• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2014年12月31日 イイね!

【307SW】オイル(Gulf GT40)・エレメント(MANN-FILTER W 716/1)交換

【307SW】オイル(Gulf GT40)・エレメント(MANN-FILTER W 716/1)交換307SWのオイル/エレメント交換。

走行距離: 89128km


今回は次女が手伝ってくれたので楽しく作業できた。



コロ助・チェンジャーで上抜き。真っ黒。

(※次女は「コロ助」を知らなかったので、スマホで画像検索してレクチャー)





307SWでは初のDIYでのエレメント交換。

クルマの前方からジャッキを突っ込んでみたが、ジャッキアップポイントまで入れると、レバー操作ができないので、仕方なく横から持ち上げる。





MANN オイルフィルター W 716/1

と、今回作業のため購入した

フィルタレンチ LS-7/2(76mm溝)





元々付けていたMANNのオイルエレメントを外す(※次女撮影)





MANN オイルフィルター W716/1 を取り付けた状態。





オイルはいつもの、ガルフ GT40 5W-40。(※次女撮影)
307SWでは減りがとても早い・・・






オイルレベルゲージの樹脂が疲労でバキバキに割れた。
i!|i ○| ̄|_....

ここんところ、307SWの樹脂部品が次々に疲労で壊れていってる。

年明けてDラーが営業再開したら取り寄せないと・・・。





●プジョー307SW関連目次はこちら
Posted at 2014/12/31 19:49:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 307SW | クルマ
2014年12月30日 イイね!

2014年を振り返る

2014年を振り返る仕事納めした。
昨日の鈴鹿南の疲れで、ほとんど集中力がなかった。。。



2014年は、とにかくサーキットをたくさん走って、ビートを派手にアップデートした一年。

クルマのUPDATEは長くなるので割愛。
ビートまとめページをご覧ください。



過去にサーキット走行は、

2009年: 2回(レガシィB4で岡山国際)
2010年: 2回(レガシィB4で岡山国際)
2011年: 1回(レガシィB4で岡山国際でクラッシュ)
2012年: 1回(ビートで岡山国際)
2013年: 3回(ビートで岡山国際、鈴鹿フル、鈴鹿フル)

・・・と、年1~2回ペース(昨年=2013年の3回が大きな記録更新)だったのが、

2014年: 7回(ビートで鈴鹿フル、鈴鹿南、日光、岡山国際、鈴鹿フル、鈴鹿フル、鈴鹿南)

・・・である。




●2014.04.29 鈴鹿サーキット・フルコース 烈ビートRD1



2回目の鈴鹿フルコース。
フルウェット。。。



●2014.05.05 鈴鹿南コース



鈴鹿南デビュー。
1枠目: 1:09.659。
2枠目: (笑)




●2014.06.06 日光サーキット



・・・やはり雨。
12分枠1本だけ、ほぼドライで走れて、49.923。




●岡山国際サーキット 2014.07.23 WP



ようやくのドライ。
自己ベストを7秒以上更新。2:13.616。
※この後、ストレートスピードが遅いのを改善したのもあり、まだタイム短縮できると思う。岡国行きたい。。。




●2014.10.12 鈴鹿フルコース ないじぇる走行会



自己ベストを9秒更新。3:06.916。
※ただし、ストレートスピードが、ひろあき!さんやのり☆たまさんのログと較べて圧倒的に遅いことに気づく。




●2014.11.19 鈴鹿フルコース CCMC走行会



ストレートスピード対策として、エキマニ、5速ギア変更、ROMアップデート、幌を閉める・・・などを。
自己ベストを更に7秒更新(※2013年秋から16秒更新)。2:59.830。3分切り達成。




●2014.12.29 鈴鹿南コース



自己ベストを4秒更新。1:05.909。
でも、あまり納得の行く走りはできていない。。。




・・・と、自分的にはサーキット三昧だった。(もっと走ってるヒトはいくらでもいるのだが)



