• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2011年08月31日 イイね!

[その後] ワンタッチON-OFF切替バルブ付きドレンボルトを使ってみて(後編)

[その後] ワンタッチON-OFF切替バルブ付きドレンボルトを使ってみて(後編) 「ワンタッチ ON-OFF切替バルブ付き オイルパン・ドレンボルト」 を実際に使用してから2年以上(車検サイクル以上)が経過したので、その使用感などについて報告するシリーズの後編(※文末に追記あり)。

■実際に使ってみて : 前編は → こちら
■以前のブログ(おさらい) ;
ワンタッチON-OFF切替バルブ付きドレンボルトって何?という人は
      製品紹介・(前編)は → こちら
      製品紹介・(中編)は → こちら
      製品紹介・(後編)は → こちら

エンジンオイル交換時に 「ただの一滴(!)たりとも 手を汚さないで済む」 こと以外のメリットとして、例えばオイルを入れ過ぎた場合、微妙な抜き取り調整も容易にできることが挙げられる。

具体的には、エンジンオイルをオイルフィルタとセットで交換する場合、サービスマニュアルで指示された投入油量が中途半端な量になることがあるが、仮にフィラーキャップから給油しすぎた場合であっても、レベルゲージでの油面レベルに応じて 微妙な抜き取り調整が可能 だ。ドレン作業時に瞬時にON-OFF操作ができるからである。

一般のドレンボルトの場合、この 「微妙に抜き取る」 作業が困難で、オイルにまみれながら予想外に多く抜き取り過ぎてしまうか、あるいは最初から抜き取りを断念し、多少のレベルオーバーには目をつぶってそのままにしてしまうのがオチだ(と思う)。余談だが、もしもオイルを入れすぎた場合は、クランクシャフトによるクランクケース内圧変動の影響を受けてオイルパン油面が荒れやすくなったり、ブローバイガス中に含まれるオイルミストの量が増えたりするなどの懸念があるだろう(多少なら実害ないと思いますが)。

<↓廃油処理箱に回収した使用済みエンジンオイル> <↓最初に取り置きしておいた吸収材を上から被せる>
廃油処理箱に回収した、使用済みエンジンオイル  最初に取り置きしておいた吸収材を上からかぶせる

さて、話をオイル交換作業に戻そう。

廃油処理箱に使用済みエンジンオイルがいっぱいに溜まったところで、”最初に別途 取り置きしておいた吸収剤” を上から被せるのだ。市販の廃油処理箱の中には、容量5リッターまで対応している大型品もあるが、一般的なものは容量4リッターまでとなっていることが多い。開封してそのまま廃油を入れてしまうと、ビニール袋の上端を閉じる際に、吸収剤が口元ギリギリまでオイルで湿っているため、閉じにくくなることがある。

そのため、私の場合、使用済みオイルをすべてドレンさせたあと、最後に(別途取り置きしておいた)吸収剤を上から載せてビニール袋を閉じやすく工夫している のだ。上の画像で、左側の状態でビニール袋を縛る場合と、右側の状態でビニール袋を縛る場合を想像比較していただくと、イメージがつかみやすいと思う。まぁ、縛る前にあまり時間が経ってしまうと、状態は大きく変わらなくなってしまうけどね。

そのほか、吸収材が足りない場合の裏ワザとしては、赤ちゃん用オムツ(乳幼児がいる場合)やペットシーツ(室内犬を飼っている場合)の転用がある(もちろん、使用後の処理方法はお住まいの自治体で定められた方法に従う必要があります)。

<↓ジョイフルホンダで購入したオイルジョッキの出番だ。今回は本体を直接フィラーダクトに乗せて使用する>
ジョイフルホンダで購入したオイルジョッキの出番だ  今回は本体を直接フィラーダクトに乗せて使用する

<↓一人作業の場合は、こぼさないように慎重に・・・いや、給油作業よりもデジカメ撮影の方がしんどかったが>
一人作業の場合は、こぼさないように慎重に  給油作業よりもデジカメ撮影の方がしんどかったが

オイル補給時は、油中にゴミなどの異物が混入しないように注意する。もちろん、こぼさないように注意する(こぼすと環境事故になってしまう)。・・・いや私の場合は、給油作業そのものよりも、ブログ掲載用にタイミングを逸しないよう、シャッターチャンスを伺いながら 「一人作業&一人撮影」 でデジカメを使うことの方がしんどかった(場合によっては左手でシャッターを押すことも・・・)。

