• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2009年04月29日 イイね!

HKSメタルキャタライザ付きフロントパイプの装着(その1・梱包編)

HKSメタルキャタライザ付きフロントパイプの装着(その1・梱包編)YA5A型エクシーガGTに「HKSのメタルキャタライザ付きフロントパイプ」を装着したので、製品の品質や装着後の所見などについて簡単に述べる。

自分用のクルマとしてBP5D型レガシィGT-specB(6MT)を日常の足として使っている私から見ると、家族用のエクシーガGT(5AT)は必要十分な加速はするものの、乗車人数が多くなると、「ここぞ!」という場面で、(もともとのエンジンチューンというよりも車重+乗員重量の関係で)アクセル踏み込みに対する車輌のレスポンスにイマイチの感が生じる。

パワー(この場合はトルクの絶対値)アップを期待するよりも、レスポンスアップを狙える社外品の筆頭は、やはり「排気系」になると思う。その点で PROVA のエキマニ(部番:53231FG0000) のリリースを楽しみにしているのだが、同社のWEBサイトによると 「6月中旬出荷開始予定」 とある。企画当初と較べ、なんだかだんだん発売予定日が後ろ倒し?されている?ような気が。。。

そこで今回、「HKSのメタルキャタライザ付きフロントパイプ」を装着してみることにした。もちろん、ショップ任せではなく 自宅ガレージ でのDIY作業による装着である。かつてはスバル車用の フロントパイプ[通称名] や センターパイプ[通称名] の触媒は、ストレート構造だのセラミック触媒だのメタル触媒だのと乱立していた時代があったが(参考:こちらこちら)、今ではメタル担体が当たり前の時代になった。アフターパーツメーカーもようやくデフォルトで出力性能と環境性能の両立を図るようになってきたようで、隔世の感がある。

さてその「HKSのメタルキャタライザ付きフロントパイプ」。
早速ダンボール箱を開梱してみよう。

<↓フロントパイプのダンボール箱を開梱したところ> <↓フランジ部にも緩衝材が巻かれている>
梱包を開いたところ。両端フランジ部と本体に各2個ずつの緩衝材がある  フランジ面にも緩衝材が巻かれている

実際の製品サイズに対して箱の大きさが一回り(いや二回りか)ほど大きいのは、排気系部品の常か?まぁ、同梱させる製品は異なってもダンボール箱は共通だろうから、仕方のないところではある。それよりも感心したのは、クッション材を用いてしっかりと梱包されている点だ。両端のフランジ部にはキズ付き防止のために(いや、本当はダンボール箱からエッジが飛び出さないようにする配慮からだろうが)厳重に緩衝材が巻かれているし、箱の中で製品が踊らないように充填材もある。

HKS・・・見直したぞ!
かつてはHKS社員が開発車(違法改造車)で、本社のある一般公道(富士宮市内)でテストコースよろしくスピードを出して一般車への追突事故を起こし、その同乗者を死亡させるという重大事故を起こした会社とは思えないほどだ!(注:当時新聞ネタになりました。現在では → こちら。)


※冒頭で「簡単に述べる」と書いた割りには長文になってしまいそうなので、
 続きは (その2) で述べることにします、悪しからず。。。
2009年04月17日 イイね!

純正HDDナビ不調の巻(パナソニックFクラス・CN-HW1000DFA)

純正HDDナビ不調の巻(パナソニックFクラス・CN-HW1000DFA)YA5A型エクシーガGTに装着した、スバル純正オプション設定のHDDナビ(パナソニックFクラス・CN-HW1000DFA)が不調だ、という話。

パナソニックのHDDナビとのつきあいは、旧BG5Bレガシィ(や、エクシーガの下取りに出した旧GDA-Cインプレッサ)でCN-HD9000系を装着した2002年にさかのぼる。

当時CN-HD9000系を選択した主な理由は、ナビ画面の見やすさからであった。旧GDA-Cインプレッサには当時のスバルディーラーOPだったCN-HD9000SD(インダッシュ型)を、旧BG5BレガシィにはYahoo!オークションで格安で手に入れたCN-HD9000WD(オンダッシュ型)を、それぞれおごっていた。

