• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

小林あにのブログ一覧

2021年07月22日 イイね!

旧篠ノ井線廃線敷遊歩道を歩いてきました

2021年7月17日土曜日、長野県安曇野市にある旧篠ノ井線廃線敷遊歩道を歩いてきました。この遊歩道はJR篠ノ井線明科駅~西条駅の線路付け替えによる旧線廃線跡のうち、明科駅付近から第二白坂隧道までの区間を遊歩道として整備したものです。

とは言っても、今回は遊歩道の散策がメインなわけではなく、トンネルなどの遺構を見るのが目的です。

まずは、漆久保隧道の最寄りとなる駐車場へとやって来ました。遊歩道の路肩に5~6台分ほどのスペースが設けられています。



さっそく、漆久保隧道方面へと歩いていきます。



遠方に漆久保隧道がチラリと見えています。遊歩道は軽く砂利敷きがされており、おそらく当時のものと思われる架線柱が路肩に残されたままになっています。



さて、いきなり漆久保隧道へは向かわず、直前を流れる川に設置されている小沢川橋梁をまず訪れました。





川の中からの眺めです。ちなみに、川へ降りられるようには整備されていないので、普通は上から眺めるだけになると思います。



小沢川橋梁の銘板です。これは内部をコンクリート覆工した工事のものです。名称には「小沢川拱きょう」とあります。



「拱きょう」は拱橋のことでアーチ形状の橋という意味ですね。ここは実際には築堤をくぐる水路トンネルといった感じですが、鉄道ではこのような形状のも含めて「橋梁」に分類しているようです。

この小沢川橋梁の一番の特徴は、正面の壁面部分(スパンドレルと言います。)の煉瓦の積み方です。



煉瓦の小口面を見せている段が、おそらく川の流路に並行するように(全くの憶測ですが。)斜め方向に積まれています。



私は、このような壁面を持つ煉瓦アーチ橋はここしか知りません。独特の景観を持つ非常に珍しいアーチ橋と言えるでしょう。



また、5重のアーチ環もそれぞれの環がずれるように積まれていて、その特徴から内部は「ねじりまんぽ」ではないかと推測もできます。ただ、現在は分厚いコンクリートで覆工されてしまっているので、知るすべがありませんが…。



川の下流側です。こちらも同様の壁面となっています。



築堤を登り直して、ようやく漆久保隧道に到着です。



遊歩道として開放されている区間にはトンネルが2か所あり、この漆久保隧道ともう一つは明科駅付近に三五山隧道(未訪問)があります。

坑門を見ると、壁面の煉瓦がだいぶ劣化しているのがわかります。



トンネル内部にも煉瓦が剥落してしまっている場所が見受けられます。



延長は53mと短く、外光で十分明るいためか照明もありません。



天井に架線を吊り下げていた碍子が残されています。



反対側の坑門です。こちら側は日当たりが悪いためなのか、苔むした感じです。



せっかくなので、ここから終点の第二白坂隧道まで往復してみることにします。



山側の斜面に土留めのための擁壁が現れました。上を見上げると遊歩道と並行するように平地が見えています。



架線柱に取り付いていたナナフシ。



潮沢信号場跡です。設置されたのは昭和36年(1961年)で、篠ノ井線が明治35年(1902年)に全通していたことを考えると、比較的新しいと言えるでしょう。



スイッチバック式の信号場で、列車の行き違いを行っていました。現役当時の写真が掲示されていました。



西条駅側の引込線跡です。すっかり草むらに埋もれています。



路肩に33.5kmの距離標がありましたが、真新しいので、これは遊歩道として整備された時に設置したものでしょう。



何らかの機器を設置していた台座でしょうかね。



本線と引込線の間にだいぶ高低差が付いてきました。



34kmポストの地点で引込線の終端となりました。と言うことは、引込線の長さは500m以上はあったようです。貨物列車の行き違いも行うわけですからね。



鉄道らしい緩いカーブ。この頃には暑さでだいぶ参ってきていました(笑)。



山側の斜面に設置されていた注意看板。「〇(たぶん牛)・馬・羊などを放牧しないこと。」とあり、「この斜面でそれは無理だろう。」とちょっと笑えました。



ようやく第二白坂隧道前の駐車場に到着。漆久保隧道から30分ほどかかりました。





遊歩道の案内板。漆久保隧道から1.7km歩いてきたようです。



もう少し先へと進んで、第二白坂隧道を見に行きます。





路肩に隠れるようにひっそりと建っている案内板。



第二白坂隧道に到着です。トンネル延長は2094m。明科駅側はご覧のとおり封鎖されています。2018年3月に西条駅側からトンネル内部へと入り、この扉の裏側まで往復しています。



