• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2010年07月06日 イイね!

[BPレガシィ] ”フューエルリッド開かず” の原因と対策(後編)

[BPレガシィ] ”フューエルリッド開かず” の原因と対策(後編)BP5D型・レガシィワゴンのフューエルリッドが開かなくなった事例について、原因と対策を紹介する(後編)。

前編は → こちら

セルフスタンドにて給油終了後、そのままスバルディーラーに直行した。ディーラーの敷地に入ると、係員が来て駐車スペースへと案内してくれた。・・・最近は、スバルディーラーでも係員が来て誘導してくれるようになったんだなぁ・・・(しみじみ)。トヨタディーラーでは当たり前の接客儀式かもしれないけど。

対応いただいた係員に「フューエルリッド開かず」の経緯を手短に話し、点検を依頼したい旨を伝える。すると係員はインターコムの類(無線)でサービスフロントとやりとりをしたのち、手の空くメカニックに駐車場まで来るよう指示してくれた。

実は、先ほど給油したガソリンスタンドからディーラーまでは約5~6分程度(!)の近距離であったため、事前に点検依頼の電話連絡を入れていなかった(電話連絡を入れるうちに到着してしまうので)。もしもあらかじめ点検予約を入れていた場合は、係員にキーを渡し、車輌は整備室へと搬入されたであろうが、今回のように予約のない飛び込みでの訪問に対しても、駐車場にて(お客様を待たせずに)対応してもらえるとはありがたい。

再度、メカニックに「フューエルリッド開かず」の経緯を説明する。
そこでメカニックが取った対応は;

 (1)症状が再現するか? → Yes.
 (2)異常部位は無いか? → リッド内を手動で開け(>前編で紹介した手法と同じ)、
                    ストリング(給油キャップの脱落防止の樹脂ひも)の圧痕を認知。
                  → 引き続き、リッド内側の「ツメ」が正規位置からズレているのを発見。

<↓ストリング(給油キャップの脱落防止ひも)が、「ツメ(突起)」に対して車体内側(画像左側)に位置している>
ストリング(給油キャップの脱落防止ひも)の位置に注目  「ツメ(突起)」に対して車体内側に位置している

その結果、リッドが閉まる際にストリング(樹脂ひも)の反力を受けて、「ツメ(突起)」が正規位置からズレる方向(下に示す画像の矢印方向)にスライドし、脱落しかけた状態となっていたことが判明。前編 にて既報の「圧痕」は、ストリング(樹脂ひも)がツメ(突起)に巻き込まれたため、エッジ当たりを起こした際に転写されたものだったのだ。

<↓ストリング(給油キャップの樹脂ひも)がツメ(突起)の奥で巻き込まれたため、反力でツメが脱落する
   方向(画像右下)に押し出され、フューエルオープナーのワイヤー操作に反応しなくなったことが原因>
ストリング(給油キャップの樹脂ひも)がツメ(突起)の奥で巻き込まれる位置  ストリングの反力でツメが脱落方向に押し出されると、フューエルオープナーの操作に反応しなくなる

なお開いているフューエルリッドを閉める際、ストリング(給油キャップの樹脂ひも)が本来あるべき位置を示すと、以下のようになる。ツメ(突起)に対して、車輌外側(画像の右側)に来るのが正解。つまり、ツメ(突起)に巻き込まれない位置にあることが必要。2段上の画像と比較されたし。

<↓ストリング(樹脂ひも)が本来あるべき位置。ツメ(突起)に対して車輌外側(画像右側)にあることに要注意>
ストリング(樹脂ひも)が本来あるべき位置  ツメ(突起)に対して車輌外側(画像右側)にあることに要注意

メカニックは、正規位置から外側にズレてしまっていたリッド内側の「ツメ」を、パチンと穴位置にハマるまで押し戻したのち、運転席のオープナー操作を繰り返し試した。結果は良好。オープナー操作(ワイヤーの動き)に連動して、小気味よくリッドが開くようになり、めでたく機能が回復した。結局、今回の点検修理では部品代は何もかからず、工賃も(軽微な作業ということで)請求されることはなかった。

対応していただいたメカニックによると、私の体験したような「ストリング(給油キャップの脱落防止用の樹脂ひも)」が挟み込まれることで「ツメ(突起)」の位置がズレて節度が失われ、「フューエルリッド開かず」に至る症状は、まれに見かけるという。「こうした事例が起こりうる」こと、ワイヤーが切れていなければ「手動でリッドを開ける対処法がある」こと、そして何より「リッドのクローズ・ロックを防ぐための注意点がある」ことについて、本ブログが有人スタンドを利用される方々だけでなく、セルフ給油をされる方々にとっても参考になれば幸いです。

              *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

以下、おまけ。
給油時に、フューエルキャップがボディに当たって傷がついてしまうことを防ぐには、次のようにすると良いでしょう。
・・・まぁ、すでに知っている人は知っている豆知識?ですよね。

<↓ストリングをフックに引っかけると、給油キャップがボディに干渉しない>
ストリングをフックに引っかけると、給油キャップがボディにぶつかりません
Posted at 2010/07/06 04:05:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/7 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.