• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2024年01月28日 イイね!

【サーキット】【ビート】CTAC2024 セントラルサーキット コースレコード 1分34秒336

【サーキット】【ビート】CTAC2024 セントラルサーキット コースレコード 1分34秒3362024年1月28日 セントラルサーキットで開催の
CTAC2024(Central Time Attack Challenge)
に参戦。

alt

セントラルサーキットのホンダ・ビートのコースレコード
1分34秒336
を樹立!!!!




alt

CTACはタイムアタックイベント。
細かくカテゴリー分けをして、タイヤが熱ダレする前の短い時間を少ない台数で走行するので、ほとんどをクリアラップで走ることのできる素晴らしいイベント。

軽自動車枠はフィット、CR-Zと混走で、20分フリー走行、20分フリー走行とスーパーラップ。
スーパーラップは確実にクリアで走れるよう、同じ枠内の車両を速い順に1台ずつ送りだす形式。アウトラップ~アタックラップ3周~インラップ。

alt





【CTAC2022 ふりかえり】

CTAC2022で自己ベスト 1分35秒755 を記録し、その時点でのセントラルサーキットのビートのコースレコード保持者になったものの、その3ヶ月半後に ヤハタビート2号さんが 1分34秒576 を記録・コースレコード更新された。
(ビート初の35秒切りはヤハタビート2号さん)



【CTAC2023 ふりかえり】

CTAC2023でリベンジを志すも・・・



alt

気合入り過ぎ+タイヤに十分に熱が入っていない+コース幅を少しハミ出したところが雪でスピン、派手にクラッシュ。。。
3Lap目でリタイア。。。


【CTAC2024】

alt

CTAC2024は、再度のチャレンジ。

しかし・・・

平日の最高気温は5~6℃などが続いていたのに、1月28日は10℃。
VERTEXクラスからスタートしたCTAC2024、最初は気温低かったものの、K-Carクラスの1枠目はもっとも気温上昇して、上着のいらない暖かさ。おそらく10℃(こんなん多い・・・)。

ヤハタビート2号さんのコースレコード 1分34秒576 とは1.2秒もの差があるので、

「自己ベストは更新できるだろうが、コースレコードは無理だろうなあ」
「あわよくば35秒切りは達成できると良いなあ」

くらいに考えて走った。


【1本目】

alt

アウトラップの次のLapもまだタイヤが温まりきっていない+ドライビングのアジャストができていない(練習不足)ものの、自己ベストより0.5秒速い 1分35秒2~3 が2Lap続き、



alt

1分34秒336
自己ベストを1.4秒更新!!!
セントラルのビートのコースレコードを奪還・更新!!!


タイヤ:A050 Mコンパ
(※タイムアタッカーはGSコンパを使うのが定番だが、私はCTAC2023とOTAC2023ではGSを使ってみたものの、今シーズンはMに戻しています)



【2本目】

alt

1本目は気温が高かったし、ドライビングも十分にアジャストできていなかった。
特にCTAC2023でのスピン・クラッシュ経験・トラウマからインフィールドは慎重で徐々に攻めるよう勤めた。

2本目は気温がグッと下がり、ドライビング精度も上がったが、タイムが良くない・・・。
1本目の0.9秒落ちの1分35秒2を量産。

「なんで?」「新品タイヤの美味しいところが終わったからかな?」
など「?」だったが、参戦トップ・タイムアタッカーの大半が、1本目の1秒落ちで、路面コンディションの問題だと聞いた。
(自分ではわからないあたり、mistbahn、まだまだです・・・)

サーキットは生き物、難しいね。。。


【スーパーラップ】

alt

2本目の結果から、これ以上タイム更新できないことはわかっていたが、何人ものカメラマンが来ているので、写真撮影をして頂きたく消化試合的に出走。



【まとめ】

alt

筑波サーキット(TC2000)に続き、今冬2つ目のコースレコード記録。ウレシイ。テンション上がってる。

・レコードラップ動画を見ると記憶よりも攻めることができているものの、ドライビングはCTAC2022の方が良かったと思う。
いまいちなコーナーだらけ(練習不足)。
ただし、ログを比較すると全コーナー、CTAC2022よりもCTAC2023の方がボトムスピードは高い。