<↓作業後に油温~油圧に異常が無いか確認する> <↓原始的だが、テープで交換記録を貼っている>
作業後に油温~油圧に異常が無いか確認する  原始的だが、テープで交換記録を貼っている

以上、ワンタッチON-OFF切替バルブ付きドレンボルト(実はスバル純正オプション指定品)を2年以上、使ってきたが、実用上は特にデメリットが無いばかりか、オイル交換時のメリット(時間短縮&手を汚さないで済む、ドレン量の微調整が可能etc.)は多大であることを再認識できた次第。

この一連のブログが、皆様にとって何らかのご参考になれば幸いです。
(※前回までの当方のブログに 「イイね!」 を付けていただいた方々、ありがとうございます。
   まとめレスにて失礼いたしますが、この場を借りて お礼申し上げます。)



《追記》
メリットとしては、「ドレンプラグ」 を脱着する必要がないので、
通常は脱着するたびに必要となるガスケット(パッキン、消耗品)代金が不要
となることも挙げられる。金額は数十円と小さいが、何かと効果は大きいと思う。
2011年08月23日 イイね!

[その後] ワンタッチON-OFF切替バルブ付きドレンボルトを使ってみて(前編)

[その後] ワンタッチON-OFF切替バルブ付きドレンボルトを使ってみて(前編)以前、自分でエンジンオイルを交換する DIY派 にとって朗報となる、「ワンタッチ ON-OFF切替バルブ付き オイルパン・ドレンボルト」 を紹介した。実際に使用してから2年以上(車検サイクル以上)が経過したので、その使用感などについて報告する。

■以前のブログ(おさらい) ;
ワンタッチON-OFF切替バルブ付きオイルパン・ドレンボルトの紹介
              (前編)は → こちら
              (中編)は → こちら
              (後編)は → こちら

「ワンタッチ ON-OFF切替バルブ付き オイルパン・ドレンボルト」 をBP5D型レガシィGT spec B に装着してから2年以上が経過したが、今のところまったくノートラブルだ。事前に懸念されたトラブルとしては、たとえば
  ・ON-OFF切替バルブが、振動や飛び石などで知らないうちに開弁してしまう
  ・ボールジョイント部が冷熱サイクル(エンジン始動停止の繰り返し)でヘタってしまう
  ・そもそも、このドレンボルトとオイルパンの間のパッキンからオイルがにじんでしまう

・・・などといった 「機能継続性(耐久信頼性)」 が考えられたのだが、今のところ、こうした症状も兆候も皆無である。さすが、スバル純正オプション部品に指定されているだけのことはある。やるな!麓技研(株)の 「ミニチェンジャー」よ! いやまぁ、もしも高々2年足らずで不安の兆候が現れるようでは、製品として成立していないと考えるべきだが。

そこで今回は、DIYでのオイル交換時のメリット:「いや~、こんなに楽してオイル交換が出来まっせ!」 という状況を、画像で紹介しようと思う。

<↓廃油処理箱の中の吸収材を少々取り出しておく>  <↓クルマを自宅ガレージ(地下ピット)に入れる>
廃油処理箱の中の吸収材を少々取り出しておく  クルマを自宅ガレージ(地下ピット)に入れる

廃油処理箱としては、オイルパックリとかオイルハンターなど各種商品名があるが、私の場合はまず、あらかじめ中身の吸収材を少々取り出し、別口として脇に置いておくようにしている(後述 → 後編へ)。なおレガシィには、下の画像に示す通り、純正アンダーカバー(樹脂製)に代えてアルミアンダーガードを装着している。

<↓アンダーガードを車輌下から覗き上げた状態。オイルパンの位置には、ドレン作業用のサービスホールあり>
アルミアンダーガードを車輌下から覗き上げた状態  ドレン作業用のサービスホールあり

<↓左:角度を変えて見た画像。切替バルブの位置ズレ無し。右:拡大画像。ボールジョイント部からの漏れも無し>
角度を変えて見た画像。切替バルブの位置ズレ無し。  拡大画像。ボールジョイント部からの漏れも無し

さて肝心のオイル交換作業であるが、従来(切替バルブを持たない、純正のドレンボルト装着時)はアルミアンダーガードを毎回脱着する必要があった。というのも、注意しながらオイルを抜き取っても、ほぼ必ず(?)アンダーガードの内側に多少なりともオイルが垂れてしまうからであった。要するに、通常のドレンボルトではオイルの流量や排出方向のコントロールが困難であり、またアンダーガードに設けられたサービスホールは(位置的・開口面積的に)あまり役に立たないためだ。

しかし今回は違う。
わざわざアルミアンダーガードを脱着する必要はない。

オイルパンからドレンさせる廃油の流量を簡単にコントロールできるためだ。切替バルブを少ししか開けないでおけばチョロチョロとしか流れ出てこないし、大きく開けばバルブ開口面積に応じた流量(勢い)で排出させることが可能だ。さらに万一の際には、ドレンさせている最中であっても、バルブを閉じればドレン作業を一時中断することも可能だ。

<↓左:切替バルブを少し開けばドレン流量も少量でコントロール可能。右:大きく開けばドレン流量も大きくできる>
切替バルブを少し開けばドレン流量も少なくコントロール可能  大きく開けばドレン流量も大きくできる

結果、「ただの一滴(!)たりとも 手を汚さずに、オイルパンからオイルを抜き取ることが可能」 であった。
もちろん、アンダーガードを含めた車輌側にも オイルを垂らして(にじませて)しまうことはなかった。
メリットは他にもある。


(その後・後編 に続く)
2009年06月25日 イイね!

ワンタッチON-OFF切替バルブ付きオイルパン・ドレンボルトの紹介(後編)

ワンタッチON-OFF切替バルブ付きオイルパン・ドレンボルトの紹介(後編)自分でエンジンオイルを交換する DIY派 にとって朗報(になるかもしれない)の、ワンタッチ ON-OFF切替バルブ付き オイルパン・ドレンボルトを BP5D レガシィに装着したので、紹介する。今回はその(後編)。

(前編)は → こちら
(中編)は → こちら

入手した ”ミニチェンジャー” に付属する樹脂ガスケットではなく、スバル純正の金属ガスケット(オイルパン用、部番:11126AA000)を ”自己責任で” 使用することに決めた経緯は、(中編) の通り。

ここで ON-OFF の切替バルブを操作したときの、通路内部にあるボールジョイントの開閉具合について再確認しておこう。ボールジョイントは切替バルブと連動しており、ボールを貫通する円錐状の通路がドレン通路と交差するときは 「閉」、ドレン通路に連通するときは 「開」 になる。切替バルブの停止位置は ON か OFF かといった2者択一ではなく、範囲内ならば 任意の位置で止めることが可能 だ。つまり、ドレン通路の 開口面積は連続で可変 となる。

したがって、もしも 「カーショップなどでオイルの量を(FULLレベルよりも)微妙に多く入れられてしまい、少量だけオイルパンから抜き取りたい」 などという場合であっても、開閉コックの位置を加減することによって ドレン流量を適切に調整できる という特徴を持つ。・・・まぁ、ミニチェンジャーを装着するような人々は DIY でオイル交換するような人々であるから、こういった人々は元々カーショップなどでオイル交換作業自体を依頼しないかもしれないが。

<↓ボールジョイントの開閉コックが半開きの状態>  <↓開閉コックの全開状態。ドレン通路が貫通する>
ボールジョイントの開閉コックを半開きにした状態  開閉コックを全開にした状態。ドレン通路が貫通する

さてこの ”ミニチェンジャー”、スバル純正オプションの設定部番を取得しているとは言え、かなり マイナー な部品になるようだ。というのも、今回装着をお願いしたディーラーでは、「このような製品は初めて見ました」 「今まで扱ったこともありません」 とのこと。つまり私のレガシィが初装着車、ということになる。そのためディーラーサイドとしても興味があるようで、今後は耐久性などの情報を、必要に応じて私の方から展開しましょう、ということで合意した。

<↓BP5D レガシィ GT specB (6MT)に適用した>   <↓PROVA製 アルミアンダーガードを装着している>
今回は BP5D レガシィ GT specB (6MT)に装着した  PROVA製 アルミアンダーガードの開口部にドレン部が位置する

<↓アンダーガードの楕円状の開口部がドレン部>   <↓開口部の拡大。ミニチェンジャーを無事に装着>
アンダーガードの楕円状の開口部がドレン部  開口部の拡大。ミニチェンジャーを無事に装着

上の画像に示す通り、ディーラーにて問題なく装着していただいた。
ただ、オイルは elf(レ・プレイアード、10W-50) の新油を入れたばかりであるから、当面は
  ・ボールジョイント部からのシール不良有無、
  ・スバル純正のオイルパン用金属ガスケットと組み合わせた場合のオイルにじみ有無、
  ・エンジン振動や車体振動で、走行中に切替コックのロックが外れたりしないことの確認
をするつもりである。
なおミニチェンジャーがその真価を発揮するであろうオイル交換作業における便利性については、機会を見て、ブログなどで改めてインプレッションを述べることにしたい。

以上、今回の一連のブログ (記事3編:前編中編、後編=本記事) が何らかの参考になれば幸いです。
2009年06月23日 イイね!

