• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2011年12月11日 イイね!

東京モーターショー2011 雑感 (後編)

東京モーターショー2011 雑感 (後編)東京モーターショー2011に行ってきたので、
雑感を少々述べたいと思う。 ※(前編) からの続き。

<スバルブース>
最初に目指したのは、スバルブース。例年は、残念ながら話題性に富む(魅力的な)展示車が少ない同社ブースであったが(>失礼)、今年は目玉のBRZ人気で人だかりが絶えない状況だった。明らかにそれと分かるスバヲタ(>失礼)はほとんどおらず、若いカップルがBRZを、ファミリー層がフォレスターと新型インプレッサに見入っていた。

個人的には、フルモデルチェンジでようやくライバル車に較べてスキのない(納得のいく)安全装備や快適装備が得られ、実力が底上げされたと感じられるインプレッサに好感が持てた。

ただ、これはあくまで私見であるが、ステージ全体の展示レイアウトには改善の余地があったように思う。たとえばBRZ。ただでさえ車高の低いクルマなので、ステージ上に載せても、寄る人波のせいで後ろの人にはまったくその姿が見えないのだ。単にスタイリングだけでなく、低重心を謳うレイアウトもアピールするのだったら、たとえば思い切って展示車を ”垂直に立てて” 回転させ、表側(ボディ側)からは ステージに近づけないお年寄りや子供たちにも 遠目にもスタイリングを確認できるようにする。そして裏側(アンダーフロア側)からも、エンジンが前輪の車軸に対してキャビン中央寄りに大幅に後退して搭載されるFRレイアウトを実感できるようにする。・・・こういった工夫があっても良かったのでは?と思う。(もしかすると、機密保持の関係でまだ公開できないのだろうか?)

<↓サンシャイン水族館の展示手法例:「アクアリング」>


BMWのミニなどは、車両そのものを壁に貼り付けるディスプレイ手法をよく採っている。業種は異なるが、「サンシャイン水族館」だって、来場者の頭上を泳ぐアシカの姿を床下からシースルーで覗き見ることのできる展示手法(アクアリング)を採っている。BRZこそ、スタイリングとともに床下レイアウトをアピールしても良かったのではないか。人だかりになることは容易に予想されたハズなので、「(ステージにおいそれと近づけない)子供や女性、お年寄りにも優しい展示」 があっても良かったように思ったのであった。

<ダイハツブース>
ここでは、展示車全体を広く見渡せる「2階スペース」が用意されていたのが印象的。2階に上がるとブース全体を見下ろすことができる。もちろん限られたフロア面積内での設備(単純に設備を増やすと展示スペースが減るトレードオフ関係)であり、また混雑・混乱を避けるために2階への入場者数も時間区切りで制限されていたが、待ち時間もあまりなく上がることができた。先のスバルブースで感じた不満は、ダイハツブースでは感じられなかったのであった。

なお以下は余談であるが、
密かに応援したいと思っていたコンパニオンさん(実物)にお目にかかれたのはラッキーでした。

<↓個人的に注目していたダイハツブースのコンパニオンさん。なお周辺の人物は画像処理してあります。>
   

<その他>
トヨタブースでは、人の流れ(順路?)に沿って 「どこでもドア」 に進んだのだが、ドアをくぐる前には夢が感じられていいな・・・と思ったものの、混雑の中、苦労してくぐり抜けてみると 「ただのドアごとき(>失礼)にこんなに時間をかけてしまった。しかも通り過ぎても何も起こらない。」 という現実に引き戻されて、少々寂しさを感じてしまった(ドア出口でカタログかケータイストラップなど、トヨタの活動をアピールするグッズでも配っていたら、また印象は変わっていたと思う)。

<↓ドラえもんのキャラクターや、別フロアにあったトランスフォーマのディスプレイは、子どもたちに人気だった>
   

トミカコーナーでは、開催記念トミカの中で 「No.2 インプレッサWRX STI 4Door」 と 「No.12 UDトラックス クオン」 を購入。その他、二輪の各ブース、SMART MOBILITY CITY 2011、部品関係では日本精工(NSK)や東京濾器などを見学し、メディア系では三栄書房に立ち寄り、例年以上に短時間での滞在ながらモーターショーを味わって帰宅した。

   

ごく限られた時間の中での見学でしたが、オフィシャルも運営に気を遣っており(東京ビッグサイトでは、ベビーカーや車いす用のエレベーター数が絶対的に不足している という課題はあるが)、ファミリー層の来場も多く、また出展者からのメッセージ色も感じられた。そういった意味では、大げさに言えば、日本は確実に復興に向かっていると感じられた今回のモーターショーでした。
Posted at 2011/12/11 20:24:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【スバル関係】 | クルマ
2011年12月08日 イイね!

東京モーターショー2011 雑感 (前編)

東京モーターショー2011 雑感 (前編)東京モーターショー2011に行ってきたので、
雑感を少々述べたいと思う。

<アクセスについて>
開催地が前回までの幕張メッセ(千葉県)から東京ビッグサイト(都内)に変更された。今回、知人といっしょに合計7人でエクシーガに乗って(>定員フル乗車ですな)会場に向かった。都合により、平日ではなく12/4(会期中、最初の日曜日)に行ったため、案の定、現場に着いてから駐車場に入るまでに約1時間も要してしまった。

都内開催により自宅からのアクセスは距離的には楽になったものの、駐車場入口は1カ所(入場レーンが1車線)、かつその手前は一般交差点だったため、平日以外はまず混雑すると思っておいた方が良いだろう。駐車場に入る際には、交差点を右折すると「順番待ちの車列を中断させて強引に合流する形」となってしまうため、「交差点で左折を繰り返す方式」での道順を採る方が、最後尾に並びやすいと思う。

<会場に入って>
展示棟は屋外スペースを除くと東棟と西棟に大別され、迷うことはあまり無いと思われる。入口の脇には、「TOKYO MOTOR SHOW 2011 NEWS」なる日刊情報誌(会場案内図を含む)が並べられており、自由に(何冊でも)手にすることができる。これは、「22世紀のクルマのある風景」をテーマに、漫画家の松本零士先生(注:氏に限らず、私は漫画家さんを個名で呼ぶときには○○先生と呼びます)が手がけたイラストが表紙になっているので、すぐに分かります。なお、モーターショー自体のテーマは「Mobility can change the world.(世界はクルマで変えられる。)」です。

<↓松本零士先生によるイラスト表紙の「東京モーターショーニュース2011」。日刊なので会期同様、全12種類>
漫画家の松本零士先生によるイラストが特徴的   日刊なので、イラストは会期と同じ全12種類

それにしてもこの日刊・東京モーターショーニュース2011、会期中、各曜日ごとの正確な来場者数が読みづらい(不景気の影響のマイナス面、会場変更+プレミアモデルの出展数増のプラス面、の複合要因ありな)のに、万が一にも欠品しないように印刷準備をしているハズだもんな。冊子が余ったらどうするのだろう。処分するのか?もしもそうだとすると、あんまりエコじゃないな。印刷部数については、オフィシャルの「事前の必要部数の読み」がキモになりそうだな。・・・な~んて心配をしてみたりする私であった。


(後編)に続く

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.