• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2018年10月20日 イイね!

【ビート】【E07A改Spec3千速】損壊ニ次調査

【ビート】【E07A改Spec3千速】損壊ニ次調査先週末、

ブログエントリ: 「【ビート】【E07A改Spec3千速】損壊一次調査

をブログアップした。



その後、多くの方々からアドバイスを頂いたり、議論を交わすことができた。

皆様、本当にありがとうございます m(u_u)m



10/23(火)にASLANさんにビートを入庫するので、あとは信頼できるプロ中のプロにお任せすれば良いのだが、皆様から頂いたアドバイスに基づき、自分でできる最低限の追加調査を実施した。




ホンダ ビート Honda Beat クランクシャフト レンチ

↑今回も、レンチでクランクシャフトを手回し。





「セル始動時に、オルタネータベルト、オルタネータが回っていない=クランクシャフトが回っていない」

・・・症状の原因が、クランクシャフト折れなのか、フライホイールなのか、リングギア脱落なのかの調査を。



E07A フライホイール 覗き穴

↑イニシャル点火時期の調整用のフライホイールの覗き穴を目視。

クランクシャフトを手回ししたときに、フライホイールがクランクプーリと同期して回っていることを確認。

クランクシャフトは折れていないようだ。



同時に、デスビキャップを外し、クランクシャフト手回し時に、デスビロータが回っているかの確認をしたが、クランクシャフト手回し時にデスビロータは回転していない。




Honda Beat ホンダ・ビート E07A tuned Spec3 Chihaya 千速

結局、またエンジンヘッドカバーを開けた。

当たり前だが、クランクシャフトを手回したときに、カムシャフトは回らない。





Honda Beat ホンダ ビート E07A PSI パワーサービスイマズ スライドカムプーリ タイミングベルト

↑また、クランクシャフトを回しても、タイミングベルトも全く動く様子がないことを確認。

つまり、タイミングベルトのリグ飛びにより、タイベルはクランクプーリ部で滑っていることを確認。





クランクシャフトが生きていて、フライホイールも正常そうなので、

「セル始動時にオルタベルト、オルタネータが回らない」

・・・謎が残ったままなのが気持ち悪いので、娘に、クランクシャフトと、オルタベルトを目視してもらい、セル始動した。


娘が言うには、セル始動時に、クランクシャフトもオルタネータのベルトも回っているらしい。

クランクシャフトは「めっちゃ速く回ってる」らしい 笑。


恥ずかしながら、先週の私の調査が間違っていた模様。。。。

お騒がせして申し訳ありませんm(u_u)m



ただ、やっぱり、運転席側からセル始動しながらオルタを眺めていて、ベルトはともかく、オルタネータのケーシングの隙間から見える、オルタネータのロータが回っているようには見えないんよ。。。
(千速損壊のときは、回っている様子が目視できた)

オルタネータ、壊れている(ロックしている)んじゃなかろうか?


・・・・今にして思えば、娘にセル始動してもらい、自分がオルタの目視をすれば良かった。。。。









あと、クランクシャフトのレンチでの手回しだケド、やっぱり、盆休みにイニシャル点火時期調整をしていたときと較べて、遥かに軽く回ることに気づいた。
(先週は、そんなに気にならなかったのだが・・・)

圧縮、抜けているようなので、いくらかのバルブはたぶん曲がっていると思う。



Honda Beat ホンダ・ビート E07A tuned Spec3 Chihaya 千速


Honda Beat ホンダ・ビート E07A tuned Spec3 Chihaya 千速


Honda Beat ホンダ・ビート E07A tuned Spec3 Chihaya 千速


Honda Beat ホンダ・ビート E07A tuned Spec3 Chihaya 千速


バルブスプリングの隙間から、バルブ曲がりを目視できないか、見てみたが、良くわからなかった。。。(写真だともっとわかりづらい)







静流と千速。


全く別のエンジン本体なのに、酷似した壊れ方。


ともに5速4000rpm巡航中に「ジャーッ」って、サージング系の音が鳴り始めて、音が消えるタイミングでパワーロスト。


エンジン本体ではなく、補機類、制御系など共通して使用しているモノが原因だと思われるのだが、原因究明して、再発防止対策をしないことには、エンジンを復旧あるいは新作しても必ず同じことが起きる理屈で、心配で乗れない。


私は現状、デスビかオルタが怪しいと思っているんだケド、他にも疑わしきものは全交換が必要。
(疑わしくなくても、回転物は全て消耗品なので、いずれ寿命がくるしね・・・)

また金策だなぁ・・・。



4月の烈までには必ず復活させたいなぁ・・・。

(2月、3月は、ド年度末の激務で休みゼロ、フル残業の可能性が高く、そもそも大阪にほとんどいないハズなので、4月から逆算すると、慣らしとか適合とかいつするんだ?という話になってしまうのだが・・・)






●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/10/20 17:11:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2018年10月16日 イイね!

【ビート】OVER RIDE 山口かつみ先生 作画 mistbahn号+黄姫イラスト!

【ビート】OVER RIDE 山口かつみ先生 作画 mistbahn号+黄姫イラスト!今回の E07A改Spec3「千速」 の損壊状況・原因について、ブログや整備手帳のコメント欄以外にも

・メッセージ
・メール
・電話

で多くの見解、仮説を頂きました。


千速損壊単体ではなく、静流損壊とも合わせて考えるとかなり複雑な事例なので、

セカンドオピニオン、サードオピニオン・・・○○thオピニオン など、情報は多ければ多いほど助かります。

皆様のご心配と、アドバイス、本当に感謝しています。

ありがとうございます m(u_u)m



WTAC出張(!)から帰阪されたASLANさんとも今朝、会話ができ、気持ち的にもちょっと落ち着きました。

今週は私の出張とASLANさんの閉店日が真逆なので、来週前半に引き取りに来て頂くことになりました。



今週末は、タイミングライトでのイニシャル点火時期調整用の穴からフライホイールを目視しながら、再びクランクシャフトを工具で手回ししてみるつもりです。

クランクシャフトが折れているのか、フライホイールがなにかおかしなことになっているのか、リングギアが脱落しているかの問題の切り分けまではできそうです。

これも頂いたアドバイスです。ありがとうございますm(u_u)m



初セントラルでの好タイム、好成績
 ↓
エンジン損壊?


・・・と浮き沈みの連続する最近のmistbahnですが 笑

今日はアッパーなネタを♪



■OVER RIDE 山口かつみ先生 作画 mistbahn号+黄姫イラスト!

OVER RIDE OVER REV オーバーレブ! オーバーライド! 山口かつみ ホンダ・ビート Honda Beat PP1


先日のブログエントリ: 「【ビート】【黄姫】OVER RIDE 山口かつみ先生 作画 黄姫イラスト!

で、漫画「オーバーレブ!」の作者、山口かつみ先生に、たか@。さんに以前お借りしていた ホンダ・ビート 「黄姫」 のイラストを描いて頂いたことを紹介した。


mistbahn号も描いて頂きました!!!!!!!


OVER RIDE OVER REV オーバーレブ! オーバーライド! 山口かつみ ホンダ・ビート Honda Beat PP1


感動です。

家宝にします。

ありがとうございますm(u_u)m



OVER RIDE OVER REV オーバーレブ! オーバーライド! 山口かつみ ホンダ・ビート Honda Beat PP1




OVER RIDE OVER REV オーバーレブ! オーバーライド! 山口かつみ ホンダ・ビート Honda Beat PP1


↑「黄姫」も背景違いを追加で頂きました。


OVER RIDE OVER REV オーバーレブ! オーバーライド! 山口かつみ ホンダ・ビート Honda Beat PP1




次作「OVER RIDE」は軽自動車マンガになるのがどうも既定路線っぽいので、連載開始がとても楽しみです。


「Kカーのアルトワークスを相棒に女子高生の主人公がサンデーレースや林道を疾走る物語。

ホンダラブのミステリアスなお姉さんキャラ、主人公の住む商店街のKトラ使いの若い衆など

老若男女、あらゆる層のクルマ好きがクルマを通じて交流するクルマのマンガ!

KトラはF1を凌駕する!Kカーこそ本格的バトルカー!

