• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2019年11月07日 イイね!

[SUBARU] 2019年スバル感謝祭@群馬製作所・矢島工場(後編)

[SUBARU] 2019年スバル感謝祭@群馬製作所・矢島工場(後編)2019年11月3日(日)に開催された「スバル感謝祭@群馬製作所・矢島工場」に参加してきました。

現地で見て感じたことなど、個人的な雑感を前編(感謝祭編)と後編(オフ会編)の2つに分けて綴っています。今回のブログは後編になります。


◎前編(感謝祭編)は → こちら


■閉会後に本工場駐車場へ
(株)SUBARUが主催する感謝祭は午後2時(14時)に終了ですが、感謝祭と同時進行(さらには感謝祭が終わってからも)、有志が集まるオフ会が本工場の駐車場で開かれます。

ただし「オフ会」とは言っても自然発生的なもので、開始時間も終了時間も特に定まっていない「ゆるい感じ」の集まりです。車種も特に決まりはありませんが、例年、同窓会のごとく、かつてのスバル=富士重工業を支えてきた往年の(あるいは貴重な)クルマたちが集まるのが恒例となっているようです。


# 個々の参加者はその時にならないと分かりませんが、
# 必ずキーパーソンはいらっしゃいます。

私も娘を連れて、本工場の駐車場へと移動します。
(いわゆる「エクシーガ軍団」の方々は、富士スバルさんへと集結していたことを後日知りました。)


■車系列ごとの整列は壮観
本工場の駐車場に到着。恐らく奥の方に集まっていらっしゃるだろう、との予想で進んでいくと、それらしき集まりを発見。キーパーソンの一人でいらっしゃる「わだっち@BF5Cさん」さんのお姿を認識できたので車内から軽く会釈。空いたスペースにクルマを駐めます。

まずはアットホームな(ゆるい感じとも言う)雰囲気を、以下の画像から想像していただけますと幸いです。


<↓新旧のスバル車が並ぶ姿はここだけの風景かな。手前にイスとテーブルが見えます>


<↓上記画像の少し右側にアングルを移動したショット。BC/BF型レガシィの後ろ姿>


# 誤解の無いように書き添えますと、決してその他の
# 来場者様のご迷惑になるような集まり方はしていません。
# 駐車場のスペースが掃けたあとに移動して集まっています。

次の画像は、車種ごとに集まった際のショットです。
見る人が見れば、「よだれの出そうな」貴重な集まりです。
(※連れてきた娘にもそのように説明しました。)


<↓独走のFFスバルとレオーネたち(一部BRAT)>


<↓すばる星団の中でひときわ輝くアルシオーネ(レオーネベースのスペシャリティクーペ)>


<↓こちらはBC/BF型初代レガシィ。前期モデルと後期モデル(ウィンカーで見分けが付きます)>


<↓今でも人気の高いSVX(ジウジアーロデザイン)。それぞれ違った個性に仕立てられています>


クルマを通して、まるで同窓会のように人々が集まります。珍しいおクルマをナマで拝見できるだけでなく、クルマをキッカケとして「人と人とがつながる」ことが貴重であり、その瞬間を共有できることが素晴らしい と私は感じています。

次は国内ではレアな車種が並んだショットです。


<↓BAJA(バハ)とBRAT。ともに北米モデルなので逆輸入車(当然、左ハンドル車です)>


<↓BRATを後ろから。当時の関税対策で、荷台にも乗員用シート2脚が標準で備わっています>


その他にも、個性的なクルマが多数ありました。
その中から一部は再掲になりますが、載せさせていただきます。


<↓ノーマル維持からマル改まで、その形態は様々ですが、いずれもオーナー愛に満ちています>


# 現場で写真に写した直後に分かったのですが、
# 実はGGワゴン改は、私の古くからの知人の愛車でした。

■親睦が醍醐味
さて、スバルのお膝元に(自走で)集結した個性的な車両を眺めることも楽しいのですが、それ以上に、人と人との交流をより深めることのできる機会であることが、大切であると思っています。

今回も新たな出会いを得ることが出来ました。
BAJAにお乗りの「emc2 さん」と会話させていただくことができました。emc2 さんは、以前から当方のブログを読んでいただいていたとのこと。これでネット上だけでなく、リアルでもお友達が増えたことになりますね!

また、「[SUBARU] 2019大泉工場ふれあい感謝祭・参加記録(後編)」でも紹介させていただいた、330型セドリックのオーナー(ypoyo さん) とも再会を果たせました!


<↓メンテナンスを重ねながら丁寧にお乗りの330型セドリックを背景に、記念撮影させていただく>


5月の大泉工場祭のときには、(今回、私が連れてきた娘の)妹と弟がお世話になりました。そして今回はその姉がお世話になり、厚くお礼申し上げます。

# セドリックのトランクルームから、手土産として
# 果物をいただきましたが、その際に何も考えずに
# 「手渡されるままに受け取ろう」とする娘に対し、
# 「気持ちとして2~3個だけ受け取ったら、あとは
# 遠慮するものだぞ。」 と教えておきました。(^^;)
(当方が気がつかなかったら、あやうく際限なくいただくところでした。)

こうして、クルマ以外のお話(自衛隊の総火演や、撮り鉄など様々)も交えながら、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。娘に対しては、家にいるときの父親(=つまり私のことですね)とは 違った姿を見せることができた ように思います。

■最後に伊勢屋さんへ
あまり遅くならない時間で、おいとまします。その場にいらした方々に(次回も再会しましょう、との期待を込めた)ご挨拶をして、本工場駐車場から帰路に就きました。

途中、定番の伊勢屋さんに寄って、家族へのおみやげを買います。


<↓お店のご主人に許可をいただいて撮影>


群馬から東京の自宅に向かうクルマの中で、娘(中学生)と次のような会話を交わしました。

私:「どうだい?楽しかったか?」
娘:「うん。楽しかった。」
  「将来、運転免許を取ったら、青いBRZに
   いっぱいステッカーを貼って乗りたいな。」

どうやら、競技車両のようなスポンサーステッカーをデザインして貼り付けて、ワンオフチューニングしてBRZを乗りこなしたいようです。彼女の中にも、今回の感謝祭とオフ会で感じ取るものがあったのでしょう。

そして無事に帰宅。
感謝祭に来られなかった家族におみやげを手渡します。


<↓上段:六連星の刻印付きのブックカバー、 下段:模擬店で買った食べ物類>


<↓SLS(スバルリビングサービス)のテントで、娘のために購入したプラモとキャップ>


<↓左:伊勢屋さんで購入したお菓子類、 右:ypoyo さん からいただいた果物>
 

こうして、私自身は感謝祭とそれ以上に交流会(スバルオフ会)を楽しませていただき、娘にとっても良い刺激(← 大人になってもこんなに楽しい集まりがある、と示すこと)と小さな目標(← 青いBRZにデザインステッカーをプロデュースして走らせること)が得られた一日でした。

当日お会いした方々、大変ありがとうございました。
(惜しくも会話できなかった方々は、またの機会にお会いしましょう。)
今後とも、改めてよろしくお願いいたします。


<↓備考:今回の矢島工場・感謝祭での、ハイタッチドライブのログ>
2019年04月28日 イイね!

[SUBARU] 2019大泉工場ふれあい感謝祭について(5/12(日)開催予定)

[SUBARU] 2019大泉工場ふれあい感謝祭について(5/12(日)開催予定)ここしばらくの間、完成検査問題などにより開催が自粛されてきた(株)SUBARUの工場祭ですが、今年は大泉工場のふれあい感謝祭から復活するようです。



以下、当方に回ってきた情報を速報します。




■開催日は2019年5月12日(日)
これまで5月頃に開催されていた富士重工業(株)(>当時の会社名)の大泉工場・ふれあい感謝祭ですが、今年から復活するとのこと。2019年の開催日は5月12日(日)、時間は09:30~14:00のようです。

<↓全体情報>


■イベントの詳細
予定されている全体プログラムは以下の通り。ただし、一部イベントは雨天の場合は中止となるとのことです。

<↓全体進行プログラム(イベント)>


なお、例年は特設ステージでのショー(フラダンスやご当地アイドルなど)が開催されていましたが、2019年も健在とのこと。今年はCoCoRo学園さんも出演されるようです。

<↓特設ステージでの予定プログラム>


<↓問い合わせ先も載っていました(ご参考)>


我が家も家族そろっての参加・・・といきたいところですが、当日は地域子供会の会合があったり、子供も他のイベントがあったりとカブっているので、限定的な参加となりそうです。
 ↓
 ↓
 ↓
2019-05-29(Wed.) : 更新
[SUBARU] 2019大泉工場ふれあい感謝祭・参加記録(前編) をアップロードしました。
2017年10月10日 イイね!

[スバルグッズ] スバル福だるま

[スバルグッズ] スバル福だるましばらく前の話になるのですが、数ヶ月前に 「スバル福だるま」 なるものを購入しました。
スバルの工場祭や感謝祭などで売っているものですので、見かけた方々もいらっしゃるかと思いますが、実際に購入された方は少ないと思いますので、今回紹介します。


◎ご参考 : (株)メリーチョコレートカムパニーの
  スバルオリジナルパッケージ・チョコレートは → こちら

■赤色と青色を購入
スバルのイベントで この 「だるま」 を初めて見かけたとき、「わざわざ買う人はいるのかな?」 と思ったものですが、縁起物であること、希少性があることから、しばらく考えた末に思い切って購入しました。

・・・はい、ここに買う人がいましたとサ(ばく)。
まさか自分自身が買うとは、自分でも驚き。

色は、パッと見で赤色と青色にしました。
珍しいスバルグッズとして、家族に見せようと考えたのでした。
(赤:一般的な だるまの色のイメージ。青:赤以外で奇抜ではないスバル的な色として。)


<↓サンプルの中から、パッと見で赤色と青色を選択>


<↓3個以上は不要と思い、2つ(2色)を購入してみた>
 

実は、代金を支払うときになってから、係員から 「だるま豆知識」 なるリーフレットを渡されました。それぞれの色には意味があり、願い事に応じた色をセレクトするとのこと・・・(汗)。

<↓購入時に渡されたリーフレット>


<↓実は、カラーバリエーションとして全12色がラインナップ>


<↓それぞれの色に込められた願い事の意味はこちら>


私が購入した赤色と青色について見てみると。

◎赤色 : 開運全般、必勝・合格運
◎青色 : 立身出世、学業成就

イメージで色を選んでしまいましたが、まぁ良いか。立身出世は要らん けど、開運全般と学業成就 なら家族の願い事にも叶うだろう。・・・そう考えていました。今から数ヶ月前のことです。


■不評の巻
エアーキャップ(通称:プチプチ)に梱包された 「スバル福だるま」 を自宅に持ち帰ります。家族の前で 「珍しいものを手に入れたよ」 と、開封します。

<↓別アングルからのショット>
 

ところが家族の反応はイマイチ。
・・・というよりも、「どうしてだるまを買ったりしたの?」 状態。
(※関係者の方々、他意はございません。)

まぁ、冷静に考えると家族の言う通りかも。
(飾っておくには微妙な感じだし、願い事が成就した後には 「お炊き上げ」 することになるだろうし。)

ということで、家族に喜んでもらおうと思って買った 「スバル福だるま」 は不発だった、という事後報告です。珍しいだけで選んでも喜ばれないぞ、という事例でした。
(※くどいようですが、だるまさんそのものには何ら落ち度はございません。)


■備考
私のハンドルネーム(の一部)にもなっている調布市では、日本三大だるま市として数えられる 「深大寺だるま市」 が開催されます。毎年、3月3日~4日(日にち固定、曜日関係無し)に開催されるもので、江戸時代から300年以上 続いていると伝えられています。

<↓会期中、深大寺の境内および周辺は だるま でいっぱいになります>


<↓時事もの(オリンピックだるま)やキャラクターものも売られています>


だるま市での販売価格は、あって無いようなもの・・・だそうです(値切って買う人が多数のため)。また、画像にはありませんが、「奉納(お炊き上げ)」 スペースには、毎年、おびただしい数の(用を成した)だるまさんが運び込まれます。

だるま市では、「制作-販売-祈願-奉納(お炊き上げ)」 というサイクルが形成されています。そんな 「だるま市」 においても、これまで一度も買ったことがないのに、「スバル」 という名前が付いただけで買ってしまった私は、果たして商業ペースに乗せられてしまったのでしょうか。

まぁ、買ってしまったからには、家庭内で何か大きな願い事が叶った暁には、見事 目玉を入れることにしましょうか。それがいつになるかは分かりませんが。
(※実は有効期限が1年間、ということも後から知りました・・・(汗)。)

以上、我が家の 「スバル福だるま・購入顛末」 でした。
2017年10月05日 イイね!

[スバルグッズ] メリーチョコレート・スバルオリジナルパッケージ

[スバルグッズ] メリーチョコレート・スバルオリジナルパッケージ今回は食品関係の 「スバルグッズ」 を入手しました。(株)メリーチョコレートカムパニーのスバルオリジナルパッケージ・チョコレートです。

すでに今年の4月3日から、SUBARU恵比寿ショールームやメリーオンラインで限定販売されているものですが、そこそこ希少性があり、私も実際に手にしたのは初めてですので、紹介します。


■パッケージはスバルデザイン
チョコレートの入った箱は、立派なハードケース仕様です。「軽自動車・スバル360」と「軽飛行機・FA-200」 のイラストが施されており、これはスバルのデザイナーによるものだそうです。

<↓パッケージの全体像。濃い青にシルバーのシルエットは、なかなか印象的なコントラスト>


<↓やや角度を変えて撮影。側面には 「SUBARU ORIGINAL PACKAGE」 とあります>


<↓(左)メリーチョコレートカムパニーロゴとFA-200のイラスト  (右)水平対向EGのモチーフ>
 

■製造表記とご挨拶状
箱を裏返して、底面を見ると製造表記があります。ステッカー(シール)貼付ではなく、箱そのものに印刷されています。開封すると、今度は 「ご挨拶」 なる紙が同封されていました。

<↓(左):「~カンパニー」ではなく「~カムパニー」が正式表記  (右):同封のご挨拶状>
 

なお 「ご挨拶状」 の裏面には、チョコレートのバリエーションが記載されていました。

<↓1箱に17種類もあるとは驚き>


■17種24個入り
チョコレートの販売価格は、税込み1080円。1個あたり45円になります。チョコレートというと、世の中にはかなり高価なブランドもあるようですが、24個入りで1080円ですから、コラボ製品でありながらもお手軽な価格設定ではないでしょうか。

<↓箱のフタを開けたところ>


<↓こんな感じで並んでいます>


<↓再び、角度を変えての全景>


家族へのおみやげとして手に入れたので、このあと家族にじっくりと味わってもらいます。

以上、スバルとメリーチョコレートカムパニーのコラボチョコレートの紹介でした。

 ↓
 ↓
 ↓
2017-10-10(Tue.) : 更新
[スバルグッズ] スバル福だるま をアップロードしました。
2017年07月25日 イイね!

