• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2017年09月29日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【データシステム】

みんカラ:週末モニターキャンペーン【データシステム】データシステム ドライブレコーダーDVR3000
~モニタープレゼント 応募ブログ~

Q1. データシステム製品を使用したことがありますか?(製品名も)
回答: 残念ながら、ありません。

Q2. ドライブレコーダーを選ぶ際に優先する機能は?
回答: 以下の各項を順に優先します。
 (1)常時記録方式(データファイル上書き保存のリピート)
 (2)GPS受信機能
 (3)Gセンサーによる自動記録(衝撃感知時)
 (4)動画の白飛び・黒潰れ防止(ハイダイナミックレンジ機能)
 (5)マニュアル操作での記録が可能なこと
 (6)Windows(R)標準ソフトで動画再生可能なこと
 (7)専用ソフトで詳細解析可能なこと(GPS、日時、車速etc.)
 (8)容量の大きなmicroSDカードが使用可能なこと
 (9)設置時、カメラレンズの向きが調整可能なこと
 (10)可能ならば、エンジン停止後の駐車中の記録(インターバル式で可)

<備考>
もしもモニターに当選した場合は、装着対象車として
 ・スバル エクシーガtS(2012年式) または
 ・スバル レガシィワゴンGT spec B(2006年式)
 (※ともに現状は 「ユピテル DRY-FH92WG+ホリバアイテック どら猫2」 を使用中。)

を予定しており、装着工程や使用感などをレポートさせていただくつもりです。

この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【データシステム】 について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2017/09/29 22:05:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2017年09月27日 イイね!

みんカラ:モニターキャンペーン【GIGA】

みんカラ:モニターキャンペーン【GIGA】カーメイト LEDヘッド&フォグバルブ「S6000」シリーズ
モニター応募ブログ

Q1. 現在ヘッドライトで使用しているバルブメーカー(ブランド)は?
1,GIGA 2,PIAA 3,IPF 4,純正 5,その他(メーカー名: )
回答: 4,純正

Q2. S6000の良いと感じた点は?
1,バルブ1個あたり3000ルーメン 2,H.I.D.に迫る明るさ 3,放熱性能と配光 4,夜間の死角が少なくなる 5,その他( )
回答: 3,放熱性能と配光(※特に均一化された配光特性です。)

<備考>
もしもモニターに当選した場合は、装着対象車として
 ・スバル エクシーガtS(2012年式) :ヘッドライトは純正HID、フォグランプも純正
または
 ・スバル レガシィワゴンGT spec B(2006年式):ヘッドライトは純正HID、フォグランプはRacing Gear

を予定しており、装着工程や使用感などをレポートさせていただくつもりです。

この記事は みんカラ:モニターキャンペーン【GIGA】 について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2017/09/27 20:56:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2017年09月26日 イイね!

[ネグローニ] ドライビングシューズ「CABRIO」の購入(後編・トラブル解決&使用感)

[ネグローニ] ドライビングシューズ「CABRIO」の購入(後編・トラブル解決&使用感)ドライビングシューズの検討をしていたところ、ネグローニ・ブランドの中でイベントセール品を発見。縁あって、「CABRIO」 をネット購入するに至りました。

後編は、マイナートラブル発見後の解決経緯と実際の使用感について、備忘録として記します。


◎前編は こちら
「CABRIO」の購入(製造トラブルへの対応 編)

■おさらい
ネグローニ(本家)のWEBサイトにて 「CABRIO」 を購入。商品到着後、細部確認のためインソールを外してみたところ、かかと部分にあるはずの 「ヒールストーム(クッション材)」 が片方に装填されていませんでした。そこで、メールにて問い合わせをした・・・というところまでが、前編 のあらすじです。

<当方からの問い合わせ内容(要旨、再掲)>
「靴の中身の構造」は、もともと左右で異なるもの(仕様)なのでしょうか?
あるいは製造上のイレギュラーなのか、教えていただけないでしょうか。

<↓(左):ヒールストームが左足には装填されていない  (右)ハトメや金属具が部分露出している>
 

■ネグローニさんの対応の巻
当方の問い合わせに対し、ネグローニ担当者様の反応は迅速でした。以下、返信の要約です。
(※ネグローニさんのファクトリー : 東京都荒川区にあります。)


<ネグローニさんからの回答(要約)>
・不備により、片足だけヒールストームが装着されていない状態で出荷してしまいました。
・今後の対応として、次の2つを相談させてください。
 (1)ファクトリーにて装着 → 着払いで返送し、装着後に当方宛てに再郵送する案。
                  (商品の行き来により、少々時間がかかってしまう)
 (2)当方がDIYで装着 → ヒールストームは即日発送が可能であり、セルフで貼る案。
                  (ファクトリー返送よりも、早く使用することが可能)
・同様のミスを繰り返さないよう、出荷前の点検システムの見直しを徹底的に行っております。

私は上記内容に接し、真摯な対応だと感じました。特に安心したのが、一番最後の 「再発防止に向けて、点検システムの総見直しを実施中」 という部分です。

製造業では、顧客からのクレームに対し、往々にして一品対応(その場 限りの対応)される場合があるかと思うのですが、私からの指摘に対して 「出荷前の点検システム」 という規模まで広げて再発防止を図る・・・というのですから、企業として 検査品質の向上 を真剣に考えていただいていることになる、と思うのです。

そこで私は、「2.ヒールストーム(クッション材)をユーザー本人が装着する」 を希望すること、「発送方法はお任せする(定形郵便で構わない)こと」 を伝えるとともに、疑問に思っていた次の各項を追加で尋ねました。


<当方の追加コメント(要旨)>
・当方が貼り付けするに際し、念のため、以下の各項を教えてください。
 (1)ヒールストームは左右で形状が異なるのか、あるいは左右共用品でしょうか。
 (2)貼り付けの際に、プライマーなどの下地処理や、樹脂・ゴム用の専用接着剤
   (例:2液混合タイプなど)を塗るなどの作業が必要になるでしょうか?
 (3)あるいは、ヒールストームそのもの(の裏側)に粘着シートが付いて
   いる? あるいは両面テープで貼るような装着イメージでしょうか。

・貼り付け作業に際して、念のため注意点がございましたらご教示お願いいたします。
 (例:貼り付け後は加圧して圧着させる、とか、
   逆に24時間は触らずに放置してください、など。)

上記問い合わせに際し、またも丁寧な回答をいただきました。「左右で共通」、「両面テープを使用するので注意すべき工程は特にない」 こと、「もしも貼り方で不明な点があれば、遠慮なく連絡してほしい」 こと、が記されていました。大変ありがたいことです。

■同封された品に驚く、の巻
数日後、クツのかかと部分に貼り付けする 「ヒールストーム」 なるクッション材が送られてきました。私は、(事前にお伝えしていたので)てっきり定形サイズの普通郵便で届くと思っていたのですが、実際には想像よりも大きなA4サイズの封筒(佐川急便)で届きました。

慎重に開封してみると、何と!
ヒールストームだけでなく、ノベルティ(お詫びの品として)が同封されていたのでした。
まったく予期しておらず、その対応に驚きました。


<↓(左):開封すると…何とノベルティが同封されていた!  (右):これが今回の「ヒールストーム」>
 

「ヒールストーム」 と一緒に、カタログ(Vol.1&Vol.2)のほか 「カーボンエナメルファイル」、「ペンケース」 までもが同封されていたのです。

<↓こちらは製品ラインナップを示すカタログが2部>
 

私の実家は紙問屋だったので、(一般の方々よりも)紙の質の差異が分かるのですが、このカタログは紙質と印刷にコストがかかっている、というのが私の認識です。恐らくブランドイメージ維持のため、あえてコストをかけているのだと思います。

<↓こちらはペンケース。NEGRONI‎ の型印もあり>
 

<↓そして最後に、NEGRONI のイニシャル刺繍入りカーボンエナメルA5ファイル>
 

私はすぐに 「封筒が届き、ヒールストームも無事に装着した」 こと、「思いがけずカタログやノベルティを同封いただき感謝している」 こと、そして今後、イベントがあれば 「他のラインナップも購入検討している」 ことをメールでお知らせしました。