・気温がより低く、路面も良く、ドライビングをまとめることができれば1分33秒台に入れることができそうだが、全ての条件が揃う必要がある。

・前日、13時くらいにセントラル入りして、準備してから、前日走の参加車両の写真撮影をしていた。前日走でベスト更新をしていた車両もたくさんいたので、特に練習不足な私は呑気に写真撮影せずに、前日走にも参加すべきだった。



【セントラルサーキット NA軽自動車 タイムランキング】

下井レーシング 3号 トゥデイ:1分31秒792 (2022.10.9)
ゼロレーシング トゥデイ:1分32秒588
アクエリアススポーツ L275V ミラ (820cc):1分32秒608
下井レーシング 1号 トゥデイ:1分32秒949 (2022.10.9)
MTローラ トゥデイ:1分33秒413 (2022.10.23)
下井レーシング 2号 トゥデイ:1分33秒696

mistbahn ビート:1分34秒336 (New! 2024.01.28)
ヤハタビート2号:1分34秒576
アクエリアススポーツ HA23V アルト (あらしげちさとさん):1分34秒652
RSマッハ 音速ブリッド JW3:1分35秒666
下井レーシング ビート:1分36秒台
白君(赤い~のん!?さん運転):1分37秒222
ヤハタビート1号(NA時代):1分37秒398
下井レーシングJW1 4号車 :1分37秒523
RSマッハ ビート:1分38秒197 (2010ハイパーレブ記載)


※把握できている範囲


【セントラルサーキット ビート タイムランキング】

mistbahn ビート:1分34秒336
ヤハタビート2号:1分34秒576
ヤハタビート1号:1分35秒251(※ただしターボ)
下井レーシング ビート:1分36秒台
白君(赤い~のん!?さん運転):1分37秒222
ヤハタビート1号(NA時代):1分37秒398
RSマッハ ビート:1分38秒197 (2010ハイパーレブ記載)


※把握できている範囲



【今後の予定】

2月後半に鈴鹿ツインを走ります。
ツインは、ショウさん、オートマック89号車、88号車に勝てそうもないのでコースレコードは目標としていないケド、残念な自己ベストを更新して、MUST 1分11秒、あわよくば1分10秒に入れます。




●サーキット走行 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2024/02/01 12:54:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2023年12月24日 イイね!

【サーキット】【ビート】鈴鹿フルコース Js Racing SUZUKA ATTACK2023 2023.12.22

【サーキット】【ビート】鈴鹿フルコース Js Racing SUZUKA ATTACK2023 2023.12.22昨年のJs Racing SUZUKA ATTACK 2022 に引き続き、今年も参加しました。

alt

alt

alt

ビートは、t_shinさん、ひろあき!さんが参加。




絶好のコースコンディションだったので、自己ベスト更新、コースレコード更新に気合入りまくりだったケド・・・

・・・参加台数 43台。
43台に含まれない、ジェイズレーシングさんのショップ車両を含めると48台。


クリアラップ捻出、かなり厳しいわぁ。。。
(リザルトは48台中24位。自己ベストなら21位なので・・・)

「SUZUKA ATTACK」という名前の走行会だケド、タイムアタッカーより、エンジョイ層が多いので、「SUZUKA ENJOY MEETING」とか「SUZUKA TRACK DAY」とか、もっと走行会らしい名前がオススメ。




alt

結果は・・・

・・・やっぱり、ほとんどクリア捻出できず。。。

alt
※ひろあき!さんのブログからお写真拝借

タイヤが良い状態での快心のLapは、気合入り過ぎて、最後のシケインで痛恨のスピン。。。

エンジン始動に時間がかかり、赤旗の原因に・・・(皆様、申し訳ありませんでした・・・)


その後はクリアが取れず・・・



↑クリーンではないオーバーテイクが集中したLapの例。
こんなめちゃくちゃなLapでも2分44秒。


どんどんタイヤが熱ダレして・・・

alt

今回の記録: 2分41秒947(自己ベスト2分41秒102の約0.85秒落ち)


i!|i ○| ̄|_....



