• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

小林あにのブログ一覧

2018年11月10日 イイね!

西尾城址と旧西尾鉄道安藤川橋梁跡

今日は買い物のために隣の西尾市の市街地まで出かけたついでに、ちょこっと西尾市内をミニドライブしてきました。

まず立ち寄ったのは西尾城址。西尾藩6万石のお城の跡ですが、一部再建された建物があります。

鍮石門(ちゅうじゃくもん)。



本丸丑寅櫓。木造で再建されていて、無料で中を見学できます。







しかし、城跡周辺はスマホを持ったたくさんの人たちがあちらこちらと動き回っていて、「ポケモンGO」でもしていたんですかね。お城の写真を撮って、普通に散歩している自分の方が何か浮いてる感じでした(笑)。

次は、西尾市内の郊外にある廃線の橋梁跡に来ました。

旧西尾鉄道安藤川橋梁跡。





旧西尾鉄道は、現在のJR岡崎駅から名鉄西尾駅を経由して吉良吉田駅を結ぶ路線と西尾駅から西尾市内の平坂地区を結ぶ路線を持つ、軌間幅762mmのナローゲージの鉄道でした。

JR岡崎駅から名鉄西尾駅の区間は、昭和18年に戦時下での不要不急路線とされ廃止されてしまいました。



橋台のコンクリートの中からレールがのぞいています。





ナローゲージらしい小さなレールですが、古レールを鉄骨代わりに用いたのでしょう。

橋梁跡から八ッ面山(遠方の丘)を望む。道路がそのまま廃線跡になります。



平地の廃線跡は開発で消されていってしまうのが常ですが、ここは地域で案内板を設置しているくらいなので、大々的な河川改修でもない限りはこのまま残っていきそうです。
Posted at 2018/11/10 23:25:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・鉄道・廃線跡 | 日記
2018年11月10日 イイね!

トヨタ ヤリスWRCを見にいってきました(新城ラリー)

11月4日日曜日、弟、弟の友人の杉浦くんと私の3人で、愛知県新城市で開催された全日本ラリー選手権新城ラリーを見物に行ってきました。

私の主たる目的は、今回デモランをするというトヨタ ヤリスWRCを見ること。ラリー観戦は二の次でした(笑)。

天気はパッとしない曇り空でしたが、なかなか大勢のお客さんが来ておりました。









さて、こちらが展示されていたヤリスWRC。思っていたよりも緩めの警備レベルでありがたいことです。











いろいろと細部も眺めてみました。


































今回はこれで十分かなという気分になりました(笑)。

さらにスマートになった気が…。



デモランも見ましたが、場所が悪かったですね。





最後は、全日本ラリーのセレモニアルフィニッシュを見物。のんびりしていたので、トップクラスのフィニッシュは間に合いませんでした。

何とかJN5クラス優勝の川名選手には間に合ったので良かったですけど(笑)。



この後、パルクフェルメからサービスパークへ戻ってきた川名選手に声をかけることができました。傘を差しかけ歩きながら話をしましたが、クラス優勝したので、いろんな人に声をかけられていて、あまり話はできませんでしたけどね(笑)。

ラリーフィニッシュの途中から雨が降り出してきましたが、まあ何とか天気が持ってくれて良かったです。





本当は今年もTGRラリーチャレンジをここで併催してほしかったなぁ。

Posted at 2018/11/10 09:59:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | ラリー・レース | 日記
2018年11月04日 イイね!

TGRラリーチャレンジin豊田モリコロに参戦しました

11月3日土曜日、愛知県豊田市及び長久手市で開催されたTGRラリーチャレンジin豊田モリコロにドライバーやすい氏と参戦しました。

昨年までは、新城市で開催される全日本ラリー選手権新城ラリーに併催となっていましたが、今年から独立開催となりました。

元々、ドライバーやすい氏は新城ラリーで走りたいがためにTGRラリーチャレンジに参戦していたわけですが、ようやく参戦できるポイントランキングになった年に開催地が変更されてしまうという「悲劇」。初めは参戦をどうするか迷っていたところもありましたが、ラリーの経験値を上げるということで参戦することとなりました。