2014年の夏以降は、岡山国際、鈴鹿フル、鈴鹿南のいずれのコースでも、過激に自己ベストタイム更新が達成できた。

過去の走行ログの分析、WEB公開に対して、みん友の皆様よりアドバイスを頂けた成果でもあり、また、アドバイス頂いたことをサーキット走行に反映してみているうちに、単純にひとつひとつのコーナー攻略ではなく、もっと根本的なドライビング・スタイル自体の見直しを「知識」だけでなく「感覚」としてつかむことができた。

「ああ、コレだ・・・!」的な。

40歳にして劇的にドライビングスタイルが変わるとは思ってもいなかった。
何事も継続は大事・・・とも思うし、継続するだけではこうは変わることができなかっただろう、とも思う。



まだまだツッコミどころ、アカンところの多い私ですが(※特に12/29の鈴鹿南は反省点だらけ)、私個人としては2014年の進歩はとても大きく、充実した気持ちでいるとともに、いろいろ御教示・御指導頂いた、みん友の皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。
改めてありがとうございますm(u_u)m



あとは、タイム短縮を一緒に果たした自分のビートをとても誇らしく思う。
本当に速いクルマになってきたと思う。



ビートにも「この1年間、お疲れ様」を言いたい。



仕事柄、1~3月はかなり忙しいので、次の走行機会は4月の烈ビート@鈴鹿フルコースになると思うのだが、2015年も走れるだけ走りたいと思う。


また、みん友の皆様とWEB上でのお付き合い、サーキットなどオフラインでのお付き合いも引き続き、宜しくお願い致しますm(u_u)m

皆様、良いお年を!
Posted at 2014/12/31 00:30:25 | コメント(8) | トラックバック(0) | クルマ雑文 | クルマ
2014年12月30日 イイね!

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29 part.2 車載動画 1:05.909

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29 part.2 車載動画 1:05.909昨日の「 【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.11.19 CCMC走行会 part.1」のLAP7の自己ベスト 2:59.830 の車載走行動画。




↑YouTubeで見た方がキレイです。


気温10℃程度、湿度52%程度

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14(使用1年強、サーキット走行9回目←ただし4回雨)
R:175/60R14(ほぼ新品)

空気圧
 F: 不明(2.2スタート、終了時たぶん2.5程度)
 R: 不明(2.2スタート、終了時たぶん2.5程度)

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:7段戻し

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230


ログ反省会は例によって、追ってやっていきます。




●サーキット走行 関連目次はこちら
Posted at 2014/12/30 02:24:29 | コメント(1) | トラックバック(5) | サーキット | クルマ
2014年12月29日 イイね!

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29 part.1

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29 part.1天候問題でいろいろ迷ったが、

鈴鹿南コース 2014.12.29

のグリップ枠をビジターで走ってきた。


人生、二度目の鈴鹿南コース。
前回(鈴鹿南コース・デビュー)の自己ベストタイムは1:09.659








アドバンRG + 新古品ディレッツァZ2 175/60R14 投入。



名阪国道で移動中はずっと雨だったが、名阪を関ICで下りた途端、天気予報どうり雨があがった!

ただし、気温が低いので曇空だとなかなか路面が乾かない。



■1枠目、9:30~10:00

もろ、ウェットの1枠目、9:30~10:00枠はキャンセル。




■2枠目、10:50~11:20

ハーフウェットの2枠目、10:50~11:20枠は、遠方より家族車でお越しのnob@さん、激速の赤い~のん?さんに、mistbahn号を駆って頂いた。





nob@さん × mistbahn号





赤い~のん?さん × mistbahn号

※写真に写っている深緑のビートの方ともいろいろお話することができ、かなり参考になるアドバイスを頂きました(ありがとうございます!)。



nob@さん出走時はまだ路面コンディションが悪く、nob@さんが走ってる間に徐々にコンディション改善、ペースアップされ始めたタイミングで、赤い~のん?さんにバトンタッチ。

赤い~のん?さん、ハーフウエットとは思えないタイムを叩き出し、2枠目終了。



・・・お二人のログは採集できたものの、いろいろテンパってて、GoProの録画開始ボタンを押すのを忘れてた。
i!|i ○| ̄|_....