例年は12月、2月とだいたい2回、鈴鹿フルコースでタイムアタックしているのだが、

・2023年からコース貸出料金が瀑上がりして、走行会が激減した
(今回のエントリー費は48000円。参加費48000円、平日で43台も集客できるジェイズレーシングさんがスゴい。価格と平日からもっと少ないことを期待してた)

・何故か、例年1~2月に開催の走行会が12月開催に偏った


のもあり、2月のリベンジが極めて難しそう
(仕事は2023年はずーっと忙しかったケド、2024年1~2月は更にピークで忙しい。死ぬかも)


悔しい。悔しい。悔しい。。。
唯一の好ラップのシケインでスピンした自分が腹立たしい。。。

alt


次は2024/1/24 CTAC。
コースレコードを狙いに行くケド、ヤハタビート2号さんとの間に1.1秒差あるんよね。。。





●サーキット走行 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2023/12/24 14:17:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2023年12月08日 イイね!

【サーキット】【ビート】筑波サーキット TC2000 アンパラ走 2023.12.08 コースレコード 1分08秒988 記録

【サーキット】【ビート】筑波サーキット TC2000 アンパラ走 2023.12.08 コースレコード 1分08秒988 記録2023年12月08日、何年も前から走ってみたかった、タイムアタックの聖地・筑波サーキット TC2000に初遠征
 
alt

アンパラレルドさん主催「アンパラ走」に参加させて頂いた。

alt

alt

関西からは、いつもホンダ系のレースでご一緒したり、写真を撮らせて頂いている(→インスタグラム mistbahn アカウントを御覧ください。現在フォロワー 6万5500人)シビック・インテグラ勢、合計15台が遠征。

alt

朝5時45分ゲートオープン、6時受付、7時ドラミ、8時走行開始~16時までの長丁場。
10~15分枠のローテーション方式。(1時間おきに1枠)
 
昔からのビート仲間、nob@ さんが、サポート・応援に来てくれた。ありがとうございました!

【結果】

alt

結論から言うと、

自己ベスト 1分8秒988

筑波サーキット TC2000 ビートのコースレコードを樹立!!!

(※軽NAのコースレコードではないか?というコメントを頂きました。より速い記録をご存知の方がいればご教示ください)

alt

↑nob@さん撮影

事前目標タイムは

MUST:1分10秒4(ビートのコースレコード)
WANT:1分9秒台(10秒切りしたかった)
WANT:1分8秒台(Attack-Kの参加基準タイム)

まずはコースに慣れるまで、中古A050 Mコンパで走り、午後に新品A050 Mに履き替えてアタックする戦略。

ハジメテの筑波で、スロースタートで手探りだった1枠目から 1分9秒299 で目標達成できた。



2枠目でアジャストしての9分切り、1分8秒988!

2枠目以降、どんどんドライビングのアジャストは進むものの・・・・

alt


1枠目:10.1℃
2枠目:12.3℃
3枠目:サボリ
4枠目:17.5℃
 :
と、とめどなく暑くなっていき、ロンTでちょうど良い暑さに・・・。
タイムはズルズルと落ちる。。。
(1分10秒2くらいを刻み続ける)

alt

↑中古A050 Mから・・・

alt

alt

↑nob@さんにお手伝い頂いて、新品A050 Mに履き替えて、あからさまにグリップUP、ダンロップも最終コーナーもかなり全開率を上げたものの・・・

6枠目:1分10秒277(興行のため関西シビック勢混走でクリア撮れなかったのもある)
7枠目:1分10秒487(3Lap目に他車の派手なクラッシュで赤旗)

・・・と撃沈。。。

ストラテジー失敗。最初から新品A050履かせるべきだった(アルファタウリ、フェラーリなみのストラテジーです)。

筑波の経験者の皆さんも「今日は全然タイム出ない。撃沈。」と言われていた。

alt

1分8秒988 の自己ベストは、「完璧なコンディション!実力出しきった!」ではなく、ドライビング、コースコンディション、タイヤ・・・の全てにおいて、改善余地のあるタイムなので、消化不良で後ろ髪引かれながらの筑波撤収。。。

alt

お財布的にも・・・
体力的にも(片道9時間運転、積車返却なども含めると12時間コース)・・・
仕事を3日間休む上でも・・・
・・・かなり無理をしての遠征だったケド、帰り道には早くも筑波ロス。。。

「1回きりかもしらんし」「次いつ来れるかわからんし」と思っての遠征だったケド、来冬、もっと良いコンディションでガッツリ、タイムを削りにまた遠征するつもり。

-

nob@さん、サポートありがとうございました!
アンパラレルドさん、走りやすい走行会の運営ありがとうございました!
Posted at 2023/12/10 10:54:58 | コメント(5) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2023年03月07日 イイね!

【サーキット】【ビート】岡山国際サーキット OTAC 2023.03.07 自己ベスト更新 1分56秒405

【サーキット】【ビート】岡山国際サーキット OTAC 2023.03.07 自己ベスト更新 1分56秒405岡山国際サーキットを今のビートで走れば、MUST 1分57秒、あわよくば56秒を狙える・・・
・・・のは、2020年からわかっていたことだが・・・

2020~2021年の冬は岡国に行けず(良いタイミングで走行会がなかった)・・・

2022年11月13日に参戦したマイスターズカップでは優勝はできたものの、雨天のため、フリー走行のたった1Lapしかアタックできず、自己ベストは更新したものの59秒。


で、OTAC(Okayama Time Attack Challenge)でリベンジを。


alt

alt

alt

alt

前日からかなり気温が高く、最高気温18℃という、タイムアタックには全く向かないコンディションとなってしまったが・・・・

・・・非常に走りやすいタイムアタックイベントで、私以外にもほとんどの仲間うちが自己ベストを更新できた。


【1枠目】

alt

朝9時から。8時台は小寒かったのに、9時前には既にポカポカ・・・。

GSコンパで走ってみた。

1分57秒090
1分57秒085


必達目標は達成できたものの、昨シーズン、今シーズンと続いている「寸止め」。。。

悔しい。

今回、かなり走り方を見直したが、新しいスタイルにまだ適応できず、走りの内容もイケてない。



【2枠目】

alt

Mコンパに履き替えた。
温かいを通り越して暑かった。




自己ベスト更新、1分56秒405!!!!

2022年11月のマイスターズカップから2秒6の更新。


目標達成。
2ndベストも、1分56秒700と、56秒台だった。

・Mコンパの方が安心感があった(実際、ログのコーナリングのボトムスピードも高かった)。

・ただし、GSコンパでハネなかったダブルヘアピン1つ目でケツがボンボン跳ねる。

・1枠目(9時~)より、2枠目(11時~)の方がはるかに気温が高かったが、ログを見ると2枠目の方がストレートスピードが伸びていた。

・1コーナー、アトウッド、ヘアピン、ダブルヘアピンなど、走り方の大幅見直しをしたのが功を奏した。ただし、まだまだアジャストできておらず、1コーナーなんてダメダメなので、伸び代アリ。


alt


【岡山国際サーキット 車種別ランキング ビート】

※mistbahnの把握しているリザルト。網羅できていないと思うし、「いや、それ自己ベストちゃうし」もあると思うので、ご指摘ください。

1位: ガレージアクティブ (クラフトマンさん) CBRビート: 1分48秒870 (2023.03.05)

2位: ヤハタビート2号 (公式タイム不明。1分55秒台とのこと)

3位: mistbahn ビート: 1分56秒405 (2023.03.07)

4位: YAHATAビート1号: 1分56秒797 (LAP+読み値。非公式タイム)

