセデスベンツのGLAです。

alt



メーターパネルから連続で繋がっているディスプレイオーディオのお車に、ベーシックパッケージの取付と、ドア4枚の防振作業を行っています。

alt



前編では防振作業をお届け致しましたが、後編では電気系の作業で、Aピラー根元の純正ツイーターは鳴らなくして、スタンドを使ってJBLのP560のツイーターを取り付けています。

alt





助手席下にはMDF板で台を製作して水平面を作って、その上にピュアコンを取り付けて、一度音を鳴らしてみます。

alt





ベンツのAクラスの派生モデルはドアのグリルの高い周波数のヌケが悪いので、16センチスピーカーの上限は制限せず、そのままフルレンジで鳴らした上にツイーターの音を重ねていました。

alt




ただ現行モデルでは車輛アンプに高音域に勢いが付いているので、トレブルを1クリック下げてピュアコンの値を変えて調整していて・・

alt




でもこのGLAではミッドの上限に制限をかけるために巻き数の少ないコイルを入れて、それでブラックボックスの値をあれこれと変えて試聴してみました。

alt





かなりあれこれと替えて聴いて、なかなか満足する値に辿り着けなかったので、昨日はここで一旦終了して、このブログを書き込んだ後に再び調整に入ります。

alt



以前のAクラスの派生車は高音が足らなかったので、周波数レンジの広いピュアコンを入れて抜けを良くすればOKだったのは、車両アンプのインピーダンスの幅が2Ωぐらいから10Ωぐらいまで大丈夫で、今のディスプレイオーディオは3Ωから6Ωの狭い幅の中に納めないと歪っぽくなり、それは国産のディスプレイオーディオ車にも言える事で、これまでに比べたら時間をかけて広い周波数帯でのインピーダンス調整が重要となって、毎回の取付がほぼワンオフ的に時間をかけて音調整を行う様になっています。

そのためにピュアコンの種類も増えて来て、過去のモデルに比べたら数字やアルファベットの表記が増えて来ています。


大手メーカーがインピーダンスを細かく調整が出来る商品が無いので、ベーシックパッケージの需要が増えて来ています。


ブログ一覧 | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
Posted at 2023/04/08 10:54:22

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。


みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2024/6 >>

       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 242526272829
30      

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation