• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2022年01月25日 イイね!

Globe 真空管ラジオ MODEL Model 406

Globe 真空管ラジオ MODEL Model 406ども、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
ヽ(゚∀゚)ノ いってみよー!

ということで、米国グローブ(Globe)ブランドの真空管ラジオから「Model406」であります。

発売は1960年頃、製造は米国、ラジオの大きさは、幅220mm×高130mm×奥95mmと、かなり小型で可愛いサイズの真空管ラジオとなります。( ̄ー ̄)σ

筐体はベークライト製、最新の射出成型技術で製造された複雑な造形は、所謂(いわゆる)「MID CENTURY DESIGN」と云われる当時の流行のモデルとなります。( ̄◇ ̄)♪





チューニングダイヤルとボリュームスイッチだけのシンプルな筐体は、まるで小型のストーブwのやうでして、とてもユニークなデザインでありますよねー

使用真空管は(12AU6-12AT6-50C5-35W4)の4球だけですが、こんなのでも意外と高感度で、ちゃんと受信してしまうのは驚きでありますよねー( ̄ー ̄)σ





と云うことで、今回も米国eBayで超格安で入手、出品者サン曰く「以前は聴こえたけど今は電源も入らない(直訳w)」と云うジャンク品でありました。ヾ( ̄  ̄ )

電源が入らないと云うことでしたが、スイッチが壊れているだけでして、新品のスイッチに交換してやるだけで、とても大きな音で受信を初めてくれました。( ̄ー ̄)σ





後は、硬くなった電源ケーブルとペーパーコンデンサーを数個交換、自動車用のヒューズボックスを流用して1Aのヒューズも追加してやりました。

最後に動画もアップ、変なカタチの変態ラジオwでありますけど、そこは小型ラジオの宿命でしょうか、どーしてもビビリ音が出てしまいますよねーw( ̄◇ ̄)♪





ささ、ということで、1月も月末週間でありますけどw

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2022/01/25 20:44:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 音楽/映画/テレビ
2022年01月19日 イイね!

米クラウスレイ 復刻版レトロラジオ MODEL CR-4

米クラウスレイ 復刻版レトロラジオ MODEL CR-4 ども、、

えー、本日も、古(いにしえ)のテーブルラジヲと行ってみましょー
ヽ(`・Д・´)ノいってみよー!

ということで、米クラウスレイの復刻版レトロラジオから 「MODEL CR-4」であります。

発売は1993年(平成5年)、5000台限定で復刻された「AM・FM」のツーバンドラジオで、なんとカセットプレーヤーまで装備された最新のICラジオでありました。

オリジナルの真空管ラジオは、1941年(昭和16年)に米国エアライン社(Airline)から発売された「MODEL 14BRA」あたりでして、とても良い感じの小型ラジオでありました。





チューニングダイヤルとボリュームだけのシンプルな筐体は、まるで小型ヒーターwのようでありまして、とてもユニークなデザインでありますよねー

ということで、今回のラジオも、約30年前、復刻版が発売された折、下北の輸入雑貨店で発見して狂喜乱舞状態でw速攻で購入したモデルであります。(`・ω・´)キリッ





ネットの普及した現在では、米国eBayなどを利用して比較的簡単にこの手の米国製ラジオも入手できますが、約30年前は、国内のショップ等で購入するしか手がありませんでした。( ̄^ ̄)b

まだまだ情報量も少なくて、どんな素性のラジオかも知らないで購入したものですけど、こんな復刻版のレプリカモデルでも、今では、けっこうな入手難となってしまいますた。( ̄▽ ̄)b





ま、そうは云っても、オリジナルに忠実に再現されたキャビネットはとても良い感じでして、フロントの記念プレートが付いてないと、ほとんど区別がつかないですよねーヾ( ̄  ̄ )

サイズは 255mm × 178mm × 152mm、カセットテープのドライブは左側面に装備されておりますが、放送の録音機能などは付いておりませんので、完全なテープ再生機となっております。





あと、本来は「AIRLINE」と入ったプレートは「CROSLEY」に変更されておりまして、コレはこれで、なかなかの雰囲気でありますよねー。( ̄◇ ̄)♪

ささ、ということで、なんか大変なことになっておりますけど

ま、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、


※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2022/01/19 23:19:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 音楽/映画/テレビ
2022年01月18日 イイね!

OXFORDブロック クレヨンしんちゃん ふたば幼稚園送迎バス

OXFORDブロック クレヨンしんちゃん ふたば幼稚園送迎バス ども、

えー、、本日も、嵐を呼ぶ永遠の5歳児wで有名な「クレヨンしんちゃん」と行ってみましょー
(⌒∇⌒)ノ、おー♪

と云うことで、「ふたば幼稚園送迎バス」の登場であります。

前回、バンダイ製ふたば幼稚園送迎バスの完成モデルをアップ致しましたが、今回は、自分で組み立てるブロックセットであります。

ブランドはオックスフォード(OXFORD)、製造国は韓国、映画やアニメなどなどの様々な名シーンで登場する、あの、超有名な幼稚園バスの立体化となりますた。





全長は15センチほど、劇中どおりに再現されたピンクのボディカラーも良い感じで、ルーフ上にそそり立つw猫ミミも可愛く、フロントグリルの猫顔や、リアの尻尾などなど、もう最高でありますよねー

後ろから押してやるとコロ走行も可能で、その他アクションとしてフロントの乗降ドアが開閉、車内にずらーっと並んだ園児用の座席もしっかりと再現されております。(⌒∇⌒)ノ





付属のフィギアは、しんちゃん・ヒマワリ・シロの3体だけで少々寂しい気もしますけど、その他は別に買ってくれwってことらしいので、ま、致し方ないと云ったところでしょうか、

いずれにしても、日本一メジャーな幼稚園バスにも拘わらず、このサイズの立体化はあまり存在しないので、そういった意味でも大変貴重なアイテムとなっております。( ̄o ̄ )ノ





ちなみに、オックスフォードブロックは、レゴブロックからの無断コピー品と思われ、本家本元のレゴブロックと組合わせても、まったく問題なく使えてしまいますw

レゴブロックに無断でwこんなもんを堂々と売り出してしまうなんて、どんな神経してるんだろうwと思ってしまいますけど、そこは、さすがのパクリ大国と云ったところでありますよねー( ̄^ ̄)b





ささ、そんなわけで、忙しい1月となっておりますが、

ま、ぼちぼち頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真はすべてクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪

Posted at 2022/01/18 22:57:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他のモデル | 音楽/映画/テレビ
2022年01月16日 イイね!

ダイアネット(大島無線)真空管ラジオ  Model K-5R

ダイアネット(大島無線)真空管ラジオ  Model K-5Rども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノいってみよー!

ということで、ダイアネット(大島無線) の真空管ラジオから「Model K-5R」であります。

昭和30年代、国内で輸出用やキット形式のラジオを生産する中小メーカは100社以上もあり、ほとんどが製造メーカー名の記載もなく、表示が義務付られたのは、昭和40年1月になってからでした。

そんなわけで今回のラジオも、日本製で「ダイアネット(大島無線)」と云うブランド名が判っているだけで、発売年や当時の定価などなど、詳細等は一切不明となっております。

以前、共通のシャーシとプラ製筐体が使われて、フロントの意匠をちょっとだけ変えた、檜山電機製のラジオをアップしておりますが、ひょっとしたら、何か関係があるのかもしれませんねー





プラスチック製のキャビネットは、 (゚□゚) って感じの面構えが愛嬌タップリでして、低燃費少女ハイジに出てくるオンジwみたいなお顔がキャラ立ちまくりであります。w(⌒∇⌒)ノ

サイズは幅190mm×奥行120mm×高さ160mm、MW/SWのツーバンドラジオで、ツマミは左側が電源兼音量調整、右側がチューナー、バンドの切替は背面のスライドスイッチで行います。

使用真空管はmT管(12BE6-12BA6-12AV6-35C5-35W4)、無名の4インチ・パーマネント・ダイナミックスピーカーを駆動させ、とても良い音でなっております。( ̄ー ̄)σ