5位: Kibi Gaskets Espan 内山工業 ビート: 2分フラット



【岡山国際サーキット 軽NA ランキング】

※mistbahnの把握しているリザルト。網羅できていないと思うし、「いや、それ自己ベストちゃうし」もあると思うので、ご指摘ください。

1位:下井レーシング3号 JA4トゥデイ: 1分51秒869(2022.07.17ベストかは不明)

2位: ホンダオート岡山2号 JA4トゥデイ : 1分52秒202

3位: MTローラ JA2トゥデイ: 1分53秒087 (2021.02.23 IDI)

4位: ZEROレーシング JA4トゥデイ:1分52秒642 (2023.03.05ベストかは不明)

5位:ZEROレーシング JA4トゥデイ: 1分53秒593 (2021.02.23 IDI ベストかは不明)

6位:下井レーシング2号 JA4トゥデイ: 1分54秒701(2023.03.05ベストかは不明)

7位: Sコレクション JA4トゥデイ: 1分54秒674 (2015.12.20)

8位:下井レーシング1号 JA4トゥデイ: 1分54秒203(2021.02.23 IDI ベストかは不明)

9位:ヤハタビート2号 (1分55秒台とのこと。直近2023.03.05は57秒)

10位: mistbahn racing ビート: 1分56秒405 (2023.03.07)

11位: ヤハタビート1号 1分56秒797 (LAP+読み値。非公式タイム)

12位:JDR★PSI★CP龍野 JA4トゥデイ: 1分58秒712 (2021.02.23 IDI ベストかは不明)

13位: 下井レーシング4号 JA4トゥデイ: 1分59秒281(2023.03.05ベストかは不明)


岡国のトゥデイ軍団はレベル高すぎるわ・・・・。
ビートで56秒って、かなりのタイムだと思うんだケド、このランキング。。。

鈴鹿フルもセントラルも岡国もヤハタビート2号さんが立ちはだかる。。。

alt


【2022-2023シーズン振り返り】

・雨や雪(セントラル・サーキットフェスタ、岡国・マイスターズカップ、ガレージデュバン鈴鹿フル)

・クリアラップが取れない(Js鈴鹿、ガレージデュバン鈴鹿)

・↑の2つから焦って事故(セントラル・CTAC)


・・・と不運とメンタルの弱さで、好タイムも記録しつつも、フラストレーションのたまるシーズンだった。

が、今回の岡国で、目標の56秒台を叩き出せたことで、機嫌良くアタックシーズンを完結できた。

次の秋・冬は、もう少し肩の力を抜こうと思う。

大規模UPDATEをする予算もないので、ドライビングを改善しようと思う。



【他のOTAC参加車両写真 一部】

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt



●サーキット走行 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2023/03/08 00:46:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2023年02月11日 イイね!

【サーキット】【ビート】CTAC セントラルサーキット 2023.01.29

【サーキット】【ビート】CTAC セントラルサーキット 2023.01.29最近、忙殺状態で、かなりブログアップが遅くなったケド、今年も

セントラルサーキットのタイムアタックイベント
CTAC2023 (Central Time Attack Challenge)
に参戦した。

alt

alt

alt


昨年の CTAC2022 で、1分35秒755 を記録し、一旦はセントラルサーキットの車種別(ビート)のコースレコードホルダーになったものの、その後、ヤハタビート2号さんが、1分34秒576 を記録され、mistbahnは2番手に降格

今回は、自己ベスト更新と、コースレコード奪還を目指しての参戦。

前日は日中も雪が降っていたので心配したが、当日は晴れた。


alt

CTACはタイムアタックイベントで、基本的にクリアラップで走れるので、ハジメテのGSコンパ投入。


【1本目フリー走行】

alt

2.5Lapで散った。。。


●1Lap目=アウトラップ

タイムアタックイベントなのに、先頭車両が異様にゆっくりウェービングを続け、困惑。。。
(タイムタックイベントはアウトラップからそれなりのスピードで走らないといけない。ブリーフィングでも説明がある。先頭車両のドライバーはたくさんの優勝実績をもつベテランなのだが・・・?)