お二人には本当に申し訳ないことをしたのと同時に、私自身も研究したかったので、かなりショック。。。

ゴメンナサイm(u_u)m


ハーフウエットというコンディションのログだケド、後でじっくり研究させて頂きますm(u_u)m





■3枠目、13:00~13:30

11:00過ぎから太陽が出てきた!

mistbahn、3枠目から出走。

「ドライ」と思って走ったものの、イマイチ、「ドライ」とは言い切り難いコンディションだった。

かつ、

・前回(5月)の感覚をスッカリ忘れてしまっており、イチからな感じ。

・前回の解析結果の復習や、速い方々の走行動画で予習してきたことを、なかなか形にできない

・後半になってコツが掴めてきたケド、タイヤがタレまくり。終盤、「このLapは前のLapよりイケてる!」と毎Lap思うものの、タイムは横ばい。



・・・で、この枠の自己ベスト 1:06.854
(※最後3Lapはいずれも、1:06.8XXだった)


前回・5月の鈴鹿南デビューからは約3秒のベスト更新だが、納得いかない。

・・・というか、ハーフウエットでmistbahn号をドライブした赤い~のん?さんより0.1秒遅い

i!|i ○| ̄|_....





■4枠目、14:20~14:50





↑鯱ョ570さん撮影。ありがとうございますm(u_u)m


3枠目で掴んだコツを、タレる前のタイヤで!


・・・と走りだし、4周ほど走って、「おっ、コレは良かったのでは!?」とGPSLapsを見ると、タイム計測されていない。。。
どうも、他の方のBluetooth機器とペアリングされていた模様。


i!|i ○| ̄|_....



・・・で、ピットインし、GPSLapsを自分の747Proとペアリングし、再スタート。





自己ベストを 1:05.909 に更新。


3枠目よりほぼ1秒更新できたし、前回(5月、鈴鹿南デビュー)よりは4秒近くのタイム短縮。




■簡単なまとめ

ビートがたくさんで楽しかった



覚えているだけで8台は出走。走ってないビートも含めるともっと居たハズ。

走りだけでなく、マシンセッティングなどについて、多くの方にいろいろ話を聞くことができ、本当に貴重な機会となった。
天候で迷ったが、心底来て良かった。


皆様、ありがとうございました!!



●特に4枠目を走っているときは、「トラフィックが・・・」とか「コースコンディションが・・・」とか、そういう言い訳はなく、自分自身の目一杯で走っているつもりだったが、1分6秒台~1分5秒9台を量産。
1分5秒切りは達成できなかった。
コレが今の自分の実力。


●赤い~のん?さんが
「2コーナーのイン側の水溜りなどが最後まで残っていたし、乾いた部分もズルズルだったので、今日走った皆がだいたい1秒落ち。いつものコンディションなら4秒台入るよ」
とおっしゃった。これは有り難いコメントだが・・・


●自分の目一杯を出しきったつもりだったが、帰路、あれこれ考えていると、迷いなく「完璧!」と思えるコーナーはひとつもナイことに気づいた。。。(後日、ログ見て、研究しよう・・・)


●私は足回りに疎いのだが、私のマシンをドライブして頂いたnob@さん、コース外からご覧頂いたビート乗りの方などに、同一のコメントを頂いた。
「足が硬いから、フロントブレーキがロックするのでは?」
「バネレート4kは硬くナイから、ストローク不足?」

・・・など。

ひろあき!さんのビートと並んで走っていたので、クルマの動きの違いがとてもわかりやすかったとのこと。

mistbahn号の今後のUPDATEの方向性について、あれこれ思案していたところだったので、方向性が明確になってきて良かった。


自分のビートが走ってる姿を見ることができて良かった。


●3枠目走行後、LLCが数滴落ちていた。
赤い~のん?さんが、「サーキット走行をするクルマはドレンホースをペットボトルに突っ込んで漏れ量を確認する」と、ペットボトルを急造で付けてくれた。(ありがとうございました!)
4枠目の漏れ量は問題なかった。


タイヤがズルズルになった状態でのコントロール能力が上がってることに気づいた。というか、Z2がズルズルになってもコントローラブルなタイヤなんだよね。




・・・繰り返しになりますが、御参加された皆様、本当に有意義な一日になりました。
ありがとうございました。


皆様、良いお年を!(年内、走行動画など、まだブログアップしますが・・・)


※そんなワケで、2015/1/11の鈴鹿南はキャンセルします。仕事と家族と・・・です。




●サーキット走行 関連目次はこちら
●ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2014/12/29 22:43:50 | コメント(6) | トラックバック(2) | サーキット | クルマ
2014年12月28日 イイね!