う~ん…、やはりウォーズマンの顔に見えてしまうな(笑)。



もともと坑門は煉瓦積みですが、後年、コンクリートで覆工されたようです。



窓の隙間からとても涼しい風が吹き出してきます。しばらく寄りかかって涼んでいました(笑)。



涼むのはこれくらいにして、1.7km先の漆久保隧道のさらに先にある駐車場まで、また炎天下を歩いていきます。



潮沢信号場跡に立っていた35km/h進入の速度標識。



漆久保隧道を通過。



駐車場へと戻ってきました。帰りは35分ほど掛かりました。歩くペースが落ちたようです。



これで帰宅してもよかったですが、せっかくなのであと2か所、煉瓦造暗渠を探しに行きます。

車に乗り、漆久保隧道近くの駐車場から明科駅側へ700mの所にある「けやきの森自然園」の出入口へと移動してきました。



一つ目の煉瓦造暗渠です(名称不明)。けやきの森自然園の出入口のほぼ真下になります。





やや屈むくらいで入れそうなので、潜ってみることにします。



LEDライトを持ってきていなかったので、スマホのライトを頼りに奥へと進んでいきます。



流路の部分も煉瓦でインバート(トンネル下部のアーチ構造のこと。)が造られていて、疑似的な円形トンネルになっていますね。



奥が土砂で埋まっているのは見えていたので、そんなには入り込まずに引き返してきました。



けやきの森自然園前の駐車スペースへの出入口に残る警報機と遮断機。



踏切跡からさらに明科駅側へと歩くこと15分強。2か所目の煉瓦造暗渠に到着です(こちらも名称不明。)。この時点で時刻は16時13分。沢底は薄暗くなってきています。



こちらの暗渠も先ほどの暗渠と同じく全周を煉瓦で巻き立てられています。



側壁の下部に段々が設けられているのがわずかな違いでしょうか。



ご覧のとおり、こちらの暗渠は貫通しているので、そのまま外へと出ます。



反対側のスパンドレルです。



暗渠内へと入ってきた下流側へと戻ってきました。



やはり1か所目の暗渠よりも丸みが強いですね。



久しぶりに煉瓦造暗渠へと潜りましたが、やはりLEDライトを持ってきていなかったのは失敗でした。内径が小さいので暗くなりがちなのをすっかり忘れていました。

ようやく車へと戻ってきたのは16時46分。すっかり遅くなってしまいました。



この後は、安曇野ICから長野自動車道に乗り、岡谷JCTで中央自動車道名古屋方面へ。

小黒川PAで晩御飯を食べた後、疲れが出てしまって後部座席で仮眠。起きたら19時半を回っていました。結局、帰宅したのは22時過ぎになってしまいました。

Posted at 2021/07/22 22:20:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・鉄道・廃線跡 | 日記
2021年06月12日 イイね!

天竜浜名湖鉄道 天竜二俣駅へ行ってきました

2021年6月5日土曜日、浜松市天竜区にある天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅へ行ってきました。

ここへ行くなら、新東名高速道路を使えば浜松浜北ICから4kmほどで着きますが、高速道路は使わず、自宅から下道で向かいました。

途中、寄り道した愛知・静岡県境の本坂峠にある旧国道362号「本坂隧道」。1915年(大正4年)の開通で、延長は204.9mあります。







自宅から3時間かけて天竜二俣駅へとやって来ました。



ここへとやって来たのは、駅よりも併設されている車庫が目的。古い扇形車庫と転車台が残っているのです。有料ですが、土・日・祝日は1日2回、車庫の見学ができます。

ただ、今回は見学ツアーへの申し込みはしていないので(そもそも時間も合わせていないし。)、外側から見える範囲での見物です(笑)。

その前に、駅の西側に展示されている古い車両を見に行きます。

ナハネ20。初代ブルートレインである20系客車の一形式ですね。



キハ20。ローカル線で活躍した古い形式のディーゼルカーですね。



駅名板を模した案内板。車両はボランティアの方々が修復にあたっているようで、塗装などに「手作業なんだなぁ。」という雰囲気がよく出ています。



列車がやって来ました。1両での運行ですが、思ったよりも人の乗り降りがあります。観光客や鉄道ファンの方々がまずまず乗車している様子。



駅ホームを東側から眺めています。駅本屋、ホーム上屋とプラットホームは、国の登録有形文化財に指定されています。



駅からやや東側へと離れた場所に車庫があります。



車輌の奥に扇形車庫の屋根が見えています。



近くで見られる場所がないか探すため、車庫へ向かい歩いていってみます。

車庫の東側にある跨線橋からの眺め。大木が目隠しになってしまっていますね…。



扇形車庫を正面から見られるような場所はありませんでしたが、遠目からですが転車台を見ることができました。



さらに車庫に沿って歩いていくと現れる高架貯水槽。これも国の登録有形文化財に指定されています。かつては、蒸気機関車への給水に活躍したことでしょう。



「音街ウナ」という浜松市出身のバーチャルアイドルのラッピング車両だそうです。いろんなキャラクターがいるので、頭が全然追いつかないですね(笑)。





駅本屋とは反対側まで来ました。



駅ホームと天竜二俣駅の駅名板。



駅の西側に留置されていたレール運搬車。「JR東海」のロゴが入っていましたが、貸出車両なのかな。



駅の西側に残る旧光明電気鉄道の二俣口駅のホーム跡。



光明電気鉄道は昭和戦前期に磐田市の新中泉駅から二俣町駅間19.8kmを結んでいましたが、多大な投資、経営資金の不足、世界恐慌の影響などにより実質5年の営業で終わったそうです。

復刻した駅名板と説明板も設置されています。



駅まで戻ってきました。ディーゼルカーが3両も停車しています。



これで天竜二俣駅周辺を1周したので引き上げます。今度来ることがあれば、ちゃんと時間を合わせて車庫見学したいですね。

さて、帰り道ですが、天竜川沿いを国道152号で北上して、佐久間から新城方面へと通り抜けることにします。

国道152号大輪橋。



何か曰くのある橋という訳ではなく、弟が橋のたもとにトイレを見つけたので立ち寄っただけです(笑)。



この後は、JR飯田線の駅へ2か所立ち寄り。

中部天竜駅。飯田線の山間部の拠点駅であり、そのためか駅員が勤務している駅となっています。



駐車場の車止めに再利用されていたコンクリート枕木。



各地でよく見かける県道の「停車場線」ですね。この路線は中部天竜駅で終点なので、「中部天竜停車場線」となっています。



浦川駅。中部天竜駅から豊橋方面へ向かって3つ目の駅です。ここは無人駅になります。







ホームの先端から豊橋方面を撮影。手前部分はガードになっていて、県道1号がくぐっています。佐久間ダムへのドライブで何度も通っているガードです。



ホームからの浦川地区の集落の眺め。浦川は、周辺での林業が盛んだった大正から昭和戦前期(何かの本で読んだ記憶なので、間違っていたらすみません。)に大変栄えていたそうです。



今は駅前も寂しい山間の一集落です(と言っても、深い山の中を走ってくるとちょっとした街ではありますが。)。

Posted at 2021/06/12 18:49:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・鉄道・廃線跡 | 日記
2021年05月20日 イイね!