不具合事象(今回は製造上のイレギュラー&出荷前検査の不備)に対し、ユーザー目線で誠実・確実に対応いただけたことに感謝しました。


■ヒールストーム装着の巻
さて、ここからはヒールストームの装着風景の紹介です。保護シートを外して、所定の位置からズレないように貼るだけです。

<↓ヒールストーム裏面には両面テープがあるので、保護シートを剥がして所定の位置に貼り付けする>
 

<↓右足をお手本として、セルフで左足にヒールストームを貼り終えた状態>
 

「ヒールストームを貼る」 という工程は、ファクトリー内での製造工程の中では、恐らく(ほぼ)最終工程に近い作業でしょう。私のような素人でも貼り付けできましたが、この 「CABRIO」 に限っては、少々大げさに言うと 「(生産工程上は)ネグローニ と 調布市のKAZ のコラボモデル(合作)」 だと言えるでしょう。・・・えぇ、広義では決してウソではありませんから。

■実際の使用感の巻
さて、その 「CABRIO」 について、私的な使用感を記します。その前に、ネグローニのWEBサイトに書かれていた製品コンセプトを箇条書きにします。製品コンセプトを逸脱したインプレッションにならないようにするためです。

<CABRIO の製品コンセプト、特徴(公式WEBサイトからの抜粋)>
・「イージー&ラグジュアリー・ドライブ」 をコンセプトとして開発された。
・インソール厚を2mm調整し、幅広いライフスタイルに対応できるよう改良。
・リラックスした装着感を想定。ショート・ツーリングを楽しむには最適。
・アップテンポに3ペダルを踏み別ける緻密な操作には適していない。
・しかし、カジュアルなドライブシーンでは充分なパフォーマンスを発揮。

上記のコンセプトを理解した上で、スバル・レガシィワゴンGT spec B(280psターボ、6速MT)およびエクシーガtS(225psターボ、5速AT)の運転に供したときの使用感は、次の通りです。ただし、評点の意味は次のようにしています。

<私的な採点基準>
評点1.0 : 極めて悪い。論外。
評点2.0 : 悪い。返品レベル。
評点2.5 : 不満。何らかの改良を要す。
評点3.0 : 可もなく不可もなし。
評点3.5 : 次第点。良し。
評点4.0 : 優れている。満足。
評点5.0 : 大変優れている。お手本。

<6速MT : レガシィでの使用感と評点>
右足と左足で評点が異なる。
 ・右足(アクセル操作として) : 5段階評価で4.0点
 ・左足(クラッチ操作として) : 5段階評価で2.75点(=2.5点と3.0点の間、我慢どころ)

<↓ネグローニ・CABRIO を履いて、BPレガシィ(6速MT)を運転する>
 

評点の理由については、以下の文章と画像で説明します。

右足では、アクセル操作の際にかかとを支点として(床に接した状態で)ペダルを踏み込んでいきますが、ソールの巻き上げ形状により、その操作がなめらかに行うことができる。見かけによらずシューズ側面に剛性感があるため、意図した動きと実際の操作に差異が少なく、足との一体感があります。

それに対して左足の評価は劣ります。クラッチ操作の終末工程で、かかとが浮いてしまうからです。クラッチの操作過程を考えると、まず操作の前半では足の裏全体を(クラッチペダルに対して)平行移動させる形で踏んでいきますが、操作の後半では、より 「つま先側に」 荷重がかかります。すると相対的に 「かかと側」 の荷重が減るのですが、そこで足と靴底との間にスキマが生じてしまう(離れてしまう)のです。


<↓右足(アクセル操作)ではフロアに接するかかとを支点としたペダル操作となり、一体感があります>
 

<↓左足(クラッチ操作)ではペダルを踏み込んでいくにつれて、かかとと靴底にスキマが生じてしまう>


これは開口部の大きな設計によるものであり、もともと CABRIO では意図したデザインであるため、「我慢どころ(評点2.75点)」 としています。シフトアップ/ダウン操作の多い市街地では気になるレベルですが、高速などツーリング用途ではシフト頻度が下がるので、運転手側で 「それを理解したペダル操作」 の配慮をすればOKでしょう。

次は5速ATのエクシーガでの評点です。

(※私は以前の職業柄、AT車では左足ブレーキ操作で運転します。)

<↓ネグローニ・CABRIO を履いて、YAエクシーガ(5速AT)を運転する>
 

<5速AT : エクシーガでの使用感と評点>
右足と左足で評点がやや異なる。
 ・右足(アクセル操作として) : 5段階評価で4.0点
 ・左足(ブレーキ操作として) : 5段階評価で3.25点(=3.0点と3.5点の間)

評点の理由は次の通りです。

右足は、前述のレガシィの場合と同様。
左足は(私の場合)ブレーキ操作を行うのですが、MTのクラッチ操作と較べると、圧倒的にブレーキの方がペダルストロークが小さいです。そのため、ブレーキペダルを踏み込んでいく過程で 「靴底とかかとの密着性が薄れて、靴底とかかとの間にスキマが生じてしまう」 前に、「ブレーキペダルのストロークが底付きする」 のです。


<↓(左):アクセル踏み込み前、(右):アクセル踏み込み後(WOT)。いずれもレガシィの場合と同様>
 

<↓ブレーキストロークが短く、ペダルを思いっきり踏み抜いても靴底とかかとのスキマは助長しない>
 

多くの方々は、AT車では右足でブレーキ操作を行い、左足はフットレストに置いてある(ペダル操作をしない)と思いますので、左足の評点はもう少し高くなると思います。

なお街中の歩行では 「足の甲の部分のフィッティングに優れて」 おり、脱着のしやすさ(履きやすさ・脱ぎやすさ)と相まって履き心地は良好です。ただし、雨で濡れた歩道では滑りやすく注意が必要です。

総じて言うと 「カジュアル・ドライビング」 をコンセプトとした 「CABRIO」 であっても、ドライビングシューズとしての最低限の機能は発揮されていると感じます。欲を言えば、MT車のクラッチ操作時のみ 「かかと部分のフィッティング性が要改善」 ですが、(ドライバーがそれを意識下に置くことで)実用上の問題までには至らないと思っています。これも、コンセプト通りなのでしょう。


<↓思い切って「カジュアル」に振った「CABRIO」。それでもドライビングシューズとして十分アリと思う>
 


以上、多分に私的な感想でしたが、長文にも関わらず最後までお読みいただいた方々には感謝いたします。ドライビングシューズを検討されている方々にとって、何らかの参考になりましたら幸いです。
 ↓
 ↓
 ↓
2017-12-02(Sat.) : 更新
[ネグローニ] ドライビングシューズ「FIORANO」の購入(ネグローニ第2弾) をアップロードしました。
Posted at 2017/09/26 01:44:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ
2017年09月24日 イイね!

[ネグローニ] ドライビングシューズ「CABRIO」の購入(前編・製造トラブルへの対応)

[ネグローニ] ドライビングシューズ「CABRIO」の購入(前編・製造トラブルへの対応)素材はイタリア製(トスカーナ・スエード、カーボン・レザー、ラバー・ソール)、製造は日本製というドライビングシューズを購入しました。ネグローニ。そのネグローニブランドの中から、今回は「CABRIO」を選択。

通販で購入してから実用に供するまで、予期せぬトラブル対応を含めた顛末について、備忘録として記します。


■スバル&STI のドライビングシューズの巻
SUBARU ONLINE では、STI ブランド(2種)とSUBARUブランド(1種)の合計3種類のドライビングシューズが販売されています。いずれもオンラインショップ限定品で、スバルディーラーでは取り寄せできない扱いとなっています。

<↓STI 扱いのドライビングシューズ。ネグローニブランドとのコラボ製品>


価格は、何と税抜きで4万2千円!

