• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2012年10月30日 イイね!

スバル・エクシーガ(E型)とバオー来訪者(橋沢育朗)

スバル・エクシーガ(E型)とバオー来訪者(橋沢育朗)スバル・エクシーガtSの購入から2ヶ月半が経過した。

その間、エクシーガ(年改区分:Eタイプ)のヘッドライトを見るたびに、思うことがある。








<↓こちらが、私が購入したスバル・エクシーガtS(年改区分:Eタイプ)のフロントビュー>


<↓こちらが、昔、私が購入したジャンプ・コミックス(バオー来訪者:第二巻)の橋沢育朗・変身後>


<↓両者の目元のデザインが、どうしても、似ているような気がします・・・あくまでも個人的な感想ですが>
  

全国広しと言えども、こう思うのは、私だけでしょうか・・・。
念のため・・・「バオー来訪者」 の作者は、「ジョジョの奇妙な冒険」 で有名な 荒木飛呂彦 先生(作者近影で何年経っても歳を取らなく見えることから、自身も波紋の使い手かスタンド使いではないか? と噂される漫画家)です。

<↓ちなみにバオー来訪者の帯に印刷されている当時のジャンプ・コミックスは、こちら(クリックでやや拡大)>
  

というわけで。
オレは久しぶりにッ! 「息抜きブログ」 を書いたぞーッ!!
バルバルバルバルー!!


 ↓
 ↓
 ↓
2014-07-11 : 更新
[似て非なるもの?] あくまで個人的な印象ですので・・・ をアップロードしました。
Posted at 2012/10/30 22:15:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ
2012年10月30日 イイね!

[エクシーガtS] クイックリペア完了&お客様感謝デイ(板金修理シリーズ・その8)

[エクシーガtS] クイックリペア完了&お客様感謝デイ(板金修理シリーズ・その8)納車1ヶ月で当て逃げ被害に遭ったエクシーガtS(年改区分:Eタイプ)の、板金修理前後の状況報告・その8(最終話)です。

  ◎初報(被害状況)は → こちら
  ◎報告(1) : 自動車保険会社とのやりとり編は → こちら
  ◎報告(2) : 業者間で異なる修理費の見積編は → こちら
  ◎報告(3) : 続・保険会社とのやりとり編は → こちら
  ◎報告(4) : 代車・トレジアの雑感(前編)は → こちら
  ◎報告(5) : 代車・トレジアの雑感(後編)は → こちら
  ◎報告(6) : 修理完了後に新たなキズ発覚編は → こちら
  ◎報告(7) : 追加見積とディーラーの配慮編は → こちら

これまでの経緯を簡単に記すと、 
 ・エクシーガtSが [当て逃げ被害] にあったため、自動車保険でディーラーにて板金塗装修理を行った。
 ・[等級プロテクト] は、次回の自動車保険更新時にサービス自体が終了するので、適用できるのは今回まで。
 ・修理が無事に終わり、車両を引き取ったが [別のボディキズ(小さな凹みと塗装剥がれ)] を新たに発見。
 ・自腹修理を覚悟したが、ディーラーのご厚意により無償で追加修理(クイックリペア)いただけることに。

ということで、先週末(土曜の夕方)にクルマをディーラー持ち込んで、まずは10ポイント無料点検を依頼(この週末はお客様感謝デイ開催のため)。点検終了後はそのまま車両を保管してもらい、翌朝からクイックリペアの作業に取りかかっていただいた。そして日曜夕方に作業完了の連絡を受け、雨の降る中、クルマを引き取りに向かった。

<↓雨の中、家族を乗せてBPレガシィでディーラーへ>


クルマから降りようとすると、すかさずスタッフが近づき、濡れないように傘を広げて私の頭上に差し出してきた。慣れない対応(>失礼! ディーラーさん)に少々戸惑ったが、これもCS向上活動の一環なのだろう。店内に入ると、ちょうど お客様感謝デイを開催中だったこともあり、ショールームもサービスフロントも活気にあふれていた。が、特に順番待ちするほどでもなく、今回も課長さん自らにより修理内容を ご説明いただいた。

<↓奥は10ポイント無料点検の伝票、手前がクイックリペアの伝票。  ↓ご厚意で補償いただいたので無料>
  

<↓今回は家族ともども車両をチェック。見事な仕上がりで、キズのあった場所はまったく分からない>


最後まで親身・親切な対応をしていただいた東京スバルのスタッフ一同に感謝です。
ふと集客ディスプレイを見ると、(一部のユーザーで)最近話題のモノが陳列されていた。

<↓STI ホイールがタイヤとセットで特別価格18万円也。シルバーはすでに売約済み。ゼロウォーターも展示>
  

チラ見で 「ゼロウォーターが10個1680円か、安いな・・・」 と思ったら、よく見ると 「限定10個限りが1680円」 だった。
ショールームの方に戻ると、「ガチャンコステーション(※)」 が置いてあるではないか。

(※)「ガチャポン」 は通称。
   「ガシャポン」 の名称はバンダイの商標登録(登録番号第1756991号)。
   旧・ユージン(現・タカラトミーアーツ)の場合は、「ガチャンコステーション」(登録番号第4763676号)になる。
   以上、知っていても生かす機会の少ない豆知識。

<↓東京・台場で開催の モータースポーツ・ジャパン・フェスティバル2012 STI ブース販売品と同じものか?>
  
  

STI ソフトビニールミニカーであった。種類は4種類。価格は1回500円と高価(>私にとっては)。
家族が 「どうしても」 というので、1回だけトライすることに。

<↓引き当てたのはGC型インプレッサのラリーカーであった>
  

我が家ではGD型インプレッサのWRXに乗っていたので、なじみが深いのはGD型なのだが、個人的には初期GC型の方が 「味がある」 ような気がするので、コレはコレで良かったと思う。

   + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

納車当日から 「東京~札幌」 往復の旅に供したり、出先の札幌で 「ATF警告灯の点滅アラート」 が出たり、納車1ヶ月めで 「当て逃げ被害の板金塗装修理」 を行ったりと、すでにさまざまな経験値を積んだエクシーガtSであるが、これからもメンテナンスを施して、「家族の良きパートナー」 として活躍してくれることを期待したい。


以上、エクシーガtSの 「当て逃げ被害報告(板金修理)シリーズ」 は今回で終了です。
合計9回(初報含む)のブログアップでしたが、毎回長文にも関わらず、お読みいただいた方々、ありがとうございます。


# しか~し。
# エクシーガtSのキズ被害が完治した直後、
# 私の愛車・BPレガシィが右前フェンダーから右後ろフェンダー(前後ドア含む)にかけて
# 身に覚えの無いひっかきキズを付けられる被害に遭い、
# 今度はレガシィの板金修理をする事態に。


これにて(おわり)・・・いや (続く) なのか?!
(→ 続きます
Posted at 2012/10/30 00:09:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ
2012年10月28日 イイね!

[エクシーガtS] 東京~札幌 往復の旅・番外編_STIドライビングサングラスなど

[エクシーガtS] 東京~札幌 往復の旅・番外編_STIドライビングサングラスなどエクシーガtS(年改区分E型、tuned by STI)で 「東京~札幌」 を帰省で往復した際の出来事をつづるシリーズの 「番外編(最終話)」 です。
   その1 : 「納車から出発まで」 は → こちら
   その2 : 「東京から札幌まで」 は → こちら
   その3 : 「ATF警告灯点滅の巻」 は → こちら
   その4 : 「トラブルコードの巻」 は → こちら
   その5 : 「ボディコートと100円からの洗車」 は → こちら
   その6 : 「ブレンボの印象(tS vs GT)」 は → こちら
   その7 : 「札幌小樽観光と限定おみやげ 」 は → こちら
   その8 : 「道の駅で大爆発音!」 は → こちら
  (ご参考 : 納車前の 「怒濤の純正戻し作業(DIY)編」 は → こちら

■燃費はどうだったか?
エクシーガtSの新車納車当日(!)に、東京から札幌に向かって自走で帰省してから、ちょうど一週間後。本来のお墓参りなどの目的以外に、自車では AT警告灯の点灯 を、他車では 大型トラックのタイヤバースト を目撃するなどのトラブルがありましたが、無事に東京に戻って来ました。北海道の往復で納車から1週間で2500kmを走りました。