●2Lap目

1分36秒090。
自己ベスト1分35秒755の0.335秒遅れ。

「GSコンパは2Lap目が一番美味しく、そこでタイムを出さないとどんどん垂れる」
と聞いていたが、全くグリップせず、ダメダメなLap。

「GSコンパはアウトラップの次のLapが一番美味しく、そこでタイムを出さないとどんどん垂れる」

・・・は、タイヤウォーマーを使っての話で、タイヤウォーマー無しの私の環境で、路面温度が極端に低く、しかも1Lap目にしっかり熱入れをできなかったので、グリップしないと当たり前らしいが、これは後から知ったことで、このときは、Mコンパよりグリップしないことに困惑した。


●3Lap目



↑クラッシュ映像、閲覧注意

このLapもまだ十分にタイヤに熱が入っているとは言えなかったが、途中までの走りはまあまあだったと思う。


動画を見るまで、何故、いきなりイン巻きしたのかわからなかったが、

十分にグリップしていないのにインフィールドで頑張りすぎた
 ↓
アウトを目一杯使いすぎた結果、左アウト側の芝生(凍っているか濡れている)を少し踏んだ
 ↓
いきなりスピン

・・・らしい。


スピンしてウォールにぶつかる瞬間、ぶつかった瞬間は、

「ああ、ビート、終わった・・・・」

と覚悟したが、想像よりは軽症だったらしく、どうにか自走でピットに戻れた。

alt


動画が衝撃的なので、多くの方から身体をご心配頂いたが、身体はノーダメージ。

クルマのダメージへのお気遣いもたくさん頂いたが、クルマのダメージよりも、絶好のコンディションでベスト更新、コースレコード奪還に挑めなかったことが、ただただ悔しかった。。。

(それでも、グリップしていないたったの1Lapの 1分36秒090 で、S660勢を抑えての軽自動車クラス2位は獲得できた)



【ダメージ】

alt

星☆商店さんのお気に入りのオーバーフェンダー(T_T)

alt

写真ではわかりにくいが左後輪のラジアスアームが「くの字」に曲がって、インを向いている。

alt

フェンダーと干渉した状態で自走で戻ってきたのっで、新品A050に、深い溝が・・・



以下、ASLANさんからお送り頂いた写真。

alt

alt

オーバーフェンダーを取り外した状態。


alt

派手に曲がったラジアスアーム。
(CTAC当日にヤフオクで別の中古品を落札)

ナックルも曲がっていたそうで、これも後からヤフオクで落札。


alt

alt

リアメンバーの付け根も曲がっているそうですが、調整アームで調整頂いたとのこと。


alt

alt

フロントバンパーも傷んでおり、可能な範囲で補修頂いたとのこと。。


走れる状態には復旧頂いたとご連絡頂いたので、鈴鹿フルコースでテスト+タイムアタック予定。

ちゃんと走るか確認の上、できれば自己ベスト更新、2分40秒を捻出してヤハタビート2台とのコースレコード争いに食い込みたい。

(鈴鹿はタイムアタックイベントではないのでMコンパで走る)




●サーキット走行 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2023/02/11 10:59:03 | コメント(5) | トラックバック(1) | サーキット | クルマ

プロフィール

「【サーキット】【ビート】CTAC2024 セントラルサーキット コースレコード 1分34秒336 http://cvw.jp/b/242406/47504906/
何シテル?   02/01 12:54
ビート(PP1)、アコード・ユーロR(CL7)、三菱アイに乗っています。 ビートでのサーキット走行(タイムアタック)とチューニングを続けています。 鈴鹿...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2024/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
タイムアタック用。サーキット専用車。 (自己ベスト) 筑波サーキット: 1分08秒9 ...
ホンダ アコード ユーロR ホンダ アコード ユーロR
過去に何回かサーキットで撮影して「カッコイイ!」と思っていたCL7を譲って頂いた。 ア ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
ストリート用。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN×SPIRIT車高 ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation