• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2017年08月28日 イイね!

[エクシーガtS] スネークカメラで見えない部分を確認(過給時にシュー音・その6)

[エクシーガtS] スネークカメラで見えない部分を確認(過給時にシュー音・その6)手持ちのスネークカメラを使って、エンジンルームの見えない部分(吸気ダクトのクランプ状態)を確認しました。過給時の異音対応でディーラーにエクシーガを整備入庫させる前の、DIY調査の一環です。

◎「その1」 は こちら → 「工具を使わないトラブルシューティング」
◎「その2」 は こちら → 「ディーラーによる診断結果の速報」
◎「その3」 は こちら → 「DIYで診断検証→原因の切り分け」
◎「その4」 は こちら → 「DIYで念押し検証→現品&社外品」
◎「その5」 は こちら → 「確認事実の振り返り と 今後の予定」

■おさらい
我が家のエクシーガtS(EJ20型ターボ)が、過給時に 「シュー」 という異音を発するようになってから約2週間が経過。今後の解消に向けては、メーカ保証を利かせるためにディーラーでの入庫整備を基本としていますが、代車手配の都合上、実際の入庫は9月の上旬になってから。

その間、DIYで可能な範囲で原因の切り分けを行ってきましたが、工具を使わないトラブルシューティングが主でした。現時点でも、ディーラー入庫まで まだしばらくの日数がありましたので、「吸気系部品を ”非分解で” 調査できるツール」 として、手持ちのスネークカメラで部品状態を追加確認することにしました。


<↓圧漏れの可能性が残る吸気系部品のうち、直接の目視が困難な「バンドクランプ」の姿勢を確認します>


エンジンルームの中で、(他の部品に阻まれるなどして)直接的な目視確認が困難な部位であっても、スネークカメラを使えば、近接撮影により部品の状況把握が可能になる場合があります。

手持ちのスネークカメラは、元々はプラグホールを介して燃焼室の様子(カーボン堆積状況やシリンダ内壁のキズ有無etc.)を確認する目的で購入していたものです。画素数は30万画素、画像サイズは640×480(VGA)という低スペック(>失礼!)ではありますが、非分解で観察可能な点では強みを発揮します。


# 動画も撮影可能ですので、個人が趣味の範囲で
# DIY用にプライベートで持つなら、これで十分かと。

<↓スネークカメラは以前、帰省先のホームセンターで初売りセール(税込み9504円)で入手した簡易タイプ>


(※)スネークカメラの購入記は
   こちら → [2015年・初売り] ホーマック&サンワドー編(東京→札幌 その7・スネークカメラ)

■バンドクランプの姿勢確認の巻
インタークーラ出口からスロットル入口までの間はダクトで接続されていますが、上図に示す通り、その固定はバンドクランプを介しています。このうち、スロットル側のクランプは一部が直接的な目視確認が困難な場所に位置しています。今回のスネークカメラでは、このダクトの挿入状態およびクランプ姿勢を確認ターゲットとします。

<↓DIYで整備をするようになると、いわゆる 「マイツール」 も増えていくのです。スネークカメラもその一つ>


# 以下、画像が荒いですがスネークカメラの画像ですので、ご容赦を。

<↓ターゲットのダクト&クランプは、樹脂インマニの真下、影に隠れています。このスキマから挿入します>


<↓(画像左側が車両前方)カメラを途中まで挿入して記録。中央がダクトのクランプ、その左側がスロットル>


<↓クランプのネジ込み部分。ウォームギヤ部分(駆動側)とバンドの凹部(披駆動側)に損傷はなさそう>


<↓ダクトはスロットルに対して均等に挿入され、クランプも斜め姿勢にはなっていないことが確認できる>


確認すべき点を改めて書いておきますと、
 ・ダクトは相手部品(ここではスロットル、ETC)に垂直に装填されているか
 ・ダクトの挿入が甘くないか(抜けかかっていないか)
 ・バンドクランプの姿勢が、ダクトに対して斜めに傾いていないか
  (※クランプの両サイドにはガイドが付いていますが)
 ・その他、組み付け異常はないか