今回もジャンク品から当方でレストア、とりあえず受信しておりますが、キャビネットはヤニと埃で真っ黒で、ガラス製のダイヤル表示板が割れていると云うボロボロのラジオでありますた。

と云うことで、早々に到着したラジオのレストアの開始となりましたが、キャビネット本体には大きな損傷もなく、クリーニングだけでなんとかなりそうな感じであります。( ̄◇ ̄)♪

埃まみれの筐体は換気扇クリーナー攻撃を実施、ピカールで磨きだしてパフがけを行って、定番の鏡面処理を実施、ピカピカに仕上げてやりました。(⌒∇⌒)σ





割れてしまったガラス製のダイヤル表示板は、さすがに修復不可能でして、ジャンクボックスから発掘した、他のラジオのプラ製のダイヤル表示板をそれらしく加工して取付てみますた。

続いてシャーシですが、以前に誰かか修理したラジオらしく、シャーシ内部のコンデンサーや抵抗、それに配線などがすべて新品に交換されておりました。w( ̄◇ ̄)

そんなわけで、電源ボリュームを取り外して分解・クリーニングした程度で、とても良い音で鳴り初めてくれまして、修理する楽しみが減って、なんだか損した気分でありますw





最後に動画もアップしましたが、ほとんど自作ラジオに毛が生えた程度wのラジオなのに、意外と良い音で鳴っているのは、驚きでありますよねー( ̄ー ̄)σ、

ということで、この土日も絶賛引きこもり中ですけどw

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、ヾ(。・ω・。)ノ マタネー♪


※写真はクリックで拡大します。( ̄▽ ̄)b

Posted at 2022/01/16 09:51:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 音楽/映画/テレビ
2022年01月12日 イイね!

1/21スケール、フィアット 126

1/21スケール、フィアット 126ども、、

えー、、本日も、手持ちのモデルカーから、「フィアット 126」と行ってみましょー、
((o( ̄◇ ̄")o))、、いってみよー♪

さて、フィアット 126は、1972年に登場した小型自動車でありました。

愛称は「バンビーノ」、イタリア語で男の子と云う意味でして、スタイリングは、ギアからフィアット・デザインセンターに移籍したばかりの「セルジオ・サルトレリ」でありました。

フィアット500の後継車として登場、エンジン・ドライブトレイン、フロントサスなど、基本的なメカニズムも全て世襲され、ボディデザインが変わった程度でありました。ヽ(  ̄◇ ̄)ノ





とは云え、荷物用に前倒式となった後シート背もたれや、フロントから後席下に移動した燃料タンク、リアサスペンションの変更など、使い勝手と安全性の向上は図られておりました。(`・ω・´)キリッ

また、角形ヘッドランプの採用など直線的なスタイルへと大きく変更され、本国イタリアでは1980年まで製造され、ポーランドでは2000年7月まで製造されておりました。





ということで、写真はその「フィアット 126」で、メーカーは Welly、スケールは1/21サイズ、1/24サイズではないのが残念ですが、ダイカスト製の完成ミニカーとなります。

いやいや素晴らしいですねー、忠実に再現されたフロントやリア周りの造形や、鉄チンホイールやダッシュボードや内装なども完全再現、実車の特徴をよく捕らえております。ヾ( ̄  ̄ )♪





また、嬉しいギミックとして左右ドアリアエンジンフードも開閉、さらに空冷直列2気筒OHVエンジンもそれらしく再現され、雰囲気を盛り上げております。( ̄▽ ̄)b

そしてフロントステアも可能となっておりますけど、こじんまりとしたボディラインを破綻なく再現しているのは、さすがでありますよねー(`・ω・´)

ささ、と云うわけで、早くも週半ばでありますけどw

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー、、

でわでわ、




※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2022/01/12 22:11:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旧車ミニカー1/24 | クルマ

プロフィール

「Globe 真空管ラジオ MODEL Model 406 http://cvw.jp/b/240223/45822668/
何シテル?   01/25 20:44
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

      1
234 5678
910 11 12131415
1617 18 19202122
2324 2526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ラジオの動画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/28 10:24:48
 
ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ルーミー トヨタ ルーミー
ヨメのくるまです、、カスタムGTです。 フル装備にしてみますたw
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.