• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2014年06月16日 イイね!

ミシュラン「サマータイヤ」ロング・ロングモニター 2014-2015シーズン

ミシュラン「サマータイヤ」ロング・ロングモニター 2014-2015シーズンMICHELIN ロング・ロング体験モニター

長期テスター応募ブログ(エクシーガ編)です。









■今回希望されるタイヤを下記の2種類から1つお選びください。
 1:MICHELIN Primacy 3(プライマシー スリー)
 2:MICHELIN Pilot Sport 3(パイロット スポーツ スリー)

 → MICHELIN Primacy 3(プライマシー スリー)を希望します。

■現在装着しているタイヤブランド/製品名をご記入ください。

 → ブリジストン POTENZA/RE050A (カーメーカー純正採用版)
   サイズ : 215/45R18 89W

■これまでにMICHELINのサマータイヤを履いたことがありますか?

 → (残念ながら)まだありません。

■MICHELINタイヤの印象はどのようなものでしたか?
(ドライブでのエピソード等がありましたら、併せてお答えください)

 → 日本ではブランドイメージが確立しているタイヤだと感じます。
   特定の性能に秀でた 「尖った性格」 のラインナップは持たないが、
   それぞれのラインナップに固有の特徴を持たせつつ、
   バランスを取った製品シリーズを展開している・・・というイメージがあります。

   最近知ったことですが、ルマン24Hでの 「日産デルタウィング」 や
   「Nissan ZEOD RC」 のタイヤ開発に関わっているとのことですので、
   新しいシステムを介してのチャレンジ気風もあるメーカーのように思いました。

■現在の愛車情報とタイヤサイズをご記入ください。
メーカー/車名/年式: → 富士重工業(株)/YA5E型スバル・エクシーガtS/2012(H24)年式
タイヤサイズ(前): → 215/45R18
タイヤサイズ(後): → 215/45R18

■年間の走行距離をお答えください。

 → 約13000km(@エクシーガにおいて)

■希望タイヤを履かせたい愛車の使用用途を教えてください。
(ex.通勤、通学、帰省、レジャー)

 → (1)日常の買い物、送迎(雨天時を含む)
   (2)観光、レジャー(@7人フル乗車状態)
   (3)高速を含む長距離移動(東京←→札幌の往復帰省など)

■今期スタッドレスタイヤに履き替える予定はありますか?

 → あります。

■今回のモニター企画に対する意気込み等、自由にお答えください。

 → 我が家にはレガシィ(6速MT・ターボ)とエクシーガ(5速AT・ターボ)があります。
   今回このブログで応募するエクシーガでは、Primacy 3 を試してみたいと思っています。
   (レガシィには、別ブログで Pilot Sport 3 のモニターを応募済みです。)

   エクシーガでは特に、乗車人数1名(ドライバーのみ)から7人フル乗員(サードシート
   まで使用)まで、車重の違いにより車両の挙動が大きく変わるような条件下にて、
     「グリップ感 : 制動性、コーナリング性、トレッド面の発熱性」
     「ドライ路面とウェット路面での印象差 : 中立付近、切り始め」
     「静粛性 : 速度域や路面の違いでどう変わるのか/変わらないのか」
   といった、日常ユースに焦点をあてて、実ユーザーの立場から
   感じたこと・気がついたことを素直にレポートしたいと考えています。


※この記事はミシュラン「サマータイヤ」ロング・ロングモニター 2014-2015シーズン について書いています。
Posted at 2014/06/16 23:12:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2014年06月11日 イイね!

ミシュラン「サマータイヤ」ロング・ロングモニター 2014-2015シーズン

ミシュラン「サマータイヤ」ロング・ロングモニター 2014-2015シーズンMICHELIN ロング・ロング体験モニター

長期テスター応募ブログ(レガシィ編)です。









■今回希望されるタイヤを下記の2種類から1つお選びください。
 1:MICHELIN Primacy 3(プライマシー スリー)
 2:MICHELIN Pilot Sport 3(パイロット スポーツ スリー)

 → 2:MICHELIN Pilot Sport 3(パイロット スポーツ スリー) を希望します。

■現在装着しているタイヤブランド/製品名をご記入ください。

 → ダンロップ・ルマン LM703
   サイズ : 215/50R17 (純正より1インチダウン)

■これまでにMICHELINのサマータイヤを履いたことがありますか?

 → (残念ながら)まだありません。

■MICHELINタイヤの印象はどのようなものでしたか?
(ドライブでのエピソード等がありましたら、併せてお答えください)

 → 私見ですが、
     「ここ数年で日本市場向けの使用環境を研究して、
      欲張りな日本ユーザー向けにもマッチする製品を開発してきた。
      そして実際にも好評を得て、次第に実シェアを伸ばしつつある。」
   という印象があります。   

■現在の愛車情報とタイヤサイズをご記入ください。
メーカー/車名/年式: → 富士重工業(株)/BP5D型スバル・レガシィツーリングワゴン/2006(H18)年式
タイヤサイズ(前): → 215/50R17
タイヤサイズ(後): → 215/50R17

■年間の走行距離をお答えください。

 → 約1万km(@レガシィにおいて)

■希望タイヤを履かせたい愛車の使用用途を教えてください。
(ex.通勤、通学、帰省、レジャー)

 → (1)「東京→青森→函館→札幌」 という、片道1000kmを超える自走による帰省
   (2)買い物など街乗り(雨天時を含む)
   (3)ワインディングを含む山岳路
   (4)ツーリング(観光やレジャー)

■今期スタッドレスタイヤに履き替える予定はありますか?

 → あります。

■今回のモニター企画に対する意気込み等、自由にお答えください。

 → 我が家にはレガシィ(6速MT・ターボ)とエクシーガ(5速AT・ターボ)があります。
   レガシィでは、吸音スポンジ付きルマンLM703が寿命を迎えつつあり、
   ちょうどタイヤの買い換えを検討している真っ最中というタイミングでした。

   これまでレガシィでは、BSのポテンザ(ドライグリップ重視)、レグノ(静粛性重視)、
   ダンロップのルマン(耐摩耗性を含めたバランス重視)、というタイヤを使ってきました。

   そこで、これらのタイヤと比較して、MICHELIN Pilot Sport 3 の
   「どこが特に優れているか」 「何が要改善点か」 を含め、
   街乗り(ウェット路面含む)からスポーティ走行まで、実ユーザーの立場から
   感じたこと・気がついたことを素直にレポートしたいと考えています。


※この記事はミシュラン「サマータイヤ」ロング・ロングモニター 2014-2015シーズン について書いています。
Posted at 2014/06/11 19:32:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2014年06月07日 イイね!

[スバル] 群馬・大泉工場 「ふれあい感謝祭2014」 に参加して(後編)

[スバル] 群馬・大泉工場 「ふれあい感謝祭2014」 に参加して(後編)2014年6月1日(日)、富士重工業(株)・大泉工場の 「ふれあい感謝祭」 に参加しました。今回は、その様子をお伝えする 「後編」 です。

◎「前編」 は → こちら(タマゴのつかみ取り、恐竜ロボットなど)

<ご参考 : 大泉工場祭の関連過去ブログ>
◎2005年05月02日 → ドミンゴベースのオープンカー(大泉工場祭)
◎2005年05月29日 → 大泉工場祭に見るエコロジー
◎2005年05月30日 → 大泉工場祭での私的感想
◎2013年11月28日 → 感謝祭・納涼祭・サイン会などを振り返る(1999年→2013年)

「前編」 からの続き

■社員食堂で昼食
ふだんは立ち入ることのできない富士重工業の工場敷地内の、さらに社員向け食堂で昼食を取ることができました。この日の解放メニューは、カレーライスが200円。ラーメンが200円。両方を注文しても400円で済みます。

<↓カレーは残念ながら売り切れのため、ラーメンを注文。模擬店で購入した、つきたての餅と>
  

ラーメンは200円とは言っても、チャーシュー・ネギ・もやし・ワカメなどが入っており、特にスープがおいしく感じられました。結局、おかわりして2杯、いただきました。模擬店で売られていた 「つきたてのお餅(きなこ味)」 は、1パック150円だったかな? 家族用に数パックを購入しました。

■CoCoRo・オン・ステージ
その社員食堂では、12:40~から CoCoRo によるステージ・ショーが開催されました。CoCoRo とは、ご当地アイドルのようです。持ち歌を数曲、披露していましたが、その中の1曲に 「群馬、グンマ、ぐんま、GUNMA~!」 と連呼する歌詞があったような。タイトル不明ですが、群馬の良さを伝えるような曲だったと記憶しています。

