• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2019年09月02日 イイね!

ダイヤペット、1/40、日産プレジデント 150型

ダイヤペット、1/40、日産プレジデント 150型ども、、

えー、、本日も手持ちのミニカーから「日産プレジデント 150型 」と行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノ、、おー♪

さて、初代の150型プレジデント1965年10月に登場いたしました。

50型セドリックスペシャルの後継車として登場、当時の国産乗用車の中では、ボディサイズ、エンジン共にクラウンエイトを凌ぐ、最大級の大きさでありました。

同時期の米国大型乗用車を彷彿とさせる、水平基調の堂々としたスタイリングは迫力満点でして、無暗やたらと豪華そうな処なんて、もう最高でありますよねー

元々は、二代目130型セドリック用に、日産の社内デザイナーが手掛けたものだったのですが、130型が、ピニンファリーナデザインに差替えられたため、プレジデントに転用ものでありました。





搭載エンジンは、Y40型V型8気筒OHV3988ccでして、グレードは下からタイプA・B・C・Dとなり、最高級のタイプDの価格は300万円という、当時の2000ccクラウン三台分の高級車でありました。

佐藤栄作首相の公用車としても納入され注目となりましたが、ライバルのトヨタ・センチュリーの登場は2年後だったこともあり、販売台数はセンチュリーの2倍以上となりました。

その後、1973年8月には250型にマイナーチェンジ、そのまま1990年のフルモデルチェンジまで、実に25年間も生産され続け、デポニア、センチュリーに続く長寿車となりましたよねーヾ( ̄  ̄ )





ということで、写真のモデルはダイヤペットからの1台で、メーカーは米澤玩具、発売は1966年で品番はD-150、スケールは1/40サイズとなります。

内装やエンジンパーツ、それにグリルやバンパーがプラ製ですが、ボディやシャーシがダイカスト製で、ずっしりとした重量感は、それだけで嬉しくなってしまいますよねー( ̄▽ ̄)b

アクションとして、ボンネットとトランクと、そして、前後4枚のドアも開閉可能ですが、ボディラインも破綻無くまとまっており、とっても良い感じあります。





プロポーションも良好でして、ボクシーでフォーマルなボディラインを見事に再現しており、端正なスリーボックスセダンの魅力を再認識させられますねーヾ( ̄  ̄ )♪

ちなみに、今回のモデルはバンパーやグリルがプラ製の2ndモデルとなりまして、1STモデルでは、ボディに直接モールドされ、メッキ下地処理仕上げとなっております。ヽ(  ̄◇ ̄)ノ

いずれにしても、日本の伝統美を活かしたブラックのボディもピカピカで、戦後の昭和史を象徴する、とても貴重な存在だと思います。(`・ω・´)キリッ

ささ、ということで、いよいよ九月に突入でありますよねー

ま、ぼちぼちと頑張って行ってみましょー、、

でわでわ



※写真はクリックで拡大します。
Posted at 2019/09/02 21:06:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | 古いミニカー | 趣味
2019年06月25日 イイね!

ダイヤペット 1/40 ホンダ1300クーペ9

ダイヤペット 1/40 ホンダ1300クーペ9 ども、、

えー、、本日も手持ちのミニカーから「ホンダ1300クーペ9」と行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノ、、いってみよー♪

さて、ホンダ1300クーペ9は、1970年3月に登場いたしました。

当時流行のファストバックスタイルの2ドアクーペで、本田技研工業が初めて送り出した、一連の小型乗用車シリーズのスポーツカー版として発売されました。

すでに発売されていた99セダンがベースでしたが、流れるような2ドアクーペは大変美しく、またポンティアックを意識した二分割のフロントグリルは、とても精悍でありましたねー





エンジンは、オールアルミ製 1,298 cc 直4 SOHC 8バルブ クロスフローで、シングルキャブ仕様で100 PS、4連キャブ仕様は115 PSを発揮、当時の2000cc車並みの動力性能でした。(´・ω・`)

ということで、写真のモデルはダイヤペットからの1台で、メーカーは米澤玩具、発売は1971年9月で品番No.216、定価は600円程でスケールは1/40サイズとなります。ヾ( ̄  ̄ ) ♪





内装やエンジンパーツ、それにグリルもプラ製ですが、ボディやシャーシがダイカスト製で、ずっしりとした重量感は、それだけで嬉しくなってしまいますよねー( ̄▽ ̄)b

ダッシュボードやシートなどもそれなりに再現、フロントとリア周りの造形も秀品でして、美しいクーペボディを見事に再現していますねーヽ(*^▽^)ノ





アクションとして左右ドアとボンネットが開閉可能ですが、簡単ながらも、オールアルミ製の直4エンジンも再現され、これだけでも嬉しくなってしまいます。ヾ( ̄  ̄ )ノ ♪

ちなみに、昭和45年頃、アタシの伯父貴がこのクーペ9に乗っておりまして、親父のコロナと比べて、あまりにもタイトでゴツゴツした乗り心地に、えらいビックリしたものですたw

ささ、ということで、なんとなく忙しい月末でありますけどw

ま、ぼちぼち頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真はすべてクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪

Posted at 2019/06/25 19:36:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | 古いミニカー | 趣味
2019年06月21日 イイね!

ダイヤペット 1/40 ファミリアロータリークーペ

ダイヤペット 1/40 ファミリアロータリークーペ ども、、

えー、、本日も手持ちのミニカーから「ファミリアロータリークーペ」と行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノ、、いってみよー♪

さて、2代目のファミリアロータリークーペは、1968年7月(昭和43年)に登場いたしました。

スローガンは「ロータリぜーション」、前年の1967年10月の第14回東京モーターショーで注目を浴びたコンセプトカー「マツタRX85」がベースで、クーペモデルのみのラインナップとなりました。

レシプロエンジンの搭載が予定されていた、ファミリア1200クーペをベースに、10A型ロータリーエンジンを搭載、ハイパワーに対応すべく各部分が強化されておりました。





市販価格は70万円、805㎏の軽い車体に100馬力のエンジンを搭載し、風洞実験を重ねてデザインされたボディは空力も抜群で、最高速度は180kmを誇っておりました。

ということで、写真のモデルはダイヤペットからの1台で、メーカーは米澤玩具、発売は1968年8月品番No.173、定価は580円でスケールは1/40サイズとなります。ヾ( ̄  ̄ ) ♪





新車発表会で配る販促品として使うため、米澤玩具に極秘裏に図面が持ち込まれ金型が製作され、そんなこともあって、新車が発表された翌月には、ミニカーの市販も開始されました。

ボディは嬉しいダイカスト製、室内もそれなりに再現、フロントとリア周りの造形も秀品でして、美しいクーペボディを見事に再現していますねーヽ(*^▽^)ノ





アクションとして左右ドアとトランク、ボンネットが開閉可能ですが、特にボンネットは、実車同様にフロントヒンジ式となっておりまして、これだけでも嬉しくなってしまいます。ヾ( ̄  ̄ )ノ ♪

ただ、経年変化で塗装やダイカストが傷んでおり、無理に開閉させると破損する恐れもありますので、アップ写真では、運転席側のドアのみの開閉でご勘弁くださいましー

ささ、ということで、やっとこさの休みでありますけど

ま、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー、、

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2019/06/21 20:54:58 | コメント(6) | トラックバック(0) | 古いミニカー | 趣味
2019年03月18日 イイね!

ダイヤペット、1/40、130セドリック前期型

ダイヤペット、1/40、130セドリック前期型ども、、

えー、、本日も手持ちのミニカーから、懐かしの「130セドリック前期型」と行ってみましょー
(。≧▽≦。)ノいってみよー!

さて、二代目となる130型セドリックは、1965年に発売されました。

初代セドリックはアメリカンスタイルでしたが、二代目セドリックはピニンファリーナデザインの欧州的なモダンなスタイルとなりました。

当初の搭載エンジンはH20型4気筒とJ20型6気筒(共にOHV2000cc)でしたが、後にL20型が中心となりました、また、パトカー専用モデルは、プレジデントのV型8気筒4000ccが搭載されていました。





ということで、写真のモデルは、極初期のダイヤペットからの1台で、メーカーは米澤玩具、当時の定価は400円、発売は1966年4月で品番No.145、スケールは1/40サイズとなります。ヾ( ̄  ̄ )

材質はアンチモニーで、グリルやバンパーは全て一体で成型され、下地にメッキを施した後で、窓枠やバンパーなどのメッキ部分をマスキングしてボディカラーを吹いて仕上げられております。





美しい光沢のあるボディはとても素晴らしく、アクションとして、ボンネットとトランクが開閉可能ですが、メッキの上に塗装してあるため、取扱いは厳重注意でありました。( ̄▽ ̄)b

直線基調のボディラインが繊細なモールドで再現され、最近の超精密中華製モデルよりも、ずっと味があって好い感じですよねー(`・ω・´)





