• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2014年01月01日 イイね!

【DVD】OneDaySmile DVD ODS-004 サーキットで役立つ公道練習法

【DVD】OneDaySmile DVD ODS-004 サーキットで役立つ公道練習法2013.9.29の烈ビート@鈴鹿フルコースの前に購入した「OneDaySmile DVD ODS-006 鈴鹿サーキット編」がとても良かったので、

OneDaySmile DVD ODS-004 The 学 「サーキットで役立つ公道練習法」編

を購入してみた。

※「鈴鹿フルコース編」はとても良かったのだが、攻略法がビートの文法には当てはまらない内容が多く、実際の鈴鹿フルコースを走ってみてから、このDVDで予習した内容をリセットしていく作業が必要になってしまったのだが・・・・
(ビートの場合、遅いということもあり、他のマシンでブレーキングが必要な箇所をノーブレーキでイケたり、最短距離重視でインベタで回るべき箇所が多い)



年末のノロだかロタだかの後遺症で、ロクに動けなかったのと、テレビを家族に占有されているの・・・で、布団の中からPC+イヤフォンで視聴。




もちろん「公道練習法」は、峠を飛ばしたりする類のものとは異なる。(mistbahnはサーキットに行くようになってから、峠にはほとんど行かなくなった)


公道での低速での、クラッチワーク、アクセルワークとGの感じ方、ステアとGの感じ方、ブレーキングとGの感じ方、目線、ライン取り・・・・

・・・など、内容的には、定期的にREV SPEEDでも特集されている公道練習法とあんまし変わらないのだが・・・


なんだろ?

鈴鹿サーキット編でも書いたが、レブ・スピードのこのテの特集記事よりも、勉強になるのは何故だろう??

「レブ・スピードよりも真面目に丁寧に編集された動画コンテンツだから」なのだろうか?

あるいは、澤圭太選手の教え方が上手いのだろうか?(※澤選手はREV SPEEDにもときどき登場するケド)


理由は良くわからんが、勉強になった。
買って良かった。

またお金ができたら、「データロガー活用編」とか買いたいところ。
Posted at 2014/01/01 20:07:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | DVD | クルマ
2013年09月22日 イイね!

【DVD】OneDaySmile DVD ODS-006 鈴鹿サーキット編

【DVD】OneDaySmile DVD ODS-006 鈴鹿サーキット編本日も休日出勤。
昨夜は夜遅く(0:00とか)に帰宅してから、9/29鈴鹿出走準備でAM3:00ぐらいまでビート弄りをしたりしているので、眠い。。。


9/29の鈴鹿サーキット・フルコース・デビューの予習として、

OneDaySmile DVD ODS-006 鈴鹿サーキット編

を購入した。


忙しいなりに、会社の昼休みに弁当食いながら、何回かに分けて観た。


本当にイケてる。


講師の澤圭太選手が、各コーナーのブレーキングポイントやライン取り、そのライン取りの根拠などを、ロータス・エキシージを駆りながらリアルタイムで語る。

車載映像のクオリティもそれなりに高くてわかりやすいし、澤選手の解説が本当に分かりやすい。

何LAPもしながら解説するのだが、複数LAPで言ってることが重複していても冗長感は全くなく、「重要なポイント」を繰り返し叩きこまれている感じだ。




じっくりと各コーナー攻略についての「座学」のコーナーもあるのだが、コレまたわかりやすい。



それなりの価格(4830円)するものだケド、テーマを絞って掘り下げているのと、内容のクオリティが高いので、ワンスマDVDは、観たら観た分、糧になる感じだ。
「内容が薄く、収録時間ばっかりが無駄に長いDVD付のREV SPEED」を5冊買っても、得られるところが少ないのと真逆。


買って良かった!!!





勿論、エキシージとビートでは全くポテンシャルが異なるので、(みんカラやその他のWEBでのビートの鈴鹿攻略を読んでいると)エキシージでブレーキングしている箇所もビートではアクセル全開でイケるコーナーもあると思う。

でも、解説に使われているクルマが、とにかく軽量なMR車だというだけでもウレシイではないか。
ハイパワーなAWD車やFR車なんかだと、「基本概念」は一緒でも、やっぱり自分にとってリアリティを感じながら観難い(まあ、そこは私のイメージ力が足りないのだが)。

オレンジのエキシージ、かなりカッコイイ。




澤選手のDVD解説を可能なレベルでコース図(紙)に殴り書きしているのだが、情報量が多く、グチャグチャになってしまった。

本当はEvernoteにきちんとコーナー毎に整理して書きたいのだが、9/29までにその時間が捻出できるかは微妙(出走準備もいろいろとあるので)。



DVD巻末に、他編のDVD紹介CMがあるのだが、いちいち観ると欲しくなる。
特に、「ロガー」系、「公道練習法編」なんかは面白そうだ。REV SPEEDや「お宝ドラテク」にも似たようなテーマは繰り返されているが、たぶんワンスマDVDの方が役立つと思う。

「タイヤ理論編」「タイヤ実技編」とかも欲しいなあ・・・・。
Posted at 2013/09/22 15:09:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | DVD | クルマ
2011年08月22日 イイね!

【DVD】【PP1】エンスーCARガイドDVD ホンダ・ビートの限界突破!!

【DVD】【PP1】エンスーCARガイドDVD ホンダ・ビートの限界突破!!米子へのハードな日帰り出張から夜遅く帰宅すると、Bumblebeatさんからのステキなお届け物が!

以前から、ちょっと気になっていた「エンスーCARガイドDVD ホンダ・ビートの限界突破!!



