• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt




イイね!
2023年04月17日

マツダ・ロードスター スピーカーの音質アップ その2


今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、マツダのロードスターです。

alt






USB・FM・AMオーディオ付きのお車に、ベーシックのトリプルパッケージの取付の続きです。

alt



ドアの内張の表面を全てマスキングして、裏はコーティング剤が浸みてはいけない部分をマスキングして、ツルツルの表面に粗目を付ける加工を施して、コーティング剤を塗り込みます。

alt




天候が雨が続いてなかなか乾燥しないので、遠赤外線ヒーターを使って乾燥をさせました。

alt


ダッシュのパネ盛も終わって、シンプルスタンドが乾燥したら、左右別々な形のスタンドに、ピュアディオブランドのATX-30ツイーターを取り付けます。

alt

alt




ツイーターのケーブルはピラーの根元までは細い線で送っていて、そこからは24金メッキの端子で繋いで、ピュアディオブランドのPSTケーブルの高音域専用タイプでグローブボックス下まで引いて行きます。

alt




グローブボックス下には比重の高いMDF板を敷いて、その上にピュアコンを取り付けて、白いボビンにピンクのラベルの、井川が一から手巻きしたコイルを通して、ドアの16センチスピーカーに制御された音を送ります。

alt




よくお客様が思われているのが、元々の純正の16センチスピーカーの音に上質なツイーターの音が乗るだけというイメージがある様で、実は防振効果とピュアコンの効果で、ドアの純正スピーカーの音はかなり変わって、国産の大手メーカーのトレードインスピーカーの音が変に音が作ってあるので、逆に聴く気になれない様な音の差が出ます。

alt





そしてここ近年の純正オーディオで言えるのが、同じ方式の車でも年式で微妙にオーディオの特性が違っているという事で、以前に入庫したロードスターと全く同じ値のピュアコンを入れたら、妙に高音が勝ってしまって、トレブルをマイナス1か2に下げてバランスが取れるという感じでした。

alt




ブラックボックスとコイルを何度も交換して、トーンコントロールを動かす事無く、最適なバランスで生音・生声に近い音に仕上がりました。

alt



今回のロードスターは、見た目の変化があまりない割にはかなり手間がかかっており、一般的なドレスアップ要素の多いカーオーディオではなくて、楽器の調律の様な音を整える事に時間をかけており、音の出来にはお客様にはとても満足して頂きました。

ブログ一覧 | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
Posted at 2023/04/17 11:09:46

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。


みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2024/6 >>

       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation