• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年03月20日

JR常磐線の廃トンネル群を見てきました(2)

3月19日は朝7時に行動開始。常磐道四倉PAを出発します。いわき市街地を通り抜けて、まずはいわき市久之浜町内へとやって来ました。

鞍掛山隧道と向山隧道という2つのトンネルを見に来ましたが、双方へ行けるポイントとなる踏切周辺の道路が舗装工事中で人が一杯…。何も3連休中に工事しなくてもいいのに…。

一旦、四倉側へ旧国道で戻り、南側から鞍掛山隧道へ行けないか探ってみましたが、接近できそうな道がありません。

仕方なくもう一度久之浜町へ行き、海岸近くの旧国道へ車を停めました。もう一つある向山隧道へ行くことにします。

進入路がある踏切側からは工事のため入れないので、まずはトンネルのある山に鎮座する神社の境内に向かいます。境内から山の斜面を北側に巻きながら、トンネルの北側の坑門を目指します。

けもの道を使い、うまくトンネルの上に出ることができました。



向山隧道















南側はコンクリートで補修されていました。

トンネル内を往復後、また山の中の斜面を歩き、神社の境内へと戻りました。

ついでにトンネルの北側で築堤をくぐる煉瓦暗渠に立ち寄ります。









国道6号に合流して、久ノ浜駅前を通過。国道の原見坂トンネルは通らず、旧道へと向かいます。

いわき市久之浜町金ケ沢広畑にある煉瓦ガード







煉瓦ガードを後にして、徒歩で国道6号原見坂トンネルの北口を目指します。原見坂トンネルの北口からは、線路に向かって山の斜面を伝いやって来ました。

原見坂隧道

















北側から薮を抜けてトンネル内に進入。南側3分の1くらいが水没していますが、長靴で行けるところまで行きました。

ここは南側の坑門がメインなので、そのまま外へ出るつもりでしたが、トンネルの外にある笹薮から「カサカサッ、カサカサッ」という、いかにも何か居そうな物音が消えなかったので断念。

あらためて南側から湿地帯を抜けて、木々越しに南側坑門を撮りました。



続いては久ノ浜駅-末続駅間に残るトンネル4つを回ります。
末続駅から南の台地の上にある住宅地に車を置いて、手始めに簡単に行けるトンネルへ。

館ノ山隧道









新しいフェンスでガッチリガードされてました。

ついでに隣にある現行線トンネルも。



館ノ山隧道から次のトンネルに向けて線路沿いを南下するのは人目を憚るので、トンネル二つ分程を車で山越え。「ここから行けるだろう。」と思う場所から木立ちの斜面を下って廃線跡へ赴きます。そこから逆戻りしてやって来ました。

深谷沢隧道















天神沢隧道













ここはなぜか煉瓦製の退避坑の設置が無く、代わりにこれでもかというくらい短い間隔でコンクリートブロック製の退避坑が設置されています。

南側坑門の上部には赤煉瓦と焼過煉瓦をフランス積みにして装飾を施しています。

ここからさらに2~300mくらい歩くともう一つトンネルがあります。

大沢隧道



















坑内はコンクリートでアーチが補修されていますが、全体的にボロボロな感じが漂っています。

坑門上部には装飾目的なのか珍しく矢筈積みが用いられています。

これで予定していたトンネルをほぼ回り終えました。

山歩きばかりになったので手でも洗おうかと近くの末続駅に立ち寄ってみましたが、なぜかトイレの水道は使えませんでした。



最後にもう一度、金山隧道へと行ってみます。日曜日で工事が休みかもしれません。

最寄りの細い道を通ってみたところ、工事車両は停めたままになっていますが誰もいません。さすがに工事現場の中を通り抜けるわけにはいかないので、国道6号の駐車帯に車を停めて、そこから谷伝いに直接廃トンネル前に行くことにします。

きつい急斜面を降りて、谷底を流れる小川の中をトンネル方向へ歩いていきます。

土手が低くなった所から廃線跡へ顔を出しました。しばらくの間、現行線側の工事現場を見渡してみますが、やはり工事は休みのようです。

金山隧道









現行線沿い、廃線跡沿いの樹木、薮はきれいに伐採されています。おそらく復旧に向けての除染作業によるものでしょう。



せっかくなので坑門脇の排水路を伝い、トンネル前に降り立ちました。







各種サイト・ブログで多くの人が紹介しているトンネルですが、図らずもここまできれいに整備された状態で見ることになるとは思っていませんでした。

金山隧道の管理用手書きプレートも残っています。



少しだけ中に入ってみました。





1.6kmの緩くカーブしたトンネルなので、反対側の光が見えることはありませんでした。

復旧工事中の常磐線が運行再開されれば、かえって落ち着いた気分で訪問できるかもしれません。ただ、これを機会に封鎖されるようなことがあると残念ですが…。

※フォトアルバムにも訪れた各トンネルの写真があります。
ブログ一覧 | 常磐線 鉄道・廃線跡 | 日記
Posted at 2017/03/20 23:21:57

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

見つけたら許さない❕
ちゅん×2さん

クイズ🎵ロック号の出身地を当てろ ...
ロック Sさん

【愛車グランプリ2021】
kai_you_gyoさん

【愛車グランプリ2021】
流星まにあさん

BMアクセラCPU現車セッティング ...
R Magic おーはらさん

愛車グランプリ2021にエントリー ...
WILDさん

この記事へのコメント

2017年3月24日 19:06
常磐線探索お疲れ様でした!
あるとは多少は見聞きしておりましたが、そんなにあるとは驚きです!しかも意匠がかなり凄いですね!旧山陰本線の嵯峨野観光鉄道線並かそれ以上ですね。煉瓦暗渠もありますね~。これは見たいです。しかし関東圏は全くの手つかず状態ですので、何年後かには…
コメントへの返答
2017年3月24日 23:47
どうもお疲れさまです。。
「鉄道構造物探見」で特徴的なトンネルの写真を見て、「いつか行ってみたいな。」と何気に思っていましたが、ようやく行ってみた次第です。
明治30年代の開通ですし、丘陵の谷間を高い築堤で越える箇所も多いので、未開拓の煉瓦暗渠も十分期待できそうです(遠くて気軽に行ける場所でないのが残念ですが。)。

おすすめアイテム

プロフィール

「「浅間縄文ミュージアム」へ行ってきました http://cvw.jp/b/1796277/45684227/
何シテル?   12/06 21:31
小林あにと申します。よろしくお願いします。 休日はドライブしたり、たまに廃線・廃道を歩いてみたり、ごくたまにミニサイズのラリーに出場してみたり、やる気がな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/12 >>

   1234
5 67891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
所有4台目(4代目)となるインプレッサ。 ガチガチのマニアというわけではないですが、4 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成16年夏に購入。 自身3台目のインプレッサとなります。 購入理由は、2台目インプレ ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成9年夏購入。 インプレッサ2台目。 行きつけの車屋さんへタイヤ交換の依頼をしに行っ ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年夏購入。 インプレッサ1台目。 購入動機は、WRCのビデオを見たのが一番。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.