【307SW】バッテリー交換 ACデルコ 20-55D

【307SW】バッテリー交換 ACデルコ 20-55D3年半前に307SWを中古購入してから一度もバッテリー交換をしていないので、そろそろアカンだろうな、とは思っていた。
ほぼ毎日乗ってるし、自分が乗らない日も最近は妻が乗るようになっているので、バッテリー上がりなどの問題は生じてナイケド。

で、3週間ぐらい前に、一晩寝かせて翌朝電圧を測ってみたら、やっぱり12V未満だった。


オドメータ走行距離: 89057km


いろいろWEBで交換手順を観察。




バッテリーカバーを外すのに邪魔になるので、まず、エアクリ蓋を外す。
コレでもバッテリーカバーを外す/はめるのにはかなり干渉するが、仕方ナイ。






バッテリー・ターミナルはマイナス側から外さないとイケナイのだが、マイナス側端子にアクセスできないので、仕方なくプラス側から外す。

いろんなWEBソースを見ていると、

「マイナス側のターミナルはアクセスできないから、仕方なくプラス側から」

と書かれているソースと

「いやいや、マイナス側ターミナルにもアクセスできるよう、カバーにスライド式のフタがあるから、マイナス側から外せる」

と書かれているソースがあるが、私の307SWには「スライド式のフタ」なんて探してもなかった。。。
カバーを取り外して観察してもやっぱりなかった。

私の307SWは2000年式の最初期型なので、最初はスライド式フタはなく、年改などでカバーが変わったのではなかろうか?






カバーを外した状態。

奥に見えるのがマイナス側ターミナル。

既設バッテリーの+ターミナル付近に「23/6」と書かれているが、コレが「次回交換目安」だったのかな?やっぱり。
・・・とすると、交換目安から1年半ぐらい引っ張ってしまっていたらしい。
(※基本的に私の部品、油脂類の交換サイクルは一般的な推奨サイクルより早め早めなので、珍しいケース)





既設バッテリー撤去。

シーメンスのECU的なモノがあった。





SIEMENS S118047529B

ググると、ECUでも「Electoric Control Unit」ではなく、「Engine Control Unit」と出てくる。

でも、昔ブログアップした、ヒューズBOX下の

Magneti Marelli MM6LP


も、ググると「Engine Control Unit」と出てくるんだよなあ・・・。


どちらかが、エンジンそのもののECUで、どちらかが統合ユニットあるいはTCUあたりだと思うのだが・・・

・・・ナゾ。


他メーカ同士のECUで通信(CANなりFlexRayなり)させるのもちょっと違うと思うんだケド。。。







取り外した既設バッテリー。

「プレミアムカーバッテリー サンダーボルト MF56219」

・・・なんとなく、純正っぽくないので、前オーナーさんが一度交換されているんだろう。






通販で購入した ACデルコ 20-55D

アメリカのメーカ。

最近は「なるべく日本製を・・・」というポリシーなのだが(日本の電気メーカがあまりにヤバいので)・・・

欧州車用のバッテリーの選択肢が少なく、Panasonic caosなんかは価格が倍ほどするので、仕方なく、プジョー乗りでは定番のACデルコを選択。

「DCなのにACデルコ」。


「SUS株式会社なのにアルミフレーム作ってます」
「三相電機株式会社なのに単相のポンプも作ってます」


・・・と同じノリだな。





実装中の写真を撮影し忘れた。

プラス側ターミナルの蓋が樹脂披露で折れたので、アルミテープで貼っておいた。


しばらくアイドリングの後、運転してみたが、問題ナシ。




●プジョー307SW関連目次はこちら
Posted at 2014/12/28 17:08:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 307SW | クルマ

プロフィール

「【ビート】ハチマキ施工 http://cvw.jp/b/242406/44218061/
何シテル?   07/26 20:21
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/12 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

KENJI-Fさんのスズキ エブリイワゴン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/21 07:14:14
mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.