今まで私は、高々 2千円前後 のクツしか買ってきませんでした。「クツは消耗品。」 大切に使いつつ、寿命を迎えたらまた安価なクツに買い換える・・・というサイクルを繰り返してきた私にとって、4万円を超えるようなクツはまるで未体験ゾーンです。

<↓こちらも STI 扱いのドライビングシューズ、同じくネグローニブランドとのコラボ>


上記は、前述のカーボンを全面に打ち出したモデルほどではないものの、価格は税抜きで31500円。それでもまだ、私にとっては十分に高価です。

以前のブログにて、「STI のドライビングシューズえぇなぁ~」 と思いつつも、結局は同じ色使いの 「ワークマンの安全靴でいいや!」 という考えに落ち着いたことは既報です。こちら → [妄想レポート] STIドライビングシューズの先にあるもの(→安全配慮も忘れずに)


<↓こちらは SUBARU 扱いのドライビングシューズ。濃いめのネイビーが落ち着いた感じ>


当初は 「STI のカーボンえぇな~」→「(4万5千円とは)高過ぎ!」、その後は 「STI の黒色えぇな~」→「ワークマンでもえぇやんけ」、そして 「SUBARUの濃いネイビーも えぇな~」→「でも結局は高くて買えないやん。」 ということで、踏みどどまっていました。

※個人的には、機能製品であるのに 「ファッション小物」、
  3万円を超えるのに 「ファッション小物」 という分類に違和感があります。

その後、スパルコやアルパインスター、ARDやピロティのドライビングシューズ(価格帯:1万円~2万円弱)を検討する日々が続きましたが、購入するまでには至りませんでした。ネグローニはソールの打ち替え(補修)が可能ですが、これらはソールが消耗したらそれで寿命になるような感じでした。

■転機の巻
少々前になりますが、みん友の moohkun さんが2017年07月25日付けのブログにて、「STIのドライビンググローブと同じメーカーのグローブ」 を購入したことを報告されていました(→ ワタシ自身に・・・箱根に剥けてみた!。 )

これを見て、「そうか! (STI や SUBARU の)コラボモデルに こだわらなくてもいいんだ。本家ネグローニのサイトを見に行って、そこでより好みのドライビングシューズがラインナップされていないか、確認してみよう」。

さっそくネグローニのWEBサイトで、製品ラインナップを確認します。
「カーボン+革製」 ではなく、「カーボン+スエード」 が希望です。


<↓すると早速、希望に添ったモデルを発見。でも、相変わらず4万2120円と高価!>
 

その他にも、やはり高価ながらロイヤルブルー(濃紺)やコニャック(茶色)などの配色で形状の異なる各種ドライビングシューズもラインナップされており、素材と色味の組み合わせでは、SUBARU ONLINE よりも選択の自由度が高いです(まぁ、コラボモデルは意図してテーマカラーを絞った結果でしょうけど)。

そんな中、ある特定モデルがイベントセールで 半額に近い特別価格 となっていました。


<↓これらのモデルは、スタイルアップデートに伴い特別価格で販売(~9/15まで、以後は生産終了)>


■ネット購入→商品到着の巻
急ぎ、上記3モデルの在庫を確認します。まずはサイズ、次に色。ところが、ほとんどのモデルがこの時点で在庫無し(売り切れ)。唯一、サイズと色の希望が合致した在庫モデルが、「CABRIO|COGNA」 だったのでした。

<↓人気カラー&サイズほど、早く在庫切れとなる。辛うじて購入可能なモデルが CABRIO の茶色>


CABRIO という単語は、クルマで言うとオープンカーに相当します(カブリオレ、カブリオ)。VWゴルフにも、そのようなグレードがかつて存在していました。広めの開口部を有し、靴ひもでタイトに結ばない形状から、CABRIO というネーミングは 「名は体を表している」 と思いました。

私のドライビングシューズの用途としては、スポーツ走行だけでなく、実は 「東京~札幌」 間の片道1100km超を走り抜くようなロングツーリングの機会もあるため、足にフィットしていながらゆったりとした(>相反する機能ですが)タイプ の必要性も感じていました。

