• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

小林あにのブログ一覧

2020年08月30日 イイね!

通行止め多発で長野県下伊那郡天龍村の山道をさまよう

本日は、弟の誘いで、毎度の「佐久間ダム」経由「道の駅信州新野千石平」行きのドライブに出かけてきました。

ということで、最初に立ち寄ったのは佐久間ダム。普段はダム堤体近くの駐車場へ停めますが、今日は奥の駐車場へ。



ダム湖に上流からの流木やゴミがたくさん溜まっています。大雨が多かったですからね。



ダム堤体を遠望。



入れ替わり立ち替わり車がやって来ますが、5分10分と経たずに戻っていってしまうので、ずっと居たのは私たちのみでした。



そして、蒸し暑かったです…。

佐久間ダムからは、ダム湖に沿って長野・愛知・静岡県道1号を豊根村富山・天龍村方面へと進みます。今日はやたらと路駐をしている車が多かったです。ボートを降ろしている人たちもあり、ダム湖で釣りでもするんですかね。

次の目的地は道の駅信州新野千石平なので、天龍村で県道1号から国道418号へと入るのですが、現在、県道と国道の交差点から新野方面が崖崩れによる通行止めとなっているため、指定の迂回路(狭い山道で4トン車以下通行可。)を通って国道418号へ入り込みます。

「これであとは新野まで登っていくだけだなぁ。」と走り慣れた道を走行していたら、突如通行止めの案内板が。



この通行止めは知りませんでした…。

現在地は星印の地点。



崩落現場の写真も掲示してありました。これは当分復旧しないですね…。



ここで停まっていても仕方ないので、左側へと登っていく山道に入り込んでみます。こちらも2.5km先で通行止めとありましたがとりあえず様子見です。

結論から言うとこの山道も迂回路は無く通行止めでした。地形図中の青色の線が登っていった道になります。通行止め地点は、国道の崩落箇所の頂上付近のようです。


※地理院地図(電子国土Web)に加筆。

どうしようもないので、国道418号を引き返し、何とか道の駅がある国道151号方面へと出るために、国道418号の迂回路の峠から分岐する別の山道へと入り込んでみます。

この道がなかなか狭く、かつ、ひび割れの酷い極悪路面(舗装されているだけましでしたが。)の急坂。ギアは1速か2速、油温・水温の警告音が「ピーッ!ピーッ!」と鳴り響くので、エアコンを切っての走行。

登り詰めるとまた別の山道に合流。やがて今まで登ってきた谷とは別の谷へと下っていったので、「これで国道151号方面への迂回路に出られるかな。」と進んでいったら、またも通行止め…。

通行止めの場所の直前に一軒家があったので、その家のために道を通行できるようにしてあったみたいです。

国道迂回路の峠からここの通行止め地点までのルートを紫色の線で示しています。


※地理院地図(電子国土Web)に加筆。

こうして地形図で見返してみると、国道151号方面ではなく、国道418号へと舞い戻っているルートでした。仮にこの地点が通行止めになっていなくても、元の場所に戻るだけだったわけです。

この時点ではそれを知る由もなく、一軒家へと至る道との交差点でUターンして、ちょっと休憩。



佐久間ダムからここまで私が運転していましたが、ここで弟と交代です。

今度は坂を下ってきたこの道を行けるだけ登っていくことにします。

国道418号迂回路の峠からの山道との合流地点も通り過ぎて、尾根を越えたところでやや広い林道に出ました。

地形図右側のオレンジ色の線上の矢印の地点です。


※地理院地図(電子国土Web)に加筆。

小さな行先案内板が立っていて、国道151号は左折とあったので、その通りに左折して林道を進んでいきます。

木立ちのすき間から遠望が利く細尾根の上を縫いながら進んでいくと、二股の分岐点が現れました。

地形図中、オレンジ色の線上の2つ目の矢印の地点です。


※地理院地図(電子国土Web)に加筆。

引き続き尾根を通る新し目のやや広い林道と、谷へと下っていくであろう狭い山道が分岐しています。

こちらとしては、このまま尾根を走り続けるのではなく、国道へと向かうために谷へと降りていきたいので、右側の狭い山道へと進入します。

この道もなかなか曲者な道でした。地形図を見ての通りで、実際には谷へと下るのではなく、おおよそ等高線に平行していく道でしたが、その道幅は軽四よりやや広い程度。ガードレールはほぼなし。谷側は木々があるとはいえ、崖みたいな急斜面。地形に忠実過ぎて細かいコーナーが無数にある。助手席に座っていて、「対向車が来たらどうすんだ?」という心持ちでした…。







幸い、対向車と遭遇することはなく、無事に国道151号へと合流することができました。



合流地点は、オレンジ色の線上の3つ目の矢印です。



ちなみに地形図の2つ目の矢印と3つ目の矢印の間の山道は、私がたまたま戦前の地形図で探索のために目星を付けていた道であったことがわかりました。

現在の地形図にも軽車道(幅1.5m以上3m未満の道路)である黒線で表示されているので、もしかしたら現役の道かもしれないと思ってはいました。ベースが戦前以前の道なので、拡幅したとはいえ自動車にとっては狭いし、線形も悪かったのでしょう。

戦前の地形図はこちら。赤枠で囲ってある破線道がその道です。


※5万分の1地形図「満島」明治41年測図・昭和8年要部修正測図。発行年記載なし。

想定外の通行止めのラッシュで、すんなりと行くことができたはずの佐久間ダムから道の駅信州新野千石平までの道程が酷いものになりました…。

まあ、この酷い状況を二人して楽しんでいたところも当然あるわけですけどね(笑)。

道の駅に着いたら、弟はさっそくいつもの「焼き山栗」を大量購入。

その後、昼御飯を食べて車に戻る頃、いままでの快晴が嘘のように黒い雲に覆われてきました。



涼しい風が吹いてきたので、夕立でも来るのかと思っていましたが、帰りの道中では小雨に遭った程度でした。
2020年08月29日 イイね!

さようならGDB、ようこそGVB

2020年8月29日土曜日、ついにGDBインプレッサとのお別れの日となりました。

この駐車場に停まっている姿も最後となるので、写真を撮りました。



16年間握っていたステアリングは下回りがささくれ、バケットシートも太ももが当たる部分はボロボロです。



この車内の風景も見納めです。



最後の日とは言っても、その最後まで用事のために乗りました。

この写真を撮ったあと、まずは月例の通院のため、新安城駅付近の病院へ。診察が終わったら郵便局と本屋へ立ち寄り。

最後は母親の買い物に付き合って、ドラッグストアとスーパーへ。4ドアセダンなので、こういう買い物時にも役立ちます。

そして14時40分頃、S自動車さんへ持ち込み、担当さんへ車の鍵2本を手渡して引き渡し完了。走行距離280,636kmの付き合いでした。



28万kmも走りましたが、日本全国津々浦々巡ったわけでもなく、北は青森県まで行きましたが、西はどこまで行っただろうか?鳥取県と岡山県が一番西端になりますかね。なので、この車は本州以外へ行ったことがないわけです。

それでどうやって28万kmも走ったのか、自分でもよくわかりません(笑)。

そして、GDBと引き換えにGVBを受け取り、そのまま寄り道することなく帰宅。

「宇都宮」ナンバーから「三河」ナンバーになりました。車は8月16日にはこちらへと来ていましたが、この駐車場に停めるのは今日が初めてになります。



ちょうど駐車場の大家さんの姿がみえたので、今日から新しい車を停めることを報告。それから車にカバーシートをかぶせて、本日の予定は終わりました。

これでGVBインプレッサは名義上も私の所有車となりましたが、まだ手続きが残っています。自賠責保険の名義変更と任意保険の適用車両をGDBからGVBへ変更する手続きです。

これらの手続きにまだ1~2週間は時間を掛けてしまいそうな感じ。最低限、任意保険の付け替え手続きが完了するまでは万一の事があると怖いので、GVBに乗るのはもうしばらく控えたいと思います。

ということで、廃道歩きもお休みですね…。
Posted at 2020/08/29 21:20:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2020年08月26日 イイね!