さて今回は愛知県内ということで、当日早朝に乗り合わせてレキ受付のモリコロパークへと向かいました。



SSコースとなる長久手市のモリコロパーク内のサイクリングロード、豊田市の鞍ヶ池公園内の道路、鞍ヶ池公園付近の道路とレキをして、参加受付、車検と済ませました。

ドライバーズブリーフィングは今回も盛況。



サービスパークに陣取るメンバーもほぼ毎回同じです。



スタート時間はいつもよりやや早めの9時49分。私たちのE-4クラスは6台の参戦です。毎戦けっこうな確率で原田選手のレビンのお尻を見ながらのスタートになります。



SS1鞍ヶ池(1.17km)は鞍ヶ池公園近くの道路。路面にゼブラゾーンが引かれていてバンピーです。



タイムは1分25秒2(Ave:49.4km/h)でクラス4位スタートとなりました。

ここから26kmを移動してモリコロパークへと向かいます。ターゲットタイムが1時間と余裕があったので、TC前では車を降りて、前後の車のクルーの方々としばし談笑。

SS2モリコロパーク(2.78km)は、公園内のサイクリングロードの一部を使用したSS。路面はスムーズですが、アップダウンする所にコーナーが組み合わさったコースで、コドラ的には難しい感じ。



タイムは2分17秒2(Ave:72.9km/h)でクラス2位。

ここからは22kmの移動でふたたび鞍ヶ池公園へ。ここでも車から降りて雑談。



SS3パークロード(0.53km)はその名のとおり鞍ヶ池公園内の道路を使用。舗装に粒粒が貼り付いている路面で滑りやすそうなコースです。



タイムは36秒7(Ave:51.9km/h)でクラス5位。

サービスパークへ戻ってくると同じサービススペースのヴィッツの深津選手がモリコロパークのSSでクラッシュしたとの報。クルーは無事だったのでなによりでした。

昼のサービス後はまたモリコロパークへと22kmを移動。

2回目のモリコロパーク。SS4です。



タイムは2分20秒4(Ave:71.2km/h)でクラス4位。タイムが落ちたのは、やすい氏によると多分昼のサービスタイム時にタイヤ交換したのが裏目に出たとのこと。

また22kmを移動して鞍ヶ池公園へ。行ったり来たりですが、距離があってリフレッシュするには良かったなと思います。

最終のSS5鞍ヶ池。

ここでカメラが不調になってしまい、動画はありません。

タイムは1分25秒5(Ave:49.2km/h)でクラス4位でした。

最終結果は、クラス完走6台中の3位、総合19位でした。



クラス参戦が6台なので表彰は2位までですが、まずまずといったところです。それでもミスは多々あるわけで、どんなもんなんでしょうかね…。まだ伸びしろがあると思ってやっていくしかないですね。


Posted at 2018/11/04 23:54:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | TGRラリーチャレンジ | 日記
2018年10月28日 イイね!

北陸本線牛ノ谷隧道

今日は、福井県と石川県の県境、牛ノ谷峠にある北陸本線の廃トンネル「牛ノ谷隧道」へと出かけてきました。

現行線のトンネル名称は「熊坂トンネル」ですが、旧トンネルは牛ノ谷隧道とも熊坂隧道ともあり、どちらが正しいのかいまいちわかりません。記述としては「牛ノ谷」が多いので「牛ノ谷」としました。

まず、やって来たのは国道8号牛ノ谷峠の石川県側にある駐車帯。



現存しているのか不明な大聖寺駅側の坑門を探してみようと思ったからです。

雨が降りしきる中を2時間以上、国道沿いに道路の山側にある谷筋や地形の凹みを探し回ったわけですが、まあ、結果から言うと失敗でした。そもそも探し回った場所が間違っていたようでした。





もし探すのであれば、国道8号に沿って残っている旧線跡からアプローチすべきだったようです。車を停めていた駐車帯からほんの少し峠寄りの路肩一帯を当たるべきでした。

服をずぶ濡れにしてアタックしていた大聖寺駅側の探索は、全くの徒労に終わりました(一時迷子状態にもなってしまった…。)が、体を動かして日常の毒気が抜けたせいか、気分的には割とすっきりしてました(笑)。