<↓7人乗車+犬2匹+荷物積載(今回はルーフBOX無し)状態での燃費。途中の慣らし運転区間を含む>
  

■その後のトラブルコードの再発は?
本日(10月28日)現在の走行距離は4000km超ですが、現在までにATの異常な変速ショックや異音の発生は無く、また下記エラーコードの再発もありません。
  (1)トラブルコード : P0756  AT-SOL異常
  (2)トラブルコード : P1842  油圧SW異常

■トミカ・レガシィB4(北海道警察仕様)
東京では売り切れだった道警トミカが、地元の札幌で販売されていたので購入。発売元のトミカのサイトによると、VooV VS31 スバルレガシィB4・パトカー だそうで。

<↓地元の札幌で北海道警察仕様のレガシィB4をゲット。VooV(ブーブ)はリバーシブルタイプのトミカです>
  

ところでレガシィのセダンは、まだ B4 というサブネームが続いているんですね。インプレッサのセダンの名乗りは G4 だっけ? 富士重工業には申し訳ないが、G4と言うと、個人的にはどうしても 「痔のクスリ」 を連想してしまう。
(・・・いや、私だけではないハズだ。)
佐藤製薬の公式WEBサイトで、ジーフォーのニュースリリースは → これ(平成19年)これ(平成20年)痔疾患用剤の市場規模が約150億円 とは! ちなみに富士重工業の公式WEBサイトで今月(平成24年10月)発表のニュースリリースによると、平成25年3月期 第2四半期純利益230億円から400億円 へと予想額が修正されている。

もしも 「インプレッサG4ユーザーで、かつ佐藤製薬ジーフォー使用者」 がいたなら、両社の売上高に同時に貢献していることになるな・・・これからの時代は、クルマも医療機関とコラボ するのもアリか? 例えば、お尻に優しいシートを採用したジーフォー仕様のG4・・・って、一体何の話をしているんだっけ? あぁ、トミカから脱線したのか。。。

■STI ドライビング・サングラスについて
私は普段、サングラスをまったく使用しないが、長距離を連続で運転するときだけはドライビング用のサングラスが欲しいと思っていた。「東京~札幌」 往復の際は、片道だけでも1000kmは走る。目の疲労低減は、安全運転にもつながるからだ。世の中にはいろいろなサングラスがあるが、個人的には
  ・交通に必要な信号の色(波長)を減衰しにくい or 強調する
  ・直射日光を和らげるが、他の画像情報はそのまま伝える(暗くなり過ぎない)
といった機能を重視したい。

ところが ファッション用ではなくドライビング用 となると、どれも高価で手が出ない。今まで何度もあきらめていたのだが、今回、エクシーガtSを購入した機会を捉えて、思い切ってSTI の ドライビング・サングラスPro も同時購入することにした次第。PDFは → こちら(部番:STSG08100310)。やはり目は大切にしたい。交換用のイエローレンズも付属するので、こちらは雪道で試したい。

<↓実際に使ってみると好印象。今回の 「東京~札幌」 往復2500kmの旅で、目の疲労感低減を実感できた>

  

<↓西日に向かってのドライビング・サングラス有無の比較画像(日ざしをカットしつつ、周辺も暗くなり過ぎない)>
  

<↓西日に向かってのドライビング・サングラス有無の比較画像(運転席からリヤウィンドウを見た場合を模擬)>
  

■おまけ
札幌市内を流れる豊平川。河川敷のガードレールには、サーモン(鮭)のモチーフが採用されています。「豊平川にシャケを戻そう」「カムバック・サーモン」 は、私が札幌に住んでいた頃によく見かけたスローガンです(→ PDF資料 )。




以上、この番外編を含めると合計9回のシリーズは、今回で一応の終了です。
毎回、長文にも関わらず、お読みいただいた方々(コメントいただいた方々)にお礼申し上げます。
今後も、エクシーガtS、レガシィGT spec B、ホンダCBR250Four で 「味のある2輪&4輪生活」 を送りつつ、私なりの視点 から さまざまな情報発信をしていきたいと思います。
Posted at 2012/10/28 21:47:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ
2012年10月27日 イイね!

