• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt




イイね!
2023年08月11日

フォレスター カーオーディオの音質アップ その2


今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の完成車から、スバルのフォレスターです。

alt




宮崎県からお越し頂いて、パナソニックのストラーダをべースにして、ベーシックパッケージの取付とフロントドア2層の防振と、ドアスピーカーの交換の4thパッケージの作業を行いました。

alt




ドア防振の作業が終わり、純正の16センチスピーカーをJBLのクラブ602CTPのミッドに交換しました。

alt


alt




602CTPに19ミリサイズのツイーターが付属していますが、これはあまりドームが小さくて周波数レンジが狭いので、ピュアディオブランドのATX-30ツイーターに交換して、かなり広い周波数レンジで標準パッケージでは絶対に表現出来ない中高音を再生させます。

alt




このメーカー違いのユニットの周波数帯域をきちんと分けるのがピュアコンで、パッシブネットワークをブロック化して自由に値が変えられる様にして、その車に合ったマッチングを出す事が出来ます。

alt


今回は超低音域の有害な成分を抑えるSSFを加えて、ミッドの上限周波数を決めるコイルは白いボビンにピンクのラベルの井川が一から手巻きした物で、今回の年式のストラーダはやたらと低音が強調してあるので、適切なレベルまで下げるのにかなり苦労しました。



ピュアコンだけでは聴感上のフラットにならないので、低音側を下げて高音側を上げて、メモリーすると音のイメージが変わるのでまた調整してメモリーしてを繰り返して、音を追い込んで行きました。


alt




どゆもDSP機能を使う事を前提に音造りがしてある様で、音を造作して不自然な感じがするので、DSPオフでイコライザーとピュアコンを駆使してフラットを目指しました。

alt




最後の決め手はフェダー調整で、リアを鳴らせば音量は出るのですが、そうすればクオリティーさが失われて、量感と質感のちょうど良いバランスを探して何度も前後しました。


alt


音を造作して良い音ではなくて、レコーディングスタジオや放送局のスタジオの様な正確な良い音を目指しているので、音調整にはかなりの時間をかけています。

何度調整しても納得行く何度調整しても納得の行く音にならなかったので、ピュアコンのブラックボックスはこれまでに無かった値を新設計で作って対応しました。



作業中は分かりませんでしたが、音調整で乗り込んでエンジンをかけようとしたら6速ミッション車というのに気付きました。

alt



昨日の夕方に音調整が終わって、今日お客様が宮崎県から車を取りに来られるのをお待ちしている状態です。

遠方よりのご来店を感謝しております。

ブログ一覧 | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
Posted at 2023/08/11 10:23:05

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。


みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation