• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Yuh_Fazioliのブログ一覧

2016年05月28日 イイね!

【メモ】始祖鳥と鳥のメモ


 生物進化の歴史を扱う上で、過去のことはかなり推論によってしまう問題がある。

 生物誕生のプロセスなど全く分からないし、化石に残っていない生物のことも全く分からない。

 化石が残っていても分からないことはいくらでもある。

 1990年代から、中国の遼寧省で様々な恐竜化石が見つかり、度肝を抜かれるような新発見が相次いだ。羽毛恐竜の存在が明らかになり、恐竜のイメージが大きく変化すると同時に、鳥が恐竜の生き残りと位置づけられるようになった。

 東京書籍の4単位の生物の教科書では、コラム扱いで、羽毛恐竜と鳥について扱っている。あまり深い記述はないが、ジュラ紀の共通祖先から羽毛をもつティラノサウルスの系統と風切羽をもつ始祖鳥、4脚に翼を持つミクロラプトルの系統、孔子鳥の系統、現生鳥類の系統に分かれた簡単な系統図が示されている。
 ジュラ紀や白亜紀には多系統で様々な翼を持つものが存在し、これまでのように始祖鳥を鳥類に含める積極的理由はなくなったとしている。

 **

 始祖鳥は長く鳥の祖先として扱われてきたが、羽毛恐竜が多数見つかったことでその地位は揺らいできた。2005年の論文(Science 310, 1483-1486, 2005)で足の特徴が恐竜と同じであることがわかり、鳥類ではなく恐竜類にいれることが提唱され、比較的受け入れられてきた。上記の教科書も時期的にその影響を強く受けている可能性がある。

 2013年には始祖鳥より早い時期のより恐竜に近い鳥類化石とするものが発見されている。

 始祖鳥はやはり鳥類であるという議論が再燃したりもしているらしい。

 このあたりは、じつは鳥類の定義の問題であり、始祖鳥の位置づけは曖昧さがある。

 このあたりの事情はWikipediaにも書かれている。

系統学的には通常、鳥類は現生鳥類と始祖鳥 (Archaeopteryx) の最も近い共通祖先 (MRCA) の子孫のすべてであると定義されている[19]。始祖鳥(1億5,000万年ごろのジュラ紀後期[10])は、この定義のもとで最も古い既知の鳥である。一方、ジャック・ゴーティエやフィロコード (PhyloCode) システムの支持者たちは、鳥綱を現生鳥類だけを含むクラウン生物群として定義している。これは、化石のみで知られるほとんどのグループを鳥綱(鳥類)から除外し、代わって、鳥類およびそれらを 鳥群 (Avialae、「鳥の仲間」[20])に位置づけることがなされている[21]。これはひとつには、伝統的に獣脚類恐竜と考えられている動物との関連における、始祖鳥の位置づけについての不確かさを回避するためである。

Wikipedia 鳥類
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E9%A1%9E


 鳥類は恐竜である獣脚類の生き残りであり、その点ではハ虫類の一派と言える。しかし、鳥類を別に定義しているので、現状、鳥類をハ虫類とするのも困難がある。

 始祖鳥は現生鳥類の直接の祖先ではないし、白亜紀に現れた現生鳥類は同じく白亜紀にいた孔子鳥とも系統が異なる。ジュラ紀から白亜紀にかけて、さまざま翼を持つ種や系統が現れ、そのいずれかが現生鳥類につながったと考えられる。
 始祖鳥も含め、ジュラ紀の初期の翼を持った種は後脚にも翼を持っていたらしいことが分かってきている。そのうち前肢のみを翼として発達させたグループが孔子鳥のグループや現生鳥類のグループになっていったらしい。四肢に翼を持つ白亜紀のものとしてはミクロラプトル・グイがよく知られる。もちろんこうした系統は中生代の大絶滅を乗り切っていない。

ミクロラプトル・グイ
http://www.dd-lib.net/sort/kobetsu.cgi?sn=1233574963_537590628

 化石でしか存在しない、現生鳥類とは別系統の翼を持つ仲間を現生鳥類とは区別するのがもっとも分かりやすいが、それに近い分類として、鳥類を古鳥類と真鳥類とに分けることも行われているようだ。



 上はWikipediaのテンプレートとして登録されているもの。Avesとは鳥綱(いわゆる鳥類のこと)。Avesの定義では鳥類に始祖鳥を含むことになっている。この伝統的な分類ではかならず始祖鳥が含まれるのであって、始祖鳥が鳥類か獣脚類かという議論そのものが存在しないことになる。

 始祖鳥はどうも羽ばたいて飛ぶほどの風切り羽の強度をもっていなかったようだし、風切り羽の重なり方も羽ばたきには向かない構造で、関節が翼を充分に上げられない構造で、羽ばたきに十分な筋肉をもっておらず、羽ばたきによる飛行は樹分できなかったらしい。化石のCTスキャニングで大きな脳を持ち飛ぶための処理ができたとは言われている。

 始祖鳥が鳥と言えるかどうか議論があるし、伝統的な鳥類の定義で始祖鳥を入れてしまっていることは、始祖鳥に近い様々な羽毛恐竜たちが獣脚類なのか鳥類なのか、大いに混乱することになる。4つの翼を持つミクロラプトル・グイは獣脚類であるが、おそらく空を滑空ないし羽ばたき飛行することが出来、始祖鳥よりあとに出てきている。

 一方、鳥群(Avialae)という分類も提唱されている。これは恐竜の中の分類で、デイノニクス(Deinonychus)より鳥類に近い獣脚類との定義が一部では受け入れられているようだ。


 上もWikipedia 鳥群からの転載。

 この定義では翼を持つ化石鳥類たちは恐竜の中に置かれ、鳥類(Aves)は、現生鳥類とその子孫すべての共通の祖先とするという定義になった。
 この定義では始祖鳥(Archaeopteryx)は鳥群であるが、鳥類から外れることになった。 

 更に、始祖鳥はAvialaeからも外れるという研究が2011年に出ている。ここではデイノニコサウルス類に分類されている。

 **

 しかしながら、鳥類は明らかにハ虫類の一派であると考えられているので、ハ虫類の中に入れてしまう提案も当然出ている。



http://natural-history.main.jp/Algae_Column/Etcetra/Bird/Bird.html
から引用

 この分類が定着するか否かは分からないが、分岐学の立場に立てば妥当だとしか言いようがない。

 現生鳥類の系統を鳥類としてしまうか、ハ虫類の中に組み込むかいずれかに収斂していくものと思われる。

 すくなくとも始祖鳥を鳥類の定義にいれているようでは、混乱するばかりであろう。
Posted at 2016/05/28 19:33:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 生物 | 日記
2016年04月09日 イイね!

マンボウの干物 50万円!


 マンボウの干物! しかも50万円って。


https://twitter.com/mugyugyu_0122/status/716055545757564928
より引用

 昔は「マンボウはプランクトンだ」って言って驚かせる、専門用語の定義を教える格好の材料だったけれど、今じゃあ全然プランクトンじゃなかったって蛇足をつけなくちゃならない。

 まあ研究が進むと常識が覆るのだという、これまたよい材料でもあるのだけれど。

 ↓

(解説)

 プランクトンという語には、一般に信じられている微小生物という意味は全くなく、自分の力で充分遊泳することができず浮遊している生物を指す。

 マンボウはかつて泳ぐ力が弱く、波間を漂う生物だと信じられていた。そのため、マンボウはプランクトンであると説明できたわけである。

 ところが近年、遊泳生物の行動を詳細に追跡できるようになると、マンボウはかなり深くまでもぐったり、勢いよく上昇してきて海面から上にジャンプするなど、かなり激しく遊泳する生物であることが分かってきた。

Posted at 2016/04/09 13:51:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 生物 | 日記
2016年02月02日 イイね!

うちのインコたち



 うちには少しお年寄りになりかけてきたセキセイインコのピッチと、最近お迎えしたばかりの若いセキセイインコのキイちゃんがいる。

 彼らを一緒のカゴに入れてやると、すごく仲がいいわけでもないけれど、血みどろの争いをするわけでもない。若いキイちゃんがカゴの中ですごく動き回るので、そのたびに自分も動かなくてはならないピッチは迷惑そう。

 それでも最近運動量が減って太っていたので、ちょうどいい運動になっているかもしれない。


 どちらも手乗りだけれど、小さいときからものすごく構ったわけではないので、ものすごく甘えてくるわけではない。キイちゃんは接触が今ひとつ少なかったので、ちょっと私を恐れている感じがある。

 それでも、カゴから出して飛び回って着地(墜落?!)した先に迎えに行くと、おとなしくてのうえに乗って来る。

 私が帰ってくると二羽とも構ってアピール。

 ピッチが真っ先にカゴの壁に上って来るので、カゴ越しに逆立てた喉のあたりの毛をごろごろしてやると気持ちよさそうにする。そこに私をちょっと怖れるキイちゃんが後からやって来てピッチを威嚇して触ってもらいたがる。

 いつもはあんまり触らせたがらないくせに、ピッチに嫉妬するんだよね。

 どちらの子もなかなか可愛い♡
Posted at 2016/02/02 22:23:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 生物 | 日記
2015年09月27日 イイね!

アリグモ 現る 


 今朝、地下駐車場でSVXのメンテをしていたところ、屋根の上を歩く生物を発見。

 クロヤマアリ? しかしこんなところをアリが歩くのは珍しい。何かヘンだと思うと同時にピンと来た。

 アリグモだ!


 早速手の上を這わせようとすると、ピンとジャンプするし、糸でぶら下がる。間違いなくアリグモ。


 多分、ほとんどの人は見てもアリとしか思わないだろう。外見的にかなり巧妙な擬態をしている。

 目がつぶらで可愛いハエトリグモの仲間だそうで、その中でも特異な形態をしている。




 
 自分の場合は幼い頃からさんざんアリを見ているので、アリと少しでも違う形態や行動は一瞬で分かる。以前も職場で机の上を歩いているアリ(職場は建物にツタを絡ませていたので、アリやハエトリグモがよく歩いている)を見て、一瞬でアリグモと分かった。

 アリグモ自体は見慣れているわけではなく、どちらかというと知識で知っている程度だが、いくらアリに擬態していて、前肢をアリの触角そっくりに動かしていても、やはり八本足で、昆虫の頭部・胴部・腹部に分かれた形態とは違うのが分かってしまう。

 エキスパートの認知の仕組みを研究していた人が大学にいたけれど、面白いものでエキスパートはいくつかのポイントの情報で生物種を認識していて、一般の人と見ている部分や量が違うようだ。
 擬態でもそれで見分けられる。

 **

 アリグモは撮影後放しておいた。

 アリグモはアリを補食するために擬態していると言われていたけれど、近年の観察では否定されているらしい。攻撃的なアリに擬態することで捕食されることを避けているのだとか。


 
Posted at 2015/09/27 22:06:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 生物 | 日記
2015年03月14日 イイね!

【超雄】トラフグのオスだけをつくる技術


 今日ちょっと気を引かれたニュース。
 どうも、後発の上、手間が余計にかかる技術でしかないようだけれど。科学的には魚類において既知のことがトラフグ及びクサフグでも可能だったということで、取り立てて新しいことはない模様。

オスだけを産むトラフグを開発 長崎
3月13日 17時44分


冬の味覚として人気が高いトラフグの中でも、白子が珍重されるオスだけを産み出す技術を長崎県の水産試験場などが開発しました。養殖に生かせるのではないかと期待されています。
トラフグは、白子があるオスがメスの3割ほど高い値段で取り引きされることから、長崎市にある長崎県総合水産試験場や東京海洋大学などが、オスだけを産ませる技術の研究を進めてきました。
試験場では、まずトラフグの精巣から取り出した精子の基となる細胞を成長する前のメスに移植するなどして、卵巣の中で性別を決める染色体がオスと同じ「X」と「Y」の卵子を作り出しました。この卵子とオスの精子を掛け合わせることで、4分の1の確率でオスに特有の「Y」の染色体しか持たない「超雄」(ちょうおす)と言われるトラフグのオスを作ることに成功しました。「超雄」とメスの間からは「Y」の染色体を持つオスしか産まれないということです。
長崎県では、養殖ふぐの生産量が全国のおよそ55%を占めていますが、ここ数年、価格の低迷や餌代の高騰で、養殖業者の経営が厳しくなっているということで、今回の研究でオスが安定的に生産できるのではないかと期待が集まっています。長崎県総合水産試験場の濱崎将臣主任研究員は「今回の技術では遺伝子の操作はしていない。安心して食べてもらえるようになると思う」と話していて、早ければ3年後に市場に出荷したいとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150313/k10010014391000.html