甚目寺と名鉄築港線東名古屋港駅

2021年5月15日土曜日、愛知県あま市にある古刹「甚目寺」と名古屋市港区にある名鉄築港線の終端駅「東名古屋港駅」とその周辺へ行ってきました。

そもそもの目的は、5月1日に開通した名二環(名古屋第二環状自動車道)の飛島ジャンクション~名古屋西ジャンクション間を走りに行くことでした。

新規開通区間を走るといっても短い距離ですし、途中にパーキングエリアがあるわけでもないので、あっけなく通過。走行しながら「それじゃ名二環から近い甚目寺へ行ってみるかな。行ったことないし。」ということで、まずは甚目寺へ向かうことに決めました。

甚目寺の南大門(仁王門)です。この門の右側に駐車場があるのですが、非常に入りにくくてタイミングを逃し、駐車場に入るだけで周辺を2周しました(笑)。



しかも、門にぴったりとくっつくように道路が通っていて、交通量もそこそこ多いため、この写真も周りに気を付けながら撮りました。

境内です。左側が三重塔、正面奥が本堂です。



振り返って撮った南大門(仁王門)です。南大門(仁王門)は、 1196年(建久7年)に再建されたものだそうで、愛知県内最古の楼門建築物です。



本堂。聖観音が祀られており、そのために甚目寺というよりも「甚目寺観音」の呼び方で親しまれているそうです。写真に写っているとおり、鳩がいっぱいいて、かき分けながら進んでいきました(笑)。



三重塔。1627年(寛永4年)の再建です。



どのアングルから撮ろうとしても、電線が入ったり樹木が被ったりなどして、どうにもきれいに写真に収めることができませんでした…。



ひととおり見物できたので帰ることにします。

ふたたび名二環に乗り、飛島ジャンクション方面へと走っていきます。伊勢湾岸道へと合流して名港トリトンを走行中に、「まだ帰るには早いし、東海ICで下りて東名古屋港駅へ行ってみるか。」と思い立ち、急きょ行き先を変更します。

名鉄築港線の終端駅「東名古屋港駅」へとやって来ました。



名鉄築港線は、名鉄河和線大江駅から分岐して、1駅目の東名古屋港駅で終点となる短距離路線です。

そして、最大の特徴は日中に電車が全然運転されていないこと。駅の時刻表で確認すると9時台から15時台まで1本も電車がありません。



周辺が臨海工業地帯のため、通勤客に特化したダイヤを組んでいるのがその理由です。

終端駅ですが電車は1駅間を行ったり来たりするだけなので、単式ホーム1面1線の単純な構成です。



駅名板。



東名古屋港駅は終端駅と言いましたが、あくまでも旅客線としてであって、実際にはその先へと線路は続いています。



ただ、定期列車はないので、駅に隣接する踏切は一旦停止不要になっています。



さて、東名古屋港駅から大江駅方面へと向かって少し歩いていきます。



駅の少し先に分岐点があります。直線方向が築港線、左へと分岐していくのが名古屋臨海鉄道東築線との接続駅である名電築港駅へ向かう線路です。





築港線と名電築港駅への分岐線に挟まれたこの広場。廃車となる名鉄電車が解体される場所です。



廃車となる電車は築港線で東名古屋港駅まで運ばれてきて、ここでスイッチバックして分岐線に入り、クレーンで線路から引き上げられ、この広場で解体されるわけです。

さらに歩いていくと名古屋臨海鉄道東築線の踏切に当たります。



この踏切の左側に現在では珍しい線路同士が直交して平面交差する「ダイヤモンドクロッシング」があります。



名鉄築港線が左右方向、名古屋臨海鉄道東築線が前後方向に交差しています。名古屋臨海鉄道東築線は定期列車がないため、事実上支障がない状態となっています。



写真奥側が名電築港駅です。旅客駅ではないのでホームはありません。



東築線-名電築港駅-東名古屋港駅の路線が残されている理由は、このルートで名鉄電車の新車が搬入されるからです。JR東海道本線笠寺駅から名古屋臨海鉄道に入り、名電築港駅でようやく名鉄線に運び込まれるという手順になります。

まあ、名鉄電車の一生はここで始まって、ここで終わるわけですね。

それでは、東名古屋港駅方面へと戻っていきます。

広場の出入口のゲート。廃車となった電車のあの世への門といったところでしょうか。



東名古屋港駅はそのまま素通り。



道路を渡って、駅の先へと続く線路を辿っていきます。





車を駐車した名鉄協商のコインパーキングまで戻ってきました。まだ先へと線路は続いています。



この駐車場の脇は、列車の行き違いができるように線路が複線になっています。昔は東名古屋港へと貨物列車が行き来していたのでしょうが、もう列車の行き違いがあるような事はありません。