[エクシーガtS] 東京~札幌 往復の旅・その8_道の駅で大爆発音!の巻

[エクシーガtS] 東京~札幌 往復の旅・その8_道の駅で大爆発音!の巻エクシーガtS(年改区分Eタイプの tuned by STI)で 「東京~札幌」 を帰省で往復した際の出来事をつづるシリーズの 「その8」 です。

  その1 : 「納車から出発まで」 は → こちら
  その2 : 「東京から札幌まで」 は → こちら
  その3 : 「ATF警告灯点滅の巻」 は → こちら
  その4 : 「トラブルコードの巻」 は → こちら
  その5 : 「ボディコートと100円からの洗車」 は → こちら
  その6 : 「ブレンボの印象(tS vs GT)」 は → こちら
  その7 : 「札幌小樽観光と限定おみやげ 」 は → こちら
 (ご参考 : 納車前の 「怒濤の純正戻し作業(DIY)編」 は → こちら

「北海道への帰省」 報告シリーズは途中でブログ中断していましたが(その間、「当て逃げ被害の板金修理(エクシーガtS)」 シリーズや 「走行中に燃料タンクに穴あき→板金はんだでDIY修理(ホンダCBR250Four)」 シリーズを速報)、今回は完結に向けて話を再開させます。

■原付ミニカーが多かった
札幌に帰省中は、見慣れない車両を多く見かけた。例えば、「一見するとウィリス・ジープのレプリカのように見えながら、実は全長×全幅のサイズが2m×1mほど?しかないフルオープン(ルーフレス)の車両」、「ゴーカートのような車両」 など。これらの車両をよく観察すると、形は原付と同様だが 薄青色のナンバープレート を付けている。

調べてみると、ミニカー登録車 であった。詳細はこちら → wikipediaの解説ページ
東京都内ではトライク(原付3輪)を見かけるが、札幌で見かけたミニカーは何かのキットカーだったのだろうか?
ノーヘルでも違法ではないが、目立つねぇ。

<↓遭遇したミニカーの例。まるでゴーカート>
  

■トラクターのショールームも多い
札幌から中山峠を抜けて倶知安町を走っていると、街道沿いに農作業用トラクターの展示ショールームが並んでいる一角がある。都内でスバルやトヨタの各ディーラーがインプレッサやハチロクを展示しているのと同じような感じで、ヤンマーとかクボタの各機種が並んで置いてある。トラクターにも12ヶ月点検とかオイル交換パックなどのディーラーサービスって、あるのかな?

<↓ニセコ近くの倶知安町は亡き父の出身地。おじいちゃんの墓もこの地にあるので、立ち寄ってお参りした>
  

<↓街道沿いに、ごくフツーにトラクターのショールームが並んでいる。中古トラクター展示場もありそうですね>
  

■道の駅で大爆発音
帰路は津軽海峡フェリーにて 「函館→大間」 航路で本州入りしたあと、しばらくの間は高速道路に乗らずに国道4号線で東京に向けて南下した。夜通し走り、午前4時ころに岩手県内の 「道の駅・石神の丘」 に到着。周囲はまだ暗い。駐車場でしばらく仮眠を取ることにした。

小1時間ほど経っただろうか。突然、「ドッギャァアーン(JOJO風に)」 という 大爆発音があたり一帯に轟(とどろ)いた。いや、JOJO的擬音語が分かりにくいのであれば、近くで大砲が撃たれたとか化学薬品の貯蔵タンクが爆発したとかを思わせるような破裂音・・・と言っても良いだろう。

車内で仮眠を取っていた周囲のドライバーたちも、壁際にマットを敷いて仮眠を取っていたライダーたちも、いっせいに 「何事か?!」 と音の発生源に集まりだした。私もクルマから降りて、人々の視線の先に目をやると、そこには駐車場のド真ん中で 立ち往生 している大型トラックがいるではないか。で、ふと 自分の足元に視線を下げると、プラスチック片が散乱している