ワンタッチON-OFF切替バルブ付きオイルパン・ドレンボルトの紹介(中編)

ワンタッチON-OFF切替バルブ付きオイルパン・ドレンボルトの紹介(中編)自分でエンジンオイルを交換する DIY派 にとって朗報(になるかもしれない)の、ワンタッチ ON-OFF切替バルブ付き オイルパン・ドレンボルトを BP5D レガシィに装着したので、紹介する。今回はその(中編)。

(前編)は → こちら

入手したこの ”ミニチェンジャー” は、ディーラーで BP5D型レガシィ(GT specB)に装着してもらった。今回 家族用のYA5A型エクシーガではなく、レガシィに装着したのは、(前編) の文末で述べた以外にも理由があった。

実は、早いもので今夏にレガシィは初回の車検を迎える。今まで自分用のクルマはずっと ユーザー車検で通してきた のだが、BPレガシィは(保証延長プランに加入したいので)ディーラーで車検を通そうと思っている。保証延長プランに加入する条件が、ディーラーで車検を受けることになっているので。・・・何だか私らしくないんだけどね。で、車検3ヶ月前の無料診断を受けた場合、エンジンオイルが交換工賃を含めて半額 になるという特典があったのだ。

<↓車検3ヶ月前の点検入庫を喚起するハガキ>    <↓elfオイル(10W-50)も半額の5,600円に!>
車検3ヶ月前の点検入庫を喚起するハガキ  elfオイル(10W-50)も半額の5,600円に!

elfオイル(10W-50)が半額になるってことは、めったにない。一瞬、車検3ヶ月前の無料診断を受けたあと 「持ち帰り」 でオイルのみ購入しようかと思ったが、ディーラーで作業依頼しても同額(半額からさらに安くなることはない)とのこと。それならば、ってことで、レガシィのオイル交換を依頼することに。

で、オイル交換するなら当然、純正のドレンプラグも取り外すことになるので、今回の ”ミニチェンジャー” への置換も同時依頼した次第。ところが使用すべき ガスケット について、私とサービスフロントとで 意見が分かれた

私 : 「ミニチェンジャーに付属のガスケットはメタルタイプではないので、耐久性が心配
    そのため、通常のオイル交換の際に使用するガスケットを使ってください。」
D : 「いえいえ、製品にわざわざガスケットが付属しているなら、その 付属品を使うべき
    ではないでしょうか?」

確かにディーラーのサービスフロントの言うことにも一理ある。しかしこのミニチェンジャー、一度装着したなら、廃車になるか下取りに出すか不具合が生じた場合以外は、ずっと装着しっぱなしになる可能性が高い。とすると、本体の耐久性のみならず、オイルパンとミニチェンジャーとの間のガスケットにも 長期耐久性 が求められることになる。

付属のガスケットは、どこからどう見てもメタルタイプではなく樹脂ガスケット(パッキン)のようだ。とすると、長期間にわたって冷熱サイクルを繰り返すうちに膨潤したりヘタったりする恐れもあるかもしれない。オイルパンから見た場合、相手部品=純正のドレンボルトは金属で、今回のミニチェンジャーも金属。シール性に影響を及ぼすであろう、ガスケットと接する面の [表面粗さ] も、後者は機械加工のためあまり変わらないだろう。ネジの規格も同一。さらに純正ガスケットは市場実績もあるだろうけど、ミニチェンジャーの付属ガスケットの寿命は現時点で不明。

以上の点を順に説明し、「あくまで 自己責任で」 という名目のもと、今回は私の主張通り通常の純正メタルガスケットを使って装着してもらうことにした。

<↓DIY用にまとめて入手しておいたメタルガスケット>  <↓今回は付属のガスケットは使用しないことに>
DIY用にまとめて入手しておいたメタルガスケット  今回は付属のガスケットは使用しないことに


・・・すみません、今回のブログは (前編) の続きなので、単純に (後編) として
完結させようと思っていたのですが、思いのほか長くなってしまったので、
次回ブログを改めて (後編) とし、今回は (中編) ってことにさせていただきます。

今度こそ (後編) に続く。
2009年06月21日 イイね!

