• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

小林あにのブログ一覧

2020年11月22日 イイね!

設楽町田峯字竹桑田と新城市連合字方瀬を結ぶ古道を歩く

2020年11月21日土曜日、北設楽郡設楽町田峯字竹桑田と新城市連合字方瀬を結ぶ古道を歩いてきました。

と言いつつ、そもそもここへとやって来たのは、森林鉄道段戸山線(通称:設楽森林鉄道)の田峯鰻沢線の写真を取り直すためです。

愛知県道389号稲目トンネルの設楽町側坑口付近にある駐車帯へ車を停めて、最初にやって来たのは、字竹桑田に残る田峯鰻沢線の廃トンネル。本森林鉄道唯一のトンネルです。







トンネルの写真を撮ったら一旦車へと戻ります。

ここで、予定では近くの国道257号新段嶺トンネルを抜けて、寒狭川沿いの田峯鰻沢線の廃線跡へと移動するつもりでしたが、この場所から沢沿いに表題の古道があることを思い出しました。

戦前の地形図ですが、図中の赤線がその古道になります。


※5万分の1地形図「本郷」。明治41年(1908年)測図・昭和5年(1930年)鉄道補入。昭和7年(1932年)発行。

「まだ13時前だし、ちょっと歩いてみるか。」ということで入り込んでみます。



沢沿いの道らしく、転がっている石に苔の多いこと。間伐されたものだと思われる倒木も多く、通行困難というほどではないですが、通り抜けるのに手間取りました。











古道は途中で林道へ合流。林道建設時に吸収されてしまったようです。





道中、石仏なども見当たらず、「峠があるわけでもないし、こんなもんかな。」という感想。往復1時間20分ほどで車まで戻ってきました。



最後は、田峯字南山にあるバス停「ヤナ場」付近の路肩に車を駐車。ここから沢沿いに田峯鰻沢線の廃線跡まで登っていきます。

廃線跡まで登るのに使った道は、元々はこの山の上にある田峯城跡への遊歩道でしたが、現在は荒れるに任せた状態のようです。



廃線跡まで登ったら、一旦、旧田峯駅方面へと戻れるだけ戻り、そこから終点方面へと歩いていきます。



この辺りはすでに2018年4月に踏破しているので、今回は写真を撮りながらもサクサクと歩いていきます。

















レールその他、見逃しているものがないかチェックしながら歩きましたが、これというものは見当たりませんでした。



田峯鰻沢線は、国道420号に並行して当貝津川の谷を登っていきますが、道路の法面工事や拡幅工事が各所で行われていて、場所によっては廃線跡が削られている箇所もあります。



無傷で残っている石積みの高い築堤。





一方、こちらは破壊された築堤。



設楽町田峯字東貝津で廃線跡は一旦道路へと吸収されます。今回はここで廃線跡を歩くのを終了します。



帰りは川沿いの国道を歩いて戻りました。



この日は合計4時間で約9kmを歩行。なかなか疲れました。


※地理院地図(電子国土Web)に加筆。
Posted at 2020/11/22 23:54:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・廃道・廃線跡 | 日記
2019年06月23日 イイね!

東海道本線旧牧之原隧道と宇津谷隧道

今日は、弟が安倍川もちを食べに行きたいということで静岡市までドライブしてきました。

自宅から袋井市までは、国道1号や旧国道1号・旧東海道を辿りながら移動。思っていたよりも時間がかかってしまったので、袋井ICから東名高速に乗ります。

弟が、藤枝市と静岡市の境にある「宇津谷隧道に立ち寄りたい。」とのことで、一旦、相良牧ノ原ICで下りて、ふたたび国道1号で向かうことにします。

ここで、「このルートだとJR東海道本線金谷駅の前を通るな。」と思い、金谷駅のロータリーで車を停めさせて私だけ下車。駅横の有料駐車場の中を歩いていきます。

やって来たのは、東海道本線旧牧之原隧道。金谷駅構内の名古屋方にあります。



トンネル延長は、「鉄道線路各種建造物明細録第一編」によると3272尺8寸。メートル換算すると991.75mということになります。明治22年(1889年)の東海道本線全通当時、同線最長を誇るトンネルでした。



しかし、この時代で路線最長トンネルならば、シンボル的存在としてそこそこ意匠を施して、大臣クラスのお偉いさんに起毫してもらった篇額を掲げていてもおかしくないものですが、いたって標準的な仕様の坑門で篇額も無しなんですよね。