[スバルグッズ] ”どら焼き” と ”ライト付きキーリング” の紹介

[スバルグッズ] ”どら焼き” と ”ライト付きキーリング” の紹介この数ヶ月の間に、めずらしいスバルグッズを2点、入手できたので紹介します。

ひとつは「スバル・どら焼き」、もう一つは「スバル・ライト付きキーリング」です。前者はすでに4月に入手(→消費済み)していて、後者は今月入手したものですが、今回、レガシィのユーザー車検が落ち着いたタイミングで紹介します。


■スバル・どら焼きの巻
スバルの 「どら焼き」 と言えば、一度、ブログで紹介したことがあります。東京スバル・府中店がリニューアルオープンしたときの来場者プレゼントとして配布されたものです。

◎こちら → [東京スバル] VIZIVコンセプトカー、SUBARUどら焼き、キッズメカニック(@府中店)

上記のどら焼きは、恐らくは販社が独自に地元のお店(青木屋さん)に制作依頼したものだと思いますが、今回紹介するのは垂水亀井堂さんのどら焼きのようでした。「~ようでした」 と過去形の表現になっているのは、今年の4月に実家の札幌へ母親の介護に向かったときに、縁あって手みやげとして入手できたものでしたが、帰省してすぐに実家に手渡して手元に(画像以外の)記録が残っていないからです。

<↓一箱に五個入り。焼き印は、スバルロゴ、インプレッサ、XVの3種類だったと思います>
 

<↓こちらはインプレッサの焼き印>


<↓こちらはXVの焼き印>


母は故人となってしまいましたが、介護当時、この 「スバル・どら焼き」 を(体力的に)ほんの一切れでしたが食べてもらえたことが、今なお強い想い出となって私の脳裏に記憶されています。

ここから先は単なる想像ですが、今秋のスバル感謝祭(@矢島工場)あたりで販売されるのではないかな?・・・と密かに期待しています。実は私自身はまだ食べていないので、再び入手できた暁には、子供ともども味わってみたいと思っています。


■スバル・ライト付きキーリングの巻
次に紹介するのは、ライト付きキーリングです。その名の通り、本体にボタン電池とLEDが内蔵されており、キー照明として使えるものです。

<↓ライト付きキーリングの全景。本体の大きさは、約51mm×37mm。厚みは7mm程度です>


<↓本体の中央部分を手で押す(強くつまむ)と、内蔵されているLED(単灯)が点灯します>


もともとはキーリングですので、キー照明として使えます。
例えば、夜間にバイクに乗る際にキーシリンダーの照明として。
そのほか、次のような使い方もできるかもしれません。


<↓(左):オルタネータ端子の緩み有無の点検例  (右):ターボ給油パイプの漏れ有無の点検例>
 

バッテリー側の接続端子ではなく、オルタネータの端子が振動で緩みかけていないか?とか。ターボ車の場合、ターボ給油パイプ、あるいはインタークーラとインマニの接続フランジからブローバイのオイルミストがにじんでいないか? とか。

・・・いや、夜間にわざわざ光量の小さなキーライトで点検しなければならないシーンは無いか・・・。


<↓(左):前輪のブレーキパッド状態を確認する例  (右):後輪ブレーキロータの状態を確認する例>
 

峠に走りに行って、ブレーキロータの焼け具合やパッドの片当たりによるジャダー痕が無いかどうか・・・とかを、わざわざこのキーリングで確認するシーンは無いか・・・。

私なら、夜間に路上で車両点検する必要が生じた場合には、別途LED作業灯を使用するかと思いますが、予期せぬ電池切れに備えて、この 「ライト付きキーリング」 をキーホルダー代わりに備えておくのも良いでしょう。現実的には、飲み屋(2次会)に行った帰りに、フロア上に乱れ置きされたクツの中から 「自分のクツ」 はどれだ? と照らして探し出すときに、役に立つかもしれません。

という感じで、利用者それぞれに対し、必ずや 「適材適所(最適な使用シーン)」 があることでしょう。

なお、このライト付きキーリングは、ボタン電池の寿命が尽きたときに使い捨てされることを前提とした造りのような気がします。その点が唯一、残念に思われます。まぁ、筐体をカットして電池交換すれば何度も使えるでしょうけど、そのたびごとに、切れ目をふさがなければなりません。

いずれにせよ、前者:「スバル・どら焼き」 も 後者:「スバル・ライト付きキーリング」 も珍しい一品かと思われますので、紹介させていただいた次第です。

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.