• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt




イイね!
2023年12月11日

新型ステップワゴン カーオーディオの音質アップ その1


今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、ホンダの新型ステップワゴンです。





ホンダ純正ギャザーズの大画面ディスプレイオーディオを装着した状態で入庫となって、広範囲にシステムの取付を行っていますが、まだ入庫した事が無い新型車なので、まずはベーシックパッケージの取付を行って特性を調べました。

alt




まずはダッシュ先端の純正ツイーターを鳴らなくして、ダッシュ端の中央部分にスタンドを使ってピュアディオブランドのATX-30ツイーターを取り付けました。

alt


純正はほぼ反射で高音を聴く様になっているので、周波数レンジの広いATX-30ツイーターではストレートかつワイドレンジの上質な高音を奏でてくれます。



グローブボックス下には比重の高いMDF板を敷いて、その上にブラックボックス4連のピュアコンを取り付けて音を鳴らします。

alt




最初に先代のステップワゴンで出た値を入れて音を聴いてみましたが、同じ16センチユニットを使ってもグリルの音のヌケの違いでコイルの値が変わって来て、白いボビンにピンクのラベルの井川が一から手巻きしたコイルの、更にその中でも巻き数の少ない物を何種類か付けてみて適性を探りました。

alt




今回はツイーターアシストユニットを含むブラックボックス4連の取付ですが、通常はブラックボックス2個の方が多いので、4連で適性を出した後に2個の状態でもそれ用の値を探し出して、どちらでも対応出来る様に手順書を作りました。

alt




ディスプレイオーディオの中身はダイアトーンのサウンドナビと同じ内容で、ほとんどの音を強調する機能はオフにしてから調整に入りました。

alt




バス・ミッド・トレブルの3トーンと20バンドのイコライザーの両方が付いていて、双方の調整をそれぞれ調整してベストな値を出して、低音が勝ち気味だったので高音側をやや上げて聴感上のフラットに合わせました。

alt


alt



調整が終わると結果は先代のステップワゴンとは違う数字の組み合わせになって、同じ様な車内で同じ16センチスピーカーでもこんなに特性が変わっているんだと驚きました。


それ以上に驚いたのはシフトレバーが無くなっていて、スイッチで前後に動かす部分でした。

alt



システム構成はこれからまだ先があり、これより先は『その2』でお届け致します。

ブログ一覧 | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
Posted at 2023/12/11 10:30:33

イイね!0件



タグ

関連コンテンツ( ステップワゴンスパーダ の関連コンテンツ )

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。


みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2024/6 >>

       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation