• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2010年12月31日 イイね!

[エクシーガ・冬支度] スタッドレスタイヤ&ホイールマッチング編(後編)

[エクシーガ・冬支度] スタッドレスタイヤ&ホイールマッチング編(後編)エクシーガの冬支度について・その2。 ← (前編) からの続き。
(スタッドレスタイヤへの交換と、手持ちのホイールのマッチング確認)

手持ちのタイヤ&ホイールが何セットあるか確認してみる。
 (1)BPレガシィ純正18インチホイール&純正タイヤ
   → エクシーガの夏用として転用済み
 (2)STI-RAYSの17インチホイール&ヨコハマ・アイスガードIG20
   → BPレガシィ冬用からエクシーガ冬用に転用予定(今回確認)
 (3)ロンシャン・XR-4Z(16インチ)+ミニサーキット用ラジアルタイヤ
   → BGレガシィで使っていたが、BPレガシィに装着不可
     (エクシーガに適用可能か、今回確認)

 (4)レガシィ・ブリッツェン用ホイール&ヨコハマ・スタッドレス
   → タイヤが少々古く、使用停止中(まだ使えるが)
 (5)エクシーガ純正17インチホイール&純正タイヤ
   → 新車で納車時に取り外し、倉庫に保管中
 (6)SSR・インテグラルGT-1(ゴールド)17インチ&吸音スポンジタイヤ
   → BPレガシィ夏用として使用中

クルマ2台で6セットのタイヤ&ホイールがあったか・・・。これ以外にも、単体だが対向4POTキャリパ対応の17インチ・テンパータイヤ&ホイール(パンク時の応急用)なんてのもあったな。
そういえば、BPレガシィに適用しようとして、前後セットでブレンボのキャリパも室内保管してあったな・・・(汗)。特にリヤのブレンボ適用に関しては、わざわざブレンボ装着モデル用の新品バックプレートまで手配して取り置きしてあったな・・・(滝汗)。標準キャリパー→ブレンボ換装時に必要なショートパーツもFAST-II(部品台帳)で調べてリストアップ済みだったな(超汗)。いつ作業するんだろ>自分・・・(開き直り汗)。

では早速、エクシーガでのホイールマッチングの確認作業を続けることにする。まずはロンシャン・XR-4Z(16インチ)から。装着タイヤは今では少々古い、BSのRE-01(サイズは205/50R16)だ。リムが赤いのは、昔、若気の至りで自家塗装したときの名残 である。

<↓購入時は高価だったロンシャン・XR-4Z(16インチ)>   <↓キャリパとのクリアランスはこんな感じ>
購入時は高価だったロンシャン・XR-4Z(16インチ)   キャリパとのクリアランスはこんな感じ

結論から言うと、ロンシャン・XR-4Z(1670、offset50)はYA5A型エクシーガに問題無く適用可能であった。ただ、エアを入れるバルブのパイプ部分とのクリアランスが少なめなので、念のため2~3mm程度のスペーサーを入れた方が視覚的な安心感も得られるだろう。BPレガシィでは使えなかったロンシャンXR-4Zが今回、エクシーガで使えることが分かったのは収穫であった。

次は本命の、STI-RAYS鍛造17インチホイールである。すでにブレンボ対応であることが分かっているため、キャリパとのクリアランス関係などを確認する。ちなみに、このホイールと組み合わせているスタッドレスタイヤのサイズは215/50R17である。経験上、私の用途(東京~札幌往復)では扁平率55超のタイヤでは高速走行時の”ヨレ”が厳しいので、50以下が好ましい。

<↓STI-RAYS鍛造17インチホイール(1775、offset53)>   <↓キャリパとのクリアランスはこんな感じ>
STI-RAYS鍛造17インチホイール(1775、offset53)   キャリパとのクリアランスはこんな感じ

ホイールのスポーク部分が弧を描いているので、ラジアル(半径)方向だけでなくスラスト(軸)方向のクリアランスにも余裕がある。・・・まぁ、もともとこのホイールを買うとき、将来実行するであろうブレンボ化を見据えて購入したワケであるが、キャリパがブレンボであろうとなかろうと、ビッグキャリパ対応ホイールはクルマを変えても”つぶしが効く”ので永く使えそうだ。

なおスタッドレスのヨコハマ・アイスガードIG20は回転方向指定タイヤではないため、クロス方向のローテーションが可能だ。どのタイヤをどの車輪に持ってくるかは、トレッド面のゴムの状態をよく観察して決める。こうしてエクシーガにSTI-RAYSの鍛造ホイール&スタッドレスを装着したあとは、すぐに空気圧のチェックをする(もちろん、装着前のチェックでも可)。ローテーション装着後はいきなり雪道走行はしないで、しばらく舗装路で慣らし運転をしておく。そして1週間ほど経ったあと、再度空気圧のチェックをする(新品タイヤであっても、あるいは使用歴ありの保管タイヤであっても、タイヤ~リム間のなじみ状態が変わっている恐れがあるため、念押しの空気圧チェックは必要と考える)。


以上、冬支度のうち、スタッドレスタイヤ&ホイールマッチング編を前編・後編の2回で記しました(長文失礼)。
次回はスキーキャリア、スノーワイパー、そして「進化した雪スベ~ル(商品名)」に関する冬支度の様子をお伝えしようと思います。

(冬支度・その3) に続く。
Posted at 2010/12/31 12:56:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【YA5AエクシーガGT】 | クルマ
2010年12月30日 イイね!

[エクシーガ・冬支度] スタッドレスタイヤ&ホイールマッチング編(前編)

[エクシーガ・冬支度] スタッドレスタイヤ&ホイールマッチング編(前編)エクシーガの冬支度について・その1。
(スタッドレスタイヤへの交換と、手持ちのホイールのマッチング確認)

正月休みには「東京~札幌」間をエクシーガで自走(往復)する予定なので、先日、スタッドレスタイヤに交換した。そのときに、作業のついでに手持ちの各種ホイールの装着可否を確認したので、自分用の記録として残しておくことにする。

自分のクルマはBP5D型レガシィ(GT spec B)、家族のクルマはYA5A型エクシーガ(GT)なので、タイヤ&ホイールやワイパー類など(ルーフBOXの類も)は、サイズ的に共有できることが多い。

カヤバの油圧ジャッキを2個持っているので、車両のサイドシルの前後に掛けて、交互にゆっくりと車体を持ち上げていく。ジャッキを2個がけとすれば、一度に車両片側の前後2本のタイヤ交換が同時に可能となるので、作業効率が良い。2個のジャッキの使い方として、前後ではなく左右のサイドシルに掛ければ、前輪の同時交換(同様に後輪の同時交換)が可能であるが、私の場合は作業スペースの関係で右側2輪(左側2輪)の交換としている。ジャッキアップ中は、作業のジャマにならないよう(足を引っかけないよう)、油圧ジャッキの柄は抜いておく。

<↓KYBの油圧ジャッキを前後で2個がけで使用>   <↓万一に備え、車体下にタイヤをかますのは常識か>
KYBの油圧ジャッキを前後で2個がけで使用する   万が一に備え、車体下にタイヤをかますのは常識か

余談だが・・・エクシーガの場合、油圧ジャッキをサイドシル1カ所で使用(タイヤ交換を1本ずつ)すると、サイドシル近辺からパキパキと(荷重に対して応力が解放されたときのような)音がする。その一方、サイドシル全体を競技系のショップで補剛してもらったレガシィ(詳細は → こちら)では、きしむような音はまったくしない。サイドシル部分は車体剛性への寄与度が大きそうだと実感している。

まずは最初に、現状(スタッドレス交換前の状態)を書いておくと、エクシーガにはBP5Dレガシィ純正の18インチホイール&タイヤを履かせている。

<↓夏タイヤ&ホイールは、レガシィ純正18インチを適用>   <↓キャリパとのクリアランスはこんな感じ>
夏タイヤ&ホイールは、レガシィ純正18インチを適用   キャリパとのクリアランスはこんな感じ

さて、次に以前の愛車・BG5B型レガシィ(GT-B)で使用していたブリッツェン用ホイールをエクシーガに履かせてみた。ブリッツェンホイールには215/45R17サイズのスタッドレス(ヨコハマ)が組んである。

<↓ブリッツェン用ホイールをエクシーガに装着してみる>   <↓キャリパとのクリアランスはこんな感じ>
ブリッツェン用ホイールをエクシーガに装着してみる   キャリパとのクリアランスはこんな感じ

さすがに純正ホイールだけあって、レガシィ用ブリッツェンホイールはエクシーガにも問題無く履けることが確認できた。このあとは、STI-RAYSの17インチホイール(ブレンボ対応)と、ミニサーキット専用で使っていたロンシャン・XR-4Z(16インチ)がエクシーガで使えるかどうかを確認する(BG5Bレガシィで問題なく使っていたロンシャン・XR-4Zは、BP5Dレガシィではキャリパに干渉して装着不可であることは確認済みであった)。

(後編) に続く。
Posted at 2010/12/30 14:27:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【YA5AエクシーガGT】 | クルマ

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.