ご覧の通り、現在は役目を終えて廃トンネルとなっており、内部は土砂や粗大ごみで埋め立てられています。駅や人家に近い場所なので封鎖は安全管理上やむを得ないものですが、現存する東海道本線開通当時の遺構として、坑門付近だけでもきちんと整備して見学できるようにしてくれると嬉しいですけどね。













さて、この牧ノ原トンネル、3本の単線トンネルが並列する状態です。



なぜこうなったかというと、最初に一番右側のトンネルが明治22年(1889年)に開通。次に東海道本線の複線化により真ん中にあるトンネルが明治36年(1903年)に開通。最後に一番左側のトンネルが昭和50年(1975年)に開通。一番新しいトンネルの開通に合わせて、真ん中のトンネルの改修工事を実施。昭和52年(1977年)に真ん中のトンネルの改修工事が完了したことにより、一番右側のトンネルを廃止したという流れになっています。

さて、次にやってきたのは宇津谷隧道。東海道宇津ノ谷峠の改良のため明治9年(1876年)に開通しましたが、その後火災で崩落。明治37年(1904年)に復旧して現在のかたちになったそうです。







昨年10月に一人で訪れたばかりなので、そのほか特に記すような変化はありませんでした。























この後は登呂遺跡の横の「やまだいち」を訪れて昼食。夕方までには自分の車を車検のために車屋さんへ引き渡さなければいけないので、早々と高速道路で帰宅しました。
Posted at 2019/06/23 21:53:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・廃道・廃線跡 | 日記
2019年06月17日 イイね!

旧北陸本線山中隧道と旧金ヶ崎隧道

2019年6月16日日曜日、あいにくの天気の中でしたが、ちょっとドライブしたいなと福井県敦賀市まで出かけてきました。

最初に来たのは、旧北陸本線山中隧道。何度も何度も来ているので今さらな場所ではありますが、私としては距離的にも暇つぶしにも丁度いい所です。





まずはスイッチバックの引込線トンネルへ。



このトンネルは引込線なので行き止まり。空気の流れがないため靄が立ち込めていてフラッシュが使えず、まともに撮れたのはSLの煤煙抜きの排気口だけ。



ここはこれくらいにして、隣のトンネルへと移動します。



あらためて今庄側の坑門です。





トンネル内に入ってみるとこちらも霞んでおります。風は吹き抜けているんですけどね。



フラッシュを焚くと靄の水滴で真っ白になってしまうので、そのままの状態で撮ってみます。実際のトンネル内の雰囲気に近いですね。





晴天の時でも漏水の多いトンネルですが、この日は雨天だったのでより多く水が噴き出しています。





ある程度奥まで入ったら靄も晴れてきたので、フラッシュを焚いて撮影開始。





電線か通信線の支持具でしょうか。



粉吹き煉瓦。



雨のように漏水が降り注ぎます。





天井一面の白華現象。



経年によるものか、煉瓦積みの表面はけっこう凸凹してます。



列のゆがみも見て取れます。



側溝から水があふれて路上一面に流れている所もあります。



本来の煉瓦アーチと補修された煉瓦アーチ。補修した部分に煉瓦は使用されておらず、何らかの補修材で塗り固めて線刻をしたもの。幅がバラバラなので、もう少し丁寧にやってもらえるといいかなと。登録有形文化財ですし(笑)。





敦賀側の坑口まで出てきました。





こちらは山中隧道の先にある伊良谷隧道。カーブしたトンネルなので信号が付いています。



次の目的地へ向かうため山中隧道を戻っていきます。



30分ほど車を走らせてやって来たのは旧金ヶ崎隧道。



この季節、トンネルの周りは鬱蒼としています。



トンネル内からは大量の水が流れ出していますが、気にせず入っていきます。





退避坑なのでしょうか?このトンネルには3か所設置されていますが、これが一番きれいな状態を保っています。



このトンネルを歩いたことがある人ならば必ず目にする廃車両。このサイズの車ならトンネル内でもすれ違えそうですが、今の車のサイズでは厳しいでしょうね。



反対側の坑口からこんこんと水が流れ込んできます。



坑口の外も鬱蒼としています。



すぐそばまで薮が迫っているので、反対側の全景は撮れません。何とか扁額を納めます。扁額には「金﨑隧道」とあります。



経年劣化で坑門部分が剥離してきています。遠からず坑門部分が倒壊することになるかもしれません。



さて、引き返すことにします。





実は、入ってきた側の坑口では水がせき止められて水浸しでした。長靴を履いているのでお構いなしでしたが(笑)。



最後にこちら側の扁額。「吉祥洞」と刻まれています。



土砂降りになったり、日が照ったりと不安定な天気でしたが、ちょっとした気分転換にはなりました。
Posted at 2019/06/17 23:27:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・廃道・廃線跡 | 日記
2018年08月04日 イイね!

しらびそ高原へ行ってきました

今日は母を連れて、長野県のしらびそ高原へとドライブしてきました。

行きは、新東名岡崎東IC-浜松いなさJCT-三遠南信道鳳来峡IC-国道151号-国道418号という大回りルートで向かいます。

ところが、飯田市上村まできたところで、しらびそ高原へと登っていくルートが通行止めになっていることが判明。

幸い、迂回ルートが表示されていたので、そちらへと進みます。

予定にはなかったのですが、迂回ルート上にある下栗の里に立ち寄ります。「日本のチロル」と呼ばれる急傾斜地にある集落ですね。





ここで、しらびそ高原までは行けることが確定したので、先へと進みます。



途中、何度か急な登り坂での行き違いにあえぎながらも、無事にしらびそ高原に到着しました。



最初に、展示されている遠山森林鉄道で使われていた車両をちょいと見物。







次に高台に登り、今回の目的である南アルプスの山々を眺めます。











最近は晴天が続いていたので良好な眺めを期待していましたが、予想に反して雲が多く、今回もすっきりしない結果となりました。

母のほうは、それでも好きな山々を眺めることができたから満足したとのことだったので、まあ良しということで、帰路へと就きます。

帰りの道すがらにも何か所か寄り道しました。

遠山森林鉄道梨元駅の跡地。













旧木沢小学校。

























国道418号の旧道、旧月之島橋。













清水橋(吊り橋)。

















国道418号の旧道、旧清水トンネル。









Posted at 2018/08/05 00:49:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ・廃道・廃線跡 | 日記
2017年07月01日 イイね!

小刀根隧道と賤ヶ嶽隧道

ここ最近、仕事と私事の両方でバタバタがあり、ドライブへと出かける機会や気力がなくなってましたが、ようやく落ち着いてきたので(特に気分的に。)ちょっと遠出をしてきました。

と言っても、行き先は毎度のパターンで廃トンネル。何度も行っている場所なので、お気楽訪問です。

北陸道木之本ICで下りて国道365号を北上。途中でそれて、柳ヶ瀬トンネルをくぐり敦賀市刀根へとやって来ました。

旧北陸本線小刀根トンネル



何回訪れたのか覚えていませんが、もう憩いの場の一つですね(笑)。











ここから国道8号へと出て、県境の峠を越えて次の目的地へ。藤ヶ崎トンネルの先で旧道へと入り、坂を登っていきます。

遠くに竹生島が見えます。



賤ヶ嶽隧道。国道8号賤ヶ岳トンネルの旧道にあたります。



ここに来るのは3、4回目くらいですかね。











気に入った場所は何回でも訪れますね(頻度に差はありますが。)。特に新しい発見があるわけでもないですが、気楽な「定点観測」気分です。

今回は家を出たのが昼前だったので、2か所回って終了。たまには新規開拓もしたいですが、暑くなってくるとサボり気味ですねぇ(笑)。
Posted at 2017/07/02 01:47:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・廃道・廃線跡 | 日記

プロフィール

「矢ノ川峠昭和道の再訪・高尾谷隧道・旧土場隧道 http://cvw.jp/b/1796277/45663309/
何シテル?   11/28 20:12
小林あにと申します。よろしくお願いします。 休日はドライブしたり、たまに廃線・廃道を歩いてみたり、ごくたまにミニサイズのラリーに出場してみたり、やる気がな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
所有4台目(4代目)となるインプレッサ。 ガチガチのマニアというわけではないですが、4 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成16年夏に購入。 自身3台目のインプレッサとなります。 購入理由は、2台目インプレ ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成9年夏購入。 インプレッサ2台目。 行きつけの車屋さんへタイヤ交換の依頼をしに行っ ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年夏購入。 インプレッサ1台目。 購入動機は、WRCのビデオを見たのが一番。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.