• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2018年08月15日 イイね!

【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】デスビ交換検証

【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】デスビ交換検証ブログエントリ: 「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】イニシャル点火時期 再調整

ブログエントリ:「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】シリンダ判別センサ問題 悪化

ブログエントリ:「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】シリンダ判別センサ、ケーブル点検

ブログエントリ:「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】「気筒判別自体がVプロでちゃんと出来ているか」の検証


の続き・・・・みたいなもん。



問題の切り分けとしてできることが残り少なくなってきた。



昔、トラブルシューティング用にtsworksさんに頂いた、古いデスビの在庫があるので、試しに交換してみるか・・・

・・・と倉庫から出してきた。





左: 現在使っているデスビ 2008年製
右: 検証用の古いデスビ 1997年製





1997年製は、製造年も古いし、見た目的にもお年寄りだし、プラグケーブル保持用のブラケットなんかも鋳物部が折れているので・・・

・・・この検証で二次災害が起こるといけないな・・・

・・・どうせやるなら、新品デスビを購入してからするか・・・


・・・と、検証を取りやめることに。






で、つい先程までエンジンに付いていた、2008年製のデスビをエンジンに戻すことに。



ところが・・・




2008年製のデスビを戻して、イニシャル点火時期を合わせたところ、アイドリングでも常時エンジンチェックランプが点くようになってしまった!!!!


ダイアグ診断の結果は例によって「シリンダ判別センサ」エラー。


「シリンダ判別センサ」は触っていないゾ♪




そうか!


どんどん「シリンダ判別センサ」のエラーが酷くなっていってるが、ここ最近、頻繁に行っているのは、

「純正ECUとVプロの切換のための、エンジンハーネスのコネクタ脱着」

だけでなく

「デスビの抜き差しによる、イニシャル点火時期調整」

だ!




デスビの抜き差しを繰り返したことにより、トラブルが悪化したことを疑ってみる。






↑デスビ本体に問題があるのかどうかの問題の切り分けのために、先程、使うのをやめた、1997年製のデスビを使ってみることに。






デスビキャップは交換せずにそのまま。


1997年製デスビに交換して、イニシャル点火時期を合わせてみても、アイドリングでエンジンチェックランプが点く症状は同じだった。。。


・・・ということは、デスビ本体には問題がないので・・・

可能性としては、


A) デスビと接続される車体側のケーブル

B) デスビと接続されるアースケーブル

C) デスビキャップ

D) その他



か。

(「B」のアースケーブルと、ボディは導通確認してみたが、短絡はなかった)





デスビ本体に問題がなさそうなので、再び2008年製のデスビに戻した。






イニシャル点火時期の調整で気付いたのだが、ちょっとしたデスビ位相の違い(イニシャル点火時期のズレ)で、アイドリング状態での

「シリンダ判別センサ」エラーの発生する/しない

が異なることに気付いた。


とりあえず、きちんとイニシャルを合わせて、アイドリングではエラーが出ないところまでは戻せた。

夜だし、近所迷惑なので5000rpmぐらいまでしか回せなかったが、2回ほど空ぶかししてみたが、エラーは出ず。

良かった。。。



ふーむ。


「シリンダ判別センサ」そのものと、「シリンダ判別センサ」のケーブルには問題がなさそうなのは昨日、確認済

(ブログエントリ: 「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】シリンダ判別センサ、ケーブル点検」)

なので、シリンダ判別センサと密接に関係する、デスビ側の調整の問題なのかな?



ブログエントリ: 「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】イニシャル点火時期 再調整

↑で、「cp86 AE86復活」さんにコメント頂いた、

「フルコンのインデックスポジションは各社違うのですが、ビートの純正のままならデスビで調整出来るから判別センサーとクランク角センサーが出来るだけラップしない位置に合わせてあげないとミスカウントしてしまいます。その上で実際のイグニッションタイミング見ながらインデックスポジションを決める感じです。純正ECUのタイミングは無視して。」

というのは、原因として考えられるし、試してみることができそうだ。



そこに着眼して、自分でV PROで行うとすれば、


「Vプロのクランクオフセット角度を43度ではなく、例えば0度に変更して、この設定でタイミングライトでフライホイールのピンクマークが見えるよう、デスビ位置を合わせる」


・・・となる。(※純正ECUはイニシャル点火時期が大きく狂うので、純正ECUではエンジンかからなくなる)



やってみる価値はあるケド、更にドツボにハマる予感もするなあ・・・・。

ここから先はプロにお願いした方が良いとも思うが・・・。



あとは時間的制約か。

「夏休みの宿題(仕事)」が全く片付いていないので、明日からは休日出社して、注力する。

盆休みが終わってしまうと、月末まで出張続きなので、盆休み中にいかに早く宿題を終えるか?
・・・だなあ・・・・。




●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/08/15 22:57:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2018年08月15日 イイね!

【ビート】【写真】堺市の港での夜撮り

【ビート】【写真】堺市の港での夜撮り2018.08.06夜に、慣らしと適合の合間に、堺市の港で撮影したビート写真集。


撮影したのは、2018.08.06 夜・・・・と、もう一週間以上前なのだケド、なんかトラブルシューティングに必死でバタバタしていて、ブログアップするのを忘れていた。。。




Honda Beat ホンダ ビート PP1

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)





Honda Beat ホンダ ビート PP1

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)





Honda Beat ホンダ ビート PP1

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




Honda Beat ホンダ ビート PP1

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)





Honda Beat ホンダ ビート PP1

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




あー

夜撮りも楽しいし、ビートの写真撮影ができる現状はとても幸せなのだケド・・・

キミドリになったビート、早く鈴鹿フルコースで写真撮影したい!!!!




●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
Posted at 2018/08/15 12:00:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2018年08月14日 イイね!

【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】「気筒判別自体がVプロでちゃんと出来ているか」の検証

【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】「気筒判別自体がVプロでちゃんと出来ているか」の検証ブログエントリ: 「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】イニシャル点火時期 再調整

ブログエントリ:「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】シリンダ判別センサ問題 悪化

ブログエントリ:「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】シリンダ判別センサ、ケーブル点検


の続き・・・・みたいなもん。




特に、

ブログエントリ: 「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】イニシャル点火時期 再調整

のコメント欄で、「cp86 AE86復活」さんにアドバイス頂いた、


「気筒判別自体がVプロでちゃんと出来ているか」


の検証方法をVプロなりに解釈して、検証。



(例によってりぼ菌♪さんにいろいろ相談に乗って頂きました。りぼ菌♪さん、いつもありがとうございます。)


(シリンダ判別センサは、純正ECUでも発生しているので、Vプロの設定問題ではなく、ハードウェアだと思うのだが、いずれにしても、Vプロの「クランクオフセット角度=43度」のナゾについては解明したいので)







↑図のように、Vプロのデータは、

1番シリンダ: 0度
2番シリンダ: 480度
3番シリンダ: 240度

で点火する設定。







↑点火設定を「メイン×3」から「メイン×1」に変更して、

「1番(「点火基準タイミング」マップにおける0度点火)」

のみを活かし、2番、3番を殺す設定に。







↑燃料も1番だけを活かすように設定して検証したんだケド・・・・

・・・今思うと、コレは1番も殺すべきだったのか・・・。

(まあ、検証の後、ちゃんとエンジンは始動したケド)





alt

プラグコードを全部抜く。



1番プラグを抜き、1番プラグコードに接続し、クランキング。








↑ 1番のイグニッションプラグからは点火が確認できた。

念の為、このままのVプロ設定で、順に2番ケーブル、3番ケーブルに点火プラグを移設し、検証してみたが、2番、3番では「正しく」点火しなかった。




・・・念の為、このVプロ設定で、2番、3番からは点火されていないかを確認する。




↑2番(点火ナシ)




↑3番(点火ナシ)






この検証で、たぶん

「気筒判別自体がVプロでちゃんと出来ているか」

「できている」だと思うのですが、検証方法など間違っていたらご指摘くださいm(u_u)m



====



・・・問題の切り分けが進んできて、シリンダ判別センサ・エラーの問題に関しては


A) 手持ちのデスビがあるので、デスビ交換を検証してみる(なかなか面倒な作業だケド、作業覚えたので次は速いハズ)


B) 静流と同じように、やっぱりシリンダ判別センサと、スライドカムプーリの相性(ドグの関係)と考え、BES製のスライドカムプーリに交換する

(自分ではできないのでASLANさんに依頼する)


・・・かな。



他に、確認・検証すべき項目があれば、御教示ください!


・・・なかなか一筋縄にいかず、エンジン作りはじめてからのこの2年間はトラブルシューティングばかりしている気がする。



でも・・・・

・・・ビートが手元にあって、あれこれ作業ができるだけで幸せ♪






●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/08/14 21:47:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | ビート ECU | クルマ
2018年08月14日 イイね!

【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】シリンダ判別センサ、ケーブル点検

【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】シリンダ判別センサ、ケーブル点検 ブログエントリ: 「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】イニシャル点火時期 再調整


ブログエントリ:「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】シリンダ判別センサ問題 悪化


の続き。




純正ECUでも「シリンダ判別センサ・エラー」が出たこと、症状が悪化していっていることから、シリンダ判別センサのケーブル不良 を疑っての調査。





alt

alt


↑サービスマニュアルの「故障診断チャート」の手順どうりのチェックを進める。





ECU取合のエンジンハーネスのコネクタの、

D5 Pin(シリンダ判別センサ)
D6 Pin(シリンダ判別センサGND)

の抵抗値は700~1000Ωが適正値らしいので、抵抗値を測ってみた。


alt

720Ω。OK。



D5 Pin(シリンダ判別センサ)と、ボディ、アースの導通なきこと、短絡なきことも確認。




エンジンをかけて、アイドリング状態で、


・ECU貯金のハーネスを指でグリグリしたり・・・


alt

・↑シリンダ判別センサのECU側カプラを指でグリグリしてみたり・・・


alt

・↑シリンダ判別センサのセンサ側カプラを指でグリグリしてみたり・・・



・・・擬似的に、振動させてみたが、エンジンチェックランプは点灯しなかった。


どうやら、シリンダ判別センサそのものや、ケーブルには問題がないようだ。



問題の切り分けはまたひとつ進んだが・・・・?

(続く)






●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/08/14 20:05:37 | コメント(0) | トラックバック(1) | ビート ECU | クルマ
2018年08月14日 イイね!

【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】シリンダ判別センサ問題 悪化

【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】シリンダ判別センサ問題 悪化※画像は使い回しです。スミマセン。


日曜は、酷く疲れて寝落ちしてしまったのと、
月曜は、家族でお出かけして、酷く疲れて寝落ちしてしまったのと

・・・・で、ブログアップが遅くなってしまったのだケド、「何シテル」で書いたように、シリンダ判別センサ問題が悪化しました

i!|i ○| ̄|_....



【8/12(日)の夜】

ブログエントリ: 「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】イニシャル点火時期 再調整

の投稿後の夜、


alt

再度、

A)
もっとしっかり暖機してから(もちろん、ダイアグ診断のオプションスイッチは短絡状態で)、純正ECUのイニシャル点火時期を、タイミングライトで確認しながら、デスビ位置調整(デスビを捻ることのできる範囲で調整できました)

B)
純正ECUの↑を行ったので、Vプロに繋ぎ変えて、タイミングライトでフライホイールのピンク印が見える位置に、Vプロの「クランクオフセット角」を設定変更。

alt

結局、

「クランクオフセット角度=34度」

ではなく、E07A Spec2 静流のときの設定、E07A Spec3 千速搭載直後の設定

「クランクオフセット角度=43度」

で辻褄が合いました(元に戻った)。。。。



クランクオフセット角度43度の根拠は未解決だケド、元々の設定で、ハードウェア(エンジン)との整合はしていたようだ。。



問題は・・・



その後、走ってみると、


問題1) 純正ECU制御でも高回転域でシリンダ判別エラーが発生するようになった。(Vプロが悪いワケではなかった!)