「残念なDVD」とお聞きしていたので、

ウンウン、きっとREVスピードの付属バリに低クオリティで退屈なんだろう・・・・

エンスーCARガイドのビート本は3冊揃えたが、どれも内容薄くて、微妙な感じだしな・・・↓
【書籍】エンスーCARガイド HONDA BEAT
【書籍】ホンダ・ビート ブック プラチナ (エンスーCARガイド DIRECT)
※もう一冊(青い表紙)は随分前に購入したが、未ブログアップ

・・・と、自分自身に言い聞かせながらも、それでもやっぱりワクワクしながら、晩飯を食いながら観た。



確かに・・・
まともな出版社が出してるとは思えないクオリティの低さだ。



ポストプロダクションのレベル・・・・特に音関係が酷すぎる。

やたらデカいジングル音に慌ててTVの音量を下げると、肝心のインタビューが全然聴こえない。
インタビューを聴くために音量をUPすると、エンジン音やジングルが爆音で鳴り響く。
正直、集合住宅じゃなくて良かった。。。

音量調整ぐらいは廉価版のAdobe Premiereなんかでもサクッとできるだろーに。(もう6年間ぐらい触ってないので、Premiereのことはうろ覚えだが・・・)
いわゆる本専門の出版社だとポスプロ用のソフトって安いものももってないのかなあ??




司会のオニーサン・・・・
妻と私の会話

「(妻の)嫌いないつも(=REVスピードDVD)のノリだよな」
「ああ、でも、この司会の人はいつも(=REVスピードDVD)と違ってホモっぽくないね」
「見た目は割とマトモなのにね」
「売れない芸人みたい」
「おもんないネタ(『このビート、私にください』)を何回も言うからどうしようもないよね」

妻が二階に避難してから、私は、

「いや、でも、ここまで空回ってて寒い司会は、一巡してむしろ面白いのかも」

と、ワケわからなくなった(笑)




さて、そんな、ポスプロのクオリティの低さ、司会の寒さなのだが・・・・


噂と違って、個人的に内容はかなり面白かった!!!!!


内容は、

BEAT GARAGEのデモカーの試乗・紹介。
サーキットでの、いろんな仕様のビートの同乗レビュー。
「烈BEAT(ビートのワンメイクレース)」のレポート!
オートマック代表、BEAT GARAGE代表のインタビュー。

・・・など。


「エンスーCARガイド」書籍は、カスタマイズされたクルマの紹介をしていても、ほとんどドレスアップ系の紹介のみで、正直、私個人としてはイマイチ退屈なのだが、DVDの方は完全に走り系のチューンド主体!!

で、紹介されるクルマも、それぞれに方向性の違ったチューンナップをされていて、かなり面白く観れた。
見た目もそれぞれカッコイイ!

ちゅうか、サーキット行きてぇ!!!


私のビートの今後についての元々の構想からは全くブレはないのだが、早くチューニングを進めて行きたいっ!!!という思いが非常に強くなる、刺激的なDVDだった。

トータル41分。REVスピDVDみたいにのんべんだらりと無駄に長すぎないのも◎。



Bumblebeatさん、ありがとうございます!!!
何度も繰返し観ます!!!



エンスーCARガイドからデルタのDVDも出るんだね。観たい・・・(買わないケド)



●ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2011/08/23 00:31:58 | コメント(5) | トラックバック(0) | DVD | クルマ
2008年11月25日 イイね!

【DVD】SS(エスエス)

【DVD】SS(エスエス)以前から観たかった、映画「SS(エスエス)」DVDが準新作扱いから旧作扱いになったので、借りて観た(我ながらセコい)。



ネタバレにならない程度に感想を書くと、


●走行シーンよりも人間ドラマに重点が置かれていてよかった。


●スタリオンには特別な思い入れはないが、本作品を観た後もやはり思い入れは生じず。


●TECHART仕様のケイマンがカッコ良かった。


●のりピーは何歳になってもカワイイ。とにかくカワイイ。


●ステージは峠だけど、ストーリーは湾岸ミッドナイト寄り。


●原作を知らないので、なんとも言えないのだが、山崎(中倉健太郎)、志村(桑野信義)などのサブキャラは映画版には不要なのでは?
 ストーリーの本筋がボヤけて作品を薄めてしまっているように思える。


●Grp.Bの作中のイントネーションが
 
 ではなく、
 
 と、「ープ」部分のアクセントが自分と違うのがとても気になった。
 「B」と繋げず、「Group」単体なら後者が自然だと思うが・・・。


●走行シーンのBGMとしてあまり垢抜けないハードコアが多用されるのだが、これが本作品のB級度をUPさせている。
ホラーの古典「フェノミナ」で、ジェニファー・コネリーが逃げ回るシーンでのハードロック、ヘビメタ多用を思い出した。


●すごく男性視点というか男のご都合で描かれている。
 女性が観たら「そんなワケねーだろ!」とツッコミが入りまくりそうだ。
 でも、私も男なので「エエ話や~」と泣いた。




・・・などなど、思うところはあるのだが、結局のところ、最後の感想のように、クルマ好きの男児としてはグッときた。ヨカッタ。
原作も読んでみたいな(本屋や古本屋では見たことないけどAmazonでは売ってる)
関連情報URL : http://specialstage.net/
Posted at 2008/11/25 13:08:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | DVD | 日記

プロフィール

「【ビート】ハチマキ施工 http://cvw.jp/b/242406/44218061/
何シテル?   07/26 20:21
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

KENJI-Fさんのスズキ エブリイワゴン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/21 07:14:14
mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.