ちなみに、この130セドリック4Drセダンと云いますと、やっぱり、懐かしの刑事ドラマ「特別機動捜査隊」となりますよねー( ̄ー ̄)σ

特別機動捜査隊は、1961年10月4日から1977年3月30日にわたって放送された刑事ドラマでした。





特に130セドリックのオープニングは印象的で、黒塗りのセドリックが2台連り、赤色灯を回転させて都内を走り廻る姿が、子供心に妙にカッコよく思えたものでした。

夜9時からの放送でしたが、当時の子供にとっては十分に大深夜でして、幼稚園児だったアタシは必死で起きて見ていたものです。ww( ̄^ ̄)b

ささ、と云うことで、今週も始まってしまいますた。

ま、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、





※写真はクリックで拡大しまつ、、




ジッッ『殺人事件発生!立石班、、現場に急行せよ!』
Posted at 2019/03/18 23:11:47 | コメント(4) | トラックバック(0) | 古いミニカー | 趣味
2019年01月17日 イイね!

ダイヤペット、1/46、日産プリンスロイヤル

ダイヤペット、1/46、日産プリンスロイヤルども、、

えー、、本日も手持ちのミニカーから「日産プリンスロイヤル」と行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノ、、おー♪

さて、日産プリンスロイヤルは、1967年から1972年にかけて日産自動車が製造した御料車でありました。

開発・設計は旧プリンス自動車工業で、当時の皇太子明仁親王が、プリンス車を長く愛用していた関係で、プリンス自動車が開発を担当することになったそうです。

開発は1965年からで、当時の日本の技術の粋を集め、メーカーを超えた協力体制をとり、海外メーカーの協力を得ない、純国産技術で完成となりました。( ̄ー ̄)σ

最終的に7台が製造納品され、宮内庁と外務省(日本万国博覧会開催時に2台を納入、内1台は1978年に宮内庁に移管)で管理されております。





また、1980年11月には、1台が寝台車対応のワゴンタイプに改造され、昭和天皇崩御の折には霊柩車としてメディアにも登場、我々日本人には忘れられない一日となりましたよねー(´・ω・`)

しかし、そんな弩級リムジーンも老朽化には勝てず、2006年9月の公務から、トヨタセンチュリーベースの「センチュリーロイヤル」に代替となってしまいました。

ということで、写真のモデルはダイヤペットからの1台で、メーカーは米澤玩具、発売は1975年8月で定価は900円、品番G-26、スケールは1/46サイズとなります。





内装やエンジンパーツ、それにバンパーもプラ製ですが、ボディやシャーシがダイカスト製で、ずっしりとした重量感は、それだけで嬉しくなってしまいますよねー( ̄▽ ̄)b

アクションとして、ボンネットと左右ドア、それにトランクが開閉可能で、テールランプはクリアパーツも奢られており、なかなか気合の入ったモデルとなっております。

プロポーションも良好でして、ボクシーでフォーマルなボディラインを見事に再現しており、端正なスリーボックスリムジンの魅力を再認識させられますねーヾ( ̄  ̄ )♪





ガンメタ系のボディもピカピカで、フロントと左右で黄金色に輝く「菊の御紋」とのコントラストも、日本の伝統美そのものでして、とてもいい感じであります。(⌒∇⌒)ノ

ちなみに、今回のモデルは「菊の御紋」がシールで再現されている1STモデルとなりまして、2ndモデルでは、ボディに直接刻印・塗装仕上げとなっております。ヽ(  ̄◇ ̄)ノ

皇居二重橋をバックしたパッケージも秀品でして、いずれにしても、戦後の昭和史を象徴する、とても貴重な存在だと思います。(`・ω・´)キリッ


ささ、ということで、明日は臨時休業の予定であります。

ま、ぼちぼち行ってみましょー、、

でわでわ



※写真はクリックで拡大します。


その他の御料車のモデルです。

フジミ模型、1/30スケール、メルセデスベンツ770K、昭和天皇御料車

1/43スケール、ロールスロイスシルバーレイス御料車、皇8号車

ポールズモデルアート1/24 メルセデスベンツ770K、昭和天皇御料車
Posted at 2019/01/17 21:22:32 | コメント(4) | トラックバック(0) | 古いミニカー | 趣味

プロフィール

「米トラブラー(Trav-Ler)真空管ラジオ Model 56-38 http://cvw.jp/b/240223/43518278/
何シテル?   12/05 19:55
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.