辿ることができる最終地点へ着きました。「関係者以外立入禁止」の表示の先は東名古屋港の岸壁になります。



東名古屋港駅から先の線路は、輸出する鉄道車両の搬出用に使われているそうですが、使われる機会はめったにないようです。

今回巡った東名古屋港駅周辺の鉄道施設も一度は訪れてみたいとずっと思っていた場所でしたが、わざわざ行くというほどでもないなと、なかなか行く機会がありませんでしたが、ようやく見ることができました。

ドライブがてら、思い付きでうろうろしましたが、なかなか良い暇つぶしになりました。
Posted at 2021/05/20 21:20:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・鉄道・廃線跡 | 日記
2021年04月29日 イイね!

宮崎海岸・吉良吉田駅の廃線跡・龍潭寺

2021年4月24日・25日は、両日ともドライブに出かけました。

まずは4月24日土曜日。エンジンオイルの交換を済ませたついでに、西尾市吉良町の宮崎海岸までドライブしてきました。



まずまずの天気で気温も暖かかったので、遊びに来ている人が思っていたよりも多かったですね。海に入って遊んでいる人もいましたし。



あとは釣り人が多かったですね。防波堤や桟橋と至るところに居ました。



隣接の漁港は静かでしたけど。



海岸を歩いた後は、近くの丘の上にある幡頭神社へと行ってみます。



幡頭神社の拝殿と本殿。本殿は国の重要文化財に指定されています。





神社から戻ろうとしたら、大きな犬を散歩中のおじいさんが参道の鳥居の下に腰かけてしまったので、違う道から戻ることに。

おかげで来たことのない眺めの良い場所に出会えました(笑)。



宮崎海岸をあとにして、次に立ち寄ったのは名鉄西尾線の吉良吉田駅から西側にわずかに残る旧三河線の跡。



今は吉良吉田駅と蒲郡駅を結ぶ蒲郡線の電車の留置線として使われている部分にだけ、線路と架線が残されています。









吉良吉田駅へと向かっていくうちに、ちょうど蒲郡線の電車がやって来ました。



昔は観光路線としてパノラマカーの特急が走っていた蒲郡線ですが、今は常に廃止の危機にさらされている状況です。

吉良吉田駅。



旧三河線の廃止区間は、猿投~西中金のいわゆる「山線」側はけっこうレールも含めて廃線跡が残っていますが、平野である碧南~吉良吉田の「海線」側は跡形もなく整地されてしまった部分が多いです。

なので、ほんのわずかな区間ですが、「海線」の貴重な名残りとも言えます。



さて、翌4月25日日曜日。この日は私が誘って、家族で静岡県浜松市北区引佐町井伊谷にある龍潭寺を訪れました。彦根藩主であった井伊家の菩提寺です。



境内は多くの緑に覆われていて、この季節らしく新緑が眩しいです。



本堂前の庭園。





この寺で最も有名なものが本堂北庭の庭園です。小堀遠州作と伝わっています。





こちらは書院からの眺め。書院側からの眺めも素晴らしいと紹介されていました。



本堂。



仁王門。



やはり、本堂北庭の庭園を腰を落ち着けて眺めている人が多かったですね。このような落ち着いた風情のある場所も、気分転換に良いものです。
Posted at 2021/04/29 11:19:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ・鉄道・廃線跡 | 日記
2021年04月04日 イイね!

三岐鉄道北大社車両区と豊橋鉄道赤岩口車両区を訪れました

2021年4月3日土曜日は三岐鉄道北勢線の北大社車両区を、4月4日日曜日は豊橋鉄道東田本線の赤岩口車両区を訪れました。

先週、三岐鉄道三岐線の保々車両区を訪れて見物しましたが、今回はその続きで、北勢線の車両基地である北大社車両区を訪れてみました。

地図はこちら。北勢線東員駅から阿下喜駅方面へ向かった場所にあります。星印の場所に車を停めて、徒歩で現地に向かいます。


※地理院地図(電子国土Web)に加筆。

線路沿いを歩いているとちょうど電車がやって来ました。この路線の最高速度は45km/hなので、私でも落ち着いて写真を撮ることができます(笑)。



車から住宅街の路地を歩くこと5分ほど、北大社車両区へ着きました。保々車両区に比べると敷地は狭いようです。



クモハ276です。



敷地に沿って歩き、正門を通り過ぎると屋根だけの建物があります。ここはかつて北大社駅という駅も設置されていたので、駐輪場の跡でしょうか?



