• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2006年07月14日 イイね!

[BGレガシィ] パーツのノーマル化(その2・ナビ編)

[BGレガシィ] パーツのノーマル化(その2・ナビ編)近況報告(その3)じゃ。

◎近況報告その1 → 最後のトラブルの巻
◎近況報告その2 → パーツのノーマル化(1.排気系)

近況報告とは言いながら、実はすでに終わっている作業ばかりの紹介となっておるのじゃが、そのへんはご容赦願いたいとのことじゃ。
ブログで紹介している内容と、現実の進行度合いとの間に多少のズレがあるのは、やはり 「調布市のKAZ」 さんが公私忙しいからだそうじゃ。ここ最近のブログアップロードの時間を見ていただければ想像が付くかもしれないそうじゃ。

で、今回は DIYで設置したパナソニックの HDD ナビに関する お話を 駆け足で紹介してみるそうじゃ。

KAZさんが愛用しておったHDDナビは、確か 2003年モデルじゃったかのぅ。CN-HD9000WD という型式のものじゃ。実は少し前から地図画面が不調で、表示が3Dビュー(鳥瞰図)に固定されてしまって2Dビュー(平面図)に切り替えできなかったり、あるいは起動時にデータ読み込みエラーが発生する症状が散見されておったそうじゃ。

ちょうど地図データの2006年度版・更新キット(CA-HDL1621D)も発売されたことだし、修理を兼ねてデータも新しくしておこうと思い立ち、BGレガシィからナビを取り外すことにしたそうじゃ。

そこでまず実際に取り外す前に、ナビが不調になったときに現れるエラー画面をデジカメで撮影したそうじゃ。なぜかって?取り外したナビをパナソニックの修理センターに直接持ち込む際に、不調の症状を説明するための資料画像とするためじゃ。ナビを車両から撤去してしまったあとでは、エラーメッセージを画像で記録しておくことはできなくなるからのぅ。

KAZさんは修理センターに修理を依頼するときには、「どんな条件下でどんな症状がでるのか」 を分かる限り要約した、お手製のフォーマットの修理依頼書(A4版、画像付き)を参考資料として必ず添付することにしているそうじゃ。その方が、修理センターのメカニックも トラブルシューティングをしやすいだろう、と思ってのことだそうじゃ。

で、2006年2月10日 付けのブログ : 「パナソニックのお姉さん・ファッションショー on ナビ画面」 で紹介したものとは 違う いでたちの お姉さん画像も ついでにゲットしたので、今回のブログに載せておくことにしたそうじゃ(画像右部分を参照のこと)。

世田谷の修理センターでは、通常は業販店(オートバックスとか)やカーディーラーからの修理を受け付けているそうで、個人ユーザーが直接持ち込むことは 「まれ」 だったそうじゃが、そんなことはお構いなしに修理と地図データのアップデートを同時依頼したそうじゃ。ちなみに2006年度版・更新キット(CA-HDL1621D)はパナソニックから購入せず、同等品(SD CARD H0012AG413)を スバルのディーラーで購入 したそうじゃ。

ナビを預けて数日経ったころ、何度か電話で修理担当と直接 話をする機会を得たそうじゃ。そのとき担当者から、お手製の 「修理依頼書」 を添付したことを感謝されたそうじゃ。中には漠然と 「直して!」 と言ってくる ”お客様” もおり、そういう場合は症状再現までに非常に苦労させられるのだそうじゃ。

「何か疑問点がございましたらお尋ねください」、との優しい言葉をかけられたので、KAZさん、ここぞとばかりに修理とは直接関係の無いことまで試しに聞いてみたそうじゃ。すなわち、「電源投入後のオープニング画面のあとに、いろいろな衣装を身にまとった ”お姉さんの画像” が出るのですが、隠しコマンド などで その ”お姉さん” の姿の 一覧を見ることのできるモード はありますでしょうか?」 とな。

KAZさん、一瞬マズイことを聞いたかな?と思ったそうじゃが、逆に修理担当者からは 「お客様のなかには、ナビを起動するたびごとに ”お姉さん” の服装が違うので、これは壊れているんじゃないか? と問い合わせてくる方もいらっしゃいます。ですから、お姉さんに関する質問も普通に受けることはあるんですよ。」 と。

で、修理担当者はこう続けた。「そういったお客様にも的確に回答できるようにするため、我々修理センターからも松下さんへ直接 ”お姉さん” の 仕様 について聞いてみたのですが、あくまで ”シークレット” 扱いということで我々にも教えてもらえませんでした。ただ、時間とGPS入力信号によって変えている、ということは判っています。」 とのことじゃった。

なるほど、季節や時間で服装が異なることは実感として理解できていたが(例:昼と夜とで服装が違ったり、お正月は晴れ姿になったり)、GPSの信号も関係していたのか?! とすると、仮に同じ時間帯でナビを起動しても、起動するその場所(緯度経度)や高度(標高)によっては、お姉さんの服装は異なってくる可能性があるってことか・・・と思ったそうじゃ。

ナビは約1週間程度で修理が完了した。修理内容は、結局 HDD に異常が認められたため、HDDごと新品に交換。ナビはパナソニックだったが、その心臓部の HDD は TOSHIBA 製 だったことは少々意外な発見だったそうじゃ。ちなみに今回の費用は、部品代が 24,000円、技術料が 14,300円、合計 38,300円 だったそうじゃ。

話は少々(>いつも?)脱線してしまったが、BG5Bレガシィのノーマル化はまだまだ続くそうじゃ。
(次回は ノーマル化のための作業内容一覧 を載せてみようかのぅ。 かなりの項目数になるそうじゃ。)
Posted at 2006/07/14 05:17:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【BG5Bレガシィ】 | クルマ
2006年07月10日 イイね!

[BGレガシィ] パーツのノーマル化(その1・排気系)

[BGレガシィ] パーツのノーマル化(その1・排気系)近況報告(その2)じゃ。

前回の近況報告 からずいぶんと時間が経ってしまったが、これは単に 「調布市のKAZ」 さんが公私忙しいからだそうじゃ。

結局、不動車状態に陥った BG5B レガシィは、KAZ さんの言葉を借りると 「諸事情を総合的に勘案した結果、スバルのディーラーに修理を兼ねて下取車として引き取られていくことになりました。」 とのことだそうじゃ。

そこで、ディーラーに引き取っていただくにあたって、社外パーツを 取り置きしていた純正部品に戻す作業を先月から 始めているそうじゃ。しかし 「10年間かけて DIY で装着した部品を、1ヶ月間で DIY で元通りに戻す」 作業は日程的に なかなかハードだそうじゃ。実質的には 毎週日曜日くらいしかまとまった時間が取れないからだそうじゃ。

今はすでに終わった作業じゃが、画像は排気系一式(エキマニ、[通称]フロントパイプ、[通称]センターパイプ、マフラー)を純正に戻している最中のものだそうじゃ。この日は朝10時半から作業開始して、途中から雨が降ってきたが構わず続行して、夕方4時過ぎに排気系一式の交換作業を何とか終えたそうじゃ。

エキマニ脱着で約30分、[通称]センターパイプ脱着で約30分、マフラー脱着で約30分、残りの約4時間は [通称]フロントパイプの脱着に費やしたそうじゃ。しかし4時間の内訳を見ると、その8割近くは遮熱カバーの脱着(!)で悪戦苦闘したそうじゃ。

つまり[通称]フロントパイプ本体の脱着は40~50分、インタークーラー脱着も小計5~6分で済んだが、タービンの遮熱カバーのボルト(特にRHバンク ; セカンダリ側)の取り付けだけで数時間もかかってしまったことになるそうじゃ。これは固着していたからではなく、手や工具の入るスキマがほとんど無いことに起因するのだそうじゃ。

# 遮熱カバーのボルトを手にしながら、「この時代の富士重工の設計部門は、単にCAD上だけ
# でなく、実機でも整備性をちゃんと確認していたのだろうか?」 と少々疑問に思ったそうじゃ。

でも前回(と言っても数年前になるのじゃが)、初めてセンターパイプを交換した際には、サイトアップロード用の画像撮影など諸々を含めて約1.5日間(約12時間)ほども工数がかかったとのことじゃから、今回は(画像撮影しなくてよい分と、作業に慣れが出てきた分の相乗効果で)格段にスピードアップしたそうじゃ。

余談じゃが、マフラーと[通称]センターパイプが外れた状態でエンジンをかけてみたら、どんな排気音がするのか聞いてみたいと思ったそうじゃが、環境に配慮してグッとこらえたそうじゃ。

さらに余談じゃが、”フル触媒レス” どころか、”フル排気系レス(エキマニ~マフラーまで排気系一式が無い状態)” でエンジン始動してみたらどうなるか?との考えがよぎったそうじゃが、これまたグッとこらえたそうじゃ。

ちなみに、これはどうでも良いことじゃが、昔々、モータージャーナリストの 舘内 端 氏が学生だったころ、「エンジン性能に与える排気系の影響調査」 と称してマフラーを丸ごと取っ払ったホンダ・スーパーカブで、学校の校庭内でゼロヨン加速タイムを計測したそうじゃが、原付とは言え、それはそれは大層な爆音になったそうじゃ。

話が少々脱線したが、BG5Bレガシィのノーマル化はまだまだ続くそうじゃ。
(作業内容を一覧としてリストアップしたところ、かなりの項目になったそうじゃ。)

以上、ちょっとした近況報告(その2)じゃ。
Posted at 2006/07/10 05:21:51 | コメント(6) | トラックバック(0) | 【BG5Bレガシィ】 | クルマ

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.