問題2) Vプロ制御で、シリンダ判別センサエラーの発生する回転数が、「8500rpm以上」から「7000rpm」に下がった。

問題3) シリンダ判別センサの発生頻度が「8500rpm以上を3速で2~3回繰り返すと発生」「空ぶかしや、2速では発生しない」・・・・・が、「空ぶかしでも発生する」「繰り返さなくても1回で発生する」と、悪化。




原因未特定だケド、こうなってくると、

シリンダ判別センサ→ECUのケーブルの接触不良(特にECU側)

も疑わしいのかな?と思っています。

特にここ数日間、純正ECU制御と、Vプロ制御の切換を行うのに、かなりの回数、ECUハーネスコネクタの抜き差しを繰り返しているので、悪化したのではないか・・・・と。






【ここまでの条件まとめ】

■1 エンジン、カムプーリによる違い

●純正ECU×純正カムプーリ×純正ECU: 問題発生せず
●純正ECU×純正カムプーリ×Vプロ: 問題発生せず



●E07A改Spec1光子×S,S,I製カムプーリ×Vプロ: 問題発生、解決しないまま、3回のエンジン損壊で終了


●E07A改Spec2静流×S,S,I製カムプーリ×Vプロ: 問題発生
●E07A改Spec2静流×S,S,I製カムプーリ×純正ECU: 問題発生


↑このときに、

 ・シリンダ判別センサの定番の樹脂溶解はナシ(写真を頂いた)
 ・センサ交換検証も症状は同じ(写真を頂いた)
 ・断線調査は問題ナシ


は調査済。


●E07A改Spec2静流×BES製カムプーリ×純正ECU: 問題解決

↑ここまでの経緯だけを考慮すると、シリンダ判別センサとカムプーリの相性(スライドカムプーリは純正カムプーリの追加工を行われているので、シリンダ判別ドグ形状の問題ではなく、微妙な位置関係とか?あるいはBES製のスライドカムプーリは鉄なので他よりイナーシャが大きいので、回転脈動しにくく、外乱に強かった???)・・・・が問題と考える他、なかった。。。

参考ブログエントリ: 「【ビート】【E07A改R2_0】スライドカムプーリ交換


●E07A改Spec3千速×PSI製カムプーリ×Vプロ: 問題発生
●E07A改Spec3千速×PSI製カムプーリ×純正ECU: 問題発生




・・・・「光子+静流」と「千速」では、使っているスライドカムプーリのメーカも、シリンダ判別センサの個体も異なるので、問題の切り分けがし難いが・・・・


・・・・エンジンが異なろうが、ECUが異なろうが、シリンダ判別センサの個体が異なろうが、同じ問題が繰り返されているので、共通している部分として怪しいと思われるのが、シリンダ判別センサのケーブル??(高回転域での振動に伴うエラー発生)



・・・・もちろん、静流のときと同様に、スライドカムプーリをPSI→BESに交換して解決する可能性はあるが、PSIやS,S,Iのスライドカムプーリを使われている方々が、ここまでシリンダ判別センサに悩まされている様子もない(※皆さん、苦労経験があれば、その旨だけでも結構ですので、ぜひコメントください!)・・・・ので・・・・・

・・・何か、スライドカムプーリとセンサの相性以外にも問題がある気が・・・。



===


一昨日の

ブログエントリ: 「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】イニシャル点火時期 再調整

のコメント欄で、cp86さんに、フルコンにおける気筒判別の考え方、ミストリガ、トラブルシューティングについてご教示頂きました。cp86さん、ありがとうございました m(u_u)m

これらも含めて、順に自分に可能なレベルのトラブルシューティングしていこうと思います。(「自分に可能なレベル」を少しずつ押し上げます)




(盆休中に、仕事の宿題も片付けながら、なんとか時間を捻出しないと、盆休後は、月末まで出張続きで、夜間もクルマに接することはできないのよね。。。。




●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2018/08/14 10:01:07 | コメント(3) | トラックバック(3) | ビート ECU | クルマ

プロフィール

「【ビート】【E07A改Spec3千速】【ECU】デスビ交換検証 http://cvw.jp/b/242406/41837992/
何シテル?   08/15 22:57
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

サーキット派、チューニング好き、モータースポーツファン、技術ネタ好き、軽量化マニア、カート好きなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしか書かれない方もお断り(興味をもてない)。
238 人のお友達がいます
ブレーキマイスターブレーキマイスター * es355es355 *
クラフトマンクラフトマン * フランソワ・アルヌ~ル♪フランソワ・アルヌ~ル♪ *
NAO&#39;sProject.NAO'sProject. * Garage KGarage K *

ファン

326 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.