<↓構成年齢層は若そうですが、発声は上手で歌にも張りがあるように感じられました。これも修行か>
  

今後、もしも彼女たちがブレークした場合、「昔は”ふじじゅう”の食堂で、素通りするお客さん相手に歌ったよね~。」 などと仲間内で修行話でもすることになるのでしょうか・・・。もっとも、売れたあとのメンバーが今のメンバーと同じである保証はありませんが。まぁ、もしも知名度が全国区にならなかったとしても(>失礼!関係者の方々)、「ふれあい感謝祭」 のステージに立った ”経験値” は、必ずや今後の人生の肥やしになることでしょう。
(※ちなみに、私自身はモノノフ(赤&紫)ですので・・・念のため。)

彼女たちのステージ衣装を良く見ると(各画像はクリックで800×600に拡大します)、胸に「556」と文字が書かれてあることが分かります。最初、私は潤滑(防錆)スプレーの 「クレ5-56」 とタイアップしているのか? と思いましたが、どうやら CoCoRo→556、という感じのようです。

<↓左:潤滑スプレー 「kure 5-56」 の類  右:CoCoRoの公式サイトで当日スケジュールを後日確認>
  

■工場見学に参加
ステージを見たあとは、ごった返しのバザーで家族がレガシィのムック本をゲット。定価2000円前後のムック本を、2冊100円に値切って購入していました。その後は、家族そろって工場見学に参加することに。せっかく工場に来たのですから、工場の中を見ていきましょう、ということで。

<↓大泉工場での生産種目を説明するパネル。エンジンは2.0DITと6気筒3.6Lのほか、CVTも生産>


<↓約15分間隔で工場見学者をピストン輸送。このバスに乗って、所定の位置まで送迎されます>


工場の中は撮影禁止で、製造ライン自体は止まっていましたが、設備の保守メンテ業者が作業をしていました。終夜2直(3直?)かどうか分かりませんが、輸出を含めて好調なスバル(※)ですから、設備の保守も重要な作業だと思います。

(※)参考データ : 米国での販売実績の推移、概数
・2008年度 18万8千台 (前年比 101.7%)
・2009年度 23万3千台 (  〃  123.5%)
・2010年度 27万4千台 (  〃  117.7%)
・2011年度 28万0千台 (  〃  102.3%)
・2012年度 34万8千台 (  〃  124.4%)
・2013年度 44万4千台 (  〃  127.6%)

さて、工場見学を終えた直後、敷地内の道路に面白そうな車両が止まっていることに気がつきました。こちらは撮影可とのことで、近寄って画像記録してみました。

<↓丸形のテールランプは、どこかのメーカーの大型トラックの流用か?なかなか味が出ています>


<↓さらに近づくと、インパネがあらわに。オープンカーですが、左バックミラーの下にサブミラーを装備>


<↓フロントに回り込んで納得。3列シートでオープンカーの、しゃれたステラ(構内人員搬送用)でした>


■法被(はっぴ)の不思議
大泉工場の 「ふれあい感謝祭」 に前回参加したのは、2005年のこと。もう9年も前のことです。その当時も 「恐竜ロボット」 や 「餅つき」、「3×3の的抜き(ストラックアウト)」 といったイベントがありました。今回、9年振りに参加して気がついたのは、赤い法被(はっぴ)を身にまとった社員さんがいたことです。

<↓(左から)恐竜ロボットのはっぴ、社員さんのはっぴ(青色Ver.)、今年見かけたはっぴ(赤色Ver.)>
  

これは私の勝手な想像ですが、恐竜ロボットに着せているはっぴは、毎年毎年、着替えさせているとは思えませんので、これが恐らく昔からのデザインのはっぴかと思われます(上の画像の左側)。良く見ると、六連星マークが黄色となっています。当時のCI(コーポレーション・アイデンティティ)に則って制作されているハズです。

次にロボットではなく社員さんが来ている青色のはっぴ(今年)は、手元のPC内の過去画像(2005年)と較べると、腰の周囲を取り巻く白色ラインのデザインが異なっており、マイナーチェンジ版であると分かります(上の画像の中央)。

ところが社員さんのはっぴであっても、いつの頃から流通したのか不明ですが、赤色Ver.があることが判明しました(上の画像の右側)。組合の役員さん向けなのでしょうか。あるいは 「ふれあい感謝祭」 で重要な役割(ポジション)を任されている人々が着るはっぴなのでしょうか。それとも、単に製造ラインの中の作業班別に色分けされただけなのでしょうか。

