• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

小林あにのブログ一覧

2014年07月28日 イイね!

TRDラリーチャレンジin嬬恋④

14時27分、浅間サーキットを後にして、最後のSS6「今井門貝Ⅱ」へ出発します。北軽井沢から吾妻川沿いの三原まで浅間山北麓の高原を下り、万座・鹿沢口駅前で吾妻川を渡り、山を上がっていきます。


このSS6をためぞうさんと同程度のタイムで走破すれば、目標のクラス最下位脱出が図れます。

心配だったのが昼の豪雨で路面が濡れていないかということでしたが、道中を見る限りは大丈夫そうです。


15時20分、SS6をスタート。途中、弟がシューズのトラブルて一瞬アクセルを踏み込めない時があったりしましたが、大きな問題もなくコースをクリア。

タイムは2'04"8でクラス8位。1回目より1"5短縮しましたが、ためぞうさんもタイムを短縮し、1"6引き離されました。

SS6「今井門貝Ⅱ」



最終結果はトータル10'02"9でクラス9台完走中7位で、当面の目標だったクラス最下位脱出をようやく達成できました。

一方、ためぞうさんはトータル10'09"6と6"7差のクラス8位で初SSラリーを完走しました。


サービスパークまで戻ると、タクミクラフトチームのみなさんがお出迎え。今回も無事に完走してホッと一息です。

しかし、ためぞうさんは今回の出場ですっかりSSラリーにはまってしまったようです。みんなと話していても興奮覚めやらぬ様子。ただ新城Rdへの参戦はもうちょっと考えるようです。まぁ、1回出場してしまうと、出場することに対するハードルが一気に下がるので、多分出場することになると思いますけど。



湯澤さん達がテントや資材を片付けたところで一旦会場から撤収。



宿泊先の駐車場でヴィッツを引き渡し、タクミクラフトのみなさんとお別れして、今回のラリーは終了となりました(この後、弟がヴィッツに財布と携帯を置き忘れたことに気づき、またすぐに会いましたが(笑)。)。












Posted at 2014/07/28 18:58:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | TRDラリーチャレンジ | 日記
2014年07月28日 イイね!

TRDラリーチャレンジin嬬恋③

11時50分、サービス後のリグループを経て、次のSS4、5が行われる浅間サーキットまで約26kmの長いリエゾンに出発します。



会場から7kmほど坂を下ったところで指定給油所へ寄り道して給油。サービス中にトイレまで往復する時間がなかったのでトイレへ走っていったところ、鉢合わせた他のクルーさんから「30分だと行ってる間がないですよね。」と声かけられました(笑)。

さらに国道144号を跨いで、今度は浅間山の北麓の爽やかな林間や別荘地を抜けていきます。なかなか快適なドライブコースです。



ようやく浅間サーキットへ到着。給油を含めて移動時間が1時間設定されて余裕があるので、またまたTC前で時間調整です。



TC3Dへ12時50分チェックイン。引き続いて浅間サーキットのコースレキを行います。コース内は全日本車走行の掘り返しと昼前の雨のためか、路面がぬたぬたで轍の深さもすごく、車の腹を擦りそうなほど。一体どこを走ればいいのやらといった感じです。

コースを1周してレキが終了。TC4前で他車のレキが終わるまで、ふたたび1時間弱の待機です。





することがないので、写真撮ってみたり、付近をうろうろしたりして時間を潰します。弟もうたた寝したり雑談したり。ためぞうさんはタオルを被ってシートで熟睡モード。エアコンつけて2人で寝てるクルーもいました。






すっかりまったりモードの13時50分、ようやくTCインの時刻になりました。

SS4「あさまⅠ」の距離は0.605km。3分後の13時53分にSSスタート。

ダート路面のSSを走るのは初めてですが、ロングコーナーの深い轍も何とかクリアしていきます。

コーナーが終わり、短い直線の後に最大の難所の右直角コーナー。お尻が出て「スピンするか!?」と一瞬思いましたが、SS後の弟曰く「ダメな時はアクセル踏み込む。」対応策で何とかスピン回避。思わず「OK!OK!」と声が出てしまいました。