次に視野(矢視)を変えて、確認してみます。今度は車両前方から後方に向けてスネークカメラを挿入します。ただし、あらかじめスネークヘッド(カメラの先端)を、助手席側から運転席側へと曲げた状態にして挿入します。


<↓車両前方から後方へと見た図。赤で囲った部分の先の左側に、ダクトがある(目視では見えない)>


<↓上記画像のアングルで、さらに近接した図。樹脂インマニの下のスキマからスネークヘッドを挿入>


<↓ダクトとクランプの左側半周を写した図。この画像からも、クランプ姿勢がズッコケた様子は伺えない>


<↓さらに近接した状態>


■見えないところを見る、の巻
前述の画像は、樹脂インマニに 「頭をスリスリと、こすりつけるように」 身体を乗り出し、スキマから奥を凝視すれば、ダクト&クランプ(>車両の左側半周)を目視可能ではあります。が、ダクト&クランプのうち、車両の右側半周は、樹脂インマニやインタークーラの影にガッツリと隠れているため、直接の目視が非常に困難です(下側も)。

その「見えない部分」を、今回、スネークカメラを使って刈り取りに行きます。


<↓次は、インタークーラとホースのスキマからスネークヘッドを挿入します>


<↓スネークヘッド(固定式レンズ)の都合上、上下が逆画像となっているが、クランプ状態を確認できる>


<↓結論として、バンドクランプのダクトからの外れ(装着時の姿勢欠点)も見あたらない>


上記ブログに挙げた画像は記録したものの一部に留まりますが、これらの画像より、ダクトとクランプの相対位置関係に異常は無いと考えられます。

■見逃すな、の巻
ところが、記録した画像を注意深く見ていくと、あることに気がつきます。

<↓ダクト端面の一部(黄色で囲んだ部分)に、経年劣化によると見られる亀裂が確認できる>


ダクト端面はバンドクランプの外側(シール面よりも外側)であるため、この部分に生じた亀裂は過給圧のシール機能に直接的な影響を与えない・・・とは思います。しかし、ダクトの一部に亀裂があったということは、ダクト全体で見た場合、同じ熱履歴や経年変化を受けている他の部位でも亀裂が生じていても不思議ではない、と考えるべきでしょう。

# 私の頭の中では、だんだんと異音発生までの
# 仮説が浮かび上がってきました。


この亀裂を以て、ただちにシール不良(今回の過給時異音)の原因とは言えませんが、今後に向けてクルマを永く使うなら、機会をとらえて新品化しておきたいところですね。

次にエクシーガをディーラー整備に出すときには、このへんの確認事実(ユーザーである当方が、これまでDIYで確認してきた結果の総体)を、車検のときと同様、また 「連絡票」 という形にして申し送りしたいと思っています。


# 毎回の長文にも関わらず、当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
# 結果を引っ張るつもりはないのですが、これまでの確認状況を紹介するうちに
# 今回で 「その6」 まで至るシリーズとなってしまいました・・・。(^^;)


「その7」 に続く。
 ↓
 ↓
 ↓
2017-09-17(Sun.) : 更新
[エクシーガtS] 決着&解消の巻(過給時にシュー音・その7=最終話) をアップロードしました。
Posted at 2017/08/28 22:15:08 | コメント(2) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ
2017年08月27日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【GARMIN】

みんカラ:週末モニターキャンペーン【GARMIN】GARMINドライブレコーダー 週末モニター応募ブログ



Q1. ドライブレコーダーを導入したいと思った動機を教えてください。
回答: 万一の事故の際の、客観的事実の記録のため


Q2. ドライブレコーダーに求める機能・性能を教えてください。
回答: 以下の各項を重視します。


<MUST項目>
(1)画質の解像度が高めであること(有効画角が広いこと)
(2)GPS機能を備えていること
(3)「常時記録+Gセンサー記録+マニュアル操作で記録」が可能であること
(4)夜間、自車のヘッドライトで先行車のナンバープレートが白飛びしないこと
(5)雰囲気温度がマイナス環境下でも作動すること(-20℃@北海道を想定)
(6)エラー発生時の対処として、リセット操作用の物理ボタンを有していること

<WANT項目>
(7)記録された動画は、専用ソフト(またはアプリ)で詳細解析できるだけでなく、
  Windows汎用ソフトでも簡易再生可能であること
(8)電源(車載の+DC12V)が遮断されても、数分間はデータを記録できること
  (事故発生時、or 車両盗難 時を想定)
(9)エンジン停止の駐車中にも記録できること
  その際、サンプリングタイムを選択できること
  (例:24コマ/秒、12コマ/秒、0.5sec毎、1.0sec毎、2.0sec毎、5sec毎、・・・、1分毎、etc.)
(10)Wi-Fi あるいは キャリア、プロバイダ経由で、スマホ or PC にデータ共有可能なこと
  その際、クラウドサーバにアップロード済み動画だけでなく、
  走行中のリアルタイム動画もモニタ可能なこと
(11)大容量のメディアカード(micro SDなど)に対応していること

<弱い希望>
・ファームウェアのアップデートが可能であること
 (ユーザーがダウンロードデータを書き込みできれば なお良し)
・3~4年経っても、製品機能が陳腐化しないこと

<その他>
もしもモニターに当選しましたら、スバル・レガシィワゴン(2006年式GT spec B)またはスバル・エクシーガ(2012年式 tS)にモニター適用し、レポートさせていただこうと思います。

この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【GARMIN】 について書いています。

※質問項目を変更、削除した場合、応募が無効となる可能性があります。
Posted at 2017/08/27 12:32:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2017年08月25日 イイね!

[東京スバル] 東村山店グランドオープンフェアに行ってみた(店内イベント参加)

[東京スバル] 東村山店グランドオープンフェアに行ってみた(店内イベント参加)去る8/20(日)、東京スバル・東村山店でグランドオープンフェアが開催されました。
家族を連れてイベントに参加してきたので、その様子をお伝えします。


<関連過去ブログ:東京スバル各店舗>
◎「府中店」 編 → 「コンセプトカー、SUBARUどら焼き、キッズメカ」
◎「環七野沢店(前編)」 → 「カフェラテアート体験」
◎「環七野沢店(後編)」 → 「コンセプトカー、GT300_BRZ、ナボナ」
◎「三鷹店」 編 → 「クリスマスフェア(チンポセイア?)」

■ディーラーのWEBサイトを活用しよう、の巻
頻繁に・・・ではありませんが、私は時々、ディーラーのWEBサイトを見ることにしています。例えば、カスタマイズフェアやSTIパーツの特売情報が告知されていたり。あるいはリニューアルオープンした店舗のイベント情報が記載されていたり。・・・そのような情報を積極的に取りに行くことも、充実したカーライフ(>死語?)を送るための手段でもあります。

※ちなみに、今度の週末(8/26(土)~27(日))は、
  ・東京スバル各店では、お客様感謝デイを開催。
  ・立川店では、リニューアルオープンフェアを開催。

そうした活動の中で、東村山店でグランドオープンフェアが開催されるとの情報をキャッチ。内容を確認すると、ファミリー向けのイベントが予定されていたため、家族で出かけることにしました。

<↓東京スバルのWEBサイトより。東村山店のグランドオープンフェアのイベント内容>


これまでの経験では、[神奈川スバルさん] や [埼玉スバルさん] が、WEBを通じたユーザー向けの情報発信が多いような気がします。同じ 「スバルディーラー」 であっても、販社によって店舗の雰囲気は異なりますので、たまには 「いつもお世話になっている店舗 以外」 に赴いて、接客態度の違いなどを肌で感じてくることも 刺激となって良いと思います。

■いざ東村山店へ、の巻
東村山店に行くのは今回が初めてだったのですが、店舗のとなりがイエローハットなんですね(驚)。両者は本当に隣接しています。自動車ディーラーと自動車用品店で、お互いに集客効果(→ 共存)が見込まれる、珍しいケースかもしれません。

無事に到着し、お客様駐車場にクルマを駐めると、スタッフがさらにクルマを別の場所へと移動させます(キーを預け、代わりに駐車番号券を受け取ります)。店舗は街道沿いに面しているため、入口横の駐車スペースが限られているためです。もしも来店者が自分のクルマを他人に運転させたくない場合は、離れた駐車場まで自分で駐めに行くことになるでしょう。


■「”だいじょうぶだァー”どら焼き」 の巻
入店すると、すぐに受付で来場者プレゼントをいただきました。スバルのどら焼きと、「だいじょうぶだァー」 どら焼き・・・です。どうやら、「東村山→志村けん→だいじょぶだァー」、という図式のようです。

※ザ・ドリフターズのメンバーである 志村けん さんは、
  かつて 「東村山音頭」 をヒットさせたことがあります。

<↓来場1組につき1袋をいただける(どらやき3個が入った巾着袋は、紺色かピンクを選ぶことができる>


<↓「TOKYO SUBARU 東村山」 の刻印は、恐らく今回のイベントに合わせた特注仕様だと思われます>


<↓どら焼きが入っていた巾着袋には、「スバル360」 のミニチュア(キーホルダーとして活用可)が付属>


なお受付では、どら焼きのほか、来場者一人一人にゲームコインも手渡されました(後述します)。

■「GT300参戦車両 展示」 の巻
受付で希少な どら焼き をいただいたあとは、家族共々、店内を自由に見て回ります。まず目に入るのは、GT300参戦車両です。

※車両の展示方法
 ・店舗の外側(=街道を通る人々)に対して、存在をアピールできる位置に配置。
 ・かつ、来店客(=不特定多数)に対しても しっかりと見える位置に置く。

<↓エンジンスペック表によると、最高出力350ps以上/6000rpm、最大トルク45kgfm以上/4000rpm、です>


<↓トランスミッションは6速シーケンシャル。空力でコーナリング時のダウンフォースを稼いでいるようだ>


シーズン終了後の車両は、集客の目玉として、こうしてディーラー各店をイベント巡回するという余生(?)を送っているのでしょう。

■店内イベントは盛況、の巻
受付で手渡されたコインは、店内の奥で開催されている 「水槽コインゲーム」 に参加するためのものでした。水面からゆっくりとコインを沈め、グラスの中にコインが見事に入ったならば、「うまい棒」 のつかみ取りができる・・・というイベントです。

<↓無欲の子供がトライして、運良くつかみ取りにチャレンジできました(狙った大人は見事にハズレ)>


次はミニカーの台数当てクイズです。山のように積み上げられたミニカーが何台で構成されているか、予想するものです。正解者は後日、記念に自分の愛車をイラストで描いてもらえます。

<↓見える部分から地道に数えていきましたが、最後は面倒になって 「エイヤ!」 で当てにいきます>
 

他のイベントについては、「オルゴールづくり」 や 「似顔絵パフォーマンス」、あるいは 「ちびっこメカニック」 がすでに定員に達して受付終了、という盛況ぶりでした。

<↓お昼前の時点で 「オルゴールづくり」 は定員に達して終了。イベントスタッフさんの準備も大変です>


<↓(上):定員に達して受付終了をお知らせするボード  (下)似顔絵イラストとJAF子供免許証作成>


私は 「ディーラー取り扱いの自動車保険」 に関するアンケートを回答し、粗品をいただきました。

<↓保険を使って板金修理しても、翌年度に等級が下がらないサービスがあるなどの説明を受けました>
 

■カフェラテ アートの巻
子供たちは、運良く滑り込みで カフェラテアート を体験できることになりました。家族を連れて東村山まで遠征しておきながら、参加したイベントが 「水槽コインゲーム」 と 「台数当てクイズ」 だけにならなくて良かったです。

<↓外部業者さんの指導による、カフェラテアート(以前 「環七 野沢店」 にて参加した時と同様)>


<↓今回はこの3人がトライします。きょうだい(姉弟)で、楽しみながら作っていた模様>


■その他、気がついたこと
以下は、当方の視点で気がついたことをランダムに述べたいと思います。まずはペッパーくん(ペッパーさん?)から。

<↓個人識別用のIDカードを首からぶら下げていたが・・・>
 

AIによる対話型の受付ロボット・ペッパーくん。首からは、個人(個体)認証用のIDカードをぶら下げていましたが、そのIDカードには顔写真が載っていました。身分を証明するためのIDカードには、顔写真は必須なのでしょう。

だがちょっと待った!このペッパーくんは 量産型 のレンタル契約ロボットなので、みんなまったく同じ顔のハズ。例えば、都内の 「はま寿司」 に配備されたペッパーくんも同じ顔。・・・なので、IDカードに顔写真を載せても他のペッパーくんと見分けが付かず、個体識別写真としては意味を成さないのでは?


# 「ペッパー」 と聞いて、「Dr.ペッパー」 という清涼飲料水や
# 「ペッパー警部(by ピンクレディ)」 を思い浮かべる人もいるハズ。

# さらにマニアックな人になると、パナソニックに社名変更する前の
# ナショナルブランドで発売された 「薄型携帯ラジオ」 のことを
# 思い浮かべる人は、果たしてどれくらいいるであろうか・・・。

次は、純粋に店舗の造りについての雑感です。

<↓(左):半間接照明と直接照明を組み合わせたライティング  (右):キッズコーナーの壁はホワイトボード>
 

まず店舗の天井に目をやると、ダウンライトによるスポット光の直接照明だけでなく、天井に向けた蛍光灯の反射光束による半間接照明が組み合わされており、日照時間や天候、来場人数に応じた調光に対応しているように見受けられました。

またキッズコーナーは、今やスバル以外の各社(国産ディーラー or 輸入車ディーラー を問わず)で一般的に備えられているものですが、この東村山店では 壁一面がホワイトボードで構成 されており、子供たちがペンを使って自由にイラストやいたずら書きができるようになって入る点が目新しい、と思いました。

次はカーリフトです。


<↓エレベーターに乗り込みできる座面高さが1710mm以下と規定されている。車高ではなく、座面高さ?>
 

街道沿いの店舗では、1階がショールームで2階が駐車スペース、という形態を採る場合があります。その場合、限られた敷地面積を有効に活用するため、2階へのアクセスはスロープではなくカーリフト(エレベーター)を適用することがあります。この東村山店は、その例です。

ただ、カーリフトの注意書き(上記画像の右側)を見ると、「車高に制限」 があるのではなく 「座面高さ」 に制限があるのです。国土交通大臣による認定番号まで割り付けられていますので、きっと我々素人が思いつかないような法規が存在するのでしょうね。


■あと書き
今回、いつもお世話になっている販社(東京スバルさん)さんながら、他の営業所を訪れてみました。新しく改装された店舗ほど、新しい時代の配慮が織り込まれていますが、そのロケーション(都心 or 郊外、街道沿い or 仲通り、etc.)によって制約があったり逆に工夫があったりと、雰囲気が全然異なってくることを実感しました。

同じ販社(東京スバルさん)でも、営業所によって様々なカラーが出ていますので、
 ・同じスバルであっても地域(都道府県)が異なれば、また違った特徴
 ・さらにはメーカーが異なれば、メーカーの風土や気質によって特徴

が現れるであろうことは、容易に予想がつきます。今後も常に情報収集のアンテナをい広げ、スバルに限らず興味の湧いたメーカーやクルマがあれば、機会を捉えて出向いたり試乗しに行くなどして、見聞を広げ(深め)たいと思います。


<↓現場に出向いて初めて分かることも多々ある。クルマを「売る側」も、日々努力を重ねていらっしゃる>



以上、長文にも関わらず目を通してただき、ありがとうございました。
2017年08月24日 イイね!

[エクシーガtS] 確認事実の振り返り と 今後の予定(過給時にシュー音・その5)

[エクシーガtS] 確認事実の振り返り と 今後の予定(過給時にシュー音・その5)ターボ過給時の異音(シュー音)対策のため、エクシーガは9月初旬にディーラーに入庫予定です。それまで約10日間、実作業が空くことになるので、これまでの確認状況について 「振り返り」 をしてみます。

◎「その1」 は こちら → 「工具を使わないトラブルシューティング」
◎「その2」 は こちら → 「ディーラーによる診断結果の速報」
◎「その3」 は こちら → 「DIYで診断検証→原因の切り分け」
◎「その4」 は こちら → 「DIYで念押し検証→現品&社外品」


■振り返りの必要性の巻
事実を客観的にとらえると、現時点(@8/23(水))では
  ・ディーラーの初期診断による速報、および
  ・ユーザー(つまり私)のDIYによる原因の切り分け
の両者を合わせても、真因の究明までには至っていません。

その背景には、「ディーラー車検終了直後、かつメーカ保証の延長契約をしたばかり」 であるため 「保証を利かせたい → ユーザーがうかつに手出しをしたせいで、保証が利かなくなるような事態を避けたい → なるべく現状維持としたい → 原因究明はディーラーさんにお任せ」 という方針のせいでもあります。

その一方で、「真因の究明までには至っていない」 とき、つまり 「仮説の検証がうまくいかないとき」 は、たいていの場合は 「初期の見積もり過程で、何か見落としがあった」 と考えておいた方が無難です。そこで、これまでの確認状況の 「振り返り」 をしておくべきだと考えました。


(※このブログは、ほぼリアルタイムで進んでいる現状をアップしています。)

■構成部品の確認の巻
そこでまず、YA5EエクシーガtS(EJ20型ターボエンジン搭載車)について、吸気系を構成している部品をパーツリストで再確認してみます。

<↓ターボチャージャまわりの構成部品>


<↓ターボやインマニ周辺の構成部品>


<↓インマニ周辺のシール部品(O-リング)>


<↓インタークーラおよびABV周辺部品>


これまで、現車のボンネットフードを開けてエンジン実機を見てきているのですが、こうしてパーツリスト上で構成部品を再確認すると、例えば 「樹脂インマニとシリンダヘッドの間にも、高さが低い樹脂製の吸入管(プレート)がある」 ことなどが思い起こされます。

■確認状況の振り返りの巻
前述の吸気系構成部品に照らし合わせながら、改めて、これまでの確認状況の振り返りをしてみます。そのために、まず 「構成部品と吸気の流れ」 について、フロー図を自分なりに作成してみます。

<↓構成部品と吸気の流れ>


ここで、①(マルイチ)~⑨(マルキュウ)までは機能部品本体を、(A)~(H)まではガスケットやO-リングなどのシール部材(クランプを含む)を表すことにします。案外、数多くの部品で構成されていることが分かります。

(※)余談と打診:
かつてはWindows(DOS/V機、PC-98系機)以外のマッキントッシュPCでは、①(マルイチ)~⑨(マルキュウ)などといった 「丸囲い数字」 は機種依存文字で正しく表示されなかったのですが、今ではどうなのでしょう? 相変わらず(月)~(土)などと代替表示されてしまうのでしょうか? ご存じの方、いらっしゃいますか?

次に 「確認状況の振り返り」 です。上記の 「構成部品」 に基づいて、簡単にグループ分けしてみます。

<↓確認状況の振り返り(本体部品とシール部品でグループ分け)>


「保証を利かせたい(なるべく現状維持)」 の意図もあるため、上半分の表(本体部品系)では、ABVとその接続パイプ以外は未確認という状況です。また下半分の表(シール部品系)では、例えば 「目視確認」 という作業の中でも 「分解してキズなどの異常無きことを目視確認」 もあれば、「非分解だが石けん水を使い、加圧時にエア漏れによるあぶくの生成無きことを目視確認」 するといったものもあります。

要するに、同じ 「目視確認」 であっても、対象部品によって(レイアウト上の制約があるため)確認手段と確認レベルが異なっている・・・という事実が浮かび上がります(実際の作業時は、その点も意識しながら実施していますが)。

こうして、検証内容(異音にまつわる、これまでの確認状況)の振り返りにより、「ダクト両端のバンドクランプ(※具体的には(B)と(C))」 には 「直接的な目視確認が困難な部位」 が含まれており、鏡(ミラー)を使って工夫した場合であっても、もしかすると(加圧時、石けん水による気泡生成の瞬間を)見落とししてしまっている恐れがゼロではないかもしれません。

したがって、今後の原因究明においては、このへんの(見落としの)可能性も考慮しながら進めていただけるよう、ディーラーさんとの連携を密にしていきたいと思っています。


■参考
パーツリストで部品構成を調べた際に、ついでなので参考価格もメモしておきました(※現時点では多少の価格見直し=値上がりが発生している部品もあるかもしれませんので、参考価格扱いです)。

<↓主な吸気系部品、シール部品の参考価格(税別)>
・14459AA660 ③ダクト,エアインテーク : 4170円
・ -805984020 (B)(C)ホースクランプ    :  700円
・14035AA492 (E)ガスケット,インマニ  :  550円
・16175AA331 (D)ガスケット,インマニ  :  720円
・14035AA421 (F)ガスケット,インマニ  :  500円
・14465AA100 ⑨パイプ,エアバイパス  : 3560円
・ -805931050 (H)ホースクランプ     :  300円

例えば、もしも 「③ダクト~④スロットル(ETC)」 間の 「(C)ホースクランプ(← インタークーラの取り外し無しでは、直接的な目視確認が困難な部品です)」 の締め付け不良が真因だったとしたならば、

・クランプの増し締め → 部品代金不要
・クランプを新品交換 → 700円×両端2箇所
・ダクトも念のため交換 → さらに4170円追加

という具合に、工賃以外の部品代金について、概算が分かります(→ メーカ保証となった場合の金額レベルも把握できそうですね)。

こんな具合で、ディーラー入庫までの間、(仮にDIYによる実作業が発生しなかったとしても)自分でできる 「現状把握→考察→仮説→検証→振り返り→・・・(以下、繰り返し)」 のループは、回しておきたい と思っています。



「その6」 に続く。
(次は、異音トラブル続編よりも 「2017年・夏・札幌帰省記」 の更新の方が先にくるかな?)
 ↓
 ↓
 ↓
2017-08-28(Mon.) : 更新
[エクシーガtS] スネークカメラで見えない部分を確認(過給時にシュー音・その6) をアップロードしました。
Posted at 2017/08/24 02:15:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ
2017年08月23日 イイね!

[エクシーガtS] DIYで念押し検証→現品&社外品(過給時にシュー音・その4)

[エクシーガtS] DIYで念押し検証→現品&社外品(過給時にシュー音・その4)(前回までのあらすじ)

エクシーガのターボ過給時の異音は、インタークーラ・エアバイパスバルブ内部の流動音だとディーラーで診断されたが、原因究明のための置換用ABVは在庫が無く、メーカー保証への手続きも停滞する。
そこで同じEJ20型ターボを積むレガシィからABVを移植し、DIYで検証を行い、その結果をディーラーにフィードバックすることで、解決に向けた協力とした。


◎「その1」 は こちら → 「トラブル速報&工具を使わないトラブルシューティングの実例」
◎「その2」 は こちら → 「ディーラーによる診断結果の速報」
◎「その3」 は こちら → 「DIYで診断検証→原因の切り分け」

■念押し検証の巻
レガシィの純正ABVをエクシーガに移植しても、過給時の 「シュー音」 が解消されなかったことは、前回のブログで既報。そこで今回は 「念押し検証」 として、逆のパターン・・・レガシィにエクシーガのABV(現品)を移植して異音が発生するかどうか、を確認することにしました。

(1)エクシーガにレガシィのABVを移植し、異音が解消するか? ← 前回のブログで報告済み
(2)レガシィにエクシーガのABV現品を移植し、異音が発生するか? ← 今回の検証内容
 (※これらの手法により、ABVに付いて回る固有現象か否かの判別が可能。)

さらに追加(ダメ押し検証)として、次の組み合わせパターンも実施します。

(3)エクシーガ+社外品(プローバのハイプレッシャー・バイパスバルブ)でも異音が発生するか?
 (※レガシィにはプローバのHP_ABVを装着していたため、この組合せでの検証も可能。)


<↓久しぶりにレガシィとエクシーガの2台を並べてのDIY作業>


■3つのABVを観察しよう、の巻
まずは3つのABVを並べて、外観を観察してみます。3つのABVとは、
 ・エクシーガ純正ABV : 14471AA240(O-リング込み)
 ・レガシィ純正ABV  : 14471AA130(O-リング込み)
 ・プローバHP_ABV  : 50130BL0010(旧品、O-リング無し)


<↓全体を上から見た様子>


<↓フランジの内側の様子>


<↓鳥瞰状態で全体比較>


<↓環流路のバルブ状態>


■「レガシィ+エクシーガABV」 の巻
それでは早速、作業開始です。BPレガシィ(GT spec B)の場合はエクシーガとは異なり、コレクターカバーが標準装備されていますので、カバーの脱着作業も工程に含まれます。・・・とは言っても、コレクターカバー脱着は1分間もあれば十分ですので、ABVの移植と合わせても作業時間はトータルで2~3分で済む内容です。

<↓(左):レガシィのエンジンルーム全景  (右):レガシィに移植したエクシーガ純正ABV>
 

作業の振り返り(ミスは無いか?)と工具の確認(エンジンルーム内に置き忘れはないか?)を済ませて、試走に出ます。

<↓周囲の交通状況に沿った走行にて、過給圧を正圧にした際の「シュー音」有無を確認>


<↓ブースト計が 0(×100kPa)以上となる走行条件でも、レガシィでは「シュー音」発生無し>


予想通りの結果となることが確かめられました。次も せっかくの機会だ・・・ということで、エクシーガに社外品(プローバ)のHP_ABVを装着してみます。予想では、異音は発生してしまうハズ。

■「エクシーガ+プローバHP_ABV」 の巻
当方が持っているHP(ハイプレッシャー)_ABVは、現行モデル(50130AH0010)とは異なる旧品(50130BL0010)ですが、その取扱説明書には、製品概要として次の文言が記されています。

<取扱説明書からの抜粋>
・純正バイパスバルブよりもスプリングレートを向上させ、耐圧性能を向上
・バイパスバルブ開弁圧を向上することによりターボレスポンスを向上
・循環型にすることでエンジンレスポンスを損ないません
・ブラックアルマイト仕上によるドレスアップ効果も期待できます
(※上記はPROVAによるものであって、体感効果には個人差があります。)


<↓レガシィ純正ABVに続いて、社外品(プローバHP_ABV)を装着したエクシーガ>
 

町内を試走した結果、やはり 「シュー音」 は解消されません。プローバのABVでも異音が発生します。発生領域は、レガシィ純正ABVの場合と同様、ブースト圧が+0.2~+0.3(×100kPa)に達したあたりから顕著に聞こえることが確かめられました。

■ディーラーさんへのフィードバックの巻
物理的には 「3種類のABV」×「2台の車両」=「6通りの組合せ」 で異音の発生有無の検証が可能ですが、今回は都合5パターンで確認が取れました(「レガシィ+レガシィ純正ABV」 は実施せず)。

<得られた結果>
・エクシーガには、どのABVを装着しても 「シュー音」 は解消されない。
・レガシィにエクシーガABV(現品)を装着しても、「シュー音」 は発生しない。
・したがって、異音はABV単品に付いて回る固有事象ではなく、
 エクシーガの吸気系を構成しているシステム単位での原因究明が必要

上記結果を 「事実として伝達し、情報共有する」 ため、その日のうちに、またディーラーに出向きました。そして修理方針を次のように再調整させていただきました。
 ・9月初旬に、エクシーガを1週間丸ごと点検入庫させる。
 ・その期間、代車としてステラを出していただく。

要するに、クルマを1週間ぶち抜きで預けるので、詳細調査をお願いした次第。


# と、まぁ、こんな感じで仮説の検証(切り分け)にDIYで協力
# させていただいたわけですが、この時点で、私の頭の中では
# 「原因として実はもっとシンプルなストーリーに帰着する可能性
# があるのでは? 」・・・という予感が、密かに高まったのでした。
(※通常、検証結果が当初の予想と異なる場合は、FTAをさかのぼって仮説の見直しが必要。)


「その5」 に続く予定。
(「その5」 は、9月初旬のディーラーさんによる詳細調査の結果が出てからの更新となる見込み。)
 ↓
先に 「2017年・夏、札幌帰省記」 を載せるかも。
 ↓
 ↓
 ↓
2017-08-24(Thu.) : 更新
[エクシーガtS] 確認事実の振り返り と 今後の予定(過給時にシュー音・その5) をアップロードしました。
Posted at 2017/08/23 02:38:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.