• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

小林あにのブログ一覧

2015年01月27日 イイね!

早くも新聞に「トヨタ 世界ラリー復帰」の記事が!?

朝御飯を食べながら手元の中日新聞の1面を見たら、カローラWRCの写真と伴に「トヨタ 世界ラリー復帰 17年にも」の見出しがあってビックリ。



今月末頃には何らかの発表があるのでは?と言われてますが、記事はちょっとフライング気味という気も。

もちろん復帰は是非ともしてほしいですけどね。
Posted at 2015/01/27 07:06:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | ラリー・レース | 日記
2015年01月26日 イイね!

JR草津線煉瓦アーチ橋巡り

逢坂山トンネルを後にして、名神高速・新名神と乗り継ぎ、甲南ICで降りて甲賀市内へ。貴生川駅の北方、杣川の左岸の田んぼの中を通るJR草津線の築堤に来ました。

新道橋梁



構造物ではまず用いない「矢筈積み」を壁面に用いていることで知られている煉瓦アーチ橋です。上部の煉瓦が斜めに交互に積まれている部分がそうです。







国分橋梁



新道橋梁の北、200mほどの所にあります。この路線を明治23年に開通させた関西鉄道の社紋が掲げられていることで知られている煉瓦アーチ橋です。







ただ、どうしてこんな目立たない場所にある小さな橋に社紋を掲げたのかは不明のようです。


ここからは、JR草津線に並行する滋賀県道4号を伊賀市方面へと走っていきながら、見える範囲で煉瓦アーチ橋を探してみます。

南下して油日駅を過ぎた辺りでようやく1つ確認。しかし近くに車を停める場所が無くてやむなく通過。

しばらく走ると2つ目を発見。車を停めて見に行く途中にもう1か所発見したのでそちらも見てきました。

2つ目に発見した煉瓦アーチ橋(名称不明)



県道から小川に滑り降りて近づいたところ、某サイトに紹介されていた物件。



上部がフランス積みという珍しい積み方だとか、ポリクロミーという装飾技法を使っているとか、このサイズの煉瓦アーチ橋にしては凝りすぎな造作だそうです。

3つ目に確認した煉瓦アーチ橋(名称不明)



この橋は県道からは全然見えなかったので、停まらなければ気付かずに通過してました。





こちらもフランス積み部分があり、焼過煉瓦での模様付けも同様でした。


JR草津線はこれで終了。伊賀市柘植に出て、旧大和街道の狭い道を亀山市方面へと進み、国道25号へ合流します。

合流した少し先にある関西本線鳥谷川橋梁に立ち寄ります。



ここは何度も来ているので定点観測のようなものです。しかしいつ来ても国道からは全然見えません。





悪路の酷道25号でそのまま加太越えをして、ついでに大和街道架道橋と大崖川橋梁をチラ見。亀山ICへと出て、東名阪道で帰りました。

Posted at 2015/01/26 06:20:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ・鉄道・廃線跡 | 日記
2015年01月25日 イイね!

逢坂山トンネルと周辺を見てまわる

土曜日は車のオイル交換をしたので、慣らしがてらに三河湾スカイラインを軽く1往復。夕方からは自転車に乗って、北風の吹く中を10kmほどブラブラと走ってきました。


さて、今日は朝6時前に家を出発。みんカラの愛車紹介に貼り付けてある写真を撮り直したいと思っていたので、まずは写真を撮った場所である滋賀県方面へ行くことにします。

安城市を出て、知立バイパス、伊勢湾岸道、東名阪道を通り抜け、新名神へ。土山SAで休憩がてら朝御飯を食べます。

ここで「まだ時間も早いし、以前行きそびれた逢坂山トンネルへ行ってみるか。」と思い立ち、新名神をさらに西進。草津JCTから名神高速に入り、京都東ICで降ります。

ここから国道1号で大津市へ向かいます。逢坂山の峠を越えてしばらく行くと、国道161号と分岐する交差点の脇に旧東海道本線逢坂山トンネルがあります。

しかし駐車場は無いので、パーキングを探しながら大津市街を周りましたが、よくわからないまま再び国道1号に出てしまい、京都市山科まで往復するはめに。

何とか1kmくらい離れた場所に営業しているパーキングを見つけ、車を停めてさっそくトンネルへと歩いていきます。

逢坂山トンネル



左側のトンネルが明治13年に開通した日本で最初の鉄道山岳トンネルと言われてます。また、設計・施工の主体を日本人だけで行った最初のトンネルとも言われてます。右側のトンネルは、明治31年に複線化された際に開通したものです。









このトンネルは急勾配区間のため、大正10年に新逢坂山トンネルが開通したことにより廃止となりました。現在は京都大学の地震研究施設となってます。

旧東海道本線の橋台跡



関蝉丸神社



新逢坂山トンネル



こちらは現在も現役の東海道本線です。国道から近い場所ながら非常に見づらく近付きにくい場所なので、関蝉丸神社の境内から薮漕ぎをして、フェンスに張り付いて撮ってました(線路管理者から見たら間違いなく不審者…。)







上関寺跨線橋



京阪電鉄京津線が東海道本線を跨ぐ煉瓦橋。こちらは国道から見えますが、高いフェンスが邪魔で撮影しづらいです。





大津市街での見物は終了。大津ICから名神高速・新名神と乗り継ぎ、次は甲賀市内のJR草津線へ移動します。

2015年01月19日 イイね!

