• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2010年02月27日 イイね!

TRUSTインフォメータータッチのGPSナビへの影響(誤作動)について・その1

TRUSTインフォメータータッチのGPSナビへの影響(誤作動)について・その1TRUSTのインフォメーター・タッチ装着により、パナソニックHDDナビのGPS受信感度が極端に悪化し、ナビが使い物にならなくなる・・・という現象について考えるの巻(その1)。

以下、このブログで話題にするアイテムをまず挙げておく。
・クルマ   BP5D型レガシィGT spec B(2006年式)
・取上対象 TRUSTインフォメーター・タッチ(Ver. 1.04)
        パナソニックHDDナビ(CN-HD9000WD)
・比較対象 ユピテルSuperCat RW989si(GPSレーダー探知機)

当方のBP5D型レガシィには、それ以前からBG5B型レガシィで使っていたパナソニックのHDDナビを移植している。Yahoo!オークションで落札して2003年にBGレガシィに、2006年にBPレガシィに自分でインストールしたものだ。その間、自分でテクニカルセンターに直接持ち込んで地図データを2006年度版にアップデートしている(詳細は → こちら)。

そのHDDナビの不調に気がついたのは昨年の秋ころ。ナビ上の自車表示位置と実際の現在地が合致しない症状が出るようになっていた。ここ最近、長距離移動にはエクシーガを使用することが多くなりレガシィの出番がめっきり減ったこと、そのレガシィに乗る際にはナビを使う必要のない状況ばかりだった(短距離移動ならナビを起動しないので)ことから症状の発見が遅れたが、ようやく最近時間が取れたので、ザッとトラブルシューティングしてみることにした。

BPレガシィは2006年の購入直後から怒濤の勢いで手を加えたこともあり、ここ1年間の変化点はほとんどなく、せいぜい ワンタッチON-OFF切替バルブ付きオイルパン・ドレンボルトを装着 したことくらいだ。・・・そのほかは、TRUSTのインフォメーター・タッチを装着しただけか。

ハッ!!

そういえば、ネット上では「インフォメーター・タッチの装着により地デジチューナーの受信感度が悪くなる」という事例が散見していたことを思い出した。「みんカラ」内でも、キーワード:「インフォメータータッチ」に「誤作動」とか「感度」とか「障害」などの言葉を組み合わせて検索すると、何件か投稿記事がヒットする。・・・当方のナビ不調についても、インフォメーター・タッチの影響有無を確認する必要があるだろう。そこでまず症状の現状把握から。ナビ画面で「情報」→「システム状態を見る」→「GPS情報を見る」と階層をたどっていくと、GPSの受信状況を確認することができる。

<↓ナビの画面上からシステム状態を確認する>
階層をたどってGPS捕捉状態を確認する

<↓インフォメータ・タッチ稼働時の画面(レガシィ)>  <↓その状態では、何とナビのGPS捕捉数がゼロだ↓>
  

おおぉ!案の定? 合計7機あるはずのGPSを1機もとらえていないではないか!これでは目的地までのナビゲーションどころか、自車の現在地を反映することすら困難ではないか!
だが待て。これだけではインフォメータ・タッチが原因だとは断定できない。なぜならば、ナビ本体が不調な場合(GPSアンテナコードの断線なども含む)も、同じ症状に至る可能性があるからだ。手っ取り早くその可能性を探るには、インフォメータ・タッチを作動停止させれば良い。インフォメータ・タッチ本体にはON-OFFスイッチが設けられていないから、実際には自己診断コネクタからカプラを引き抜いて確認することになる。

<↓インフォメータ・タッチをISOコネクタから取り外す> <↓すると、ナビのGPS捕捉数が 6機に復活!!↓>
  

上記に示す画像の通り、インフォメーター・タッチを作動停止させたとたんに、ナビのGPS捕捉が復活し、自車位置も正確に地図上に反映されるではないか。念押し確認で、その状態で再びインフォメーター・タッチのカプラを車輌の自己診断コネクタに接続すると、とたんにGPSを捕捉しなくなる。以下、繰り返しても同様。確実性のある再現性が得られた。

なおインフォメータ・タッチ稼働時も、ユピテルのGPSレーダー探知機(SuperCat RW989si)には実用上の問題はなく、また(インフォメータ・タッチを非作動状態にした上で)GPSレーダー探知機を作動させた状態では、ナビのGPS捕捉数に影響は出ない(システムは正常に機能する)。ちなみに、インフォメータ・タッチ稼働時も、後付したパナソニックのフルセグ地デジチューナーの受信感度には実用上の問題はない。

う~ん、そうか。だんだん見えてきたぞ!
次は有効な対策について考えてみるか。
ということで、その2 に続く。

念のため・・・当方のインフォメータ・タッチはVer. 1.04で、本体横のコードに装填するフェライトコアがあらかじめ添付されている。またオプションの各種センサーとセンサーアダプターを接続すれば、油温・油圧・ブースト圧が表示可能となるマイナーチェンジ後のバージョンである(現時点での最新バージョンはVer. 1.05 の模様)。

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.