ワンタッチON-OFF切替バルブ付きオイルパン・ドレンボルトの紹介(前編)

ワンタッチON-OFF切替バルブ付きオイルパン・ドレンボルトの紹介(前編)自分でエンジンオイルを交換する DIY派 にとって朗報(になるかもしれない)の、ワンタッチ ON-OFF切替バルブ付き オイルパン・ドレンボルトを BP5D レガシィに装着したので、紹介する。今回はその(前編)。

古くからクルマ好きな DIY派 の間で議論されている話題の一つに、「オイル交換は上抜きと下抜きのどちらが良いか?」 がある。

上抜き方式と下抜き方式には、それぞれでメリット・デメリットが存在するから、どちらの方式が より良い(better:比較級) のか・・・については、状況によって異なってくる。

しかし技術的な見地からすると、スバル車の場合は圧倒的に下抜き方式の方が良いと私は思っている。その根拠は簡単だ。下抜き方式の方が、オイルパンの構造上、より多量のオイルをドレンさせることが可能である(ことがほとんどである)からだ。

具体的な話をすると、オイルパンの中には走行中の油面の偏りを抑制する ”バッフルプレート” なる板が水平方向に内蔵設置されているのだが、上抜き方式の場合、差し込んだドレンホースの先端が このバッフルプレートにぶつかってしまい、オイルパンの底まで到達しない(ことがほとんどである)。したがって、オイルパン内の油量全体を吸い出すことが物理的に不可能である(ことが多い)からだ。
 ※(注):車種によっては可能な場合があるので、断定ではない。念のため。

もちろん下抜き方式でも、オイルパンのネジ穴部分に上下方向の厚みがあるぶん、オイルパン内には多少のオイルが残留してしまうことが避けられない。しかしその量は数十cc程度(←実際に計測したことがある)であり、上抜き方式ではヘタをすると数百ccの残留オイルとなってしまいかねないことと比較すると、当方は断然 下抜き派 なのである。

さて、そんな下抜き派の私であるが、以前より少々気になっていたアイテムがあった。
その名もズバリ、麓技研(株)の 「ミニチェンジャー」 である。

<↓麓技研(株)の カタログより> <↓プラグを外さず、手も汚さずにドレン可能という>
麓技研(株)の カタログより  プラグを外さず、手も汚さずにドレン可能

<↓各自動車メーカーに対応した仕様の設定がある>  <↓内部の構造。中空のボールジョイント式である>
  

当初私は、「ふぅ~ん、こんなアイテムがあるのか。確かに便利そうではあるな。・・・でも耐久性はどうなんだろうか?」 と少々 懐疑的 であった。特にボールジョイントのシール部分が。材質や耐熱温度、耐摩耗性などの具体的なスペックや数値データが何も例示されていないからである。

ところがこのアイテム、スバルの純正オプションに部品指定されている ようなのだ! 下の画像は、スバル純正指定のケミカル&油脂類のカタログから抜粋したものである。確かにコンセプトの似たような類似製品・・・というより、どこからどう見ても、そのものズバリの同一製品のようにしか思えない。

<↓スバル純正のケミカル&油脂類のカタログより>  <↓同名の”ミニチェンジャー”なる記載がある>
スバル純正指定のケミカル&油脂類のカタログより  同名の”ミニチェンジャー”なる記載がある

記載によると、部品番号は 「005400620」、価格は \3,450、スバル用品扱いである ことが読み取れる。富士重工業の純正部番を取得しているということは、少なくとも、初期品質だけでなく長期的な耐久性も有していると考えて良いだろう。・・・ということで、今回入手してみた。さっそく見てみよう。

<↓切替コックがOFF(閉)の状態。ロック機構あり>  <↓スプリングに抗して切替コックがON(開)の状態>
切替コックがOFF(閉)の状態。ロック機構あり  スプリングに抗して切替コックがON(開)の状態

<↓上からみたところ。ボールジョイントが見える>  <↓正面からみたところ。プラグとサークリップが見える>
上からみたところ。ボールジョイントが見える  

さて、入手したこの ”ミニチェンジャー”、実はディーラーで装着してもらった。装着車種は、家族用のYA5A型エクシーガではなく、BP5D型レガシィ(GT specB)である。エクシーガは家族が運転する(私が乗らない)ことがあるので、万が一、オイル漏れが起こった場合は家族だけでは対処できない恐れがある一方、レガシィは私しか運転しないので、何か起こっても私自身がDIYで最低限の対処をすれば良いと考えるからだ。また、より車輌条件の厳しいレガシィで問題がなければ、その後は安心してエクシーガにも転用(拡大採用)できるというものだ。

装着時のサービスフロントでのやりとり、および装着後の様子については、(後編) (中編) 以降に述べることにする。


(後編) (中編) に続く。

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.