<↓大爆発音の正体は、大型トラックのフロントタイヤが駐車場内でバーストし、破片が散乱したためだと判明>
  

大型トラックと我が家のエクシーガtSとは、おおよそ20mほど離れていたのだが、いままさにエクシーガの手前 数m地点まで破片が飛散している。が、幸いにも直撃は避けられたようだ。取り急ぎ、集まった人々でそれらの破片をかき集めて清掃した。単なるタイヤバーストと言うなかれ。いやもう、本当にテロでも起きたかと心配になるほどの大音響だったのですよ、ハイ。雷が光った後に鳴る音とか、調布花火大会で花火が光ったあとに遅れてこだまする音とか、そんな感じの反響音だったのですよ。私自身、タイヤバーストでこんなに大きな音がするんだ、という驚きも大きかったですが。

<↓自走できなかった大型トラックには、救援部隊が登場>


<↓岩手県・石神の丘 も農産物やお土産類が充実している道の駅ですよ。帰路はたいてい、立ち寄ります>
  

   + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

思うに、観光や帰省で高速道路を利用する人々が増える中で、ガス欠にならないように配慮 する人々は多いとは思いますが、タイヤの空気圧まで事前点検や途中チェック する人は、とても少ないのではないか?と思います。私はかつて関越自動車道で、自車の2台先を走っているワンボックスカーの右後輪(扁平率が低いインチアップタイヤだと、一目で分かるVIP仕様)が目の前でバーストし、走行中にタイヤ片が自車のフロントガラスをかすめていった・・・という恐ろしい体験をしたことがありますが、今回の大型トラックの件も、「サンデーユーザー車でなく職業自動車で起きた」 という点、「(走行中ではなく)道の駅の駐車場内で起きた」 という点で、なかなか 考えさせられる ものがあったように思います。

今回のブログの最後に、私が愛用しているエアゲージを紹介します。
空気圧が高い(入れすぎの)場合でも、手元のボタンを押すことでワンプッシュでエアを解放できるタイプです。

<↓AVCOのトライアル・エアゲージ。型番はAG-01R。当時の定価は9900円。ゲージ本体に衝撃吸収材付き>
  

以前、タイヤのキャッチコピーで 「タイヤは命を乗せている」 というのがあったように記憶しています。タイヤの空気圧で乗り心地や燃費、摩耗状態も変わりますので、遠い先のエンジンチューンに憧れる前に、身近な足元(タイヤ)の点検をしっかり忘れないようにしたい ものですね。


「東京~札幌 往復の旅」・番外編(:最終話の予定) に続く。
Posted at 2012/10/27 22:55:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ
2012年10月26日 イイね!

[Panasonic HDDナビ] ICチップ交換で故障から復活の巻(エクシーガtS)

[Panasonic HDDナビ] ICチップ交換で故障から復活の巻(エクシーガtS)ICチップ4枚の交換 で、「電源が入らない」 という故障を抱えたパナソニックのHDDナビが 復活 した・・・という実例の紹介。

家族用のエクシーガtS(年改区分:Eタイプ)には、乗り換え前のエクシーガGT(年改区分:Aタイプ)からパナソニックのHDDナビ(型番:CN-HW1000DFA、ディーラー純正オプション)を移植して装着している。

前車(GT)からの取り外しは私がDIYで行い、現車(tS)への取り付けはディーラーが納車のタイミングに合わせて実施したのだが、移植後に 「残念ながら電源が入らない」 旨の報告を受けていた(詳細はこちら → 「東京~札幌」往復2500kmの旅・その1_納車から出発まで )。

実はこの年代のパナソニックHDDナビは、車載のバッテリ上がりやバッテリ交換などで一度電源が遮断されると、次回の電圧印加時にシステムが起動しなくなる・・・というトラブルを抱えたロットが存在するようで、当該ナビはスバル純正オプションだったため、ユーザーからの不調の訴えはディーラーでも散発しているそうだ。特に、型番でCN-の1000D系に多いが、他の型番でも症例があるとのこと。

そんな私のHDDナビ(エクシーガtSに移植の際、電源入らず状態)も、ディーラーがパナソニックに対してクレーム処理を申請 しており、納車の約1ヶ月後には修理されて戻ってきていたのだった。

修理から戻ってきたのは良いとして、私の関心事は次の3点。
  (Q1).修理内容は、HDDの交換か?
     (※HDD交換ならば、リッピング済み音楽データは消失。
       もしもICチップ4枚の交換だっなら、音楽データはキープされるとの前情報あり。
       関連サイトは こちら → パナソニック・ナビcafe 内の 教えて・ナビメイト(Q&A)。)
  (Q2).ICチップ交換の場合、対策済みのスペックを持つものか?
     (※単に同じものを新品に交換しただけなら、再発の恐れがあるため。)
  (Q3).将来、症状が再発した場合、またクレーム対応いただけるのか?