インプレッサのHDDナビはホップアップ故障(画面がセリ出てこない/格納されずに引っかかる)、レガシィのHDDナビは低温環境下で画面が写らない(音声反応はあるが画面が真っ暗)というマイナートラブルを体験したが、致命的な故障は発生しなかった。

そういった経験を踏まえつつ、今回もパナソニックのHDDナビ(CN-HW1000DFA。型番末尾の「~FA」は自動車メーカー向け仕様を表す)を選んだワケだが、Fクラスでロジックが大きく変更されたせいか? 初期不良?に悩まされている。

まずはエクシーガ納車直後からの症状として、
 「ナビのGPS受信感度が低い」
ことが挙げられる。

新車1ヶ月点検時にディーラーに相談すると、「GPSアンテナ側に原因があるのか/あるいはナビ本体に原因があるのか」を切り分けるため、まずはGPSアンテナのみを新品に交換して様子を見てください、ということになった。もちろん、アンテナと本体との接続状態に異常は認められないことは確認済み。

エクシーガの場合、純正OPなので、本体もGPSアンテナも装着作業はディーラーのメカニックが実施。GPSアンテナの設置位置は、ユーザーが特に指定しない限り、センターコンソールの樹脂パネルの下になる(BP/BLレガシィ系ではインパネの奥、メーターバイザーの下になる)。

他のエクシーガでの症状有無は不明だが、こと我が家のエクシーガに限っては、GPSアンテナを新品に交換した後であっても、この設置位置のままでは感度が極端に低くなることが判明。・・・いや、低いと言うよりも全然信号を拾わないのだ。例えば、東京都内の国道20号線を新宿方面に向かって走っているとき、現在地表示させると「ここは横浜です」などと表示されてしまっていた。

自分なりにいろいろ検証していくと、どうやらGPSアンテナがナビ本体と接近していると感度不良になることが判り、暫定処置としてダッシュボードの上(の、思いっきり助手席側)に露出させることとした。
しかし本来は、ダッシュボードの中に置こうが上に置こうが、GPSの受信感度にはほとんど影響しないハズである。例えば、エクシーガに設置したユピテルのGPSレーダー探知機 RW989si では、センターコンソールの樹脂パネルの上(ナビ本体の上方)に設置しているが、GPSの受信個数は4機程度は拾っている。
ところがまったく同じ状況下で CN-HW1000DFA のGPS受信状況をシステム画面で確認すると、受信機ゼロか、せいぜい1機しか信号を拾えていないことが多々あるのだ。

<↓同じ状況下にありながら、GPS受信感度に差がある>
同じ状況下にありながら、GPS受信感度に差がある 

<↓ユピテルのRW989siでは信号を4機拾っている> <↓CN-HW1000DFAでは1機も信号を拾っていない>
ユピテルのRW989siでは信号を4機拾っている  CN-HW1000DFAでは1機も拾っていない

そうこうしているうちに、ブログ冒頭の画像に示したシステム異常を警告する表示(販売店にご相談ください、の画面)が出現、ナビ不調は決定的となった。

これらの症状が出そろった段階で、
 (1)GPSレーダー探知機ではGPS信号を拾うのに、同じ状況下でナビは拾わないこと
 (2)「GPSアンテナの設置位置による受信感度への影響」を、デジカメで動画撮影
 (3)システムエラーとなった際の、エラー表示画面をデジカメで記録撮影したもの
を、証拠(デジタルデータ)としてディーラーに提出。

現在、HDDナビ本体を交換していただく方向で調整中である。
(ナビ自体は富士重工部品ではないため、ディーラーが当該課経由でパナソニックと交渉中のようである。)

もしもナビ本体交換となった場合、これまでにCDからリッピングした音楽データがバックアップ保存(move)できないのは痛いが、外出先でとんちんかんな道案内をされた場合の実害を考慮すれば、仕方のないところ。特に私は東京~札幌間を自走往復する機会があるので、出先でのナビ不調は何かと致命的である。

やっぱりクルマも電気製品も初期型は敬遠すべきなのか・・・(苦笑)。


純正HDDナビ不調の巻・その2(パナソニックからの驚きの回答) 」 に続く

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.