CABRIO のセール価格18500円は、私にとってまだ十分に高価ですが(>いつもは2千円前後のクツ男のため)、元値が31320円(→ Δ40.9%引き)ですから、お買い得感 はあります。熟考した末に、スポーツ走行以外のドライビング用途として、思い切って買うことにしました。

数日後には、もう製品が届きました。
早速、開梱してみます。


<↓実際に手に取ってみないと、WEBサイトの画像や説明文だけでは分からないことが多い>


<↓ドライビングシューズではあるものの、リラックスした装着感を想定したラグジュアリーモデル>
 

<↓ヒール部はソールがラウンドしながら直上まで伸びており、カーボンの補強材も入っている>
 

<↓特徴的な部分を1枚の画像にまとめてみた図>


■マイナートラブルの巻
手に取って細部を観察すると、たとえ特売価格で手に入れたものであっても、造りは高品質であることが理解されます。インソールも抜き取って、クツの中の様子も順次、見てみることにします。

<↓内側にもカーボンシートが使われている(これはWEBサイトに記載の画像からは分からなかった)>


<↓インソールは低反発材と高反発材が組み合わされている(量産仕様で厚みを2mm調整済とのこと)>


・・・んん?
ちょっとまてよ?!


<↓クツとインソールを並べてみる、の図。・・・むむむ、左足用と右足用で中身の構成が違っている!>


<↓左右で明らかに構成が異なる。これは「仕様」なのか?あるいは単純な製造ミスなのか?>


とりあえず、使用前(受領直後)に左右の相違について気がついて良かった。
すぐにメーカーに対し、メールで次のように問い合わせしました。

<問い合わせメールの要旨>
・WEBサイトでの注文から商品到着まで、迅速な対応に感謝いたします。
・到着後にさっそく商品を開梱し、造りの良さに感動しています。

・インソールを取り外して靴の中を確認したところ、右足には、かかと部分
 に黒いインシュレーター(クッション材?)が貼り付けられているのに対し、
 左足には貼り付けられておらず、構造材がそのまま露出しています。

・「靴の中身の構造」は、もともと左右で異なるもの(仕様)なのでしょうか?
 あるいは製造上のイレギュラーなのか、教えていただけないでしょうか。
・状態が分かる画像をサーバにアップロードしましたので、ご確認願います。

ネグローニ CABRIO が到着したものの、また元箱に収納し、返信が来るまでの間はそのままの状態で取り置きすることにしました。果たして、先方からどのようなリアクションが来るのでしょうか。



(後編)に続く。
 ↓
 ↓
 ↓
2017-09-26(Tue.) : 更新
[ネグローニ] ドライビングシューズ「CABRIO」の購入(後編・トラブル解決&使用感) をアップロードしました。
Posted at 2017/09/24 02:07:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ
2017年09月23日 イイね!

みんカラ:週末モニタープレゼント!【プレミアム洗車セット】

みんカラ:週末モニタープレゼント!【プレミアム洗車セット】「ポリマーコーティングTsuya60ml & 脱脂シャンプーDs80ml」
モニター応募ブログ

Q1. 普段どこでカーケア用品をご購入されますか?
回答: スーパーオートバックスやジェームスなどの
     カー用品量販店

Q2. カーケア用品を選ぶ際、一番重要視される点はどこですか?
回答: (1)施工のしやすさ(ユーザーが簡単に実施できるか)、
     (2)耐候性(雨風雪や紫外線に晒されても効果が持続するか)


<備考>
もしもモニターに当選した場合は、施工対象車として
 ・スバル レガシィワゴンGT spec B(2006年式):ダークグレーメタリック
 ・スバル エクシーガtS(2012年式) :WRブルー
 ・ホンダ CBR250Four(昭和61年式):キャンディアリューシャンブルーM

を予定しており、それらの樹脂パーツを含むボディに対する使用感などをレポートさせていただくつもりです。
(※謳い文句の 「プラスチック素材やカーボン素材にも使用可能」 という部分に興味があります。)

この記事は みんカラ:週末モニタープレゼント!【プレミアム洗車セット】 について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2017/09/23 15:17:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.