私からの上記(1)~(3)の問いかけに対し、ディーラーのフロントは当初、次のような立場を取っていた。
  (A1)~(A2).今回のクレームは、ディーラー(申請者)とパナソニック(生産者)の
          二者間で行われるものであり、基本的にエンドユーザー(私)に対して
          具体的な修理情報が直接インプットされるものではない。
  (A3).適正な使用状態での再発ならば、もちろん対応します。

そこで私は 「ICチップ4枚の交換なんですよね?」 とストレートに聞いてみた。メカニック(主任)さんは、そこまで知っているのなら・・・ということで事務所の奥にいったん引っ込んで、改めて修理伝票を確認して来ていただいた。

  「その通りでした!」

しかし、どうやら口頭でその事実を伝えるまでが 限界 のようで、修理伝票そのものを見せていただくことは出来なかった。・・・まぁ、いちエンドユーザーの問いかけに対し、わざわざ修理伝票の記載事実を確認していただけただけでも ありがたい、と思わなければ。

   + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

クルマに戻ってエンジンを始動させ、ナビの電源を投入すると、まるで何事も無かったかのごとく、当たり前に起動した。地図画面は問題なし。リッピング済みの音楽データも異常無しを確認できた。パナソニック製HDDナビで、ナビ移設後の ”電源が入らなくなる” 現象は、HDDの交換無しで症状が解消した。よって、これまでに記録した音楽データの再構築も不要であることを、我が家の実機で確認できた。

<↓ここぞとばかりに、SDカード経由で 趣味の範囲で私的に楽しむデータをインプット。この作業も問題無く完了>
  
  

このブログをご覧いただいている皆さんへ

パナソニックHDDナビ装着車で、車載バッテリ上がりを起こしたとか、バッテリを交換したとか、車両を入れ替えたのでナビも移植したとかの作業をしたあとにナビが起動しなくなった・・・というトラブルに遭遇されましたら、あきらめずに修理依頼を検討してみてください(ディーラーオプションナビの場合はディーラーへ、業販店経由で購入の場合は業販店へ、個人で購入された場合は直接パナソニックの修理センターへ)。

その際、「電源が入らないのでICチップ4枚の交換で直るかどうか、検証お願いします」 という旨の ”ただし書き(ユーザーからの注釈)” を添えるのが良いと思います。ご参考まで。

   + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

後日、別件でディーラーに立ち寄ったとき、別のスタッフとの雑談の中で、上記の話題が出たときのこと。
私   : 「車載バッテリをパナソニックのカオスに交換しようと思っていたのですが、
       もしも何も知らない人がいたら、パナソニックのバッテリに交換したのに
       パナソニックのHDDが故障する・・・なんてことにもなりかねませんよね。」
スタッフ: 「そうですね。特に年改区分Aタイプのお客様は、車両入れ替えをご検討される時期
        ですので、下取車からナビを移植したとたんに・・・なんて場合もありますからね。」
私   : 「まさに私の場合がそうでした。」
スタッフ: 「でも、調布市のKAZさんなら、次回のバッテリ交換時は ”電源ケーブルをつないだまま”
        交換作業されたらどうです? うちのスタッフも、ユーザーさんのラジオ放送局の
        選局メモリーをクリアさせたくない場合、そうやって交換していますよ!」
私   : 「・・・・」

「いや、そりゃ、やればできるけどさ。普通、一般のお客様はバックアップ電源を確保したまま車載バッテリを交換しないだろ~。」 って心の中で思いましたが、裏を返せば私は 「普通じゃないユーザー」 としてディーラーの中では認識されているのか~。」 って思い直しました。

いずれにしても、お世話になっているディーラー(ディーラーに限らず、ショップなどでも)に、ホンネで話せるスタッフがいる(あるいはそのような信頼関係を結べるように心がける)ことは、良いカーライフを送る上で重要ですね。
Posted at 2012/10/26 07:14:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.