屋根の下には、勾配標や速度制限標識などいろいろなものが転がっています。



車両区の東員駅側の端に来ました。



クハ141です。軌間762mmのナローゲージなので、車両もこじんまりとしています。



車両区からもう少し東員駅寄りにある踏切の脇からの眺めです。最初に見たクモハ276の編成が見えています。



かつて駅ホームがあった場所は整地され、線路も敷き直されているそうです。



車両区の東員駅側の端まで戻ってきました。



こちらは最初にやって来た阿下喜駅側の端。間近まで住宅が迫っています。



車まで戻る途中、また電車がやってきたので見送るかたちで撮りました。



車へと戻ってきました。



電車をきれいにしたり、架線柱をコンクリートポールにするなどだいぶ更新改修が進んできましたが、小さな電車が集落の中を縫うように走る光景は変わらないようです。

さて、翌4月4日日曜日。今度は路面電車である豊橋鉄道東田本線の終着駅、赤岩口駅に隣接する赤岩口車両区を訪れました。



この車両区も路面電車の基地のためか小さな敷地です。周囲を路地や駐車場が取り巻いているので、四方から見物できます。





これは3500形ですかね。元都電荒川線の電車。台車が取り払われて、仮台車に載せられています。



800形。元名鉄の岐阜市内線・美濃町線で走っていた電車ですね。





T1000形「ほっトラム」。



こちらも3500形。「ヤマサのちくわ」のラッピングですね。



赤岩口駅側からの眺め。本線からはスイッチバック方式で庫内と出入りしています。



次に競輪場前駅にある折り返し電車用の電車留置線を見に行きます。はじめは路面電車に乗っていこうかと思いましたが、ちょうど出発していってしまったので、1kmほど歩いていきます。

こちらが競輪場前駅横にある電車留置線(電留線)です。



一般の建物の脇に線路を引き込んでちょこんと電車が待機しているのが、何ともマニア心をくすぐります(笑)。

せっかくなので、赤岩口駅までは路面電車に乗って戻ることにします。

こちらは豊橋駅前へ向かい出発していった780形。この電車も元名鉄で岐阜市内線・揖斐線で走っていました。



赤岩口駅まで乗った800形の車内。



車両区の出入口。路面電車なので踏切がなく、道路・歩道との境界もあいまいですが、やはり線路内に立ち止まることだけは避けませんとね。





800形。パトカーを模したラッピングですね。



豊橋鉄道赤岩口車両区でした。



路面電車に乗ったのは富山県高岡市で乗って以来、4年半ぶりですかね。豊橋市内線は初めてになるのかな。高岡市で乗った時はTGRラリー高岡万葉戦を観戦しに行って、ラリーパークからサービスパークへ移動するのに乗りました。

この車両区の前を通る愛知県道4号は、ドライブなどで通ることはほとんどありませんが、ここの車庫のことは通るたびに横目で見たりしてました。三岐鉄道の車両区(車両基地)を見物するうちに、「ああ、そういえばいい機会だし行ってみるかな。」と思い出して、やって来た次第です。
Posted at 2021/04/04 22:47:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・鉄道・廃線跡 | 日記

プロフィール

「旧熊野街道 船木橋・神瀬橋・ねじりまんぽの道路橋 http://cvw.jp/b/1796277/45557442/
何シテル?   10/21 19:30
小林あにと申します。よろしくお願いします。 休日はドライブしたり、たまに廃線・廃道を歩いてみたり、ごくたまにミニサイズのラリーに出場してみたり、やる気がな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/10 >>

     1 2
345678 9
10111213141516
17 181920 212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
所有4台目(4代目)となるインプレッサ。 ガチガチのマニアというわけではないですが、4 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成16年夏に購入。 自身3台目のインプレッサとなります。 購入理由は、2台目インプレ ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成9年夏購入。 インプレッサ2台目。 行きつけの車屋さんへタイヤ交換の依頼をしに行っ ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年夏購入。 インプレッサ1台目。 購入動機は、WRCのビデオを見たのが一番。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.