• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2010年06月28日 イイね!

[BPレガシィ] ”フューエルリッド開かず” の原因と対策(前編)

[BPレガシィ] ”フューエルリッド開かず” の原因と対策(前編)BP5D型・レガシィワゴンのフューエルリッドが開かなくなった事例について、原因と対策を紹介する。

先日、セルフスタンドにてハイオクを給油しようとしたときのこと。運転席の脇のフロア下にあるフューエルオープナーを操作したところ、「スコーン」という引き抜き感(空振り感、というべきか?)ばかりが目立ち、「カツン」というスプリング反力が感じられないことに気がついた。

車外に出てフューエルリッドの状態を確認してみると、案の定、リッドが開いていない。もう一度運転席側に戻り、今度は運転席ドアを開けたまま、フューエルオープナーを何度か引き上げる操作を加えてワイヤーの作動音を確認してみたところ、かすかに「コン」という音が聞こえている。つまり、ワイヤーはリッドを開こうとしているのだが、リッドがその動きに同期していないようである。

<↓フューエルオープナーを操作するも、操作感が希薄で手応えなし。
                         ちなみは赤色はレカロST-JC、フロアマットはWRリミテッド用を転用。>
赤色はレカロST-JC、フロアマットはWRリミテッド用を転用  フューエルオープナーを操作するも、操作感が希薄で手応えなし

<↓リッドが開かないときは、焦らずにオープナーを引き上げ状態に
                         保ったまま、リッド右端(支点に対する力点側として)を押すと良い>
リッドが開かないときは、焦らずに、まずオープナーを引き上げ状態に保つ  その上で、リッド右端(支点に対する力点側として)を押すと良い

当方のBP5D型・レガシィワゴンは、初年度登録から4年弱が経過するところ。以前のBG5B型レガシィワゴンでは、約10年間乗り続けて同様なトラブルも無かったことから、原因としてワイヤーそのものの経年劣化(錆などによる破断)の可能性は考えられず、単にリッドまたはスプリング系のトラブルのように感じられた。なお、リッドが開かないときの対処法は、上記の通りである。

さて、手動で開いたあとのストリング(燃料キャップをぶら下げている、紛失防止ひも?)をよく観察してみると、その途中に強い圧迫痕があることが判る。

<↓燃料キャップのストリングを良く観察すると、途中に強い圧迫痕があることが判明。これが後の原因究明に。>
燃料キャップのストリングを良く観察すると・・・  燃料キャップのストリングの途中に、強い圧迫痕がある

セルフスタンドにて給油終了後、その足でそのままスバルディーラーに直行した。恐らく「フューエルリッド開かず」の原因は、単純なメカニカル的なものであろうと思われたが、あえて自力での究明はしないことにしたのだ。なぜかって? あえてディーラーで点検を受けることで、車輌のトラブル履歴(や修復歴)を顧客管理表(的なもの)にインプットしてもらおうと思ったためだ。

要するに、もしも将来、同じ現象が再発してしまった場合、自己修復したあとの再発ならば再度自分で直す必要が生じる恐れがある(責任は自分にあるので)。その一方、ディーラーで修復してもらったあとの再発(日常的な使用範囲において)ならば、保証責任はディーラー側となるので、クレーム処理も可能となる可能性がある(※あくまで可能性である)。だから今回は、あえてディーラーに修理を依頼するのだ(たぶん、有償になったとしても微々たる部品代または工賃程度で済むはず・・・との読みもある)。


・・・(後編) に続く。
Posted at 2010/06/29 00:16:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.