今後、「ふれあい感謝祭」 に参加する機会があれば、赤色のはっぴの増殖or衰退も確認したいと思います(>もしも覚えていれば、の話ですが)。

■余談
今年の 「ふれあい感謝祭」 は好天に恵まれ、6月初旬ですが気温は午前中に30℃を超える状況でした。イベントの列に順番待ちで並ぶときにも、(幼児に対しては)水分補給を考慮しなければならない天候でした(>雨天よりはマシですが)。

そんな中、敷地内でふとした看板を発見。

<↓「現場にあるポカリスエットを~」の文言があることから、製造ラインではポカリの支給があるらしい>


製造ラインで働く方々は、身体が資本。良い製造品質を保つためには、しっかりとした体調の自己管理も求められるのでしょう。表示文中には
 ・冷たすぎると胃腸に負担がかかる
 ・のどが渇いたと思う前にとる

という、我々にとっても 「ハッ!」 と思い知らされるような重要なポイントが書かれていると思います。この注意事項は、恐らく8月2日(土)に箱根ターンパイクで開催が予定されている 「箱根オフ2014」 に参加しようと考えていらっしゃるエクシーガ乗りの方々にも、活かすことのできる情報なのでは? と考えます。ご参考まで。


以上、当方の目線から 富士重工業・大泉工場 「ふれあい感謝祭2014」 の様子をお伝えしました。参加された方々はもちろん、残念ながら参加できなかった方々(※特に遠方のため、地理的・時間的に参加が困難なスバルユーザーの方々)に対して、少しでも会場の雰囲気が伝わりましたら幸いです。

「前編」・「後編」 とも、長文にも関わらず、最後まで目を通していただいた方々(&「イイね!」を付けていただいた方々)には、この場を借りてお礼申し上げます。今後とも、私なりのスタイルで情報発信 していきますので、よろしくお願い申し上げます。
Posted at 2014/06/07 22:32:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | └ マニアックなスバル話 | クルマ
2014年06月05日 イイね!

[スバル] 群馬・大泉工場 「ふれあい感謝祭2014」 に参加して(前編)

[スバル] 群馬・大泉工場 「ふれあい感謝祭2014」 に参加して(前編)2014年6月1日(日)、富士重工業(株)・大泉工場で開催された 「ふれあい感謝祭」 に参加してきましたので、その様子を 当方の目線で お伝えします。

富士重工業(株)の工場祭というと、毎年10月~11月頃に開催される感謝祭(群馬県・矢島工場)が有名ですが(去年の様子は こちら → 前編後編 )、大泉工場でも 「ふれあい感謝祭」 と銘打った地域還元型のイベントが開催されています。




<ご参考 : 大泉工場祭の関連過去ブログ>
◎2005年05月02日 → ドミンゴベースのオープンカー(大泉工場祭)
◎2005年05月29日 → 大泉工場祭に見るエコロジー
◎2005年05月30日 → 大泉工場祭での私的感想
◎2013年11月28日 → 感謝祭・納涼祭・サイン会などを振り返る(1999年→2013年)


■タマゴのつかみ取り
今年の大泉工場祭は、6月1日(日)に開催されるという情報をネット巡回中に運良くキャッチ。今や この手の情報は、ネットで入手するのが最速手段となりつつあり、驚かされます。

前日の5月31日は、箱根でエクシーガのオフ会が開催されましたので(参加報告は → こちら )、参加すると2連荘(レンチャン)になりますが、家族を連れて行くことにしました。箱根では主に私が楽しみましたので、群馬では家族に楽しんでもらおう、という意図からです。

<↓大泉工場の受付にて半券をいただき(地元住民でなくても可)、敷地内の会場へと移動します>
  

タマゴすくいの会場に到着すると、パレットに整然と並べられたトランスミッション(CVT)が目に入ります。その場にいた富士重工の係員に撮影しても良いかどうか尋ねると、工場の中(製造ライン)は撮影不可だがここならOKとのこと。

<↓一見すると同じように見えるCVTユニットですが、輸出先が異なるのか、細部で微妙に異なる>
  



「タマゴすくい」は、実際の玉子を手でつかみ取るのではなく、箱に入ったピンポン球を片手で1回だけすくい、その数と同じ分だけタマゴをいただける、というシステムです。先着500名(!)となっていますが、これはあくまで目安。一人一人が多くつかみ取ると品切れも早くなりますので、早めに並ぶのが吉です。