ようやく今年初のTGRラリー参戦になるかも

本日、エントラント向けインフォメーションで、「9月27日日曜日開催予定のTGRラリーチャレンジin須坂峰の原戦の申込み受付を8月29日土曜日から開始する。」とありました。

ようやく参戦を予定しているTGRラリーで申込み受付が始まりそうです。

須坂峰の原戦は未経験なので、どんな感じのコースなんでしょうかね。移動区間を含めた総距離が100km、SSは6本12kmで、路面設定はグラベル2対ターマック8だそうです。

レキ受付は日曜日6時に菅平高原に集合。しかし、サービスパークは長野オリンピック記念アリーナ「エムウェーブ」。20km以上離れているんですが(笑)、たまにあるパターンではありますね。

ラリーが終わってからのんびり帰れるように翌月曜日は有休を入れておいたのて、その分、本番に集中したいですね。

ただ、11か月ぶりのラリーになりますからね。ドライバーやすい氏は、「車は速くなっているから、ノートの練習しっかりしておいてよ。」とプレッシャーをかけてくれますが(笑)、まずは無事完走で行きたいと思います。

とにかく、参加受理されないと始まらないんですけどね。
Posted at 2020/08/26 21:01:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | TGRラリーチャレンジ | 日記
2020年08月23日 イイね!

車の入れ替えに向けての準備をしました

今日は夕方まではお出かけもせず家でゴロゴロ。扇風機だけつけて、畳の上で寝転がっていました。

日が陰り始めた16時頃からようやく動き始めます。受け取ってきたGVBインプレッサの名義変更とナンバー付け替えを8月25日にするため、車に積んだままのスタッドレスタイヤと純正シートを降ろしておかないといけません。

まずは手始めに、小屋の中に置いてあるGDBインプレッサの純正シートとアンダーカバーをクッションシートで包んでいきます。風の通らない小屋の中だったので、滝のように汗をかきながらの作業です(笑)。

オイルが浸みこんでいるアンダーカバーは、引き渡し当日まで小屋に置いておくことにして、次に純正シートをGDBインプレッサの後席へ積み込みます。

純正シート重たい…。しかも、後席ドアの間口がシートを突っ込むには微妙に小さいので、変な姿勢でシートを支えたまま、少しづつ角度を変えて押し込んでいきます。ここでまた大量に汗が…。

スポーツドリンクをがぶ飲みしたところで、次は自転車に乗って片道900mほど離れた場所にある弟の駐車場へ向かいます。

車にかぶせていた継ぎ接ぎのカバーシートを剥がして、1週間ぶりにGVBインプレッサとご対面。車に乗って自分の駐車場へと戻ります。

自分の駐車場へ戻ったら、この車に積んである純正シートとスタッドレスタイヤ4本を駐車場へ降ろして、一旦GVBは路駐。



今度は純正シートなどを小屋の中へと片付けますが、ここでも一番難儀したのが純正シート。何で純正シートはこんなに重いのか…。何とかGDBの純正シートを置いていた場所へと放り込み、その勢いでスタッドレスタイヤも小屋の中へと運び込みます。

ようやくここで一息。

休憩が終わったら、GDBの車内やトランクに積んである物をGVBへと積み替えます。廃道歩きで愛用している長靴ももちろん積み替えました(笑)。

最後にGVBに乗ってもう一度弟の駐車場へ戻ります。

アマゾンで購入した新品のカバーシートを車に掛けます。リアウイングが付いているので、サイズに余裕があるものを買ったつもりでしたが、セダン用だとやっぱりお尻が隠し切れません…。あっちこっちと引っ張って調整してみましたが諦めました…。