大聖寺駅側は日を改めて再探索してみようと思います。

次は、場所が明確な牛ノ谷駅側の坑口へと移動します。

牛ノ谷駅から先、北陸自動車道の側道沿いにさらに奥。北陸本線熊坂トンネル横の斜面上に出ます。さすがに現行路線の線路沿いを歩くわけにはいきませんからね。

雨でぬかるんだ急斜面を木立ちを頼りに滑り降りて、ようやく廃トンネル前に着きました。

牛ノ谷隧道。牛ノ谷駅側坑口です。



まだ落葉していない木々に遮られてしまい、トンネルの全景は撮れませんでした。









トンネル前のぬた場を越えて、トンネル内へと入ってみます。

何かまあ奇妙なものが天井から垂れ下がってますね。





坑口に土砂と廃材が積まれているため、トンネル内部は水没しています。靄も濃いです。

ここはそんなに高い峠ではないのですが、鉄道にとっては難所だったのでしょう。SLからの煤で灰色に染まってます。





「目地劣化」のペイント。目地から土が浸み出しています。



天井にキラキラしたものが見えるのは、白華現象によるものでしょうか。



溜まっている水はきれいに澄んでいます。





ふたたび煉瓦の状態についてのペイント。煉瓦造トンネルの経年調査に使われているのかもしれません。





ようやく一つ目の退避坑にたどり着きました。



行けども行けども灰色です。



入ってきた坑口を振り返りました。ややカーブしているのがわかります。



まだまだ先は続きますが、そろそろ長靴では限界だったので、この地点で引き返しました。



帰りは坑門のすぐ横からトンネル近くを通る林道へと登りました。





雨天、急斜面に杉木立・雑木林と深い笹薮に阻まれながら、久しぶりに疲労感が強く残る廃線探索となりました。まあ、安全には留意しつつ、たまにはクタクタになるまで体を動かすのも良いものです。









Posted at 2018/10/28 22:15:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・鉄道・廃線跡 | 日記
2018年10月25日 イイね!

TGRラリーチャレンジin高岡万葉に参戦しました

10月21日日曜日、富山県高岡市内で開催されたTGRラリーチャレンジin高岡万葉にドライバーやすい氏とともに参戦しました。今年5戦目のラリーとなります。

前日の20日土曜日に前泊のため高岡市内へ。



夜は参戦仲間の方々と富山ブラックラーメンなどを食しました。



日曜日は、朝5時過ぎにホテルを出発。この時期になると5時はやっと夜が明けてくる時刻。



ここは昨年参戦していてコースもほぼ同様なので、レキでは昨年作ったペースノートを下敷きにして修正を加えていきました。

今回のサービスパークは、豊田自動織機さんとスペースが一緒。参戦仲間の方で豊田自動織機にお勤めの方の依頼に協力して、織機さんへ設営場所を提供する代わりに、休憩スペースを使わせてもらうという感じでした。



スタッフの中に全日本ラリーJN3クラスチャンピオンの天野さんが来ておりました。ツナギを着てサービス隊のリーダー役といった様子。

チームには関係のない私たちにも出発の時には声をかけてくれて、私「全日本チャンプが初級者ラリーにツナギを着てスタッフしていて、私らにも声をかけてくれるとは。」、やすい氏「レースではこんなことはあり得ないわ。」。

さて、何回も参戦しているうちに写真を撮るのもあまり変わり映えしてこなくなったので、これといって撮っていないのですが、少々貼り付けておきます。









今回の最終結果は、E-4クラス完走9台中7位。総合は完走81台中22位。

ここ最近の結果からすると不完全燃焼といったところでした。何か目に見えて悪いところがあった訳ではないですが、クラストップ3(総合順位でもトップ3。)とは2km強のSSで10秒以上引き離されるという結果。

実力や車の違いはわかっていますが、丹後半島のクラス優勝からはモヤモヤ感がどんどん膨れ上がっているのが現状ですね…。突き詰めていかないといけないところはいっぱいあるわけですが、一朝一夕には解消しないですからね。


SS1 三千坊1:2.62km 2分35秒6(Ave:60.6km/h)




SS5 万葉ライン2:2.53km 2分17秒9(Ave:66.0km/h)



SS6 伏木2:0.60km 51秒2(Ave:42.1km/h)





Posted at 2018/10/26 00:01:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | TGRラリーチャレンジ | 日記

プロフィール

「西尾城址と安藤川橋梁跡 http://cvw.jp/b/1796277/42169620/
何シテル?   11/10 23:25
小林あにと申します。よろしくお願いします。 休日はドライブしたり、たまに廃線・廃道を歩いてみたり、ごくたまにミニサイズのラリーに出場してみたり、やる気がな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成16年夏に購入。 自身3台目のインプレッサとなります。 購入理由は、2台目インプレ ...
スバル レックス スバル レックス
平成2年夏購入。 ECVT車。 免許証を取得して最初の愛車です。 毎週末、愛知県奥三河の ...
日産 シルビア 日産 シルビア
平成5年夏購入。 AT車。 レックスが最初の車検を迎えるにあたり、車屋さんから勧められた ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年夏購入。 インプレッサ1台目。 購入動機は、WRCのビデオを見たのが一番。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.