<↓抽選箱のようなBOXに入ったピンポン球を、一人一回限り 片手で取りますが、案外難しい>
  

<↓つかみ取りBOXのとなりでは、すでにパッケージに詰められたタマゴが引き渡され待ち状態>
  

家族みんなでつかみ取りにチャレンジできましたので、多くのタマゴをいただくことができました。それにしても、仮に参加者一人あたり平均3コしか取れなかったとしても、総計で500名×3コ=1500コが必要。もしも一人8コ平均(>10コはまず困難)に及んだとすると、500名×8コ=4000コのタマゴが必要な計算に・・・。

このときばかりは、富士重工業もタマゴの大口買い付け業者となり、買う側だけでなく卸売りするタマゴ業者の方でも、準備(搬送を含む)が大変ではないか? と想像します。・・・もしも赤帽サンバーでタマゴが搬送されていたら、それはソレで面白い光景になりそうですが、実際のところは不明です。

■恐竜ロボットコーナー
タマゴのつかみ取りをしたあとは、そのとなりで開催しているイベント「恐竜ロボット」に参加です。恐竜に仕立てられたロボットが、自動制御によりお菓子の詰め合わせセットをフロアからつかみ取り、参加者(幼児)に配る・・・という趣向のイベントです。

<↓イメージ的には、自律センサを備えたスポット溶接マシンなどにかぶり物を着せたような感じ>


<↓左:パッケージ化されたお菓子の詰め合わせ  右:係員が都度、お菓子セットを補充する>
  

<↓恐竜ロボットがセンサを働かせてお菓子を口でくわえて、所定の位置までトランスファーする>
  

恐竜ロボットが参加者(お子様)の一人一人にお菓子を運ぶたびに、係員がお菓子を補填するのですが(上の画像参照)、補填する際にお菓子を置く位置は厳密に決まっているワケではなく、アバウトに置いているようでした。それでも恐竜には、ターゲットを正確に読み取る自律センサが備わっているようで、毎回正確にお菓子の位置をトレースしてつまみ上げているのが印象でした。

もしかすると、秋の感謝祭にて矢島工場で見た「獅子舞ロボット」と同じかも?

■恐竜ロボットコーナーの背景
さてその正確無比な恐竜ロボットですが、ロボットの背景画像は、恐らく富士重工業の社員が手塗りして作り上げたもののように見えます。

<↓社員が手塗りして作り上げたとおぼしき背景画像。恐竜がモチーフのキャラのようですが・・・>


<↓この手のキャラクターとしては定番の?デベソが標準装備のようです・・・モデルはグズラ?>
  

以下は参考画像で 「おらぁグズラだど」。
アニメのタツノコプロ作品の第3作目(1作目・2作目は、「宇宙エース」と「マッハGoGoGo」)。

<↓恐竜ロボットの背景画像に描かれたキャラクターとの類似性があるような、ないような・・・>


で、再び背景画像を良く観察すると、恐竜の向かって左側には女性(この場合はメス、♀)キャラも描かれていることに気がつきます。

<↓獅子舞ロボット・・・じゃなかった、お菓子ピックアップ恐竜ロボットの左側の背景画像には・・・>


<↓先ほどのデベソ標準装備のオス型キャラクターと対を成すであろう、メス型キャラを発見!>


そうか。この恐竜キャラたちは、古い表現でアベック(>死語)かカップル、はたまた夫婦(ふうふ)・めおと、ペアリングメイトだったのか。オスにはデベソがあったが、メスには無いようだ。・・・と思いつつ、腹部を良く見てみると。

<↓一見すると、メスキャラにはデベソが無いようにも見える。が、何だか塗りつぶされた跡が?>


<↓デジカメのコントラスト(明るさ)を可変させて、再度、撮影し直してみると。やはり塗り跡が!>


おおぉ!
これはきっと、かつてデベソが描かれていたに違いない(と、勝手に想像)。
一度はデベソが描かれたものの、オスキャラとの差別化を図るためか、あるいは女性社員からクレームが付いたのか、後から白くベタ状に塗りつぶされて 「無かったこと」 にされたのではないか? きっとそうに違いない(と、勝手に想像)。

それにしても、力強さを打ち出すはずのオスキャラの輪郭線が、スマートな細線で描かれているのに対し、しなやかさを表現すべきメスキャラの輪郭線が、不必要に太線でブッキー:不器用に(>失礼!関係者の方々)描かれているように見えて仕方がありません。・・・いや、決して他意はございませんけども。

<↓改めて、オスキャラ(♂)とメスキャラ(♀)の描かれ方の違い。描画タッチは本来、逆では?>
  

<↓やっぱりオスの方がスマートやんけ~!>




スマートなオスは、押し出しの強いメスに捕まってしまったのか?!
これは暗に、人間界での出来事を比喩的に描いて見せているのか?
だとすれば、相当な暗喩テクニックだ。
(・・・んなワケない・・・)


後編に続く。
 ↓
 ↓
 ↓
2014-06-07(Sat.) : 更新
後編(社員食堂、工場見学など) をアップロードしました。
Posted at 2014/06/05 23:41:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | └ マニアックなスバル話 | クルマ
2014年06月01日 イイね!

[エクシーガtS] ”箱根練習オフ” という名のオフライン・ミーティングへの参加報告

[エクシーガtS] ”箱根練習オフ” という名のオフライン・ミーティングへの参加報告5月31日(土)、スバル・エクシーガのユーザーが集まるオフ会に参加させていただきましたので、概要を報告します。

◎「箱根練習オフ」って何?という方々は
  → こちら(オーナーズ・クラブ会長 「紫.」さんの通知ブログ)
 (※8月に箱根で開催されるオフ会の予行を兼ねたオフ会)

以下、文中の各画像はクリックで800×600サイズに拡大します。
(2014-06-02(Mon.) : 一部に追加画像あり。Δ1の画像4枚。)



■事前準備
「本番に向けた事前練習のオフ会」・・・とは言いつつも、当日は40台を超えるエクシーガが集まるとのこと。そこで、この時点ではまだ作成途中だったインタークーラー・ウォータースプレーの最後の仕上げ(運転席までの配線の引き込み)を、当日の朝に作業することにしました。

<参考 : 関連整備手帳>
Vol.1 → 流用部品の紹介
Vol.2 → カプチーノタンクとレガシィモーターの組合せ
Vol.3 → タンク保持ステーの構成(レガシィ純正流用)
Vol.4 → 自作タンクステーの流用元(レガシィ純正流用)

ついでなので、レガシィのオフ会でやっていた「クルマの特徴を示すボード」も、当日の朝(やっつけで)作成しました。(^^;) もしも現場で問い合わせがあったときに、インタークーラーへの噴射を実演するつもりでした。

<↓改造点をザックリと書いたボード。オーナー不在時でも、特徴を見ていただけるよう配慮>


ビンゴ大会が開催される予定とのことで、私もこの日のために景品を準備していました。

<↓ツテを駆使?して入手しておいた、スバル仕様のラスク&コードリールを提供しました>
  

諸事情により、今回は子供3人を連れて箱根に向かいます。
現場で(子供相手に)お手間を取らせてしまった方々、申し訳ございませんでした。<(_ _)>

■ギリギリの到着
子供(幼児含む)を3人乗せて出発したものの、忘れものに気がつき、すぐに引き返しました。(^^;) 
何とか東名高速に乗ったものの、直後に事故渋滞。((^^;)
ここで1時間ほど余分に時間を喰われます。(((^^;)

途中、ナビ(パナ子さん(通称) 無しモデル )が、どうしても「大磯で小田原厚木道路を降りろ」と案内するので降りると、そこで時間のロス。((((^^;)
ナビの目的地到着見込み時刻が12:40と表示されていましたが、大観山のビューラウンジ(頂上)ではなく、早川料金所(ターンパイク入口)に目的地をセットしてあることに気がつきます。(((((^^;)

ターンパイクを駆け上って、12:55頃、無事に到着。((((((^^;)
何とか全体集合時刻(13:00)にはギリギリ間に合いました。(((((((^^;)

<↓円陣を組んで自己紹介。私のハンドルネームは、皆さんに知られているのだろうか?>
  

いやー、練習は重要でした・・・。
もしも本番で遅刻してしまったら、土下座から→両手を地に付けて→伸腕開脚倒立(シンピ)→前転→Y字バランス、という流れを見せることになるかも。(((;゚Д゚)))

■じゃんけん大会
ビンゴカードが手配困難だったとのことで、運営陣が現場で調整された結果、「時間を早めて」「じゃんけん大会」が開かれることになりました。景品希望者全員が司会進行の「紫.」さんとじゃんけんをして、最後に勝ち残った者が景品を手に入れられる・・・というシステムです。