その後のスラローム区間も切り抜けて無事にフィニッシュ。タイムは40"4でクラス7位。ためぞうさんには0"9の差をつけることができました。

SS4「あさまⅠ」




本来は2回走行の予定でしたが、時間が押してきたためか、2回目の走行はキャンセルとなり、そのままリグループとなってしまいました。

リグループ中の雑談で、弟もためぞうさんもダート走行は面白いとの感想。特にためぞうさんはすっかりはまったご様子で、SSのキャンセルが大変残念そう。その様子を見た大田さんが一言「男はやっぱりダートですよ!」と火に油を注いでおりました。

「往復2時間でSS走行3、40秒かぁ…。」との声も聞こえたSS「あさま」が終了し、最後のSS「今井門貝Ⅱ」へ向かいます。

Posted at 2014/07/28 16:10:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | TRDラリーチャレンジ | 日記
2014年07月28日 イイね!

TRDラリーチャレンジin嬬恋②

SS1から20km程移動してSS2前のTCに到着します。

時間に余裕があるので、ためぞうさんクルーと雑談しながらスタート時刻を待ちます。





SS2は「今井門貝Ⅰ」距離は2.377km。10時19分にスタート。

始めは1.5車線位の幅広な道ですが、上り坂なのでなかなか加速していきません。直線の突き当たりで左ヘアピンを過ぎるとガラリと道の様相が変わります。

右1→右1でジャンプしかねないようなクレストを越えて、すぐに左コーナー。舗装がはがれたりパッチで補修されていたりで荒れた路面を下っていきます。路面も視界も悪いわりにはけっこうスピードが乗るので、私としてはSS1よりも怖いなと感じました。

SS2のタイムは2'06"3。クラス9台中8位のタイム。ためぞうさんには1"8遅れました。


次はSS3「パルコール」。ラリーのメイン会場へ戻ります。

ここまでは良い天気だったのがSS前のTCへ並んだ頃、にわかに空が暗くなりだし、ついに土砂降りになってしまいました。





コース上はあっという間に水溜まりや川ができてしまい、最悪なコンディション。それでもSSは続行されます。



私たちも3分遅れの11時10分にSSをスタート。最初のコーナーでは水溜まりの跳ね返りで視界ゼロ。それでもお構いなしに水浸しのコースを走っていきます。

タイムは42"9。クラス9台中7位。ためぞうさんには0"7差をつけました。

雨のおかげで、TCでタイムカードを渡すたびに左足とドアの内側がびたびたに。タイムカードもすっかりふやけてしまいました。

そのふやけたタイムカードの置き場所に困り、股に挟んでSS3をスタートしましたが、SSフィニッシュ後に行方不明に…。「失格になるっ!」と一人で慌てていたら、ドアとシートの隙間に落ち込んでいるのを発見。雨に濡れて待つオフィシャルさんの目線がちょっと痛かったです…。

SS3「パルコール」



何とかセクション1が終了。TC3Aでお昼の弁当を受け取り、30分間のサービスタイムに入ります。

土砂降りは落ち着いたものの、チームのテント付近もすっかり水浸しの状態。



やむなく立ったままで弁当をいただく羽目に。今回ためぞうさんのコドラを担当するため、遠路単身赴任先からやって来た大田さんは、そんな中、さらにチームが出してくれたカレーも平らげておりました。

その間、湯澤さん達は雨や水溜まりでずぶ濡れになりながら車やタイヤのチェックをしてくれます。

30分間のサービスタイムが終わり、次は浅間山の中腹、浅間サーキットへと出発します。

Posted at 2014/07/28 10:44:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | TRDラリーチャレンジ | 日記
2014年07月28日 イイね!

TRDラリーチャレンジin嬬恋①

27日日曜日はTRDラリーチャレンジin嬬恋に参戦してきました。

今回はプロトタイプ仲間のためぞうさんが初出場。これでいよいよクラス最下位の脱出ができるかと黒い期待が燃え上がります。


レキ受付が5時20分からなので前日に現地入り。朝4時に起きて準備して5時過ぎに会場に着きましたが、すでにギャラリーステージのレキをする車の行列ができている状態。毎回前倒しでスタートさせているので、大丈夫なのはわかってますが、みなさん気合いが入ってます。

レキはパルコールのギャラリーステージ、今井門貝、大前須坂の順に回ります。浅間サーキットはSS走行直前に実施するため後回しです。



すべてのレキを済ませてサービスパークに戻ります。サービスパーク入口で車検が行われ、オフィシャルから車や装備品の点検を受けます。

無事通過してサービスイン。タクミクラフトさん設営のスペースにラリー車を駐車します。



スタート前の車のチェックをしてもらう間に、参加確認の手続きや朝御飯を済ませます。

8時30分、101号車が会場をスタート。私たちは124号車なので、8時53分に会場をスタートしSS1へ向かいます。




SS1は「大前須坂上り」。いきなり今回最長のSSで、距離は5.759km。珍しく全線対向2車線のコースです。

サービスパークをスタートする前、CROから「SS1で後続車との走行間隔を開けるか検討したが、そのまま1分としたので、もしSS中に追い付かれるようなことがあれば譲ってください。」と指示がありました。昨年のTRDラリー新城の同じタイプのSSで、コース途中に後続車に追い越される事態を起こしている我々に対しては当然の指示です。何よりそういう事をきちんと把握してるんだなと感心しました。

SS1のTC待機中に後続車のクルーさん達と前述の件で雑談。「追い付けると思ってないから、気にせず走ってください。」とのこと。「中盤以降はミラー気を付けますので(笑)。」とお返ししました。


SS1は9時21分スタート。2車線と幅が広く、緩いコーナーや直線区間が多い高速コースなので、なるべく速度を維持させることと直線後のきついコーナーへの注意喚起に気を払ってペースノートを読み上げます。

1回だけのレキでライン取りを決められるようなレベルではないので、不安のないコーナーだけメモしておいて「アウトから右3」とか読み上げてみましたが、「どちら向きに対してのアウトなのかわからん。」と言われてしまったので、この辺はルールを決める必要ありかなという感じです。

SS1のタイムは4'28"5でクラス10台中8位。今回初出場のためぞうさんを8秒5引き離し、最下位脱出が目標の我々には幸先良いスタートです。

しかし、SS1は本当楽しかったですね。2回走れたら良かった。高速コースは気持ちがいいので、ノート読むのも熱が入りました。ドライバーの弟の方は「速度域が高いから緊張して疲れた。」とのことでしたが。

SS1「大前須坂上り」



次は長い移動区間を経由してSS2「今井門貝Ⅰ」です。
Posted at 2014/07/28 07:37:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | TRDラリーチャレンジ | 日記
2014年07月27日 イイね!

モントレーラリー1日目を見物

26日土曜日はTRDラリーチャレンジin嬬恋へ出場のため、群馬県嬬恋村のパルコール嬬恋スキーリゾートへやって来ました。

朝7時半に自宅を出発して、会場へ到着したのは13時頃。今日はTRDラリー出場者としてすることは何もないので、全日本ラリー選手権モントレーラリーの会場を見回ったり、ギャラリーステージやデモランを見物したりしました。











夜は会場すぐ下にある東京都千代田区の保養所に宿泊。ゆっくり休んで明日に備えます。



Posted at 2014/07/27 02:02:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | モントレーラリー | 日記

プロフィール

「矢ノ川峠昭和道の再訪・高尾谷隧道・旧土場隧道 http://cvw.jp/b/1796277/45663309/
何シテル?   11/28 20:12
小林あにと申します。よろしくお願いします。 休日はドライブしたり、たまに廃線・廃道を歩いてみたり、ごくたまにミニサイズのラリーに出場してみたり、やる気がな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/7 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20 212223242526
27 28293031  

ブログカテゴリー

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
所有4台目(4代目)となるインプレッサ。 ガチガチのマニアというわけではないですが、4 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成16年夏に購入。 自身3台目のインプレッサとなります。 購入理由は、2台目インプレ ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成9年夏購入。 インプレッサ2台目。 行きつけの車屋さんへタイヤ交換の依頼をしに行っ ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年夏購入。 インプレッサ1台目。 購入動機は、WRCのビデオを見たのが一番。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.