• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年06月03日

旧八百津発電所資料館へ行ってきました

今日は、岐阜県八百津町にある旧八百津発電所資料館へ行ってきました。

この発電所は、明治44年(1911年)に竣工し、昭和49年(1974年)まで運転されていました。廃止後、発電所だった施設を資料館として一般開放しているわけです。現在、旧発電所施設は重要文化財に指定されています。

まずは、資料館(発電所)の正門です。


駐車場からこの資料館を訪れた場合、この門は通らないのですが、写真を撮るためにここまで引き返してきました。

駐車場からやってきた場合、最初に目に入るのは発電所の本館です。


手前の小振りな建屋は放水口発電所。本館発電所からの放水を再利用した水力発電所だそうです。




この発電所に付属する発電施設は類例のない貴重なものだそうです。


発電所の本館と本館発電所の放水口です。




それでは、本館に入ります。入場料は大人300円です。


入口には煉瓦が矢筈積みに敷かれています。


入館して受付を済ませたら、順路に従って隣室の発電棟へ。大型の発電機、高い天井が目を引きます。


発電機の説明板。


以下、発電棟内の設備等の写真です(全然知識がないので説明は無しということで(笑)。)。
























































室内灯の支持具も何気に装飾されているところに時代を感じます。


見ていて飽きませんが、母が退屈気味なので、次の順路へと進みます。

ふたたび受付をした部屋へと戻ってきました。ここは母線室というそうです。


遮断器の頭頂部。日立のマークが入ってますね。中の液体は何なんですかね?


以下、母線室内の写真です。












次は階段を登り、2階の配電室に向かいます。

配電室から見下ろした発電機群。


機器類は取り払われ、民俗資料の展示室になっています。


2階からの木曽川と放水口発電所の眺め。


漆喰が剥がれて、建屋本体の煉瓦が見えています。


発電棟と行き来するための階段。




2階にも大きな碍子が残されています。


発電棟とを仕切る壁には連続アーチが施されています。


おそらく、発電棟の屋根へと上がるためのはしご。


最後に発電棟室内と外壁の窓アーチ群。




シンプルながらも各所のデザインに気を遣っていることを感じさせます。

本館の外観です。外壁は煉瓦にモルタル塗りだそうです。




外壁上部に残る当発電所を建設した「名古屋電力株式会社」の銘。


発電所が完成した時には、別の会社の所有となっていたそうですが、「今さら手直しする手間がもったいない。」ということらしいです。

さて、発電所本館の見物はここまで。やや離れた場所に残る貯水槽跡も見に行きます。


あったのは赤錆びた水門とコンクリート塗の貯水槽。目立ったものは特にありませんでした。




少し前に行った姉川発電所跡は廃墟でしたが、ここは発電所運転当時の設備が結構残されていて、知識が無い自分でもなかなかワクワクしながら見物できました。

放水口発電所への立ち入りが禁止されていたのは残念ですが(見た目廃墟なので危険防止のためには仕方ないですね。)、これだけのものを300円で安全に見られるなら、産業遺産に興味のある方なら十二分に元が取れると思いますね(笑)。
ブログ一覧 | ドライブ・発電関係施設 | 日記
Posted at 2018/06/03 20:43:22

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

ナワリヌイ氏に何が起きた🤔
伯父貴さん

Oscar Peterson - ...
kazoo zzさん

ヘッドライトをONしたら!
ns-asmmさん

ホテルで朝食❗️
ワタヒロさん

初代6シリーズ
AngelPowerさん

祝・みんカラ歴10年!
shumikaPPさん

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「【2023年】TGRラリーチャレンジin豊田戦へ参戦しました http://cvw.jp/b/1796277/47513320/
何シテル?   02/04 22:27
「小林あに」と申します。よろしくお願いします。 休日はドライブしたり、廃道となった旧道や峠の古道を歩いてみたり(煉瓦製のトンネルや暗渠も好物ですが、最近は...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2024/2 >>

     123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

東海道本線旧牧之原隧道と宇津谷隧道 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2023/12/10 07:32:18

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
所有4台目(4代目)となるインプレッサ。 ガチガチのマニアというわけではないですが、4 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成16年夏に購入。 自身3台目のインプレッサとなります。 購入理由は、2台目インプレ ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成9年夏購入。 インプレッサ2台目。 行きつけの車屋さんへタイヤ交換の依頼をしに行っ ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年夏購入。 インプレッサ1台目。 購入動機は、WRCのビデオを見たのが一番。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
© LY Corporation