 ネットでは[超雄]という言葉に反応して、いかりや長介だのホモだの訳のわからんコメントが溢れているが……。

 超雄とは、XY型で性別決定が起こる生物の場合ではY染色体を過剰(XYY,XYYY,XYYY等)に持っているオスを言う。ヒトではYYは致死。

 記事の内容については後発の読売の方が少し詳しい。

YY「超雄」と交配で雄だけ…白子出荷量増へ
2015年03月14日 11時22分

 長崎県総合水産試験場(長崎市)は13日、東京海洋大、東京大との共同研究でトラフグの雄だけが生まれてくる技術の開発に成功したと発表した。

 雄は白子(精巣)があるため高値で取引されており、同試験場は養殖業者らの経営安定につながると期待している。

 トラフグはXとYの性染色体の組み合わせで雌雄が決まる。XXは雌で、一つでもYがあれば雄となる。共同研究ではこの点に着目。XYの雄から精巣細胞を取り出し、トラフグよりも成長が早いクサフグの雌の稚魚に移植したところ、この雌の卵子はXYになることを確認した。

 このクサフグの雌とXYのトラフグの雄を交配させ、YYの「超雄ちょうおす」と呼ばれるトラフグの雄の生産に成功。この結果、超雄とトラフグの雌を交配させれば、必ずXYの雄が生まれるという。同試験場は「養殖業者らにこの技術を利用してもらい、出荷量の増加や経営安定につなげたい」としている。

2015年03月14日 11時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

 この技術では、メスの卵巣内に精原細胞を移植することで卵原細胞として機能させている。特段遺伝子をいじっていないと言うことなので、精原細胞が卵巣内で卵原細胞に変わってしまうことが少々驚きではある。

 これについては、以前から知られているらしい。

精原細胞移植技術を用いた海産魚における代理親魚技術の開発
竹内裕(東京海洋大学先端科学技術研究センター)

http://www.nougaku.jp/award/2014/6.tekeuthi.pdf


 この論文中で2006年にOkutsu T, Suzuki K, Takeuchi Y, Takeuchi T, Yoshizaki Gらによって報告されていることが触れられている。

 しかし、トラフグで超雄をつくってオスしか生まれないようにする生産技術はすでにあった。

トラフグの全オス生産を可能にする精子の有償分与
トラフグの精巣は食品としての価値がとても高いことで知られています。養殖をしている人ならば、 育てたフグのすべてがオスならば良いなと考えるのではないでしょうか。実際、全オス化を目指した 研究はいくつも行われてきました。しかし、成功例はありませんでした。ところが、東京大学水産実験 所では、性決定遺伝子の情報を利用することで、すべての子供がオスになると予想されるトラフグの 作出に成功しました。現在、この精子を有償で分与しています。連絡は、東京大学TLOまで(Tel, 03-5805-7661)。


http://www.se.a.u-tokyo.ac.jp/YYproduction.html



 東大の方法ならば、オスをホルモン中でメス化(XYメス)するだけで簡便。すでに精子の分与を行っている。長崎の方法では幼いオス個体から取り出した精原細胞をメスの卵巣に移植する手間がかかる。

 生まれたオスの中で超雄(YY)を選び出すのに少々手間がかかるのはどちらも同じ。

 長崎の方法は、成長の早いクサフグを利用している点がアドバンテージになるのかも知れないが……。後発の上手間が余計にかかる技術に見えるのだが。
 単に、長崎の方がマスコミ利用のしかたがうまかっただけなのか?


 経済的には、オスのみの生産が可能になっても、今は高いオスの市場価格がいずれ下がってしまう。魚業者のメリットは長期的には白子の価格低下による普及という点で生産量増のメリットがあるかも知れないことか。
 白子を食べたい消費者は価格低下というメリットを享受できるが。





 

Posted at 2015/03/14 12:09:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 生物 | 日記

プロフィール

「最近のみんカラは調子悪いことが続くなあ。」
何シテル?   10/06 16:28
愛車 黄色いピアッツァのHP http://piazza.ciao.jp/piazza_web/index.html ↑プロバイダーを変更して再開! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

YUHの気ままなままに 
カテゴリ:ブログ
2018/01/31 06:12:14
 
常識はずれのPIAZZA達の隠れ家 
カテゴリ:Piazza
2012/11/17 07:31:43
 
須関裕子のブログ 
カテゴリ:Music
2011/02/26 18:38:37
 

愛車一覧

いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
 社会人になりはじめて手に入れた車です。 PIAZZA XE Handling by L ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 はじめてのSVXは追突事故によって、わずか1年半で乗り換えることになってしまいました。 ...
その他 その他 その他 その他
写真の置き場です。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 1989年のモーターショーのショーモデルを見て以来の、憧れの車でした。ほとんどそのまま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.