が、「紫.」さんご自身が じゃんけん強すぎ、という状況。
並み居る景品希望者に ことごとく勝っておりました(最後に丸く収める仕切りは、さすがです)。

<↓大人も子供も、オーナークラブ会長の「紫.」さんに じゃんけんを挑むが・・・>


<↓「紫.」さんに勝てる者が出なかったり、あるいは「紫.」さん無しでも決まらなかったり>


<↓司会進行の「紫.」さんご自身が欲しい景品の場合は、いち競技者としてじゃんけんに参加>


<↓景品がレア物や高価なもの、人気製品の場合は、持ち帰り希望者が多く激戦状態に>


<↓そんな大人たちの悲喜交々(ひきこもごも)を、少し離れた場所から静観するワンちゃん>


■思いがけない収穫
じゃんけん大会で当方(含:子供)がいただいた景品は、次の通りです。ここには写っていませんが、お饅頭なども、その場でおいしくいただきました。景品やおみやげ類を提供いただいた方々には、この場を借りてお礼申し上げます。

<多くの人々の好意、そしてオフ会の運営陣やスタッフの方への感謝を忘れないようにしたい>
  

  

■会場のクルマたち
会場にて、個人的に私の目に入ってきたアイテムを、以下に載せてみます(>掲載ご容赦)。

<↓リヤ・アンダースカートの両サイドの処理(メッシュ部)。細部にまでクオリティへのこだわり>
  

<↓ステッカー類も、あくまで自車の仕様にそろえて表示させる、というオーナーの意気込み>
  

<↓スバル仕様のベアもレアですが、エナジードリンクを飲んでパワーを持て余している?>
  

<↓ご家族の自作によりオンリーワン仕様となったサンシェード。実物を拝見いたしました>
  

<↓これからの季節にきっと活躍するであろう、網戸。リヤサイドに。なかなかイイですね>
  

<↓ウィンドウ・バイザー下端の処理。ボディカラーともマッチして、センスの良い仕上がり>
  

※Δ1 <↓左:HNを表示するプレートは良いアイテム  右:これは「スバル愛」の現れでしょうか?>
  

※Δ1 <↓近づくと、その存在が分かるミニ・エンブレムがこんなところに。芸が細かい印象です>
  

他にも特徴的な部分を持つ車両も多くあったのですが、ここではそのすべてを載せきれず、ご了承ください。

さて、参加者各自がお互いに交流を深めているころ、ビューラウンジの状況は?というと。

<↓人材募集中でした。要:普通免許(AT限定でも可)、とのこと。中の方々のご苦労が・・・>


■実演会(インタークーラー・ウォータースプレー)
私のエクシーガは純正然としており(いや、実際に他メーカーを含めて純正部品の流用が多い)、派手な外観は何一つありませんが、それでも多くの方々に見ていただきました。口頭説明させていただいた方々は、ありがとうございました。また、(子供の相手をしており)実演できなかった方々は、不在でスミマセンでした。

<↓流用したスズキ・カプチーノ純正タンクで、マウントまわりを熱心にご覧いただきました>


■公開サプライズ
今回は「練習オフ」なるオフ会ですが、開催場所は「ターンパイク駐車場」を借りてのオフ会ですから、その性格上、事前連絡無しでの飛び込みサプライズ参加は禁止されておりました。

が、そんな中にあっても「サプライズ」は存在するものです。
富士重工業(スバル)の純正展開には存在しないボディカラーを身にまとった車両が、参加者の方々の注目を浴びておりました。オレンジと赤のエクシーガです。存在感が大きいと感じました。次回は、エンジンルームの中も拝見させていただきたいものですね。

<↓両車(武家さん号&TAPPIさん号)とも、個性的なアピールポイントにあふれています>







「勢いで」とか、「以前から考えていた」とか、あるいは「マイナス被害をバネにしてプラス思考に昇華させる・・・」とか、クルマとの接し方・イジリ方は人それぞれですが、それぞれの愛車が箱根の会場で個性を発揮されていたと思います。

今後も少しずつ、マイペースで、ですが、エクシーガ(レガシィやCBRも)を通じて出会った方々と、交流を深めていきたいと思っています。エクシーガ・ユーザーの中にあっては、私はいろいろな意味で変わり者の部類でしょうけど、今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted at 2014/06/01 23:31:55 | コメント(5) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/6 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.