東海道本線旧石部トンネルに立ち寄りました

土曜日は昼過ぎには走行会を終えて、夜は参加したメンバーで新年会。翌日にレースが無い気楽さもあってけっこう飲みました。

日曜日は朝9時半に宿泊した御殿場市内のホテルでプロトタイプチームのみなさんとお別れ。弟のランエボはサーキットで発生したブレーキトラブルの修理のため、YZW店長さんの運転でこちらもお別れとなりました。

まだ午前中なので、どこかへ立ち寄りたいとの話になり、弟を助手席に乗せ、杉浦くんのアウディTTと連なって東名高速を静岡市へと向かいます。

休憩と時間調整のため、由比PAにて小休止。





静岡ICで降りて、安倍川もち製造の「やまだいち」の食事処「もちの家」へ。昼御飯に私はお雑煮、弟はかけそばと安倍川もち、杉浦くんは金粉もちをいただきました。食後は腹ごなしに隣接の登呂遺跡を散歩。



続いて、弟の要望で東海道本線旧石部トンネルに行きます。私は昨年の6月末に行ったばかりですけどね。

訪れてみると上り線坑口前がきれいに草刈りされてました。



上り線トンネル内も大量にあった雑多なごみ類が整理されて立ち入れるようになってました。



下り線トンネルにはまだごみ類が大量に残ってましたが…。

あとは特に変わりは無さそうでした。













帰りは弟の提案で車の駐車場所まで沢筋にある水路を登ることに。



途中、弟が斜面に穴があると言うので、見上げると知らない煉瓦積みの水路を発見。写真を撮っておきます。





また元の水路に戻り、ひたすら登っていきます。



結局は想像と違う場所に出てしまい、最後は薮漕ぎ。何とか車の駐車場所へ転がり出ました。

これで見物を終えて、一路焼津ICへ。ここから再び東名高速に乗り、帰路につきました。

2015年01月18日 イイね!

FSW4時間走行会に参加しました

17日土曜日は、富士スピードウェイでの4時間走行会に参加してきました。



例年、プロトタイプチームとしては日曜日開催の7時間耐久レースに出場してましたが、今年はもう少し気楽に走行を楽しめるように耐久レースへのエントリーは止めて、土曜日開催の4時間走行会へのエントリーとなりました。

走行メンバーは、ヤギさん、ガラゾーさん、私たち愛知3人組に加えて、オンダさんが復活となりました。

2台分の走行枠があるので、3台づつに分かれて代わる代わるの走行です。





私は約40分間と約30分間の2回を走行しました。耐久レースよりは参加台数が少ないはずなので多少は走りやすいかなと思ったら、クリアラップが取れたのは多分2、3周くらい。タイムは2分22秒台がベストでした。

それでも、メインストレートを6速全開220km/hオーバーで走れたり、300Rのような高速コーナーを全開でシフトアップしながらコーナーリングしたりする機会は年1回のこのサーキットだけなので、充分満喫いたしました。

今回、走行時間は耐久レースの時よりも多いくらいで、体力的にはけっこうバテてしまいましたが、ガラゾーさん言うところの「腹一杯」走れたので、来年も同じ形でいいかな。

プロフィール

「旧熊野街道 船木橋・神瀬橋・ねじりまんぽの道路橋 http://cvw.jp/b/1796277/45557442/
何シテル?   10/21 19:30
小林あにと申します。よろしくお願いします。 休日はドライブしたり、たまに廃線・廃道を歩いてみたり、ごくたまにミニサイズのラリーに出場してみたり、やる気がな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/1 >>

    1 23
45678910
11 121314151617
18 192021222324
25 26 2728293031

ブログカテゴリー

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
所有4台目(4代目)となるインプレッサ。 ガチガチのマニアというわけではないですが、4 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成16年夏に購入。 自身3台目のインプレッサとなります。 購入理由は、2台目インプレ ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成9年夏購入。 インプレッサ2台目。 行きつけの車屋さんへタイヤ交換の依頼をしに行っ ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年夏購入。 インプレッサ1台目。 購入動機は、WRCのビデオを見たのが一番。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.