馬力がなくたって、300キロなんて出なくても、エンジンがついてるだけで魂は揺さぶられるんだ!」




という紹介文(というか企画文)がありました。



LINK)

漫画家 山口かつみ Official Website

Twitter 山口かつみ


======================

・伝説のグループBカーや、憧れのスーパーカー、キットカーの試乗機会を頂いたり・・・

・以前にお世話になっていたショップさんに組んでもらったエンジンが3回連続で納入直後に損壊したり・・・

・その間、黄姫を貸して頂いてのサーキット走行を経験したり・・・・

・友人に組んで頂いたエンジン(静流)と足回りで、自分では一生到達できないと思っていた領域まで過激に自己ベストを更新したり・・・・

・そのエンジンが何でも無い巡航時に損壊したり・・・

・困っているところ、千速の提供のご提案を頂いて載せ替えたり・・・

・千速でも好リザルトを連続で出したり・・・

・その千速が何でも無い巡航時に損壊したり・・・

・好きなマンガの作者さんに自分のクルマのイラストを描いてもらったり・・・・



ここ2年間ほどは特に、主にいろんな方にお世話になり 「こんなことってあるんだ・・・」 と自分でもビックリ、他人にも驚かれるような、ハプニング、イベントが盛りだくさん。


なんだかんだで、私は本当に幸せなカーライフを送ることができています。


皆様、ありがとうございます m(u_u)m





●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/10/16 12:10:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2018年10月14日 イイね!

【ビート】【E07A改Spec3千速】損壊一次調査

【ビート】【E07A改Spec3千速】損壊一次調査昨日のセントラルサーキットからの帰り道、中国道を80km/h 5速 4000rpm巡行中に、

・「小さめのジャー音」が鳴り、鳴り止んだらノーパワーになった

・セルは回るがエンジンは再始動しない


問題
の一次調査を、本日、実施した。






【1】セル始動 1

E07A改Spec2「静流」損壊のときのセル音は「チュイーン!」というセルモーター単独っぽい音だったが、今回は「ギュイーン」。

なにか負荷のある音。








【2】セル始動 2

セルスタート時に、オルタベルト、オルタネータが回っているかを目視確認。


E07A改Spec2「静流」損壊のときは、オルタは力なく回っていたのだが、今回はまわらない。オルタネータのベルトも回らない。

・・・ということは、セルモータに対して、クランク軸が回っていないからだろう・・・というコメントを頂きました。 ありがとうございますm(u_u)m








【3】ヘッドカバーを開けての点検

●IN側 写真


E07A ヘッド IN側 ロッカーアーム バルブスプリング


E07A ヘッド IN側 ロッカーアーム バルブスプリング


IN側のロッカーアーム等にピントを併せた写真。


E07A改Spec2「静流」損壊のときと異なり、ロッカーアームは全部正常。
折れていなかった。



E07A改Spec1「光子」のときにあったような、タペット調整ナット紛失のような低次元の異常もナシ。



バルブヒットによるバルブ曲がりなどは、この目視ではわからないのでなんとも言えないが、この目視点検だけだと、ヘッドは極めて良好な状態に見える。


ヘッドの美しさに見惚れてしまった。





●EX側 写真

E07A ヘッド EX側 ロッカーアーム バルブスプリング

EX側のロッカーアーム等にピントを併せた写真(※写真の奥のロッカーとシャフトがEX)。

こちらもロッカーアームは正常。
美しい。









【4】タイミングベルトの点検

PSI スライドカムプーリ タイミングベルト


スライドカムプーリを裏側から見たところ・・・


・・・タイミングベルトのリグがたくさん欠損しているのが確認された。


i!|i ○| ̄|_....










【5】クランクシャフトの点検

ビート クランクシャフト

クランクシャフトの焼損(メタルブロー)、シャフトのロックを疑ったが、工具でクランクシャフトを回してみたところ、正常なときと特に変わらない負荷(作業体感トルク)で回すことができた。

・・・とすると、セルモータを回して、オルタベルトが回らないのは何故??









【6】クランクプーリ緩みの点検

クランクプーリ増し締めSST

「クランクプーリの緩みによりスプロケのキーが飛んだ可能性」のコメントも頂いたので、クランクプーリを掴むSSTとレンチで、増し締め確認をしてみたが、クランクプーリが緩んでいる様子はなかった
(微塵にも増し締めできなかった)









【7】ブレインストーミング(結論出ない)

・・・となると、一体何なんだろうか?

静流のときほどダメージは大きくなさそうだが、2台の全く異なるエンジンで、似た現象。

エンジン本体には問題がナイのではないか???



千速のエンジンビルダーさんや、みん友さん方といろいろ議論中。


・サーキットユース、フル負荷で問題ナシ

・5速4000rpm長距離巡航時に、ジャー音~音消えでパワーロスト

・タイベルのリグ飛び(※ベルト損傷が先か、ロッカーなどヘッドが先か?の議論があったが、有識者見解の多くは「ベルトが先」だった。今回の損傷で「ベルトが先」が立証された?)

・何故タイミングベルトのリグが飛んだか全くわからない。

・エンジン本体の問題ではなく、流用している補機類の不良とか、V PROのハーネスの接触不良?

デスビロックの可能性はあり得る。
ただ、損壊に至る症状が「ロック」って感じじゃないんよね。
「ジャー」って鳴っているときはトルクもあるし。

・予選中に1コーナーでスピンし、コース復帰するのに、グラベル内を走らないといけなかったので、クランクベルトのケース内に、砂利が混入し、これが歯飛びの原因になった可能性はある

・千速が生きていて再利用ができるとしても、あるいはエンジンを組み直しするにしても、怪しい補機類は総とっかえしないと安心して乗れない。

・V PROもお蔵入りするか?


・・・・むむぅ。。。
謎だなあ。。。




ご相談に乗って頂いている皆様、誠にありがとうございます m(u_u)m

自分には助けてくれる方々がいることが、励みになります。




●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/10/14 20:57:15 | コメント(1) | トラックバック(1) | ビート | クルマ
2018年10月14日 イイね!

【サーキット】【ビート】come 1 day race セントラル 2018.10.13 part.2 車載動画

【サーキット】【ビート】come 1 day race セントラル 2018.10.13 part.2 車載動画ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】come 1 day race セントラル 2018.10.13 part.1

の続き。



写真編集とログ解析の時間(とエネルギー)を捻出できないので、とりあえず、動画のみ。



■自己ベスト 1分46秒645 車載動画 (予選セッションから)



↑比較的好タイム出ましたが、どのコーナーもアプローチを模索中。


後日、ログ解析をブログアップする「つもり」ですが、まずは動画を見て、諸先輩方にイケてないところをツッコミまくって頂けると有り難いです。




■決勝 車載動画



↑ほとんど一人旅なので、退屈な動画です。

予選タイム順のグリッドスタートなので、トラフィック的に走りやすかったので、予選とは異なるアプローチをいろいろ試した記録。


決勝では42秒台はなく、43秒台が中心だったケド、ログ解析は予選の自己ベストと、アプローチ違いの決勝の自己ベストの比較の形で行おうと思っています。

(時間とエネルギー次第)







●サーキット走行 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/10/14 18:42:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2018年10月14日 イイね!

【ビート】【黄姫】OVER RIDE 山口かつみ先生 作画 黄姫イラスト!

【ビート】【黄姫】OVER RIDE 山口かつみ先生 作画 黄姫イラスト!ビートのエンジントラブルの調査した。

調査結果のブログアップにエネルギー必要なので、後ほど。(流石に心身ともにちょっと弱ってるんやわ・・・)



漫画「オーバーレブ!(OVER REV!)」の作者、山口かつみ先生が、

たか@。さんに以前、お借りしていたホンダ・ビート「黄姫」

のイラストを送ってくれました!!!!

ビックリ+感激です!!!



(※黄姫専用の目次ページは作っていないので、「http://www.mistbahn.com/PP1.html」で「黄姫」と検索してくださいまし)



許可を頂いたのでイラスト、掲載します↓


Honda Beat 黄姫 OVER RIDE OVER REV オーバーライド オーバーレブ 山口かつみ



Honda Beat 黄姫 OVER RIDE OVER REV オーバーライド オーバーレブ 山口かつみ



次作「OVER RIDE(オーバーライド)」は、どうも軽自動車のモタスポ漫画らしく、

・コペン+セーラー服女子のイラスト

・JA4トゥデイ!!!!

・S660 vs (Tatsuya.さんのアクティ・トラックに似た)軽トラ・レーサーのバトル


などのイラストがちょいちょい、公開されています。



軽自動車でモータスポーツやってる者としては胸熱です。楽しみです!





●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/10/14 17:59:47 | コメント(1) | トラックバック(1) | ビート「黄姫」 | クルマ

プロフィール

「【ビート】【E07A改Spec3千速】損壊ニ次調査 http://cvw.jp/b/242406/42082902/
何シテル?   10/20 17:11
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

サーキット派、チューニング好き、モータースポーツファン、技術ネタ好き、軽量化マニア、カート好きなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしか書かれない方もお断り(興味をもてない)。
240 人のお友達がいます
ぱん・ともしぱん・ともし * 赤い~のん!?赤い~のん!? *
Garage KGarage K * KOTOKOKOTOKO *
C.A.MC.A.M * 鯱ョ570鯱ョ570 *

ファン

321 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.