ここで時刻は19時。まあ何とか真っ暗になる前に作業が終わって良かったです。また自転車に乗って帰宅しました。

これであとは、私の有給休暇日である8月25日を待つのみ。当日に車庫証明や譲渡に関する申請書類を引き渡して、S自動車さんに名義変更などの手続きをしてもらえば、今回のGVBインプレッサの譲渡に関する一連の作業は完了です。

あとはS自動車さんがGDBインプレッサをどういう扱いで引き取ってくれるのか。そこだけですね。
Posted at 2020/08/23 22:09:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2020年08月23日 イイね!

何で廃道・廃線歩きをしているんだろう

昨日は山の中を歩き回り、今日は家でゴロゴロする。

特に、ここ数ヶ月は休日のたびに廃道・古道歩きをしている。

そもそも廃道や廃線を歩くようになったのは、「山さ行がねか」を知ったことがきっかけだった。

「山さ行がねか」に行き当たったのは、インターネットで廃線歩きとか街道歩きのことを探していたからだ。

探していたのは、ドライブ以外に土日で何かすることが無いと腐ってしまうと思ったからだ。

探し始めた時期は、職場で労務担当から外れた頃。

外れる1年前くらいに社内の組織が大々的に改編されることに伴い、改編後の担当職種の希望を出すことができた。

労働組合対応や職場全体の調整役を担う準管理職的な立場の労務担当に疲れていた自分にとっては、そこから逃げ出すチャンスだった。

幸いにして希望は通り、一般役職者へと戻れた。

ここでふと思ったのが、これから土日をどう過ごすかだった。

労務担当の時は、平日は朝7時半出勤で終了は21時半から22時頃。土曜日はほぼ毎週職場に詰めていた。日・祝日も月の半分くらいは職場にいた。ひどい時は労働組合の役員に退社時刻までチェックされていた(「何で遅番より早く帰るんだ!」とね(笑)。)。

そんな縛りが無くなっても、「家でゴロゴロしてばかり」ではだめだなと、思い立ったわけです。

そして、廃道や廃線歩きは自分にとって「馬が合った」。地理が好きで、歴史が好きで、旧道や街道を探すのが好きで、鉄道が好きで、山を歩くのも山好きの母や友人に付き合っていたから嫌いではなかったから。現地までドライブもできるしね。

基本型は、この趣味でメジャーな場所を訪ねて歩くパターンだけども、新型コロナで遠出が憚られるここ数ヶ月は、ほぼ愛知県内での古道発掘に勤しんでいる。

ちょっと強迫観念的に「次の休みに行くネタを探さないと…。」という感じになっているところも正直あるけれど、小ネタでも興味が湧いた場所を見つけたら、できる限り速攻で確かめないと気が済まない質なので、無理をしているわけではないのです。

あと何年続けられるのかわかりませんが、気が済むまでマイペースでやっていきますよ。
Posted at 2020/08/23 10:44:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記 | 日記

プロフィール

「和歌山県紀の川市 旧池田隧道へ行ってきました http://cvw.jp/b/1796277/45528286/
何シテル?   10/09 23:23
小林あにと申します。よろしくお願いします。 休日はドライブしたり、たまに廃線・廃道を歩いてみたり、ごくたまにミニサイズのラリーに出場してみたり、やる気がな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
23456 78
9 10111213 1415
16 1718192021 22
232425 262728 29
3031     

ブログカテゴリー

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
所有4台目(4代目)となるインプレッサ。 ガチガチのマニアというわけではないですが、4 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成16年夏に購入。 自身3台目のインプレッサとなります。 購入理由は、2台目インプレ ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成9年夏購入。 インプレッサ2台目。 行きつけの車屋さんへタイヤ交換の依頼をしに行っ ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年夏購入。 インプレッサ1台目。 購入動機は、WRCのビデオを見たのが一番。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.